David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「荒木経惟 往生写集ー顔・空景・道」展~豊田市美術館

2014-05-12-Mon
GW中、遠出はせずに豊田市美術館を訪れました。

豊田市美術館には、今年生誕100年を迎えた漆芸家高橋節郎の作品を常時展示する高橋節郎館もあります。こちらは、本夏、特別展を開催する予定です。一度は見ておくのがいいと思います。なんせ、漆器は英語でjapanでもありますし。

今回の訪問の目的は、「荒木経惟 往生写集ー顔・空景・道」展でした。

araki01.jpg

展覧会タイトルは源信の「往生要集」を踏まえてのネーミングなんだそうです。「往生要集」は読んだこともなく、名前くらいしか知らないのだけれど、「往生」といえば「極楽往生」なわけでして、それをタイトルにしてるってことで、(あれ? そういえば、アラーキーって死んだんだっけ?)と心のなかで叫んでしました。これは、大変失礼な話なのですが、わたしの知ってるアラーキーは、存在感のあるというか、質感のある、モノクロヘアヌードでして、性と生のエネルギーに溢れているという感じでして、「(極楽)往生」なんて言葉の正反対に位置しているイメージです。なんだろう、ひとさまの人生観を、こっちが勝手に決めてはあれですが、あくまでわたしのイメージとしては「わしはやりたいようにやり、撮りたいように撮ったんだ、地獄に落ちようが本望よ」って感じだったのですよ。「無頼派」のイメージと重なるような感じです。

……、でしたが、失礼、ご存命でした。ガン宣告や手術などを経験し、近年は右目を病で失いながら、ま、そうして体験hが「死」つまり「往生」を身近に感じたということから、このネーミングに至ったようです。

araki02.jpg

→ Wikipedia:「荒木常惟
→ 豊田市美術館:荒木経惟 往生写集―顔・空景・道の公式サイト


スポンサーサイト

「たまたまあたまがたまいろに」~ブログdeフォトコンテスト応募作品(2)

2008-08-23-Sat
konkou.jpg
ブログdeフォトコンテスト第14回 テーマ部門「あお応募作品
タイトル:「たまたまあたまがたまいろに」
撮影者:出人 

NOTE:
撮影日時:2008年夏
撮影場所:愛知県豊川市赤塚山公園
撮影機種:OLYMPUS SP-560UZ
編集ソフト:MSペイントでトリミング

赤つかやまで

たまたまたまむし
青いとんぼだまにとまる

緑のはずのたまむしの
あたまあたりが
とんぼだまの青にこたえて
かすかに青くかがやく……。

あたかもあなたのたましいに
あたらしいあたたかさをあたえてくれるように。




ブログランキング・にほんブログ村へ

BADRUNが更新されている

2007-10-19-Fri
6月以来だ……。

よかった。もうやめちゃったのかと思ったぞ。

みんな、見ろ。

  → BADRUN



ブログランキング・にほんブログ村へ

「山笑う」の笑い方

2007-04-27-Fri
4月から5月にかけてはすばらしい季節です。春と言えば花咲く季節なのですが、ディスプレーを見続けている日が多く疲れた目には、色鮮やかな花よりも、むしろ、山々の新緑が非常に美しいなぁと感じることがありますね。「仮性近視」と言われた中学の頃、遠くを見なさい、緑を見なさいといわれていましたが、ま、今さらにしてそんなことを思い出します。きっと目が癒されてよろこんでいるのでしょう。

先日岡崎市美術博物館に「シュールレアリスム展」を見に行ったときにも、岡崎市とはいっても山の上にある建物なので、自然が豊かで、緑がきれいだったので山をつい撮りたくなりました。濃い緑、黄緑、白っぽい緑、緑といってもさまざまでしょう。山の表情が豊かです。

okabiko_02.jpg


山笑う」という言葉を思い出します。「俳句で、草木が萌(も)え始めた、のどかで明るい春の山の形容。」とgoo辞書にありましたが、なんというか、こんな写真みたいな雨天でなくて、春の日差しがあふれる春の山のほうがぴったりなんだろうなと思います。

ついでに書くと俳句では「山眠る」といえば冬の季語。木々が枯れて、生命活動を停止している感じですね。ま、冬眠という言葉があるんで、わかりやすいですね。また、「山装う(よそおう)」は秋の季語です。これは言わずとしてた紅葉の季節でしてぴったりです。

それに対して「山笑う」はちょっと耳慣れません。漢詩集の「臥遊録」(中国の北宋時代の画家郭煕)に

 春山淡治而如笑
 夏山蒼翠而如滴
 秋山明浄而如粧
 冬山惨淡而如眠

 とあるのがどうやら出典のようです。書き下すと、「春山淡冶(たんや)にして笑ふがごとく、夏山蒼翠(そうすい)にして滴るがごとく、秋山明浄にして粧ふがごとく、冬山惨淡として眠るがごとし」となるのですね(こういうリズム聞くと、風林火山のフレーズを思い出してしまいますね~)。

ただ、これ「笑ふがごとく」と読んで「山笑う」にしたようですが、正直ちょっとどうだろうと思わないでもないのです。

というのは、「笑」という漢字ですが、一般に「わらう」と読むことが多くいかにもゲラゲラ笑うようなイメージを持つわけですが、では、ワープロで(IMEで)「えむ」と入力して変換してみて下さい。「ほほえむ(微笑む)」の「えむ」なんですけど。あるいは「笑顔(えがお)」の「え(笑)」です。

もし、この漢詩を最初に訓読した人が「春山淡冶にして笑むがごとく」としたら、ちょっとイメージが変わってきませんか? 「山笑う」よりも、いくぶん控えめで静かな、それでいて、楽しく朗らかな、まわりを元気にさせてくれるようなイメージがわたしにはある。

じゃ、なんで最初に訓読した人が「えむ」にしなかったのかというと、それは韻律の関係からですね。簡単にいうと「えむがごとく」と六音にするよりも「わらうがごとく」と七音にしたほうが語呂がいいのです。他の句とも音数がそろって調子がいいんです。

もう季語として定着していることに、「いや、笑むと読んだ方が感じが出るような気がするぞ」と一人反旗を翻してもしかたがないので、いまさら読み方を再考しろなどと言ってもしかたがないのですが……、ま、それでも春の山を見て「山笑う」という言葉を思い出された時には、どんな笑い方なんだろう、今日は「笑む」って感じではないのだろうかと、ちょっと思ってみてはいかが~って、ま、ささやかな提案であります(笑)。



ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME NEXT

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。