FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「元旦」って「元日の朝」って意味だと思ってました……。

2008-01-01-Tue
あけましておめでとうございます。まだ、2時前です。「深夜」だとわたしは思っているのですが、世の中ではこの時間帯でも「未明」と言うようです。そりゃ、一応、論理的にはたしかに「未明」ではありますが。

さて、昨年末ちょっと思いつきで、ビールの王冠型の日めくりブログパーツってのをつけました(見つけたと言っても、いうもいく、satokotoさんところでみつけたのですけど~)。
→ ☆王冠 今日は何の日

毎日その日の「今日は何の日」が表示されるブログパーツです。

ブログパーツ 無料.com



どうして王冠型なのかはわたしにはわかりません。それが気に入ったのではなくて、サイズ的にぴったりだったので、しばらく貼っておこうと思います。

ところで、今日(1月1日)に、こう表示されていました。
gantan.jpg

今日は「元旦」だというのです。

正月から嫌らしいあげあし取りをするようですが、違いますよね。今日は「元日」です。「元旦」というのは「元日の朝」を意味しています。この「旦」の字は、「水平線(地平線)から、太陽が昇っている」ということを表していて、「朝」を示す。すなわち、「元旦」とは「元日の朝」であると、まぁ、いつともなく覚えていました。

この王冠ブログパーツ、「今日は何の日」ということ表すわけですから、ま、「元旦」でなくて、「元日」でないとちょっとまずいでしょう。ただし、実際けっこう混同が起きているようでして、元旦を元日のかしこまったいいかたみたいな感覚で使ってる人もいるのではないかと思いますんで、そうそう杓子定規にならなくてもと言えますが、一応、日本の祝日法で決まっていることですからね。

……と、まあ、さっきまでのわたしでしたら、自信を持って書いていたのですが、インターネットって不思議なもので、「元旦」で検索して、いくつかみていると、たとえば、中華人民共和国駐日本国大使館のホームページなんかにつながるのですね。

そこに、こんなことが書いてあるのです。

元旦

 元旦は一年の始まり。「元旦」という名称は伝説の中国の先帝―??に名づけられたという一説がある。彼は中国の旧暦正月を「元」とし、正月の初日を「旦」とした。中国語では、「元」は始まりの意味が含まれ、「旦」は太陽が地平線から昇るという意味である。この二文字が一緒になって、元気よく新しい一年を迎えようという気持ちが込められている

 1949年9月27日、中国人民政治協商会議第一回総会が決議を可決し、「中華人民共和国が紀元法で年を記する」と決定してから、中国は旧暦の正月を「春節」に、一月一日を「元旦」にしてきた

「旦」の字を「太陽が地平線から昇るという意味」ということを承知しながら、「だから朝のこと」とするのでなくて、「スタートという意味」と認定し、朝が一日のスタートであるように、一年のスタートの日というふうに考えていたのですね。そして、これは、別に間違った考え方というわけでもないと思えるのです。

少なくとも、歴史的に日本より古くから「元旦」という言葉を使っていたであろう中国では、「元旦とは元日の朝でなくて、元日そのものであった」というわけです。日本の祝日法では一月一日を元日ということにしているので、そこは別にそれでかまいません。ただ、逆は、つまり、「元旦」の意味について、中国流の解釈を知った上でなお「元旦とは元日の朝のことで、元日と混同するのは誤り」と断定できるでしょうか。日本的解釈にしかすぎないという可能性もあるわけです。同じ漢字文化の先輩の中国での解釈を軽んじるわけにはいかないという気がするのですね。

……ビールの王冠ブログパーツのおかげで、「元旦」の持つ本来の意味についてちょっと勉強してしまいました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



HOME