FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

【追悼】小西甚一~「古文の読解」

2007-06-02-Sat
本日(6月1日)付の読売新聞のコラム「編集手帳」は次のようなクイズで始まっている。

次の漢字に音読みのふりがなを付けよ。
 「欧」「桜」「押」「横」「翁」…。


いかがだろうか? 「音読み」はみんな同じ「おう」でいいではないかと、ま、誰でも思うだろう。しかし、そうではないと「編集手帳」は続けている。

お茶の子さいさい、すべて「おう」で満点さ――というのは現代かなづかい(新かな)の場合で、昔の人は大変だった◆歴史的かなづかい(旧かな)では、上から順に、「おう」「あう」「あふ」「わう」「をう」となる。


ああ、そうなんだ~。そいつはびっくりだ。「おう」と発音する仮名遣いが、むかしはそんなにあったなんて。終戦の翌年(1046年=昭和26年)11月、政府は告示によって旧かなを新かなに改めた。ま、「おう」の書き方がこんなにあってはたいへんなので、少しでも発音に近い形に整理していこうという考えである。しかし、そういう動きに反対する人たちもいた。ただの利便性だけを考え、言葉の歴史を軽く扱うその態度に疑問を感じ、異議を唱えたのだ。

それはそうだろう。たとえば、「妻」の訓読みは「つま」で、「新妻」「人妻」と書くときは「にいづま」「ひとづま」だが、「稲妻」のときは「いなずま」と書けという、なんとも不合理なことを言っていたのだから(これは昭和61年になって許容ということになった)。じゃぁ、「妻」という漢字に「ずま」という読みを認めるのかというとそういうことではない。あくまで「妻」という漢字の訓読みは「つま」しかない。これは「川」の訓読みが「かわ」しかなく「がわ」という読み方を認定していないのと同じ理由である。

ただ、「川」は「小川」のときは「おがわ」となる。これは、国語的には「連濁(れんだく)」という現象であって、わざわざ読み方を認定しないのが普通なのだ。「海原(うなばら)」や「子会社(こがいしゃ)」など、みな連濁なのだ。そして当然、「新妻」も「稲妻」も連濁である。「にいづま」と「いなずま」では、その連濁という日本語の性質が見えなくなってしまっているではないか(※この点は昭和61年に「許容」ということになって、「いなずま」が望ましいが、「いなづま」でもよいことになった)。

そんなお粗末なものだったから、もちろん従いたくないという人も、むしろ有識者には少なからずいた。

旧かなを深く愛惜する人は新かなを使いたくない。なかには、新旧で表記が異なる言葉は用いず、新旧共通の表記となる言葉だけで文章を書く軽業師のような達人もいた


わたしはこれを読んで鳥肌がたった。そんなすごい抵抗の仕方を思いつく人がいたのかと。なんだろう。「悪法といえども法は法である」とソクラテスは毒杯を仰いだと言う。その態度が必ずしも正しかどうか、命までなくしてしまってはと思わないではないが、文章ならそんなことはない。不本意ながら新かなを使う人もいただろう。そんな中で、仮名遣いの制約を受けない言葉を選んで文章を書くなんて、なかなかやるではないかと、ま、その着眼点と実力に感動した。そして、それが、先日訃報を新聞で知った小西甚一だったと聞いて、わたしは、おおそうなのかぁと思わず唸った。コラムはこう続ける。

「いる」(ゐる)も「であろう」(であらう)も「考える」(考へる)も使えない。不自由極まる制約のなかで1冊の本を書き上げた人に、日本文学史の研究者で筑波大の名誉教授、小西甚一さんがいる◆講談社学術文庫に収められた「俳句の世界」は、全編、流れるような筆の運びで、読む人に制約の窮屈さを少しも感じさせない。中国文学者、高島俊男さんの評言を借りれば、「奇跡の名文」である


俳句の世界―発生から現代まで
小西 甚一
講談社 (1995/01)
売り上げランキング: 598
おすすめ度の平均: 5.0
5 お薦めです。


ああ、そうなんだ。小西甚一といえば、わたしの恩人の一人だろう。高校時代わたしは古文がちっともおもしろくなかった。興味が持ちきれないでいた。読書は好きだったし、物語を読むことは嫌いではなかったのだが、どうも、古典の授業というものが今ひとつ好きになれなかった。しかし、大学受験では必要だったので放り出さずに勉強しなければならなかった。

そんなわたしが、なんとかなったのは、小西甚一の受験参考書「古文の読解」のおかげにほかならない。Amazonで検索してみると出てこない。ネット検索をしてみると、復刊ドットコムにとりあげられていた。単に古文の文法書でも、古典文学の読解参考書でもない、古典の世界を現代の若者にわかりやすく解説しながら、それでいて、読解文法のポイントはきちんとおさえているという、ま、魔法の一冊といっても過言ではない。
 → 復刊ドットコム:小西甚一著「古文の読解」(旺文社)

そんな小西甚一の訃報を聞いた。享年91。正直なところ、むしろご存命だったのかと思ったくらいであった。考えてみれば相当失礼な話だが、でも、高校時代の参考書の筆者である。実際のところ、そんなものではないだろうか。

