FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

観劇:「さんしょう太夫」~前進座公演

2012-07-07-Sat
観劇の市民サークルに入っています。しばらく、観劇スケジュールが合わずに見そびれてきましたが、今月の前進座公演「さんしょう太夫」を見ることができました。
sansyo.jpg
→ 前進座「さんしょう太夫」の公式ページ

「さんしょう太夫」は「山椒大夫」の話であり、「安寿と厨子王」の物語です。

簡単に言えば、平将門の孫というような高貴な身にありながら、旅先で人買いにたぶらかされた姉弟が、「山椒太夫」に売られ、過酷で不慣れな奴隷として生活を強いられる。その後、弟が脱出し、出世して復讐するという話で、離別した母との再会のシーンもあります。

そもそもは、説経節「さんせう太夫」が元の話です。脈々と日本に伝わり、明治の文豪森鴎外が小説「山椒大夫」として書き、後に映画化されるなどの有名な物語で、わたしは、子供向けの本で「安寿と厨子王」を読んでいました。

壺齋閑話ブログ:「さんせう太夫(山椒大夫―安寿と厨子王の物語)」によると、説経節の「さんせう太夫」について「物語の比重は、迫害を受けるものの悲哀と苦しみに置かれており、故なき差別や暴力への怨念に満ちたこだわりがある」とあります。

つまり、中世の日本における支配する者とされる者との間の「厳然とした溝」、「過酷な対立」が背景にあって、説経節「さんせう太夫」は、こうした下人たちの境遇に中心があるというのです。

説経を語る者たちも、定住の地を持たぬ漂泊の民であり、「ささら乞食」として差別される身であった。その彼らが語ることによって、故なく貶められていた人々の情念が乗り移り、物語に人間の叫びを伴わせた。聞くものをして身を震わせ、今日の我々にも訴えかけてくるものは、この人間の魂の叫びなのである。
→ 壺齋閑話ブログ:「さんせう太夫(山椒大夫―安寿と厨子王の物語)」



これに対して、鴎外の小説「山椒大夫」ですが、もちろんあらすじは説経節を踏まえているが、中心は「親子や姉弟の骨肉の愛」で、そこが今でも人の心を打つと言うのです。

鴎外は人間の感情の普遍的なあり方に比重を置くあまり、原作の説経が持っていた荒々しい情念の部分を切り捨てた。安寿とつし王が蒙る、悲惨な拷問の場面や、つし王が後に復習する際の凄惨な光景などは、余分なものとして切り捨てたのである。
→ 壺齋閑話ブログ:「さんせう太夫(山椒大夫―安寿と厨子王の物語)」


今回の「さんしょう太夫」は、鴎外の「山椒大夫」でなく、説経節「さんせう太夫」を芝居にしたもので、わたしが子供の頃読んだ「安寿と厨子王」は鴎外の話に近いものだと、ま、芝居を見て思いました。たとえば、山椒大夫の子の三郎が、残酷な拷問で安寿を責め殺す場面はありませんでした。確か、おぼろげな記憶では、池に身を投げたとなっていたような。舞台では今時のテレビではここまでしないだろうというような残酷な責めも展開されます。息の途絶えるところまではやりませんが、炎をあげる火櫃に顔を押し付けるところはあります。

なぜ、かくも残酷な場面をこれでもかというほど描くのか。それは説経節が、主人の側の物語でなく、大衆や奴婢のサイドの物語だったからですね。かくまで残酷な仕打ちがどれほどあったかどうかはわかりませんが、中世の格差社会は相当であり、こういう共感は民衆にとってはカタルシスであったのでしょう。なにより、身分の差なく信仰あるものを救う姿を描く「説経」そのもののの役割に必要だったということなのかもしれません。

そういう意味で、というのは、説経という意味で、この「さんしょう太夫」はよくできているのかもしれません。別れに当たって、母が姉に与えた地蔵菩薩像は二人をよく助け、また、弟を逃した折に姉が弟に託してからは、弟をよく助け、一方で姉を苦しみに追いやります。地蔵菩薩を持った弟は追手から逃げ延び、出世を果たしすことができます。地蔵菩薩像を持つものには奇跡が起きに、家族のためであっても、身から離したものには辛い運命が訪れます。

そもそも説経とはそうしたものですが、それをそのまんま芝居にしているので、実は現代の視点で見ると、ことのお地蔵様のご利益が、少しばかり鬱陶しく感じられますね。もうちょっと控えめならばとおもいます。ま、そうしたものにいちゃもんをつけてもしかたがないのですが、もう、この話はテーマは、極悪非道な山椒太夫でも、かわいそうな安寿と厨子王でもなく、ありがたいお地蔵さまになってしまうのですね。ま、そういうものだと思ってみればいいわけですけど。

逆に言えば、現代の格差社会に、お地蔵さんはいないということでもあります。

大学を出ても仕事がなく、あっても、労働条件は厳しく過酷になるばかり。一部の大企業は内部留保をたっぷり持ちながら、また行政改革などちっとも進まない中、消費増税案だけが衆院を通過してしまっているのです。消費増税をしないと言って勝った民主党と、消費増税をしますと言って負けた自民党が手を組んで、法案が通ってしまう世の中です。民意を充分知っていながら、平気で自分たちの都合で動く政治家たちが、山椒太夫に見えるばかりで、どこにもホトケはみあたりませんね。

スポンサーサイト



観劇:「三人吉三巴白浪」~前進座公演

2006-04-09-Sun
観劇の市民サークルに入っています。今回の例会(公演)は前進座の「三人吉三巴白浪(さんにんきちざともえのしらなみ)」でした。
kitiza.jpg

