FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

MIAUの緊急声明発表と国会の解散~児童ポルノ法改正(3)

2009-07-17-Fri
「伝家の宝刀を22日に抜く!」と宣言したおかげで、「そんなら審議はできませんよ」と野党が拒否しています。国会は空転というか、機能停止。ウイルス性肝炎感染の治療に関する基本法である肝炎対策法案や、拉致問題解決などそっちのけで、核ミサイルの演習(実験?)を繰り返している北朝鮮への制裁に関する法律である船舶検査法などは、関係者の期待虚しく廃案の方向にむかっているようです。

麻生首相はこれらの重要法案の成立を待ち、成果を見定めて、「解散!」というべきできはなかったのでしょうか。まさに、党利党略、私利私欲。自分のプライドだけを考えたかのような感じです。なんか、泣きたくなりそうな状態のなかで、とりあえず、児童ポルノ法の改正安も廃案になりそうです。

 深刻化する児童ポルノ被害を食い止めようと、画像を所持することへの規制強化に向け国会審議が続いていた児童買春・児童ポルノ禁止法改正案は、衆院が21日にも解散されることで、廃案の見通しとなった。

 同法をめぐっては、18歳未満を写した性的な画像を個人で見るためだけに所有する「単純所持」を禁じる自民・公明両党と、「有償または反復して取得」した場合に処罰を限るべきだとする民主党がそれぞれ改正案を提出、先月26日に衆院法務委員会で審議入りした。3党は今国会での成立を目指して修正協議を重ね、「単純所持」を違法とすることで合意したが、処罰対象をどこまで広げるかなどで折り合いがついていない。
 → 毎日jp:「児童ポルノ:禁止法改正案は廃案の見通し 衆院解散で」(7月14日)

14日の記事には解散ぎりぎりまで協議の可能性もあるというようなことも触れてますが、その後の国会の様子を見ていると、少なくとも自民党は法案の審議どころではないという印象を受けます。

時系列的にはそれよりも前の話になるわけですが、MIAU(インターネットユーザー協会)が、児童ポルノ法改正に関して緊急声明を出していました。

10日発表の緊急声明はこちら、その解説はこちらで読むことができますが、ITMediaNewsが要点をとりあげています。


緊急声明の文章に説得力を感じます。要点は5点。

(1)児童ポルノの定義を客観的・限定的にし、アイドルの水着写真まで含むような法文を改善すること
(2)「性的目的で所持した場合」などあいまいな基準ではなく、客観的に証明できる基準で罰すること
(3)過去に合法的に販売された商品の所持まで罰する可能性がある法文でえん罪の恐れを高めるのではなく、新たな児童ポルノの製造・販売の処罰を強化するなどして児童を守ること
(4)ネットを規制する内容について、憲法や他の法律などとの整合性を取ること
(5)被害児童の保護や救済制度を拡充すること


(1)は、ここでも書いてきました。ポルノとは呼べない児童の写真までが「児童ポルノ」になってしまうのはおかしいです。

jidopo_01.png

わたしの考えでは、ポルノとうい大きな枠の中に児童ポルノがあるはずなのに、本来ポルノでない写真まで児童ポルノにしてしまうというような感じがしてなりません。

たとえば入浴に関しては日本の文化がありまして、親子や家族で一つの湯船に入るなどはなんの違和感もないのですが、あの「となりのトトロ」の父と娘二人の入浴シーンが問題となるというような話を聞きますと(→破壊屋:「となりからみたトトロ」)、これはアニメだったからまだよかったものの、実写があったならば、この法律が成立したら、「実写版となりのトトロ」は1年以内に全て焚書にするのかというような心配さえ出かねないのかと思ったりしたものです。

少なくとも現行法では適法であるものの単純所持に関してまでも処罰するというのは、問題を残します。過去記事に書いた、両刃の刃物を禁じられ、牡蠣加工業者が困っているという話ですが、これが、「実写版となりのトトロ」で起こるわけですよ。しかも、処分を忘れていると、「児童ポルノ単純所持者」というレッテルを貼られてしまうわけでしょう。