「編集手帳」の筆者は次のように結んでいる。

「編集手帳」は文字数の制約がきついものだから、どうも言葉足らずになってしまい…と、日ごろ言い訳ばかりの身である。碩学(せきがく)の名文を読み返しては、心ひそかに恥じ入る。


なかなかどうして、この日の「編集手帳」はすばらしいと思った。今朝、わたしは朝刊を手に「うぉ~」と声を出して吠え、家族に「今日のコラムはぜひ読め」と命令したくらいである(いちおう、わたしの家族はそういうと読んでくれようとはするのでありがたい)。

小西甚一さんのご冥福をお祈りします。ありがとうございました。
 → Wikipedia:小西甚一
 → 読売オンライン:おくやみ:小西甚一



ブログランキング・にほんブログ村へ

百人一首の日に考える、仮名遣いの歴史

2005-05-27-Fri
今日は「百人一首の日」です。ネット上いくつもある「今日は何の日」的なサイトを見ると、定家が『明月記』の文暦2年(1235)5月27日に、「親友(頼綱)の求めにより和歌百首を書写し、これが嵯峨の小倉山荘(嵯峨中院山荘)の障子に貼られた」というような記述があることによります。
 → こちらの「百人一首の日」を参考にしました。

藤原定家といえば、百人一首の選者ですが、新古今集の選者でもあり、和歌の歴史を語る上では避けては通れない人物なのですが、同時に、「国語」の歴史を語る上でも重要な人物です。

それは国語の仮名遣いについて研究し、「定家仮名遣い」と呼ばれる仮名遣いの一つの基本を完成したことによります。知プラで「仮名遣いの歴史」として回答したことがありました。(→  知プラ「歴史的仮名遣いと、現代仮名遣いへの変遷」

では、転載します。


「歴史的仮名遣い」の第一歩は歌人藤原定家(鎌倉初期)によって開かれたと言えます。

定家以前には「仮名遣い」という意識はなく、発音通りに仮名を表記していたと思われるのですが、鎌倉時代にもなってくると、発音と表記の間にずれや、表記の混乱が目に余るものだったと思われます。

そこで、定家はワ行やハ行などの使い分け(「を・お」「え・ゑ・へ」「い・ゐ・ひ」)について「下官書」に書き、こうした混乱をただし、統一的に文字を使おうという態度を示したわけです。いわば「仮名遣い」の第一歩です。この仮名遣いは、後に僧行阿(南北・室町)によって、補足修正され、江戸時代まで続く「仮名遣い」としてひとまずの標準となりました(「歴史的仮名遣い」と区別して「定家仮名遣い」と呼びます)。

ところが、その定家仮名遣いも文献的に見て誤りがあることが研究によりわかってきました。江戸中期の学者契沖は『和字正濫鈔』(わじしょうらんしょう)を著し、定家仮名遣いなどにみられる文字遣いの乱れを指摘、それが本居宣長らにも引き継がれ、明治期になりさらに研究され、所謂「歴史的仮名遣い」として一つの標準的な表記法として定着しました。

以上が「歴史的仮名遣い」の由来というか、歴史です。

「現代かなづかい」への転換ですが、最大のきっかけは太平洋戦争の敗戦であり、ずばり、アメリカから「よくわからん」と言われたことにあります。鎌倉時代から明治にかけて、我が国の学者たちが文献をあたり研究し完成させてきたものを、簡単に捨ててしまうとは、考えてみれば愚かなことであり、寂しくもあります(これは感想です)。

とはいうものの、明治維新前後から大戦期まで、歴史的仮名遣いの不都合さを指摘する声は、国内にも決してなかったわけではありません。発音と表記が違うわけですから、漢字を習う以外に個別的に仮名遣いを覚えねばならないというのは、実際のところ効率が悪すぎるというのです。そこで、仮名遣いの見直しのみならず、漢字の廃止(すべてカナ表記)とか、カナも廃止しローマ字による一本化などが、学者や文壇で真剣に論ぜられていました。

太平洋戦争の敗戦で、アメリカから表記についての簡易化を求められ、どうしても見直さねばならなくなったのですね。そうして、国語審議会によって「現代かなづかい」という新しい標準が作られたわけです。ちなみに、1946年内閣告示「現代かなづかい」が出され、1986年に内閣告示第1号として改定されています。


参考資料: ウィキペディア その他

こういう動きで「現代かなづかい」の完成をみたわけですが、やはりこの歴史を無視した国語の「改悪」に異議を唱える人たちもいなくはありませんでした。

これは、知プラの「1945年以前に普通使った旧仮名表記について易しく説明した本とか。」という、外国人のからの質問に答えたときに紹介しました。

歴史的仮名遣いを「正仮名遣い」として見直そうというサイトにはたとえば、次の二つがあります。
 → 「旧仮名遣いと呼ばないで」
 → 「國語國字問題解説」

実はわたしの知り合いにも、そういう「正仮名遣い」でWebページを作っている頑固者もいます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
RREVHOME