David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:「AIKI」~DVDで

2006-06-28-Wed
長らく見たいと思っていた「AIKI」を見ました。
AIKI
AIKI
posted with amazlet on 06.06.28
バップ (2003/06/25)
売り上げランキング: 21,622
おすすめ度の平均: 4.1
5 合気柔術に魅せられました☆
4 邦画で久々の秀作
5 世の中、平らな道なんて無いんだぜ

この映画が上映されたあと、わたしの通っている道場にも、車椅子の障害者から「合気道を習いたい」という問い合わせがあったと先生の口から聞いたことがあります。できることなら希望に添ってあげたいということもおっしゃっていましたが、ついに、いっしょに稽古することにはなりませんでした。

また、そのこともあって、先生も公開されている当時映画館へ足を運んでこれをみました。「変な映画」とおっしゃっていたので、わたしも見たいと思っていたのですが、ちょっと先延ばしにしたら、すぐに別のがかかってしまって見そびれていました。それをやっと見ました。

あらすじは、ボクサーで新人王をとろうかという青年太一(加藤晴彦)が、バイク事故で下半身不随の車イス生活になってしまう。ボクシングしか取り柄がなく、実際いい線にいっていただけに、それができなくなって絶望する。恋人とも未来に希望が持てなくなる。そうして、自暴自棄の生活の中で、香具師(やし・2ch用語にあらず。むしろその語源)と知り合ったり、バイトの巫女(ともさかりえ)と知り合ったりして、少しずつ、自分の生きる実感をとりもどす。それでももっと何か希望が欲しいと思っている時に、大東流合気柔術の師範(石橋凌)と出会う。座って人を投げる技のある合気柔術なら車イスの自分にもできるのではないかと考えたのだ。そして、入門を許された時から、太一は生きる希望を得た。そして、……。

ま、そんな話です。もちろんクライマックスはこのあとにもあります。

わたしは大東流合気柔術を習っていないの知りません。また、映画のモデルとなった岡本師範のビデオは見たことはあります。ビデオになったり、こんな映画になったりしているのですから、ウソだろうという指摘はとても失礼でできませんけれど、実践派合気道を習っているわたしにしてみると、自分の人差し指一本を相手に握らせて、それで投げるなんて、指が折れちゃって絶対無理と思います。そういう意味で、ウソだという指摘もできませんけれど、その通り信じろといわれても、ちょっとと二の足を踏んでしまいます。しかしながら、岡本師範は合気柔術の世界では一流の方だと思います。

あと、映画は実際の車イス生活者はもちろん、実際車イスで合気柔術の初段となったという、この作品のモデルのデンマーク人にも取材し、車イス生活の汚い面も描いてくれと言われたそうで、ひねくれたり、八つ当たりしたり、トイレの様子や、性的なことまで描いていて、それはそれで、ひとりの青年がよく描けていると思いました。

ただ、最後の合同演武会のあたりはどうかと思います。いろいろと。特に、空手を陳腐にそして悪く描きすぎ。あれはないなぁと思いました。わたしの同僚Tがときどき言うのですが、近現代の日本の武道のイメージとして、とかく柔道は正義派で礼儀正しく描かれる一方で、空手は悪役で、粗忽で乱暴というイメージで描かれてきたというものがあります。これはそうだと思います。そして、この「AIKI」でもそうです。

主人公の習う合気柔術がいかにもいい武道で、黒い空手着を着た空手の一派は、もう、礼儀をわきまえない、大ばか者の武道家集団に描かれています。それが、とても陳腐に感じました。そこがちょっと嫌な点でした。空手も習っていたうちの先生が「変な映画」といったのはこのあたりのことかもしれないなと思いました。

全体にしたら、いい作品だと思います。現代の若者に見せても充分訴えるのではないかと思いますね。


にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト

わたしの得意技

2005-12-03-Sat
「特技」、「得意技」などという言葉を聞くと、もう普段稽古している某武術が思い出され、とっさに「小手返し」などと答えてしまいそうです。実際、わたしは小手返しが得意です。わたしが習っている流派は、伝統合気道と違って、自由組手(スパーリング)を導入しています。あの合気道の、入り身投げ、肘締め、肘極めなどを自由組手でかけようというわけです。これ、なかなかできません。で、比較的わたしが自分より軽量のものに相手にかけられる得意技が「小手返し」です。それ以外は、わたしのレベルでは、まだまだ我慢比べになってしまうことが多くうまくいきません。

と、某武道の話はこれくらいにして、最近ではあまりしませんが、料理に結構凝った時期もありました。先日の朝作る鍋(雑炊)もそのころ開発したものですし、それ以外に、野菜とウインナーで作る、簡単スパニッシュオムレツ(ただのごちゃまぜ卵焼きですが)とかも、お手軽朝食でした。

当時は「料理は創造だ」という、家族にとっては、はなはだ迷惑な思想を標榜しておりましたので、いろんなおバカ料理を作りました。

2大おバカ料理、「キュウリ入りクリームシチュー」「納豆のかき揚げ」でしょう。

中でも「キュウリ入りクリームシチュー」は、わたしを前衛料理の世界から撤退させる契機になったおぞましい作品でした。当時、わたしは、クリームシチューに何かを入れよう!というのが研究テーマでありまして、比較的ヒットしたのは「バナナ」です。クリームシチューがほぼ完成した段階で、生のバナナを輪切りにして並べて入れるのですね。バナナは熱でトロリととろけて、ま、バナナの香りがしてそれなりに食べられます。家族からは、もう一度作ってというリクエストこそありませんでしたが、みんな、黙って食べてくれました。(笑)