定義や基準、過去の適法作品の扱いなど、普通に考えたら困るようなことが、「児童ポルノ禁止」「子どもを守れ」という言葉の持つ絶対的な正当性の前で、反対しにくいムードを作っているような気がしてなりません。

子どもを守ってください。児童ポルノは禁止してください。そう思います。ただ、冤罪とか焚書みたいなことはやめてほしいです。基準があいまいで、結局児童ポルノじゃないものまで児童ポルノと言われたら困ると表現を自粛してしまうこともあるのですね。

たとえば、前の記事でとりあげた日本ユニセフ協会のスライドだって、3人の幼児の全裸のシャワーシーンがあり、男児は顔も表情も性器も全部写っています。となりの女児も乳首も性器も隠してません。趣旨から言えば、別の構図やアングルの写真でも構わなかったはずなのですが、別にわいせつだとかそういうには無関係に、過酷な状況で普通に生活していくこのと困難さと強さ、子どもの純真さを示すのは、むしろああした裸の持つ力で示したかったのだろうと思うのですね。困難さ、たくましさ、純真さ、日常性……。あの写真を選択したことはそうした撮影者や編集者の意図があると思うのです。

しかし、あいまいな基準ではこの写真は使えなくなります。普通の日常生活を送る子どもたちの、ごく普通のシーンは、わたしの基準ではまったく「児童ポルノ」ではないのですが、それはたぶん日本ユニセフ協会の判断でも同じはずですが、しかし法改正がされれば、その点がどうなのか全くわかりません。わからないということは怖いことです。「児童ポルノ」に該当し処罰されるのではないかという不安は、安全志向に向かいます。不安よりは無難でという心理の下に、この写真は消し去られてしまいます。この手の表現はすべてなくなりますし、公開だけがダメでなく、単純所持がダメの意味は大きいです。元データもネガもすべてなくなります。

憲法で保障された表現の自由に大きく関わってくると思うのですが、これは、わたしの屁理屈でしょうか?

そもそも、プライバシーの守られた入浴自体がこの子たちに必要なのかどうか、即断はできません。野蛮とか文化的ということでなく、たとえば、家族でお風呂に入るのは日本の文化であり、あの「となりのトトロ」のあの入浴シーンになんの違和感も感じないのが、一般的日本人なのです。逆に西欧には西欧の文化があり、家族の入浴に関する考え方もあるのでしょう。同様に、ジャワにはジャワの文化があり、子どもの水浴びがある。それを理解して発言しなければなりません。もちろん、文化であればなんでもOKという態度も問題ですが、少なくとも、そんなところまで、法律で強引に異文化の基準に合わせるのはやめてもらいたいと思います。

もちろん、今問題になっているのは、そんなことではなくて、性的に搾取されたり被害にあったりしている子どもです。その点に関しては、国境はないはずだと、わたしもアグネス・チャンと同じ気持ちで思うのです。

だからこそ、拙速はやめてもらいたい。法案が廃案になって、次期国会に回ってよかったと思います。定義や基準、適応対象など、無理なくそして実効性のあるものにしてほしいです。夜中に公園で酔っ払って全裸で騒いでいたタレントの部屋を探したら、「実写版となりのトトロ」があったので児童ポルノ単純所持で有罪……なんてオチでは、なんの効果もないでしょう。


スポンサーサイト



ユニセフのスライドも児童ポルノ?~児童ポルノ(2)

2009-07-08-Wed
どこから書こうと思ったのですが、最初に書いておきたいのは、わたしはアグネス・チャンが大好きで、デビューした頃からのファンです。だから、アグネスが日本ユニセフ協会の大使として、世界各地の子どもために活動してることも応援しています。アグネス応援していますよ。そして、日本ユニセフ協会が「子ども買春・子どもポルノ・人身売買をなくそう」というキャンペーンをしていても、素直に、応援したいなぁと思っています。だから、国会で、アグネスが参考人として発言していても、応援してあげたい気持ちなんですね。心情的には。そして、もちろん、わたしは、いわゆる「児童ポルノ」を認めようとは思いません。

