FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

映画:「刑務所の中」~DVDで

2006-10-01-Sun
映画でも話題になった「デスノート」や「ヒカルの碁」の作者小畑健が、アーミーナイフを所持していたとして、銃刀法違反で逮捕されたのは記憶に新しいと思います。
 → ニッケイスポーツ記事「人気漫画「デスノート」作者、刃物所持で逮捕」 

記事を読むと、なんとなく、「刃渡り8.6センチのアーミーナイフ」ってそれほどのものでもないような気もするのですが、法律は法律なんで、そのあたりは言いわけできません。

さて、漫画家にもいろいろありまして、銃刀法違反でつかまる人ときどきいます。わたしの好きなガロ系の漫画家に花輪和一という人がいまして(丸尾末広と並んで、「ちびまる子ちゃん」の花輪くんと丸尾くんのネーミングの元だと思っていますけど)、やはり銃刀法違反で捕まっています。彼の場合は、ナイフじゃなくて、改造モデルガンということのようですね。それも、誰かを撃とうとかいうのではもちろんなくて、なんというか、一種のアーミーマニアというか、ガンマニアなんですね、要するに。

ただ、前の小畑健は「持ってるだけでは問題のないアーミーナイフの、持ち方が問題だった」のに対して、花輪和一の場合は「持つこと自体が違法な改造モデルガン(実弾が撃てるようにした)を持っていた」というわけで、その凶悪性はずいぶん違います。そして、当然処罰も違ってきます。花輪和一の場合は実刑をくらいました。ちょっと、当時のニュースページは検索しても残ってないのですが、懲役3年だったようです。

そして刑期を終えて出所した彼は、あるマンガを書きます。それが「刑務所の中」です。
刑務所の中
刑務所の中
posted with amazlet on 06.10.01
花輪 和一
青林工芸舎
売り上げランキング: 21,014
おすすめ度の平均: 4.36
5 説得力のある貴重な記録
5 刑務所のことを知りたい人に
5 ホントに面白い。

出版直後はとても話題になりました。多くの人が、その存在を知っていながら刑務所内の過ごし方とか、様子はあまり知りません。その一方で、花輪和一の描写力には定評がありましたから、その花輪和一が書いたんで、とてもおもしろい作品になったのですね。それは人気のあまり、ついに映画化となり、それがこの作品です。
刑務所の中 特別版
刑務所の中 特別版
posted with amazlet on 06.10.01
ジェネオン エンタテインメント (2003/08/22)
売り上げランキング: 15,293
おすすめ度の平均: 4.05
4 刑務所!?
5 忘れていたもの
3 刑務所生活のディテールだけで映画は成立するのか

とてもおもしろい作品になっていると思います。服役した花輪の同室の仲間たちが、暗くならず、楽しそうに生きている様子がうかがわれ、自由こそないものの、意外におもしろい生活かもしれないと思って見ていました。主人公のハナワカズイチ役は緒形拳山崎努なのですが、ゲストというか、脇役というか、りろんな人が出ていて楽しめます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



HOME