お、やってみようという方は、一度お試しになってください。ただ、バナナは、もちろん皮を剥いて、筋を全部きれいにとってください。でないと、煮えた後でこれが黒々してちょっと見た目が悪いです。

さて、「キュウリ入りクリームシチュー」ですが、同じ思想から、キュウリを入れました。……鍋一杯つくりましたが、味見をして、誰にも出すことなく、自分で全部食べました。味もそうですが、見た目も最悪です。クリームシチューの中にドス黒い(濃い緑なのですが)ぶよぶよの細長いものが漂っているのですから。これを家族に出そうものなら、もう二度とわたしの料理を食べてくれなくなるような気がして、黙って全部自分で食べました。キュウリは煮てもあまりおいしくありません。クリームシチューとは全く合いません。やめましょう。

この日から、もし作るのであれば、なるべく普通の料理を、家族が喜んでくれる料理を作ろうと心に決めました。苦労して作った料理を、自分だけが責任をとって食べる……。そんな悲しいことはありません。

もう一つの「納豆のかき揚げ」ですが、これは、もっところもなどの作り方を工夫すればいけるかもしれません。しかし、かき揚げだけはおすすめしません。味はともかく、それ以前に、部屋という部屋に、あの納豆独特の匂いが拡散されて、揚げてる段階から非難囂々です。これもやめましょう(笑)

一時期わたしは、こういう料理研究を特技にしていました。先日の「練り製品を使わないおでん」というのも、この思想の延長にあって、「めちゃ旨」などと書いたのは、これらと比べたら……ってことかもしれませんです。

さて、今夜はどうしようかな~。

料理全般 - 料理・グルメ

出人に関する10の質問(2)

2005-08-20-Sat
自己紹介のページの第2段です。

わたしの文章やら意見を読んでくれる人だけがわたしのことを知ってくれればいい、プロフィールのページなど特に必要ないという、いささか傲慢な考えを持っておりまして(笑)、それでも今から200を超えようとしている記事を読み込んでくださる奇特な方などいるはずがないと思い、ま、それなら過去の記事を読みながら、わたしのイメージをそれぞれで持っていただこうという趣旨のページです。

すでに第1段「出人に関する107つの質問」はできておりますので、初めての方はそちらからどうぞ。この第1段のコメント欄にて質問を募集しましたところ「年齢」と「身体のサイズ」に関する質問が寄せられましたので、その回答から書いていきます。

問1 いったい、何歳なの?
若い頃流行した歌や愛読書、時代背景を示す描写などから、わたしの年って割合と特定されそうです。いや、若い人にはわからないか……。
  → 「カラオケをめぐる冒険(2)」
  → 「カラオケをめぐる冒険(3)」
  → 「金縛り体験」

問2 身体のサイズを教えて。
どうして、身体のサイズなどに興味をお持ちになったのかわかりませんが、ご質問をいただきましたので回答を書きました。ダイエットが必要な体型であることは間違いありません。
  → 「たぶん、おそらく『究極のダイエット』」
 
問3 格闘技習ってるの?
格闘技ではなくて、護身術です。合気道を4年ほど習っております。
  → 「合気道を習っています」
そのほか、入門時代の回想等もあります。
  → 「合気道入門記(1)」
  → 「合気道入門記(2)」
  → 「合気道入門記(3)」
  → 「合気道入門記(4)」
  → 「合気道(5)-耳がレタス-」
  → 「合気道(6)-交流試合-」
  → 「合気道(7)-組討組手-」


※そのほか「合気道」でブログ内サーチをするといくつか関連記事あります。

問4 嫌いな虫は?
 へんな質問(笑)
 「虫なんてなんでも嫌いだわ」とおっしゃる方も多いのでしょうね。
  → 「夏休みの思い出」

問5 子どもの頃何になりたかったの?
 → 「小さい頃何になりたかったの?」

問6 イケメンなの?
 たぶん、こんな鼻ですんで、残念ながら違うでしょう(笑)。
  → 「缶ジュースの飲み方でわかる『鼻』??」

問7 どんな髪形?
 スポーツ刈りです。運動もしてますし、汗けっこうかきますし。
  → 「ここまで嫌い」




今回こそ「10の質問」にしたかったのですが、なかなか10の質問をそろえることができません。なんとか第1回の「出人に関する107つの質問」と同じだけの7つを揃えることができましたので、公開させていただきます。

そうそう、なおまだ知りたいことなどがあるかもしれません。コメント欄にて引き続き質問を募集します。どうしても個人的にってことなら、非公開コメントでもかまいませんよ。

採用するかどうかは、わたしの独断で決めます。また、黙秘権を行使することもあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

合気道~打撃組手

2004-03-03-Wed
合気道でも「異端」の私たちの流派は、水曜は打撃中心クラスとなっている。先生が一人しかいないので、参加するメンバーによってメニューは違うのだが、本日は、打撃オンリーだった。

空手も有段者の先生は、空手の基本もコーチしてくれるのだ。「順突き」「逆突き」「順突きから逆突き」とか、「前蹴り」「回し蹴り」「後ろ蹴り」「足刀」などの基本をした後で、組手をした。

パンチは素手でなく、拳サポーターという、空手の練習用のサポーターをつけるのだが、中指の付け根の皮がむけ、人差し指と中指の付け根の関節を打撲した。痛かったけれど、さわやかだった。


にほんブログ村 格闘技ブログへ
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。