David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古典の日に、「正かな同人誌」の話をしよう。

2012-11-01-Thu
早いもので、もう十一月、今年もわずかに2ヶ月を残すばかりになりました。

さて、今日11月1日は古典の日です。「日本の古典文学を顕彰する記念日」ということになっておるようです。そういう日でもありますから、ちょっと、私が参加している同人誌の話を書きます。

私が参加しているの「正かな同人誌」というちょっと特殊な同人誌です。「同人誌」というからは、同じような考え、志向性、趣味、主義主張、思潮を持つ人たちのものというのが本来なのだと思います。この同人誌の理念は「正かなづかいは生きている」というものです。かなづかいについて、「新かなづかい」、「旧仮名遣い」などというふうに「新」「旧」という言葉を使ってしまうと、なんだか、歴史的仮名遣いは古臭い過去の仮名遣いのように思われ、今の時代に合わない古臭い仮名遣いであると考えられてしまいがちです。このままでは、古くて使えないと見捨てられそうです。

何歩か譲って、時代に合わなくなったというなら、ま、確かに戦後の国語政策、国語教育のためにそういう傾向はなくはないのですけれど、しかしながら、新しいものがいいもので、古いものは間違っているという観点だけでは、実は大事なことを見落としています。

それは、国語の歴史、つまり、言葉の歴史、由来、成り立ちのようなものです。

わたしは、普段は全く歴史的仮名遣いは使いませんけれど(読むことはあります)、正かなづかいを大切にしていこうという考えの人たち(「正かなクラスタ」などと呼ぶようですが)は、少なくとも言葉に関しては、強い関心を持っているし、知識も豊富で、真剣に向かい合おうとしています。

たとえば、「おばさん」と「おばあさん」という言葉に注目してみましょう。「新かな」だけで考えたら、この「お」の違いなんてことには、あるいは意識は及ばないでありましょう。

では、クイズ形式にしてみたらどうでしょう。あるいはこういう形にされると、気づく人もいらっしゃるかもしれません。

問:次の「お」のうち、仲間はずれはどれか。

 ア おばあさん イ おばさん ウ おかあさん エ おねえさん

いかがでしょうか?

文法的に、この「お」が「お菓子」や「お寿司」の「お(御)」と同じかどうかということに注目すれば、イの「おばさん」だけが異なることに気づきます。「お」を外して、常態にしたときに通じなくなるのです。合わせて、漢字表記を考えると、「御婆さん」または「御祖母さん」、「小母さん」または「叔母さん」「伯母さん」、「御母さん」、「御姉さん」となるので明らかです。

ところで、歴史的仮名遣いで書いてみます、「小母(叔母・伯母)」は「をば」と表記します。「小川」は「をがは」、「小野小町」は「をののこまち」です。「小」を「オ」と読むときの表記は「を」なのです。つまり、この問題の選択肢はこうなります。


 ア おばあさん イ をばさん ウ おかあさん エ おねえさん

現代かなづかいでは見えなくなってしまった日本語の姿を、歴史的仮名遣いは留めているのです。

そんなことどうだっていいではないか、今では同じ「オ」と読むのだからという意見も、それは理解できなくありません。そもそも現代仮名遣いはそういう発想で出来ていて、戦後我々はそういう発想で読み書きしているわけですから、そういう考えに陥りがちです。

しかし、歴史的仮名遣いは、「をばさん」と「おばあさん」とをかき分けることによって、それぞれの言葉の歴史や成り立ちを自然と知ることができるわけです。「歴史的仮名遣い」の「歴史的」とは、「歴史上使われていた、過去のもの」という意味合いなのでしょうけれど、逆にだからこそ「言葉の歴史をきちんと伝える仮名遣い」というふうにも解されるのですね。

発音と表記にズレが出てきて、たとえば四つ仮名(じぢずづ)をどう書き分けれるものかというようなことを日本人は長いこと混乱し、悩み、その解決のために、言葉の成り立ち、由来などをよく研究し、そこに根拠を求めようとしてきました。たとえば、「鼻血」は「はなぢ」なのか「はなじ」なのかという時は、もともと「血」だから「じ」でなくて「ぢ」だろうという考え方で、それはそのまんま現代仮名遣い採用されたわけなのです。発音が同じだからといって「はなじ」にしてしまってはいくらなんでもおかしいというわけですね。