ただ、「ポルノ」じゃないものまで「児童ポルノ」と言うのは、やっぱり嫌なんです。

前の記事の追記に書いた、ベトナム戦争の時、ナパーム弾攻撃の中を逃げまどう、全裸の少女キム・フックの写真。これは、この少女にしたらほんとうに気の毒な写真なんですけど、「児童ポルノ」になってしまうんでしょうか? やっぱりそれでいいのでしょうか?

この本の表紙、拡大するとこうなるのですが、これは、1972年6月8日、アメリカ軍のナパーム爆撃から逃げまどう一人のはだかの少女の写真です。少女キム・フックは当時9歳です。誰も、これを見て性的な刺激を受けないと思いますけれど、「児童ポルノ法」または改正法の基準ではどうなるのでしょうか?


 → 表紙の拡大

日本ユニセフ協会のサイトにも、こんな写真が掲載されています。

unicefslide_b.png

これは、「世界の子どもたち」>「写真・映像でみる」の中の「ジャワ島地震・ユニセフの支援活動」の中の10枚中2枚目のスライドです(表紙を含めると3ページ目)。もちろん、黒塗りはありません。わたしがしました。日本ユニセフ協会がWebページに掲載してるくらいですから、このレベルは、日本ユニセフ協会は「児童ポルノ」とは思っていないはずですね。わたしも同感です。だから、あくまで資料としてここに引用します。

上のピューリッツアー賞の写真やユニセフのスライドなどは、「児童ポルノ」じゃないはずなんです。どう考えても。こういうのが「児童ポルノ」に該当するようではいけないと思うのですね。ところが、どうもはっきりしないようなんですね、その点が。

日本の現行法の「児童ポルノ」の定義はこうです。

 一  児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る児童の姿態(1号ポルノ)
 二  他人が児童の性器等を触る行為又は児童が他人の性器等を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの(2号ポルノ)
 三  衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの(3号ポルノ)
  → 保坂展人のどこどこ日記:「児童ポルノ法改正案の最新版「論点整理」

この「3号ポルノ」の定義があいまいなんですね。「性欲を興奮させ又は刺激するもの」ってのが、あまりにも主観的過ぎるんです。

だから、こんな投稿まで掲載されるんですね。
 → 保坂展人のどこどこ日記:「[投稿] ジャニーズや「WATER BOYS」は「児童ポルノ」なの?

宮沢りえさんの「Santa fe」など、18歳未満の女性の写真集が児童ポルノなのかどうかについて最近関心が高まっている。Yahooのトップページにも、一時期その記事が並でいた。これら児童ポルノに該当する法律が成立した場合、一年間のうちに家捜しをして、処分しなくてはならないそうである。

しかし一方で、18歳未満の「男性」の上半身裸、特に「男の乳首」も児童ポルノに該当する。というのはあまり知られていないように思う。世の女性たちをはじめ多くの人を魅力する、ジャニーズやジュノンボーイをはじめとする男性アイドルの関連媒体だって、なんと立派に(?)児童ポルノになるのである
 → 保坂展人のどこどこ日記:「[投稿] ジャニーズや「WATER BOYS」は「児童ポルノ」なの?

う~ん、こんな疑問が出るような法律は、そりゃ、マズいでしょう。

いや、実はわたしだって、ピューリッツアー賞の写真や、日本ユニセフ協会のスライドだって問題ないと思いますよ。でも、正直、どこかでちょっとドキドキしてるんです。ひょっとしたら、世界の国のどこかでは、これを児童ポルノと呼ぶかもしれません。FC2ブログのファイル管理のページには

被写体が18歳未満と思われるポルノ画像のアップロード固く禁止しております

と書かれています。カリフォルニアの常識がどうなのかわからないので、FC2ブログに迷惑がかかってもいけないので、とりあえず黒塗りにしておきます。

ぜひ、こういうのが、曖昧にならないような法律をお願いしたいです。

確かに「児童ポルノ」を発信するような表現の自由はなくていい。しかし、境界がわからず、守りに入ると、このような黒塗りを作ることになってしまって、結果、表現の自由が侵害されしまうのです。どうぞ、こういう点を、クリアにして、安心してブログが書けるようにしてほしいんです。

ついでに、「児童ポルノ」がらみで最近気になった記事。

うっかりというか、冤罪というか、言い訳を聞いてもらえないという……。
 → WIRED VISION:「「児童ポルノ所持」の恐怖:濡れ衣を着せられた高校教頭」(6/30)

こっちは、少女が自分で投稿したものらしい。もちろんそれだって、単純所持でも違法は違法なんだろうけど、こんなのを、少女が勝手にメールなどで送りつけてきたら、いったいどうすんだべ……。
 → WIRED VISION:「今度は児童ポルノ:受難の『App Store』」(7/3)

ブログランキング・にほんブログ村へ

児童ポルノが「閲覧」だけで犯罪って~月別集計

2008-12-02-Tue
CNET Japanに「児童ポルノ、「閲覧」だけでも犯罪に--世界会議で提言」(2008/12/01)という記事が掲載されていました。

 ブラジルのリオデジャネイロで開催されていた「第3回子どもと青少年の性的搾取に反対する世界会議」で、ネット上の児童ポルノ閲覧を罰則対象とする「リオ協定」が採択された

 同会議はユニセフやNGOなどが主催する性的搾取の被害から青少年を守るための国際会議。3回目となる今回は、約140カ国の政府代表や国際機関、NGOなどの関係者約3000人が参加した。

「児童ポルノ」と言えば、うちのブログでは映画「コドモのコドモ」の公開に関してのやりとりが思い出されるわけですが、「児童ポルノ」の定義、また、そこに文化などを絡めるとなかなか簡単に結着のつかない要素があるようにも思うのですが、今回は「ネット上の児童ポルノ閲覧を罰則対象とする」という点について書いてみたいと思います。

児童ポルノ規制賛成、青少年を性的搾取、性的被害から守りたいと思っている人は、まさか、自分が児童ポルノを閲覧することになるとは思ってもみないのでしょう。ちょうど、酒を飲むがあまり好きではないドライバーが飲酒運転など絶対しない、呑むときはクルマで行かないから大丈夫。規制大賛成、処罰は厳しくしてもいいと思っていたように。ただ、これはわたしの実話なのですが、当然宴会当日は電車で行き午前様でタクシーで帰り、ぐっすり寝て翌朝、あれ、まだ少し残っているんじゃないかな。これって厳密に言うと、酒気帯びになるのかなって思ったときに、その法律を恨めしく思ったりしました。本質的な善悪はともかく、罰則が軽かった時代なら、そのくらいなら平気で乗っていたかもしれないなぁと思いながらも、家族に送ってもらうことにしました。

科学的に酒気帯びは酒気帯び、運転に影響が出るのだからダメというのは、もちろんわかっています。ただ同時に、文化というか、過去の経緯や経験もあって、宴会の帰りは言語道断だが、翌朝の出勤時ちょっと二日酔い気味ってなときには、がんばって行け……みたいなところも、どこかに残っているのではないかなぁと思ったりもするのです。

では、「児童ポルノは閲覧も有罪」の話です。

ネット上の児童ポルノを所持や販売だけでなく、ネット上でのアクセス、閲覧も犯罪とすることを提言。また、児童を対象とした性的描写のあるマンガやアニメも児童ポルノに含まれることなどが規定された。

たぶん、この会議の方たちは青少年保護の正義感に燃えてこの決議をなさったと思うのですが、実際どうなんでしょう? 困りませんか?

ある動画作品の後半に「児童ポルノ」と認定されるような場面があるとして、パッケージにそういう説明があれば「閲覧有罪」でいいですよ。あるWebサイトがとっても1ページが長くて、半分読んでやめてしまうような長さで、実は、終わり近くに「児童ポルノ」と認定されるような画像が貼り付けられていたとしたら……。そんなの実際にそこまで見なきゃぁわからないでしょう……。そんなことが可能なのですか?

ネット上の児童ポルノを所持や販売だけでなく、ネット上でのアクセス、閲覧も犯罪とすることを提言」って簡単に言うけど、事前にわかってアクセス、閲覧する場合もあるのでしょうが、まさかそんなものが出てくると思わずに見ていたらそういうシーンが入っていたということだって、あり得ると思うのです。まして、ここにあるように「アニメやマンガ」という、従来認定されていなかったジャンルのものでも該当するわけです。うちの本棚のすべてのページに、そういうシーンが絶対にないとはわたしは断言する自信はありませんし、昔のビデオにそういうシーンがあったってことだってないとは言えない、いや、むしろ、きっとあると思う……。単純所持とか閲覧とか、そういうのって言うほど簡単じゃないと思いますけど……・ブツブツ。

さて、ブログです。

わたしたちはブログを書いていて、URLつきのコメントや、トラックバックを受けています。「スパム」もたくさんあります。有益なトラバかスパムかを一読で判別することができることもありますが、難しいのもあって、わたしはほとんどアクセスしてから判断しています。そのために「承認制」にしてるわけでもあります。しかし、「アクセスや閲覧も有罪」です。そんなことになったら……。

実際、ネットの規制が強化されれば、やたらめったらスパムを送ってくるようなことはないのかもしれませんが、こうなってくると、確認のためのアクセスさえしづらくなってしまいます。「アクセス有罪、閲覧有罪」の言葉を恐れて、管理自体がしづらくなりますね。

自分のブログに、悪意のサイト(児童ボルノサイト)へのコメントを書かれた段階、トラックバックを送られた段階では、「児童ポルノへのリンクを張られたスパム被害者」ということになるかもしれません。ですが、それもアクセスしてわかる話です。「アクセスが有罪」と言われたら、「トラバされたので、わからずにアクセスしました。管理のためのアクセスです。善意の第三者です」という主張が認められるのか? そこは認められるでしょうが、でしたら逆に、その児童ポルノページへのリンクを放置した場合の管理責任はどうなのか? 自分は児童ポルノとは無関係(のはず)だから厳しく規制してとばかりは言っていられない事態が起きるかもしれません。

 今回結ばれた協定に基づき、各国は今後法整備を進めるなど、対応が求められる。

今後、日本も対応が求められ、なんらかの形で立法され、その影響は当然ブログ管理人にも及ぶでしょう。個人の趣味のブログとは言え、全世界にインターネットで発信してることには変わりありませんから。それは必要なことなんでしょうが、大変な時代がやってくるかもしれません。

それにしても、「アクセスも閲覧も有罪」って、成り立つのか……。

いつものグラフは後で追記。

にほんブログ村 ブログブログへ

若ノ鵬解雇と大麻と単純所持……。

2008-08-22-Fri
若ノ鵬は「解雇」でした。

というのは、「引退」とか、「廃業」とか用語があって、ちょっと違いがわからないでいたので、先日の記事で「廃業」という言葉を使ってしまって、ちょっと違っていたかもと思っていたのです。「解雇」とは、雇用者側(協会や親方)が主体的な言い方ですね。若ノ鵬がどう言ってこようと、「クビだよ」ということです。

これに対して、間垣親方は「理事職の辞任を申し出て了承された」わけで、これは親方が主体的に動いています。

若ノ鵬解雇 素早い対応に「容疑を認めているから」と北の湖理事長

大相撲の幕内若ノ鵬(20)=本名ガグロエフ・ソスラン・アレキサンドロヴィッチ、ロシア出身、間垣部屋=が大麻取締法違反容疑で逮捕された事件で、日本相撲協会は21日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、若ノ鵬を解雇した。解雇は理事会で決める処分では最も重く、現役力士に下されるのは初めて。また、師匠で理事の間垣親方(55)=元横綱二代目若乃花=も理事の辞任を申し入れ、了承された。

