FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

観劇:「モリー先生との火曜日」~加藤健一事務所公演

2013-06-08-Sat
いい芝居でした。

加藤健一の出ているお芝居は「木の皿」「詩人の恋」などを見てきていますが、いずれもテーマ性のある作品でわたしとしては好きなのですが、見終わったあとの爽快感というか、幸福感は、この「モリー先生との火曜日」が一番でしょう。
 → 過去記事:観劇:「木の皿」~加藤健一事務所公演
 → 過去記事:観劇:「詩人の恋」~加藤健一事務所公演
 
「木の皿」は老人問題、「詩人の恋」は戦争犯罪がテーマだったと思いますが、何か、出口がない沈鬱なムードになりがちでした。もちろん、現実の世界にはそういうことも少なくありません。そして、今回は難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)になった老人の話です。もちろん、それは深刻な話で、テーマは「死」もしくは「大切な人との永遠の別れ」ということになるでしょう。そういう意味では「悲劇的な話」の要素が強いはずなのですが、しかしながら、おそらく見終わったあと、すべての人が温かい気持ちを抱いて、生き生きと劇場をあとにしたでしょう。

この難病ALSも、先日ノーベル賞を受賞した山中教授たちの研究しているiPS細胞が、治療の道を大きく開くのではないかと期待されています。



「不治の病」ではなく、治る病気になる日も近いことでしょう。iPS細胞の研究はすばらしく、そして、多くの人を直接的に幸福にするということではあるのですが、これまた演劇は演劇で、別の意味で多くの人たちを勇気づけ、前向きにさせる、まさにそういう作品ということも言えると思いました。

moripost.png

→ 加藤健一事務所 ホームページ
→ 加藤健一事務所の「モリー先生との火曜日」の案内ページ

その他の「モリー先生」の情報はこちら。
→ Wikipedia による
→ Amazon(モリー先生) による

ちなみに、この芝居は実話を元にした二人芝居です。原作者のミッチの実体験を元にしています。原作者は当然ながら語る側で、「モリー先生」と「火曜日」をともに過ごしたわけです。主人公はモリー先生なんですが、今回の舞台では、実際の父と息子がそれを演じています。加藤健一(大学教授モリー先生役)と加藤義宗(原作者のミッチ役)は物語の上では大学の先生と学生なんですが、実際の生活では親子であり、当然ながら今まで生きてきた実際の親子としての生活があったのだろうと思います(実は、そのあたりは詳しくありませんが、舞台を見る限り、それなりに良好な親子関係の中にあったと想像します。なんというか、こういうときに引き合いに出すのはなんですが、先日お亡くなりになった三國連太郎と佐藤浩市親子みたいなことはないと思います。あくまでわたしの推測で、確認したわけではありませんけれど)。

それを知って、この舞台を見ていて一つの困惑がありました。そもそもは他人の設定のはずなのに、親子みたいだなと感じてしまうのは、配役の偶然によるものではないのかということです。それは原作者の意図なのか、それとも演出サイドというよりは、配役の妙なのかという疑問をひっかけながら見ることになったのです。それは混乱でした。正直、ここがなかなかすっきりといかなかったところです。

ところが、話も相当進んだところで、教授の方から「君を息子にしてもいいと思ったくらいだ」という言葉に触れてからは、なんだかわだかまりがすっと消えたような気がしました。親子のように感じるのは、そもそも役者が親子だったからではなくて、「教師と教え子の二人が、実の親子のように心を通わせる話」だったということです。

ああ、それは当然でした。舞台に立っているときは親子でもなんでもなくて、あくまで二人の役者なんですね。いったい、どこの誰が、「この二人は実の親子なんだ」という余分な知識を、したり顔でわたしに語ったのか、その犯人探しをしたいくらいです(笑)。知らなくっても全然困らない、少なくとも今回の観劇では、妨げになるような知識だったかなとさえ思ってしまいました。

