FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「殺人の追憶」~DVDで

2006-10-06-Fri
映画というのは恐ろしいものだと今さらながらに思いました。

この映画で、なんと韓国人とは、暴力的、激情的で、単純で馬鹿なのかと思いました。しかも警察がこれではひどい……と。しかしながら、この考え方こそ単純で間違っています。そもそも、映画というのは、少なからず大げさに描くことがあるということです。監督は誇張して描くのでしょう。

もう一つは時代設定もあります。タイトルの通り「殺人の追憶」でして、これは20年近く前の話で、そのころの韓国の警察ってひょっとしたらこういうところがあったかもしれないんです。だからって、今もそうってことはないだろうし。

逆に思うのは、日本の映画が海外に紹介されたときに、映画故の誇張や抽出があったとして、それが日本であり、日本人だと考えられることはないだろうか? ということもあります。わたしがこの映画を見て「韓国人って暴力的で、激情的で、おまけに馬鹿だ」と感じてしまったように、日本のさまざまな映画を見て、同じように、「日本人て、拝金的で、刹那的で、変態的だ」とか、ま、思う人がいるんだろうなって。(笑) そういうことも思いました。

いや、そもそもが、古い警察の手法そのものを批判した作品かもしれないんですよ。わたしが「暴力的で、激情的で、馬鹿だ」と感じたのは正解で、制作側の意図は古い警察ってそんなもんだったと批判的に描きたかったとも考えられます。

ただ、わたしは、そういうお馬鹿な刑事たちのせいで、事件がちっとも解決の方向に向かわないのが不満で仕方がありませんでした。作品的にはそういうふうに撮ることができて成功しているのかもしれませんが、なんといか、見ていて、刑事たちに対してフラストレーションが溜まるというか、そんなんじゃダメだろうと思うというか。ま、そもそもが、迷宮入りした連続猟奇殺人の実話を元にした映画化なんで、なんというか、そもそも解決しないんですけどね。

日本にはちょっと違うけど「三億円事件」がありますよね。その犯人について、いろいろ言われています。テレビドラマや映画などでも、いろんな犯人像が語られています。最近では、宮崎あおいの「初恋」が、一つの解釈として話題になりました(見ていませんけれど)。見ないで言うのもなんですが、そうした解釈や描き方によって、同じ事件がおもしろくなったり、興味深くなったりすると思うんです。
初恋 プレミアム・エディション
ハピネット・ピクチャーズ (2006/11/24)

この「殺人の追憶」の元となった事件も、実際は容疑者として浮上した人がいて、決め手が得られず、また、さまざまな事情で解決に至らなかったということが当然あったわけで、そういう背景を知っていたなら、よくできた映画ということになったかもしれません。

ただ、わたしがこの映画を見て感じたのは、とにかく、韓国人って暴力的で、激情的で、おまけに馬鹿だということです。念のために書いておくと、充分ではないでしょうが他の作品もそれなりに見ているので、本当にそうだと思っているわけではありません。あくまでこの映画で思ったのです。だから、なんか、あんまりいい作品だとは思えませんでした。

殺人の追憶
殺人の追憶
posted with amazlet on 06.10.06
アミューズソフトエンタテインメント (2005/08/03)
売り上げランキング: 5,043
おすすめ度の平均: 3.6
5 解決しない事件 そして刑事は…
1 回し者諸君、ありがとう
2 もう、こういう画質のDVD、いいかげん止めたらいかがか


ちょっと、韓国映画が続きますが、まだこのあと、「風のファイター」とか、「力道山」とかのレビューを予定しています。

にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト



映画:「フェイス/オフ」~DVDで

2006-09-02-Sat
今さら記事にすることもないかも知れません。ある程度評価を得ている作品だと思います。地上派の洋画劇場でも放送されてますし。

簡単にストーリーを紹介すると、ニコラス・ケイジ扮するトロイは冷酷で極悪非道なテロリスト。トロイに目の前で息子を殺され、まさに人生のすべてを賭けて復讐に燃えるFBI捜査官アーチャー(トラボルタ)。多くの部下を犠牲にしながらも、アーチャーの作戦は成功し、瀕死のトロイを逮捕するのですが、トロイの一味によって大量殺戮の可能性のある悪質な時限爆弾がしかけられていて、その日まで時間がないことが判明します。生死の境をさまよっているトロイからは情報が得られず、尋問をしてもダメ。このままでは、最悪の悲劇になってしまいます。
フェイス/オフ 特別版
フェイス/オフ 特別版
posted with amazlet on 06.09.02
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006/01/25)
売り上げランキング: 1,293
おすすめ度の平均: 4
2 普通に面白い。
5 最高の一言
5 ダイハードを凌ぐ!?最高の娯楽映画!!

そこで考案されたのが、恐ろしく、そして奇妙な極秘作戦です。究極に進歩した医学のなせるわざなのですが、トロイとアーチャーの顔を互いに切り取って貼りかえて、トロイになりすましたアーチャーが牢獄に潜入、仲間と接触し自然な会話の中で爆弾の設置されている場所を聞き出そうと言うのです。これが表題の「FACE/OFF」に通じてくるわけですね。憎んでも憎みきれない息子の敵の顔になるということで、アーチャーは当初受け入れませんが、いよいよ時期が迫ってくるとほかに手段はなく、意に反してアーチャーはその作戦に乗り、牢獄に潜入します。ところが、事態はとんでもないことに……。

カッコイイ、チョイ悪女ジーナ・ガーションが出てきます。後半の銃撃戦でもがんばってるし、クライマックスでも、ベラ(妖怪人間ベムの)を思わせる目と唇で、相手を睨み倒しています。ま、なんども書きますが、ジーナ・ガーションは「バウンド」で!
バウンド
バウンド
posted with amazlet on 06.09.02
ジェネオン エンタテインメント (2002/03/22)
売り上げランキング: 8,340
おすすめ度の平均: 4.6
5 クールな女性バンザイ!
5 女が主人公だからと言って見くびるなかれ
5 細かいところまで良くできてます!

パッケージの向かって左がジーナ・ガーションです。あの「マトリックス」のウォシャウスキー兄弟初監督作品です。見ろ!

ブログランキング

HOME