FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

今年の漢字「変」はブロガーが選んだものと同じ。

2008-12-12-Fri
今年の世相を表す漢字一字が、漢字の日の今日(いい字一字で12月12日)、清水寺で発表されました。

平成20年の世相を表す漢字は「変」-。日本漢字能力検定協会が公募で選ぶ「今年の漢字」に「変」が選ばれ、12日、京都市東山区の清水寺で、森清範貫主が縦約1・5メートル、横約1・3メートルの和紙に文字を大きく揮毫(きごう)した。
 → iza:「今年の漢字は「変」 金融危機、食の安全、日米トップ交代…


 記事にもありますが、株価暴落や円高ドル安など金融情勢の変動、異物混入に代表される食の安全性に対する意識の変化、日本の首相や米大統領の交代など、政治的な変革などが理由などとあります。「ノーベル賞受賞や北京五輪など、日本人の活躍に良い変化があった」というようなことも書かれていますけれど、やっぱり地球温暖化の影響か異常気象というか気象の異変もあって、わたしにはいい意味ではあまり受け取られませんでした。

今年は過去最多の11万1208通の応募がありって、「変」は6031票(5・42%)で1位。続いて「金」「落」「食」「乱」などが多かったということですが、選ばれた「変」は先日発表になった、ブロガーが選ぶ今年の漢字と同じ結果でした。
 → 過去記事:「「ブロガーが考える今年の漢字」は「変」~ブロガーイベント

同じように書道によって、大きく表されたのですが、実際の字体はちょっと違ってました。

1227709294_photo.jpg
▲ブロガーが選んだ「今年の漢字」の発表写真(シブヤ経済新聞より)


m7524416.jpg
▲日本漢字検定協会が公募して選んだ「今年の漢字」の発表写真(時事通信より)


そうです。今日の発表の写真(下)は「変」なのに対して、上の写真(先日の「ブロガー……」)は「變」、旧字体です。どっちがいいとかいうこともないのでしょうけれど、「變」と書いた書道家の森大衛はブログ「書道家 森大衛の“書道神経を磨け”」の中で、

「変」と書こうか「變」と書こうか悩んだ森大衛ですが、
「変」っぽいのは「變」だろうと「變」と書きました。

と書いています(→「變(変)」)。どっちがより変なのかはわかりませんが、旧字の「變」の方が本来の形ですので、そもそもの字義をよく表しているということは確かでしょう。

そこで、「變」の字義について、ちょっと調べてみます。

「變」の上半分は「糸」と「言」と「糸」からなっています。「糸言糸」ですね。これは、「恋」の旧字体「戀」や「野蛮」の「蛮」の旧字体「蠻」も同じです。「痙攣(けいれん)」の「攣」にも使われています。また、「湾」の旧字体も「灣」で「糸言糸」が一部と使われているのです。「攣」を除いては、新字体の採用の時に画数を減らした簡易な字体になったというわけです。

では、この「糸言糸」はどういう意味なのでしょう。組み合わせているもので、「もつれた糸」と「言葉ではっきりと言う」ということの組み合わせで、「もつれた糸にけじめをつけようとしても容易に分けられないこと」、「容易で言葉では断ち切れない様子」を表しているようです。「恋」はそういう心だし、「痙攣」の「攣」は「絡んで引きつっているような手」ということなのでありましょう。

また「變」の下半分「夂」は「足」を表しています。それも着実に歩むような力強い足ではなくて、ひきずって歩くような、所謂「足ずり」です。「憂鬱」の「憂」にも「恋愛」の「愛」にも、辛さやせつなさから足をずるほど悄然としているという様子がうかがえるわけです。

「變」は、そうした「はっきりと断ち切ることができず、絡み合って引きつっている」という意味と、「重い気分、辛い気分で足取りが上手く進まず、足を引きずっている」という意味とが重なり合ってできている字ということのようです。そういわれると、今年一年の世相を表す字として、いかにもピッタリという感じがしますね。

◆参考
・語句楽散歩ブログ:「糸言糸
・漢字質問箱:「愛 恋

書きたいことは書きましたが、上記の新聞記事に過去の「今年の漢字」も載ってましたので、参考までに引用しておきます。

1995年 「震」/1996年 「食」/1997年 「倒」/1998年 「毒」/1999年 「末」/2000年 「金」/2001年 「戦」/2002年 「帰」/2003年 「虎」/2004年 「災」/2005年 「愛」/2006年 「命」/2007年 「偽」

いい意味の字というのは「金」「帰」「虎」(いい意味の字とは言えないが悪い意味ではないと思うので)「愛」「命」で、一応3分の1くらいはあるんですね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



「ブロガーが考える今年の漢字」は「変」~ブロガーイベント

2008-11-30-Sun
「今年の漢字」といえば、日本漢字検定協会が毎年、12月12日の「漢字の日」に清水寺で発表しています。昨年は「偽」で、一昨年は「命」でありました。
 → 過去記事:「今年の漢字は「偽」~これって人偏に為すですよね
 → 過去記事:「今年の漢字は「命」