しかし、ミッチ(義宗)はピアノがとても上手でした。実際の舞台では生演奏で聞かせてくれます。それは「詩人の恋」で加藤健一のピアノを思い出させました。親子でピアノが弾ける役者だなんて、そして息子のピアノで躍る父の素敵なダンス……。それが「良好な親子関係」とわたしが推測した、一つの大きな理由でした。

すばらしい作品です。ぜひ、劇場で御覧ください。

スポンサーサイト



観劇:「詩人の恋」~加藤健一事務所公演

2008-11-17-Mon
観劇の市民サークルに入っています。今回は加藤健一事務所公演の「詩人の恋」でした。
postsiji0811.jpg
 → 加藤健一事務所

舞台は1980年代のウィーン。

話の中に「詩人」は出てきません。出てくるのは二人の音楽家。いや、音楽家が二人だけです。この芝居は二人だけで演じられる音楽劇です。

一人は若き転載ピアニスト、スティーブン。振動と言われていたのですが、大スランプに陥り自信喪失状態です。このスランプを脱出するためにスティーブンはアメリカからウィーンにやってきました。著名な大学教授の指導を得て、スランプを脱出するためです。ところがその教授からは、自分の指導を受ける前にマシュガンという教授から声楽のレッスンを受けるように言われるのです。マシュガンは、確かに音楽の力はあるようですが、アル中気味でピアノもうまく弾けません。スティーブンはこのある中の声楽教師に、不必要な声楽のレッスンを受けるのは正直不本意でした。当初は嫌々カシュガンからの指導を受けていたのですが、次第にうちとけ、スティーブンはピアノ演奏の楽しさを取り戻していく……。

そうして、自信を取り戻したスティーブンは、ウィーンに来たもう一つの目的を果たしに行きます。それは第二次大戦中に迫害されたユダヤ人の強制収容所の跡地を見ることだったのですが……。ここからが、言いようのない悲しみというか、ぬぐい消せない憎悪というか、ある種の闇を抱えながら生きていくということ……という、この演劇の一つのテーマを描き出していきます。

いいお芝居です! 機会があったら、ぜひ見てください。 

ちなみに、タイトルの「詩人の恋」とは、ハインリヒ・ハイネの詩に、ロベルト・シューマンが曲をつけた連作歌曲です(→Wikipeda)。劇中で、スティーブンがマシュガン教授によって練習をさせられるわけですが、いくつかの章が二人によって何度となく歌われています。

次にYoutubeの動画は、バーバラ・ボニーによる、「詩人の恋」の第1曲め「美しい五月に」です。


第11回読売演劇大賞の選考委員特別賞を受賞しています。
 → 読売オンライン



ブログランキング・にほんブログ村へ

観劇:「木の皿」~加藤健一事務所公演

2006-05-27-Sat
観劇の市民サークルに入っています。しくみはこうです。毎月会費を払います。会員全体の会費をプールして、年間6~7本(2月に1度くらいの頻度で、「例会」と呼んでいます)、劇団を招いて芝居を観ます(1回一つの演目、2~3ステージで希望の方を見ます)。見るときは無料です。しかし、見ようと見まいと会費として払っているので金は戻ってきません。暇だからみるとうわけにもいきませんし、興味があろうとなかろうと、演目は決まってきます。どっちかというと、若者向けのタイトルよりも、年配者向けの話題のものが多く来たりします。見たいもの見たくもないものさまざまです。逆にそれがいいのですけどね。ま、そんなこんなで、もう10年以上観劇サークルに入っていますので、50本は優に見ていますね。生で。考えてみれば、けっこうな数です。


さて、今回の例会は加藤健一事務所(劇団名です)の『木の皿』でした。扱っているのは、正面から「老人問題」「高齢者問題」「姥捨て」ですね。まさに、家族が崩壊の危機に瀕している、現代の日本にぴったりの演目だと思います。演劇の一つの良さは、それは怖さでもあるし、強さでもあるのですが、錬られた科白(せりふ)が、生の声で、客席に伝わってくる点です。

呆けつつある父親ロンを、次男夫婦(グレンとクララ)が家を継ぎ面倒見ています。母親(ロンの妻)は亡くなったのでしょうか、いっさい話題に出てきません。夫婦には年頃の娘スーザンがいます。また、若者エドを下宿させています。