また、記事によると、協会のルールブックである「寄付行為」によると「協会所属員が引退、解雇、除名、脱走した場合、再び協会に帰属できない」と定めていて、若ノ鵬は事実上の永久追放となるのだそうです。残念な結果ですが、止むを得ないかもしれません。若ノ鵬の相撲が楽しみであっただけに……。
 
「悪いことは悪い」という考え方はいいのですが、大麻というのは、どうやら殺人や窃盗とは違うのですね。「殺人は悪い」「窃盗が悪い」というのは、国によって違うことはないものだと思うのですが、これが大麻ということになってくると少し微妙なんです。だからといって、日本で禁じられている現状に変わりはなく、若ノ鵬を許せというふうに論を展開するつもりはないのですが、なんというか、角界の常識や日本の常識とは違う常識が世界にはあるってことであって、もちろん、向こうが日本に来るのだから「郷に入りては郷に従え」でいいわけなんですが、そこはほら、未成年ってこともあるわけですからね。ちょっと、わたしは、若ノ鵬個人を見たときに、気の毒な思いがあるのですね。

世界の大麻に関する考え方が違うのは、ちょっと検索すれば出てきます。
 → Wikipedia:「大麻

ロシアではこんな感じのようです。こちら(大麻取締法変革センター)から。

若ノ鵬の出身国ロシアでは、こんな馬鹿げたことで騒ぎになったりしないだろう。ロシアでは、少量の大麻所持などは刑事罰の対象にならない。
薬物政策の研究者であるTakuさんにロシアでの薬物規制について情報を頂いた。

ロシアでは、2004年12月に刑法修正案が行われ、禁止薬物の個人使用目的での所持が「1回分の使用量」の10倍未満であれば、刑法犯としてではなく行政法違反者として扱われることになった。具体的には、禁固刑から40,000ルーブル以下の罰金刑かもしくは社会奉仕が義務付けられる。この「1回分の使用量」の10倍の具体的規定については、健康省、法務省および内務省の代表を含むロシア下院法制委員会、またロシア連邦保安庁やいくつかのNGO団体の代表などによって5か月間の長期にわたる議論が展開され、最終的にはマリファナ20グラム、ハシシ・メスカリン・アヘン5グラム、コカイン1.5グラム、ヘロイン・メサアンフェタミン(覚せい剤)1グラム、LSD0.003グラムと規定されている。
なお、罰金の額は裁判所によって決定され、また行政処分を受けた記録は残される。一方、この新たな法律が適用された後でも、外国人に対しては、非合法薬物の所持は、国外退去か再入国の拒否という処分が科されることを旅行者などは特に留意する必要がある。

こういう背景で若ノ鵬は育ってきているのかと思うと、ちょっと気の毒。

「悪いことは悪い」というのはいいのですけど、国柄の違いというのはあるわけです。

別に悪を行っていいとか、大麻を吸っていいとかいっているのではありません。ついこないだまで、日本では路上喫煙が禁止されてる地域なんてなかったのです。それが法律によって禁じられ、たとえば名古屋のあるエリアは路上で喫煙ができなくなったわけです。そこで、うっかり吸ってしまうということもあるだろうし、深夜などで周りに人がいないから迷惑をかけないのでいいだろうと吸っちゃう人もいると思います。

別に若ノ鵬を免罪したいわけではないのですが、法律はそうして人が決めるものであって、大麻というのは同じ薬物の中でも国によって扱いが違うものであるということです。日本でも30年前はこういう意見が大手新聞に堂々と載ったんだそうで、現実そのようには動いて来なかったのですが、大麻についていろいろなページを見ていくと、いったい本当はどうなの? という気さえしてくるから不思議なものです。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
HOME