ところが、先日、ニフィティがブロガーイベントとして、これに先立って「今年の漢字」というのを早々と発表してしまったのですね。
 → シブヤ経済新聞:「ブロガーイベントで「今年の漢字」発表-ゲストに眞鍋かをりさんら

ゲストがそれぞれの「今年の漢字」を発表。眞鍋さんの一字は「」。「耐えきれなくなり何かがはじけた感じがした事件などから」とコメント。「」を発表した鏡さんは「終わったと思った事件が繰り返されたことのほか、『再生』という気持ちも含む」と説明した。「」を書いた森さんは「中国の四川大地震や、北京五輪で活躍した選手の『心の揺れ』などに興味が引かれた」と話す。

 「ブロガーが考える今年の漢字」の発表では、今月12日から「ココログ」で募集していた「今年の漢字」の集計と、会場に集まったブロガー約80人がそれぞれ色紙に表した漢字をもとに、ゲストが今年の一文字を選定。その結果、「」の一字に決まり、森さんが大きな和紙に書き上げて見せた。

というわけで、イベントに集まったゲストからは「破」、「再」、「震」が上がり、ブロガーなどの集計では「変」が選定されたと記事になっています。

また、ニフティのお知らせの「「ブロガーが考える今年の漢字」は『変』に決定!Word of the Year '08 ~今年のコトバを振り返るブロガーイベント~ 」のページには、「変」の選定理由が挙げられています。

<『変』の選定理由>
○多事多難な年
 事件・事故や自然災害、金融危機、政治混迷など分野を問わず、いままで経験したことのない『変』な出来事が多く発生した年であった
○政界、スポーツ界での動き
 首相の突然の交代劇や、印象深いスポーツ選手の引退が相次ぐなど、『変化』の年であった
○海外の動き
 アメリカ合衆国次期大統領に選ばれたオバマ氏のキャッチフレーズは「change」。
 来年に向けて『前向きに変えていこうとする変化』『変革』を大いに期待できる

こうして理由を並べられればそれはそうだと思うんですが、今年の漢字は「変」ってのでは、どうも今一感があるのです。つまり、「どう変なのか」を示すような字の方、今年の世相を表す文字としては優れていると思うのですね。

わたしなら「」を推薦するのになぁと思っていましたら、このニフティのページには「ノミネートされた漢字」があって、「崩」も入ってました。やっぱり同じことを考える人はいらっしゃるのですね。

<ノミネートされた漢字(漢字:ノミネートされた理由)>
 「変」:変な出来事、変化、変革の兆し
 「崩」:金融大手の破綻、常識・良識の崩壊
 「金」:日本勢の金メダル、金融危機
 「迷」:先の見えない政治の混迷
 「壊」:年金、経済、政治、雇用、金融…の崩壊


ブロガーイベントはもう終わってしまいましたが、漢検の「今年の漢字」は、12月5日まで募集してます。

■募集期間 : 2008年11月1日(土)14:00~12月5日(金)
■応募方法 : 上記の応募ボタンをクリックし、専用フォームより応募ください。
※応募に関しては会員登録が必要です。
■募集内容 : 2008年「今年の漢字」
※2008年をイメージする漢字一字と、その理由を明記してください。
■プレゼント : ・漢検オリジナル図書カード(10,000円分)  5名様
・漢検オリジナル図書カード(5,000円分)  10名様
・漢検オリジナル図書カード(500円分)    30名様
・漢検オリジナルボールペン           100名様
※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
■発表 : 2008年12月12日(金)京都清水寺にて発表
インターネットによる発表は2008年12月13日(土)AM10:00
 → 漢検:「2008年 今年の漢字」のページ





ブログランキング・にほんブログ村へ

今年の漢字は「偽」~これって人偏に為すですよね

2007-12-13-Thu
日本漢字能力検定協会が、一年間の世相を表す一文字として募集して、毎年12月12日の漢字の日に、なぜだか清水寺の「舞台」で、貫主の巨大な書道で発表されている、「今年の漢字」ですが、2007年の字として「偽」(ぎ、いつわり)が選ばれました。
 → ヨミウリオンライン:「これしかない!今年の漢字はずばり「偽」

わたしは、「謝」かなと思ったのですが(→過去記事)、ま、謝るよりも、まずは、その原因の「偽」の方が先ってことなのかもしれません。

でも、「偽」って、ちょっとおもしろい字ですよね。人偏(ニンベン)に「為」の字ですよね。「人が為すこと」って意味なんでしょうか? 偽るのは人間の特権ということなのかもしれません。動物や植物たちは偽りませんから。「擬態」などといって化けているようなこともするようですが、あれも別に偽ろうというのではなくて、自分が生き延びることに必死なわけですから。ああ、それに比べて人間の為すことはみな偽りか~なんて思ってしまうようですが、以前「聞く」の時に参考にした大修館の漢字Q&Aには、もうちょっと嫌な質問がありました。この「為」の字を「ため」と解して、「人の為(ため)にすることはニセモノなのか?」という問です。

Q0142 「人」と「為」をくっつけたら「偽」になるから、「人の為」なんていったって、それはニセモノなんだ、という話を聞いたことがありますが、本当にそうなんですか?

ね。成り立ちをみると、確かに「人のためにすることが偽り」みたいにもとれますよね。回答はこうです。

(前略)
この漢字の一番基本的な意味は、「する」とか「つくる」という意味なのです。そこで、「偽」という字は、「人のため」という意味ではなくて、もともとは「人がする、人がつくる」という意味だということになります。つまり、本来は「自然のままではなく、人間の手が加わったもの」を表していたものが、やがて模造品、ニセモノの意味へと変化していったというわけです。 さて、以上に基づいてご質問を言い換えますと、「人」と「する」をくっつけたら「偽」になるから、「人がする」なんていったって、それはニセモノなんだ、となります。これは、意味がないわけではありませんが、ほとんどナンセンスに近い文ですよね。  
(以下略)

というわけで、実際は「人の為にすることがみな偽り」というのでも、「人の為すことがみな偽り」というのでもなくて、「人為的なもの、人が作ったもの(=自然にないもの)」程度の意味だったのですよね。今では「人工的なもの」というのが、元来の漢字の成り立ちだったようです。

そういえば、人間の皮膚組織から万能細胞ができて、再生医療への応用が期待できそうなどというニュースが流れたのも今年で、記憶に新しいですね。
  → asahi.com:「人間の皮膚から万能細胞 京大教授ら、再生医療へ前進

ま、万能細胞から作られた再生医療のためのパーツもニセモノといえばニセモノなわけで、「偽」といっても、必ずしもダメなものばかりでなく、まさに「人のタメになるようなニセモノ」ってのも、科学の進歩とともに、どんどん生まれてくるのかもしれません。バーチャルリアリティだって、ほらほら、懐かしさと暖かさに涙した「ALWAYS続・三丁目の夕陽」に描かれていた世界だって、セットでさえなく、CGだったわけでしょう~。あれだって、「偽」って言えば「偽」のなせるわざなんですからね。

白川静 漢字暦 2008
白川静 漢字暦 2008
posted with amazlet on 07.12.13
白川静
平凡社 (2007/10/02)
おすすめ度の平均: 5.0
5 来年も!

▲おもしろそうなので注文してみました。まだ届きませんけど~。

※ちなみに、昨年は「命」でした。(過去記事→「今年の漢字は「命」」。)

ブログランキング・にほんブログ村へ

朝青龍26日に再来日に思う、今年の漢字

2007-11-09-Fri
いよいよ九州場所があさってです。また、朝青龍がいないと思うと寂しいですね。

朝青龍の来日スケジュールが出ています。

朝青龍は26日に成田空港へ到着後、東京・両国国技館で開かれる横綱審議委員会(横審)に向かい、横審委員に謝罪。その後に記者会見を行うという。日本相撲協会の北の湖理事長(元横綱北の湖)は「(謹慎中の)場所中に帰ってきて何かあったらいけないので、場所直後の方がいいだろう。26日をめどにしている。会見でファンに謝るべきだ」と話した。朝青龍は、12月2日に大分県で始まる冬巡業から復帰する予定。来年1月の初場所での再起を目指している。
 → iza:「朝青龍、26日に再来日 謝罪と会見も

朝青龍がいない間に、安倍元首相のお詫び会見、亀田親子の謝罪?会見、小沢代表の辞任、出直し会見などがありました。そして数々の食品偽装にまつわるトップの会見なども……。

むこうで謹慎中に、こういうのを少しは見るチャンスもあったんでしょうか? 協会も、あんまり頼りにならない親方まかせ、横綱まかせにしないで、協会の看板の大横綱なんですから、ぜひ具体的なアシストして、無事再スタート会見ができるように、それこそ演出家をつけ、想定問答集を作って、ばっちりやって欲しいですね。

たぶん、いっぱい質問が出ると思いますよ。もちろん反省について、巡業について、興行主やファンについて、八百長報道や裁判について、そして、謹慎生活についてどうしていたとか、どこにいて何をしていたとか、奥さんや家族はどうしていたとか、TBSの取材はどうだっただとか、もちろん、怪我のことや体調のことなども聞かれるし、白鵬や琴光喜や豪栄道とかそういう相撲のこと、あるいは、首相交代とか亀田問題とかも。時太山の暴行死などの関連質問もあるかもしれないし。

たぶん、相撲よりも難しい……。大変だろうけど、がんばれ朝青龍。助けてやってよ、相撲協会……。

いつも、年末に「今年の漢字」ってのを発表してますよね。日本漢字能力検定協会が、その一年をイメージする漢字一文字を公募して、12月12日の「漢字の日」清水寺で、書道で大書きして発表するんですよね。この企画が始まった95年からもう12年。干支でいうと一回りしてきて、そういう本が出たとこないだネットのニュースになってました。
12字の漢字が示す曲がり角の日本
大久保 昇
オーク (2007/10)
売り上げランキング: 20300


ま、平成19年をあらわす漢字は「」がいいかとわたしは思いますね。

ちなみに、この12年間の字は、

震、食、倒、毒、末、金、戦、帰、虎、災、愛、命。

だそうです。

 → 日本漢字能力検定協会:イベント情報「今年の漢字」

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング
HOME