ロンは最近呆けが進んできて、非常に手がかかります。先日タバコの失火から、家が火事になってしまいました。クララはそれが嫌で、医者に止められていることもあって、ロンのパイプを隠してしまっています。花瓶は割られ、食器も割られ、ほとほと嫌気がさしたクララは、ロンに普通の陶器の食器でなく木の食器を与えてそれで食事をさせます。これで、割られることなく安心というのが論理です。たしかに、木の食器は軽くて使いやすく、割れずに安心なんで、ある意味ユニバーサルデザインと言えなくもないと思ったりもしますけどね。

ですが、それがロンには屈辱です。この作品のタイトルにもなっているのですが、この間で一人前の男として働き、家族を育ててきた男が、年をとって普通の食器で食べられなくなった。そこには、老いによっておこる機能低下(老人力ともいう~笑)からくる止むをえない事情があるのですが、そこは、ロンにとって食事のたびにその現実をつきつけられることになるわけですね。木の器を出されるたびに、お前はもう一人前に食事もできないんだからなと再確認されているようなわけですね。簡単に言えば、プライドが傷つけられるわけです。この作品は、まさしくその、老人のプライドが一つのテーマになっています。

そして、もう一人の主役は、老人ロンに木の器を与えた、(ということばは劇中では使われていませんが)のクララです。劇中クララの口から生い立ちを語られる場面があるのですが、要するに、16歳でひとりで暮らさざるを得なくなり、グレンと知り合いこの農場に来て、農家の嫁として働いた。その間ひとり娘クララができて、家事と育児とで大変だった。世間で「奥さま」や若者がしてるような、楽しいダンスやパーティとも無縁だった。ようやくクララが一人前になって、手を離れだした頃は、今度は義父のロンが呆けた。ただの病気でなくて、ちょっと元気。口も達者。食器は割る、花瓶は割る、タバコを吸わせれば寝たばこから火事をおこし危うく一家は死にかける。ほんとうに一生懸命努力し、なんとかしようと毎日がんばってきたのだが、もう限界がきた~と涙ながらに訴えます。会場にもたくさんいらしたと思います。妻の立場、母の立場、嫁の立場から、妻クララに共感する人たち。会場のあちこちですすり泣きが聞こえましたが、わたしはクララへの共感が多かったのだろうと勝手に解釈しています。よき嫁で当然。嫁が忍従すればすべて解決、丸く収まる。そういう文化がずっと日本に続いてきていたと思います。非婚化、少子化の問題はこういう文化と無縁ではないと思います。

会社をリストラにあって、すべてに自信をなくしだしている夫グレン、会社人間である一方中間管理職の苦悩の中に立つ長兄フロイド、グレン家の下宿人で、結婚はせず気ままに暮らしす、まさに、フリーターのエド、ロンの親友で1人暮らしの老人サムなど、実際の時代は1650年代のイギリスのはずなのに、現代の日本の状況と非常によく似ています。そして、見るものが自分を投影させる人物が、何人もいる。

わたしは、高齢者問題にとって、一つの理想は高齢者の自立だと思っていましたが、そうかといって、高齢者とてさらに高齢になり、体力、知力、気力が次第に衰えていくわけですよね。そうした時に、果たして、われわれ支える世代が、どのように支えていけるのか? 家族で手厚く世話をし面倒を見ることができるのか? 相応の金を出して相応の施設での生活を与えらるのか? いやそれさえできないのか? まさに、今、もしくは、やがて直面せざるを得ない問題ですね。

それは、親の問題であるとともに、自分の老いの問題でもあるのですから。

この舞台のラストは、そういう老人の一つの寂しさと強さ、孤独と優しさ、ある種の悲愴なる決意を見えてくれるわけでもあります。老いて弱くなるのはしかたのないことですが、そのギリギリまで、誰もが自分の足で、自分の目で、自分の舌で、いろんなことを楽しみ、味わいたいと思っていると思いますけどね。

ブログランキング
HOME