歌舞伎ですね。この前進座ってのは、なんというか、歌舞伎の新結社みたいなものでして、といってもすでに75年の歴史があるわけですが、ま、400年を超えようという歌舞伎界の歴史から見れば、ま、まだまだ新しいわけなんですね。

前進座の公式サイト「劇団の歴史」のページをざっと読むと、なんというか、「戦いの歴史」といえなくもありません。別に詳しく書く必要は感じないのですが、ちらっと見るとなんだか興味深かったので、まとめてみました。

昭和初期の世界的経済恐慌の時代にまで話はさかのぼります。わが国でも企業倒産やリストラが広がり、労働争議や小作争議が頻発しました。同時に、労働組合、農民組合、無産政党などが結成されていったわけです。こうした流れは、歌舞伎界も同じで、俳優や劇場従業員も含めたリストラが起きたわけです。

そこで俳優協会の有志たちや、大部屋俳優の相互扶助の会などが集まって、共同歩調をとっていこうということになったわけですね。これは、いわば生活のために。

いっぽうで、演劇上の革新もあったわけです。旧来の歌舞伎劇の上演だけではあきたらず、新作を上演していこううという人々がいて、その人たちが集まっていったんです。

そういう不況下での生活レベルでの闘争と演劇上で革新の流れ、この二つを核に、もちろんいろんな紆余曲折があって、前進座は誕生したのです。時はあたかも満州事変勃発の四ヶ月前でした。


ま、これが前進座の発足なんです。以後、さまざまなとりくみを試みて、現在に至るのでしょうが、これ以上ここに書くのなんですので、興味のある方は公式webページをどうぞ。

さて、今回の「三人吉三巴白浪(さんにんきちざともえのしらなみ)」ですが、「白浪もの(=盗人もの)」として有名な作品なんですが、わたしは、始めてみました。わたしのように定期的に観劇をしているものでも初めてみるのですから、ほとんど観劇しない人には、なにか特別の世界のように感じられるのではないかと思います。

しかし、歌舞伎はそもそもとても身近な大衆娯楽だったのです。映画ができる前ならば、おそらく演劇というのはとても身近だったにちがいありません。今ではそこのテレビが入り込んできて、その映画でさえ、レンタルして家でも見るという形では身近になりましたが、劇場(映画館)で見るということは、なにか特別な感じがするのかもしれませんね(一時期に比べれば、DVDなどの普及から逆に映画がまた身近になっていると感じますけれど)。

だから、歌舞伎を中心に言えば、新劇に食われ、映画に食われ、テレビやビデオに食われ、どんどんと大衆娯楽から追われ、なにか、特別の世界、芸術性の高い古典芸能というようなところに、祭り上げられていったような印象があります。しかし、そもそもが、大衆娯楽の世界のものでした。

この「三人吉三巴白浪」は、江戸末期の代表的な歌舞伎作者である河竹黙阿弥の作品で、江戸時代の人たちがみたものですから、話はいろいろからみあってはいますけれど、ぜんぜん複雑ってことはありません。ご都合主義といってしまっていいのかどうかわかりませんが、入り組んだ因果因縁が偶然が偶然を呼び、うまくオチがつくという、逆に言うと、ストーリー的にはリアリティなんてほとんどない、話のできすぎた娯楽作品です。

ただ、それでいいと思うんです。リアリティがないとかいうのは、現代人の感性であって、おそらく江戸時代の人たちは、「こんなうまい話、あったらおもしろいね~」と純粋に、その臭さを楽しんでいたのではないかとそんな気がするんですね。
歌舞伎手帖
歌舞伎手帖
posted with amazlet on 06.04.09
渡辺 保
講談社 (2001/01)
売り上げランキング: 8,209
おすすめ度の平均: 5
5 歌舞伎鑑賞必携の書
5 ベーシック+α

歌舞伎っていうとちょっと身構えてしまうんですが、どうでしょう、宝塚歌劇を全然知らない人が、宝塚を特別なものだと感じていても、おそらくその舞台を見ると、好きとか嫌いとか、知ってるとか知らないとかにかかわらず、その美しさ、楽しさに魅了されると思うんです。

落語もそうで、噺家を知っているとか知らないとか、寄席にいったことがあるとかないとか、そんなこと関係なく、寄席に行き客席に座っていて、目の前で落語が始まると、そりゃおもしろいと思って聞くと思うんですね。

この歌舞伎もそうです。話を知らないとか、歌舞伎は特別な知識がいるとか、役者を知ってるだとか、知らないだとか、そりゃ、宝塚や落語も同じで知らないより知ってる方が何倍も楽しいと思うのですが、そういう専門的知識や周辺知識がなくても、楽しめます。

この「三人吉三巴白浪」もとてもおもしろかったです。おもしろいだけでなく、クライマックスの大立ち回りや紙吹雪舞う中での色鮮やかな舞台は「様式美」とはこういうものだというのをよくわからせてくれます。「こいつぁ春から縁起がいいわぇ~」って一節を耳にしたことがある方は、その出典はこの作品ですよ。
歌舞伎の名セリフ―粋で鯔背なニッポン語
中村 勘太郎
光文社 (2002/08)
売り上げランキング: 35,831
おすすめ度の平均: 4.5
5 若者らしい解説
4 思わず声に出して読み上げてしまう

なかなか歌舞伎を見に行くきっかけって、地方に住んでると得難いと思うのですが、お近くの市民ホールか公会堂に歌舞伎がいらしたら、ぜひ一度その楽しさを味わいに、出かけてみてはいかがかと思います。

参考ページ:徳島市民劇場「三人吉三巴白波」のページ

ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME