FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

教育偽装4~早大は調査書に正確な記述を要求

2006-10-29-Sun
文科省が救済策を検討しはじめたというニュースが出てます。

文科省が未履修救済策に着手 「減単」や補習で

 高校必修科目の未履修問題で、卒業できない恐れのある生徒が全国7万人を超えることが分かり、文部科学省は28日、単位不足が懸念される生徒の救済策の検討に入った。単位取得に必要な補習時間数を減らすなど、受験を控えた生徒の負担を軽減する方策を現行法令の範囲内で探る。
    全文を読む……


伊吹文科相は「ルール通りやっている生徒と不公平が生じてはいけない」と、なし崩し的な救済を否定していました。わたしはこれを支持します。

ただ、現実にはかなり気の毒な事例も出ていることも事実です。補習350時間分の授業不足(盛岡中央高校・3年生51人)は、現実的には卒業が無理というに等しいケースもあります。あくまで、ルールの範囲内で認められるなら救済してあげられるものならばそれもいいと思いますよ。
 ・4単位ある世界史Bを2単位の世界史Aに変更する。
 ・学習指導要領の「減単」を活用し、世界史Bを3単位として扱う。
 ・大学の公開講座の受講などを「学校外活動」として単位認定する。
 ・部活動や課外授業を単位認定する。
 ・自習時間を授業時間と数える。
などの案が出ており、検討中だそうです。非常勤講師を緊急に募集して補習するにしろ、人件費がかかりますからね。少ない方が、金を出す方もありがたいのでしょう。どこから出すか知りませんけど。(笑)

ま、今週中に文科相も救済策出すようです。

(学習指導要領の)ルールを守って受験に不必要な勉強をしていた生徒も被害者だ」と強調。その上で「バランスも考え、大きな負担にならないように、スピード感を持って措置する」とした。
 全文を読む……


また、早稲田大学が高校に「正しい調査書を送るように」という異例の要請文を送ったそうです。

出願書類、正確な記載を=早大、数百校に通知へ-履修不足問題で週明けにも

各地の高校で卒業に必要な科目の授業が行われていなかった問題で、早稲田大学(東京都新宿区)は28日までに、推薦入試の対象高校に対し、出願書類への正確な記載を求める通知を出すことを決めた。週明けにも発送する。
    全文を読む……

こんなこと言うまでもないことなんですよ(笑)。しかし、この「偽装カリキュラム」の件で、岩手県の教育委員会が「事実と異なる内容の調査書でもやむをえない」(あとで訂正)ということを認めてしまったので(→iza!:首相「未履修問題は学校側に原因」政府、負担軽減策検討へ )、大学側が、いわば抗議した形ですね。当然の措置だと思います。早稲田がやってくれたので、他の私大は助かります。

前に書いたのですが、一般推薦入試直前の時期にあたります。この手の不正が発覚すると大学側としてどう扱っていいか困るのですよね。履修してないと報道で判明している「世界史A」の成績が「5」と書いてあっても困るってもんですよね。そこの修得単位が「2」と書いてあってもさ、これは嘘だということを新聞で知っているわけだから、もうどう扱っていいか困りますよね。「卒業見込み」なのかどうかさえわからない~。それを大学側に判断しろと言われても、大学が個別の学校について、その事情を全部わかるわけじゃない。やっぱり高校側で解決しなくっちゃ。

ところで、これ書いててて思ったのですが、「偽装カリキュラム」でめでたく卒業し、不正の水増し授業でめでたく希望校に入学した生徒たちは、ま、校長が卒業を認定し、大学も合格させてるんで、それを覆すってことも、今さらないとは思うんです。もちろん、ほんとうはそうしないといけないのかもしれませんけどね。でも、ま、企業も就職して、実際働いてれば、「世界史A」なんて実際とってなくても困らないと思うんですよ。ただ、いわゆる浪人生も同じでいいんでしょうか?

というのは、認定された卒業をひっくり返すまでのことはないとしても、内申書(調査書)はどうするのってことです。昨年度も同じカリキュラムでやってたら、今の高3と変わらないことを学校の教師たちは知ってるわけでしょう。調査書をどうやって書くのか困らないんでしょうかね。ま、全体の数からみればたいしたことはないかも知れないけれど、これとて、浪人生本人にしたら深刻な問題でしょう。こっちにも救済策がいるかも。

そうそう、繰り返して学校関係者に心からのメッセージを書いておきます。まだ、黙ってて手を挙げてない学校は、早く申告しないと大変ですよ。2ちゃんねるには「必修不足ちくり板」ができてます。否定していて、そっちからわかってきたりしたら、もう目も当てられない。それが冬休み開けだったりしたら間に合わない。二重の救済策なんて、たぶんあり得ないし。申請するなら今のうち。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
スポンサーサイト



教育偽装3~41都道府県404校

2006-10-28-Sat
必修科目の履修不足の高校はどんどん増え続けています。Wikiで一覧を作っているページがあって、ああ、Wikiもこんなふうに役立つのかと、へんなところで、あらためて感心しました。
 → 必修科目”漏れ”Wiki~高校リスト
このページによると、現在「千葉、神奈川、三重、徳島、熊本、沖縄の6県を除く41都道府県、404校」が「必修科目履修不足」ですね。

相当深刻なケースも登場してきて、徹底した受験科目重視の結果、3年生のこの時期になって10科目不足で、補習で補う場合計350時間が必要という高校が出てきました(盛岡市の私立盛岡中央高校)。

卒業絶望? 350時間の補習必要 盛岡の私立高校51人

高校の必修科目の未履修問題で、盛岡市の私立盛岡中央高の普通科特進コースの3年生51人が、世界史など4科目を履修しておらず、卒業には350時間分の補習が必要なことが27日、分かった。
  全文を読む……


これは深刻ですね。この時期に。「世界史B(四単位)のほか、家庭基礎、情報Aと、音楽、美術などから選択する芸術(各2単位)の計10単位分の授業が未履修」だって。これはまず過ぎるでしょう。すでに、最初に発覚した高岡南高校では授業後の補習が始まってるようですんで、発覚が遅ければ遅いほど、あわよくばしらばくれようとしていたのでは?と勘ぐられる上に、補習などの対応策の準備が遅くなり、いっそう受験生に迷惑をかけかねないという状況になってきていますね。

ヤバい学校は1日でも早く手を挙げることをお勧めします。マジで。情報社会であるだけに、ここでさらに虚偽の報告を教育委員会にして、まんまとしらばっくれれるつもりが、たとえば冬休みあけなどに履修不足科目の存在が判明した場合、卒業に間に合わないというケースもありえます。生徒にとっても最悪な事態を招きかねません。その段になって「生徒が受験できないのを恐れた」などと泣き言を言っても、誰も同情しません。とにかく履修不足を申し出るなら早いほうが学校のためでもあり、生徒のためでしょう。

また、記事によると、盛岡中央高校の校長は「生徒に申し訳ない。現実的に350回の補習は時間的に厳しく、県などと協議して対応策を考えたい」などとと話しているようです。また、PTAの全国連合会が政治家に働きかけて「生徒に罪はなく、受験期にあることを配慮して欲しい」というような趣旨のことを言ったようです。親の気持ちも、生徒の気持ちもよくわかります。

だが、ちょっと待て。これは「受験問題」でなく、「教育問題」なのですよ。こういうことがあった場合には、苦しくても、つらくても決まりのとおりやらねばいけないということを教育し、また、学校自らが反省するためにも、伊吹文科相のいうとおり、特別救済措置など考える必要はないだろうと思います。厳しい対応ではなくて、「厳正な対応」なんですよ。そこにこそ教育がある。ここで、子どもたちの受験という事情をさらに勘案して、補習の免除なんてのはナンセンスです。
 → iza!:「単位不足高校に「時間通り履修」通知へ 卒業への特例救済を否定」

ところが、安倍総理はPTAからの要請を受け入れたのか、地元に多かったからか、こんなことを言いだしています。「子供たちの将来に問題が発生しないよう対応すべきだ。子供たちに原因があるわけではなくて、学校側に原因があった。教育委員会がチェック機能を果たし得なかったということに問題がある」、そして、伊吹文明文科相に対応を指示し、都内の講演では「原因を含め、対策について教育再生会議で議論したい」と。(参考記事→iza!:「首相「未履修問題は学校側に原因」政府、負担軽減策検討へ」

う~む。政治家というのは、こういうふうに対応すべきものかもしれませんが、よく考えてほしいですね。あまりに甘い軽減策では、まさしく「赤信号みんなで渡れば恐くない」ということを実証してしまう結果になりそうです。それはほんとうに勘弁して。最悪です。どちらが正しいかでなくて、安倍総理と伊吹文相の力関係の強さの問題になってしまうなんてのも嫌ですね。「正直者が馬鹿をみる」「やったもん勝ち」に続いて「長いものには巻かれろ」まで見えてきてしまう。そんなことでは教育はますます腐ってしまいませんか? 安易なごまかしカリキュラム、安易な虚偽報告、安易な水増し解決策なんてダメですって。

ま、有識者が集まった教育再生会議の本物度を測る、リトマス試験紙にはなりうるかもしれませんけれど。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング

教育偽装2~虚偽内申書を大学は受け付けるか?

2006-10-27-Fri
教育委員会には学習指導要領どおりの教育カリキュラムを報告し、生徒には教育委員会に申請したカリキュラムとおりの教科書を買わせて、指導要録には申請したカリキュラムに合わせて記載して、大学への内申書にも、その申請したカリキュラムとおりに記載して提出しているわけですね。

高校卒業が予備校と違うのは、高卒というのがきちんとした学歴だということです。法律で決まっています。きちんとした資格なんです。大学を出ていないのに大学を出たと言ったら学歴詐称です。与えられた条件をクリアしないで、たとえば医師免許でも、いや自動車の運転免許でも、与えたら、その学校どうなりますか。自動車学校どうなりますか? それを高校がやってたわけですよね。公立、私立関係なく、いけないことだと思いますけどね。

それと、今朝の読売だと「35都道府県259校に拡大」となってます。拡大してますが、隠蔽工作もあるようですのでね、まだ、このあと「隠蔽工作をして、第1次調査では判明しなかった学校が新たに判明」と出てこないといいのですが。

あとね、大学どうするんでしょう。読売の同記事だと

すでに5人が大学や専門学校に推薦入試の願書を提出。大学などに提出した内申書には、実際には必修の2科目のうち1科目しか履修していないのに、未履修科目に履修した科目と同じ成績をつけていた。同校は今後、大学などに事態を説明し、すでに提出した内申書については、補習後の成績に応じて内容を修正していくという。

となっていますね。

大学や専門学校も推薦入学のシーズンなのですが、この学校から提出された内申書(調査書)は虚偽であることがわかっているわけですから、正式で有効な書類として受け付けていいんでしょうか? 受け付けるわけにはいかないのではないでしょうか? わたしが大学の担当者ならそうとう悩むなぁ。【仮に】偽造されたとわかっているものを正式に受け付けて、それで合否を判定していいものかどうか? かといって、その生徒を無条件で不合格にできないし、かといって、その偽造された内申書を根拠に正しく他校の生徒と比較選考して、合否を判定していいものか、いや、できるのか? 補習の結果なんて間に合いませんよね、12月なんですから。

偽装している学校の生徒も確かに被害者なら、偽装してない(まじめにやってる)学校の生徒も被害者になるかもしれません。ディープインパクトじゃないけど、スポーツなら馬や選手に罪はなく、スタッフのミスでも、レースはアウトなんでしょうけどね。そう単純ではないので~。

言えることは、卒業ピンチだけでなく、受験ピンチでもある。

ブログランキング・にほんブログ村へ

教育にも「偽装」~学校ぐるみ偽装カリキュラム

2006-10-25-Wed
先日、富山県の高岡南高校で、3年生197人のうちのほぼ全員が、学校の指導どおりのカリキュラムでは、必修科目である世界史を履修していないという現象が生じてしまい、このままでは卒業ができないということが発覚しました。そこで、今後、授業後や土日、冬休みなどで補習授業2単位70時間実施して、卒業単位を補って卒業条件を満たすようにするという対策をとるそうです。

必修「地・歴」履修漏れ、3年生卒業ピンチ…高岡南高
 富山県立高岡南高校(篠田伸雅校長、生徒数557)で、3年生の全生徒197人が、2年時に世界史など地理歴史教科の必修科目を履修していなかったことが24日、わかった。
 全文を読む…

どうも、読売新聞の記事によると、学校ぐるみで計画的に、県の教育委員会に届け出た教育課程表と違う内容のことを実施していたということのようですね。そして、修得単位や成績を記録しておく「指導要録」には、あたかもきちんとやっていたように記入していた模様です。

ちょっと待て。

まず、これは公文書偽造じゃないの? 有印公文書偽造じゃないの? 姉歯がやっていた設計図の書き換えだっけ、あれと変わらないですよね。医者がカルテ改ざんしたとか、銀行員が通帳を改ざんしたとか、そういうレベルなのでは? それを学校ぐるみでしたって。※関連追記あり。

それと、教育委員会に届けていたのと違う内容って、これって、なんていうのですか? 詐欺罪にもなるんじゃないかな。保護者や生徒からしたら詐欺で訴えることが可能じゃないのでしょうか。高校卒業の資格を得られるということで入学したのに、このままではそうならないのだから。詐欺罪で立件が可能なんじゃないの~。

もちろん、そうならないために、無償で補習授業をするっていうですけどね。ほぼ200人の生徒だから、5クラスになると思うんですよね。1クラスで70時間、5クラスだと350時間ですね。そんなに「世界史」の先生がいるの? 高岡南高校って。クラス数分の5人いたと仮定してたら、その人が余分70時間の授業をやれるものなのかな。それとも、臨時に先生雇うのかな?だとしたら、また、税金だよね。公文書偽造、詐欺の上に、対策にまた税金使うのかぁ

まさか、また、世界史を教える資格のない他教科の教師に自習監督でもさせて、偽装の上に偽装を重ねるか? 「やったことにしておく」が通じなかった上に、また、「やったことにしておく」を積み重ねて、いったい、何を生徒に教えているんだろうってなことですよね。まるで、うまいごまかし方、うまいつじつまの合わせ方、世の中がいかに腐っているかってことを、今さらながらダメ押しで教えているようなもんじゃないですか。 

それが、富山県立高岡南高校だけでなくて、10県65校生徒数にして11,000人なんですよね。ひどいなぁ。これは。

単位不足:10県65校、生徒数は1万1000人に
 富山県立高岡南高校で発覚した履修単位不足問題で、新たに青森、岩手、山形、福島、石川、福井、愛媛、広島、栃木の各県の公私立高校でも必修科目を履修せず同様の単位不足になっていることが分かった。単位不足はこれで10県65校、生徒数は約1万1000人に上った。各県教委や学校は単位不足の3年生が卒業できなくなるおそれもあるとして、3年生への補習授業を検討するなど対応に追われ、文部科学省も全国調査を行う。
  全文を読む……

文部科学省は全都道府県を調査するって。もっと増えそうな気がしますね。

耐震偽装マンションと変わらない、偽装カリキュラムってなもんですね。偽装教育です。こんなことをしておいて、今の若者は常識がないとか、教養がないとか、第二次大戦でアメリカと戦ったことを知らないだとか、近隣諸国にどういう迷惑をかけたか知らないだか言われちゃってるわけですよね。なんだか嘆かわしいです。受験優先、成果優先主義って。

なんだか、合わせてってこともないんでしょうけど、教育改革のニュースやっていて、内閣の有識者会議か文科省&中教審かで主導権争いのようになってるんですけど、そんなニュースをラジオで聞いてたら、競争原理とか規範意識ってのがちょっとキーワードみたいだったんで、なんとなく笑えてきた。規範意識がないのは、誰なのって。

ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME