FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

平成19年九州場所番付発表

2007-10-29-Mon
ボクシングで亀田問題が起きて、亀父の謝罪会見がダメ出しされて、結果興毅選手の謝罪出直し会見が、割りあいとマスコミや、「世論(?)」から好評である。わたしは、ワイドショーなどを見ていて、名前は忘れたが、某ワイドショーに出ていたスポーツライターが「試合中の反則行為で、すでにレフリーが減点をし、結果判定負けしているというようなことで、選手側が謝罪会見する必要があるとは思えない」というような意見を言っていることに、妙に納得してしまった。ま、プロとはいえというか、逆にプロだからこそなのだろうけれど、お客に見放されたら終わりなんで、ま、謝罪会見も必要になってくるような場面があるかもしれないのだけれど、実際、競技中反則について、しかも結果的には反則負けとか失格になったわけでなくて、減点ですんだような行為に対して、ことさらに謝罪会見が必要だとは、ま、思われないのである(たとえば「反則負け、失格」というような、たとえば「ヌルヌルA選手」のようなことだったらそれは必要なのかもしれないが、「2点減点(別の反則行為とあわせれば3点)ながら最終ラウンドまで戦っての判定」という形で試合はきちんと成立しているのだ。

ま、だからといって、亀田興毅の謝罪会見が失敗だったとは思わない。あれはあれで、かなり成功だったと思う。日本人は、ツッパリ兄ちゃんが、実は正直で単純で本心は心優しいいいヤツだというシチュエーションは本当は大好きで、世間的にはどうでもオレらには世界一の親父なんだみたいな、いわば浪花節的展開ツボ中のツボなのだ。少なくとも、すでに風は亀田兄弟に吹きつつある(逃げ出した親父には相変わらず逆風だと思うけれど……)。

さて、わが相撲界にも、逆風に晒され続けているチャンプがいる。モンゴルにこの一連の亀田問題や、亀父の会見、興毅の会見が流れたとは思えないので、ぜひ、高砂親方はこの間の経緯と、両会見を朝青龍に見せて欲しいと思う。そして、モンゴル人だから叩かれるわけではないということをよく教え、横綱に何が求められているかを考えて欲しいと言ってほしいものだ。

わたしは、なにがなんでも謝罪会見でなくてもいいと思う。もちろん、謝罪したければすればいいし、全面的にどうこうでなくても、ここは悪かった。ここは反省、しかしここは主張したいというような釈明会見というか、事情説明会見でもいいと思う。とにかく、通訳を交えてでもいいのだから、朝青龍が帰国したときには、何か、協会やファンに対して会見という形でコメントを出してもらえるとありがたいと思う。

さて、今日は九州場所の番付発表でした。

ban200711.jpg

朝青龍は先場所に続いて全休です。番付は西の横綱です。東に白鵬。琴光喜は新大関の先場所は合格で東の正大関です。一方、魁皇はカド番です。

三役と前頭上位には楽しみな力士が並んでいます。「関脇がいい場所はおもしろい」といわれますがでしたが、三役と平幕上位陣になかなかのメンバーがそろって楽しみな感じです(それにしても、欧州勢はちょっと寂しいですね)。でも、朝青龍は出ないんですよね~。

それと、時太山の暴行死事件の影響で、先代時津風親方(元双津竜)の名前が番付から削除され、引退して部屋を継承した時津海が新たに時津風親方として載ったということがありました。このため、

9月26日の番付編成会議で決まっていた時津海の西前頭11枚目は異例の空位となった。
  iza:「白鵬が初の東正横綱に 魁皇は11度目のかど番

番付に空白があるというのは134年ぶりの珍事だそうです。ま、朝青龍の場合は名前があっても出場はないですね~早く戻って来い!

注目の愛知勢
 → goo大相撲:愛知県力士一覧

大関琴光喜
十両11市原
西幕下16玉飛鳥
西幕下24武雄山
西序二段35玉海山
西序二段56舛名大
市原新十両! まだ本名ですから、ぼちぼちいい四股名がほしいですね~。「東海王」とかどうですかね~。ちょっと平凡……。じゃ、いっそ、瀬瑠潮(せるしお)とか~。
・玉海山も順調に上がってきました。優勝して一気に三段目とかいかないかなぁ~。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング
スポンサーサイト



亀田大毅に出場停止1年間~内藤vs亀田戦

2007-10-15-Mon
11日の内藤vs亀田戦で、亀田大毅選手が投げ技やサミングなどの反則行為を繰り返した件で、本日日本ボクシングコミッション(JBC)からの処分が発表されました。概要は次のようです。

・亀田大毅……「ボクシングを冒涜(ぼうとく)し、ファンの信頼を損ねた」として1年間の出場停止処分
・父親の史郎トレーナー……無期限のセコンド資格停止処分
・亀田興毅選手……厳重戒告処分
・金平協栄ジム会長……3カ月間のクラブオーナーライセンス停止処分
 → サンスポ:「大毅は1年、史郎氏は無期限ライセンス停止 興毅に厳重戒告
 → iza:「亀田大毅は1年間の停止 父・史郎氏は無期限停止

トレーナーでもないのにセコンドについた選手の「ヒジで目を狙え」発言はもっと厳しく問う必要があるのではないかと思うのですが、まぁ、それでも、処分が重いか軽いか、甘いかなどは、正直わたしにはわかりません。

一見、世論やマスコミの声に押されて、重い腰をあげて処分した印象もあるわけですが、朝青龍問題のときの相撲協会に比べたら、ものすごく迅速で、きちんとした対応に思われます。

亀田お父ちゃんは、正直もう見たくありませんけれど、亀田兄弟がこのまま沈んでしまうのは、正直ちょっと気の毒です。確かに、生意気で礼儀知らずで恥ずかしい点はたくさんあるのですけれど、それでも、若くしてボクシングの厳しい世界を志し、おそらくこれまた厳しいトレーニングに耐えてここまで来たわけですから、こんなことで棒を折らずに、がんばって再起してほしいと思います。

ま、お父ちゃんもここは引き下がって、他のジムに預けるなどして、彼らの道を開いてやって欲しいと思います。

たとえば試合前に生意気なことを言うのって、難しいことだと思います。切腹宣言なんてそうそうできるものではありません。自分に自信を持つからこそ、いや、場合によっては逃げ出したくなる自分を追い込むためにそれは必要なことかもしれません。

必死に行け」「死ぬ気でやれ」「親の仇と思え」という言葉を、まさか言葉通りに捕らえて、「死ね」という意味だと思う人はいないと思いますが、心の弱い人に対するアドバイスとしては、そういうのもありなのは、これらの言葉が一般的に通用していることで証明されることだと思います。

だから、「負けたら切腹」は亀田選手が心の弱い自分自身に言い聞かせたり、あるいは、父トレーナーが亀田選手を鼓舞したりするには、ま、品がいいかどうかは別にして、あってもいい言葉だと思います。ただ、それを、既にチャンピオンである人間に向かって「お前もやれよ~」と言ってしまったところに、ま、亀田選手のお馬鹿なところというか、未熟なところがあるわけですね。

「肘でもいいから目を狙え」「投げろ」「たまを狙え」は、あるいは亀田興前チャンピオンが弁明していたように、「反則の指示でなくて、身内の練習用語だった」(→iza:「目狙えの指示は「亀田家のボクシング用語」 」)という言い訳は、ひょっとしたらそうでもあるのかもしれません(信用してるわけではありませんが、論理的な可能性として、そうだということもありえなくはないので)。そういう話が通じるのは、「投げろ」というセコンドの指示で選手が投げるようなパンチを打ったときですね。実際リング内ではサミングが行われ、タックルからの投げが行われてしまっているのですから、仮にそのつもりで使っても、選手にはそのよう伝わらず、反則しろという支持に伝わってわけですから、言い訳にさえならないのです。

また、今回の件で、おそらく処分が公表される前の時点だと思うのですが、金平会長は亀田陣営の言動を謝罪し、「いかなる処分でも甘んじて受ける」と言っていたようです。さすが、会長。


にほんブログ村 格闘技ブログへ
HOME