「歴史的仮名遣い」のゆるぎない正しさというのはそこにあります。「正かなクラスタ」の人たちは、単に奇をてらうとか、知識をひけらかすためにしているわけでありません。言葉の歴史、成り立ちときちんと向き合っているのだと思っています。もちろん、彼らは言葉に関する意識だけが高いのでなく、よく勉強し知識も豊富です。

私自身は日常的には歴史的仮名遣いを全く使いませんが、わたしが「正かな同人誌」に参加している理由はここにあります。

その、正かな同人誌「正かなづかひ 理論と実践」の第3号が、11月の文フリ(文学フリマ、文学フリーマーケット)で発売になります。

20121029030012.jpg
→ はなごよみ:同人特設ページ
→ 歴史的仮名遣は生きてゐる - 「はなごよみ」公式ブログ

「第十五回文学フリマ」 開催概要
開催日 2012年11月18日(日)
開催時間 11:00~16:00→11:00~17:00に延長!
会 場 東京流通センター 第二展示場(E・Fホール)
アクセス 東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分
→ 文学フリマ - 第十五回文学フリマ開催情報



もし、関心のある方は文学フリマに出向くなり、あるいは、花ごよみのサイトでお求めいただければと思います。

スポンサーサイト

原爆の日に読む、金子みすゞと昭和天皇~今日は何の日

2009-08-06-Thu
先日から少しずつ金子みすゞを読んでいます。

金子みすゞの登場の仕方は劇的でした。大正末期に西條八十に「若き童謡詩人の中の巨星」と賞賛され、天才と言われた童謡詩人だったのですが、西條八十の渡仏や自らの結婚生活の破綻、疾病、自殺などによって、その作品のほとんどは散逸し、わずかに「大漁」の一編以外は知られることのない、いわば幻の詩人だったわけです。

で、この「大漁」が、一度読んだら忘れられないほど強烈な童謡詩なんですね。全二連からなる短い作品なんですけど、第一連は、大漁に賑わう浜を詠みます。

朝焼子焼(あさやけこやけ)だ
大漁だ
大羽鰮(おおばいわし)の大漁だ

勢いのいい詠いぶりです。その勢いのまま、しかし第二連ではトーンが少し、重く沈うつに変わるようなんですね

浜は祭りの
やうだけど
海のなかでは
何万の
鰮(いわし)のとむらい
するだろう。

これが、童謡なんですね。ほとんどこの一編のみで、強烈にその存在をアピールしていた金子みすゞ。その存在が忘れられず、自らも童謡詩人であり作家の矢崎節夫(→あの人検索スパイシー)が、金子みすゞの遺稿を探し求め、そして実弟がみすゞ本人から3冊の手帳を託されていたということを知るのですね。そうして、「金子みすゞ全集」という形で世に出たのは、なんとみずゞの死後50年余りたった1984年のことだったのです(1903年生まれのみすゞは1930年、26歳で自死しています)。

この発掘の過程は、矢崎節夫の「童謡詩人 金子みすゞの生涯」で詠むことができます。小説や物語ではなく、脚注がついているようなむしろ論文というべき構成ですが、ま、小難しく感じるところは読み飛ばして、ドキュメントとして、わたしは読みました。


こうして発掘された金子みすゞの童謡詩は(童謡というからは「曲」があったものもあるはずだと思うのですが、こんな事情ですので当時の曲は残っていません)独特の感覚がうかがえます。上の「大漁」に通じるものに、「雀のかあさん」という詩があります。

子供が
子雀
つかまへた。

その子の
かあさん
笑つてた。

ここまでが前半。でも、金子みすゞが注目しているのは、雀を捕まえた子どものおかあさんでなくて、捕まってしまった雀の子の、お母さんです。

雀の
かあさん
それみてた。

お屋根で
鳴かずに
それ見てた。

これで終わり。「鳴かずに」ってのは「泣かずに」じゃなくて、「鳴かずに」なんです。「泣かずに」のはずがありません。泣いてたと思います。だから、鳴かなかったというか、鳴けなかったんだと思いますね。

鰮(いわし)と雀。「収穫」には獲る側と獲られる側があるのですね。そして獲られる側のことなど、あんまり気にすることなく、獲る側は自分たちのことばかり考えます。金子みすゞはそういう、見えない側のことを、やさしく、かなしく思い出させてくれるのですね。「土と草」という詩では、土は幾千万の縁もゆかりもない草を育てていると書いています。

母さん知らぬ
草の子を、
なん千萬の
草の子を、
土はひとりで
育てます。

はい、では、ここで問題です。
この幾千万の草がぐんぐん育ち、青々と茂ると土自身はどうなるでしょう?

……どうなる? って、変わらずにそこにあるんじゃないの? とか、それでも草を育て続けるとかいろいろな想像が働きますね。

もちろんそれはそうなんですが、金子みすゞはどう詠むかというと、こう続きます。

草があおあお
茂ったら、
土はかくれて
しまうのに。

土は育った草のおかげで、もう隠れてしまい、日が当たらなくなってしまうんです。

悲しいですね。そして、同時にやさしいですね。金子みすゞの詩の多くには、そういう見えない側への愛情が込められています。それが、子どもの持つ、素朴さとうまく合わさって、ファンタジックな色合いも忘れずに表現されているのですね。そして、金子みすゞの中で最も有名と思われる、「私と小鳥と鈴と」では、そうした、見えないもの、小さなもののそれぞれが、それぞれ個性を生かせばそれでいいということが詠われるのです。

私が両手を広げても
お空はちっとも飛べないが
飛べる小鳥は私のように
地べたを早くは走れない

私が体をゆすっても
きれいな音は出ないけれど
あの鳴る鈴は私のように
たくさんな歌は知らないよ

鈴と小鳥と それから私
みんな違って みんないい



■参考ページ
 → 金子みすゞ記念館
 → 金子みすヾWorld
 → 尾崎眞吾のみすゞギャラリー


太宰治生誕百年に知る、「興ざめ」。~今日は桜桃忌

2009-06-19-Fri
今日6月19日は桜桃忌です。作家太宰治の誕生日にして、愛人と入水自殺した太宰治の遺体の発見された日です(実際亡くなった13日のようです)。ま、人気作家太宰治のまさに伝説的エピソードですね。いくらなんでも、自分の誕生日が遺体発見日になるように入水は不可能だったでしょうから。

NHKニュースは、桜桃忌に合わせて、「太宰治の最古の直筆原稿発見」を報じています。16歳の頃に書かれたものだそうです。

原稿は、両親が太宰治と親交があったという陶芸家、阿部和唐さんの自宅で先月見つかりました。詩や戯曲、エッセーなど4編が28枚の原稿用紙に書かれており、筆跡や日付などから、太宰治の直筆原稿としては最も古い、旧制中学時代の16歳のときに書かれたものとみられています。 
 → NHKニュース:「太宰治の最古の直筆原稿発見

「試合と不平」(詩)という今まで知られていなかった作品もあって、貴重な発見だそうです。

また、同じく16歳の頃の太宰の未公開写真も先日発表されていました。

作家太宰治を青森中学時代に撮影した未公開写真が見つかり、15日、五所川原市教育委員会が公表した。撮影場所は不明だが、太宰が青森中学3年の時のものとみられ、1年に入学した実弟礼治とともに北郡出身者の集まり「青森中学北郷会」の面々と記念写真に納まっている
 → 東奥日報:「太宰治16歳 青中時代の写真発見

人気作家とは言え、100年前(16歳なら計算上は84年前ですけど)なんですから、残っていて、よくぞこのタイミングで出てきたものだと思います。

映画化の話も続々と4作品。昨今の邦画ブームをしのばせます。嬉しいですね。

・5月公開「斜陽」(秋原正俊監督、佐藤江梨子主演)。
  → 公式ページ

・10月公開予定「ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ」(根岸吉太郎監督、松たか子、浅野忠信主演)
  → 公式ページ

・今秋公開予定「パンドラの匣」(冨永昌敬監督、染谷将太、川上未映子主演)
  → 公式ページ

・製作発表したばかりの「人間失格

  太宰が自殺した1948年に発表され、太宰作品でも最高傑作と称される「人間失格」。出版累計1000万部の青春文学の名作だが、映画化もドラマ化もされてこなかった。
 → 太宰治「人間失格」生田斗真で初の映画化

どれも見てみたいですが、ま、キャストで選べば、松たか子でしょう~。

ついでと言っていいかどうかわかりませんが、銅像が立つそうです。鹿児島で作られた銅像の除幕式、今日、青森でされるようですね。

……で、わたしは生誕百年などと知らずに、先日からこんなのを読みはじめています。

直筆は旧字旧かなである上に、推敲のあとが残っていて汚い感じもします。ストーリーを追う上では活字本で読めばいいわけですが、ま、逆に、完成途上の苦労はこういう原稿にこそ残っているわけで、原稿をワープロで書く時代になった今、いっそう特別な意味をもってくるようにも感じられます。

「興ざめ」の話は追記で。



ブログランキング・にほんブログ村へ

憲法記念日に知る漢字の成り立ち~「憲」と「民」

2008-05-03-Sat
五月の今頃、こんな話を書くのはなんですが、昨年末今年用のカレンダーを買いました。
 → 過去記事:「今年の漢字は「偽」~これって人偏に為すですよね

カレンダーなどというものはお店がくれるものと思っていて、お金出して買うものではないと考えている世代ですので、めったに買わないのですが、どうしてもほしくなって買いました。
白川静 漢字暦 2008
白川静 漢字暦 2008
posted with amazlet at 08.05.03
白川静
平凡社
おすすめ度の平均: 5.0
5 来年も!

さて、この表紙になっている字は、ある漢字の初期の字体のなんですが、今の日本ではどんな字体(なんという字)になっているかおわかりですか? ヒントはこれは5月のページに書かれています。

kancal1.jpg
白川静 漢字暦 2008の表紙より


ま、ヒントなど出す前に、そもそも今日の記事のタイトルを見ればわかります。今日は憲法記念日。その憲法記念日の「憲」の字の元はこういうデザインとういうことで、白川静のカレンダーでも5月に登場してきてるんです。

信じられます? これが「憲」だって。ちょっと信じられないというとあれですが、どなたもちょっと疑問に感じると思うのですよ。だいぶ違うような……って。そうです。今、日本で使っている「憲」の字には、この上の文字の下に「心」をつけているのです。その「心」がない。逆に言えば、上図は「憲」の字の上半分(もう少し厳密に言うと三分の一かも~)を書いているのです。

それはどういうことでしょうか。

上図の部分は「刑罰」を表しています。具体的にいうと、目の上に刺青(いれずみ)をするという刑罰です。確かに、図中の下の笹の葉をまげたようなのは目をあらわしているのはよくわかるります。その上に「用の字」みたいな模様が書いてありますが、これが「刺青をする」ということを表しているのですね。そういえば「害」なんて字、むしろこの上図の「目」の部分を「口」に替えただけのような気がしますね。

つまり、「憲」の字は心に刑罰を乗せるという構成になっているわけです。罰則をもって心を縛る……。そういう言い方をすると不自由で、悪いことのようでもありますが、法律というのはそういう要素を持っています。だから、憲法の「憲」になったのです。

前に、別の記事のコメントで書いたことがあるのですが、以前、民子さんという、笑顔の素敵な女の人とこんな話をしたことがあります。

:「タミコっていい名前ですね」
:「そうですか? どうもありがとう」
:「どういう意味の字か知ってますか?」
:「え? 市民とか、国民とか、庶民とか、人々って意味だと思います」
:「民主主義の民ですからね」
:「はい」
:「わたしあるとき調べたことがあるのです。これってどういう字だろうと」
:「へぇ~」
:「知りたいですか?」
:「はい」

:「民って、眼っていう字に似てますよね」
:「め?」
:「目の眼なんですけど、ガンって方の」、
:「ああ、はい。メヘンというのか……」
:「そうそう。その眼を表してるんです」
:「ああ、眼って意味だったのですか。知りませんでした」
:「いえ、眼を表してるんですが、中がないんです」
:「中がない……?」
:「つまり、目をつぶされたんですね」
:「……」
:「昔中国では、異民族などを支配すると奴隷にしたんですよ。その時に逃げないように、目をつぶしたんですね」
:「……」
:「ほら、奴隷には焼印を押したとかいう歴史があるじゃないですか。アメリカでも。入れ墨とか一種の刑罰で入れたり」
:「……」
:「だから、民という字は、目をつぶされた奴隷を表してるんですね。眼という字に似てるのはそういうことなんです」
:「はぁ……」
:「……」

:「眼をつぶされた奴隷ですか……」
:「そうです」
:「知りたくありませんでした……」

さんの表情が曇り、目から輝きが消えたような気がしました。

憲法の「憲」、民主主義の「民」、今の日本にとって大切な字なんですが、いずれも刑罰に関係していたなんて、ちょっとびっくりです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME NEXT

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。