FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「絞め殺しの木」~仏陀が悟りを開いた木

2006-07-06-Thu
こんな写真が画像フォルダにありました。撮影は昨年の11月、きっと記事するために撮ってきたものだと思うのです。
sime01.jpg

撮影場所は「のんほいパーク(豊橋総合動植物公園)」です。
 → マピオン 
読めますか? こう書いてありますね。

東南アジアなどの熱帯雨林には、絞殺木という異名をもった着生性のイチジクの仲間(インドボダイジュなど)が自生しています。絞殺木の種子は発芽すると二種類の根を出し、一つは宿り主の枝や幹にまとわりつき、もう一つは空中に垂れ下がって伸びていきます。空中に垂れ下がっていた根がやがて地面に着くと土の中から養分を吸収して生長が加速されみきの周りの根は太く堅くなり新しい根を次々と出し宿り主を網の目のように覆っていき、やがて宿り主を腐らせ、とって代わることになります。このときの様子が「絞め殺す」ように見えるのでこの名前がつきました。


人や動物を絞め殺すわけではなくて、寄生木で、宿り主の木を、生長するにしたがってじわじわと絞め殺してしまうわけですね。

標本がありました。
sime02.jpg


sime03.jpg

この編み目のようなのが「絞殺木」の標本です。宿り主となった木は、ありません。枯れてなくなったのですね。空洞が、わずかにその面影を留めているのです。

標本だけで実際に生えてる写真はないのですが、ちょっと気になることがありますね。そう「インドボダイジュ」って名前です。インドのボダイジュって言ったら、ある人物を思い出しませんか。そう釈迦です。釈迦が結跏趺坐(けっかふざ)して、悟りを開いたのがこの、インドボダイジュ~「正しい悟りの智の木」を意味のボーディ・ドルマ(bodhi-druma=菩提樹)~なんです。
 → 参考:草木図鑑「インドボダイジュ」木々の移ろい:「インドボダイジュ」
 
釈迦が瞑想していたのは、絞殺木と同種ですが、きちんと地面にたどりついたインドボダイジュだったのでしょう。20メートルもの巨木に生長すると書かれていますので、おそらく修行する釈迦にここちよい木陰を与える立派な木だと思います。ただ、同じ木の種でも地面でなく他の木に着いたりすると、最初はその宿り主を頼りに芽吹き生長していくのですが、やがて宿り主を絞め殺し、自らが立っていくようになるのです……。そんなインドボダイジュの性質を踏まえて釈迦は悟りを開いたんじゃないか、そんな気がしてきます。

色即是空」とか、言ってみたくなりませんか。

ブログランキング・にほんブログ村へ



もう少し画像を探してみました。ちょっと音が出ますけど、このページの下から3枚目は「ベンガルボダイジュ」ってなってますけど、感じがわかるかも。これも違う木のようですが、一応「絞殺木」。マレーシアです

菖蒲を巡る複雑な話~岡崎東公園

2006-06-11-Sun
先日岡崎市東公園の菖蒲まつりに行って来ました(→ マピオン)。
syoubu1.jpg

読み方がわかりません。わたしは「しょうぶ」と読んでいます。音読みが「ショウブ」訓読みが「あやめ」? ってことはないんでしょうが、うちのATOKは「しょうぶ→菖蒲」と変換しますし、「あやめ→菖蒲」と変換します。さすがに「かきつばた→杜若」ですけど。
syoubu3.jpg

漢字の読みとしてはどっちでもいいのでしょうけど、ここの東公園にとっては固有名詞のはずですから「しょうぶまつり」なのか、「あやめまつり」なのかどっちかであるはずなのですけれど。

とりあえず、同じ花なのか、どう違うのかわたしには疑問なんですが、こちらによると、アヤメはアヤメ科の植物でして、一般的に現在のアヤメ科の植物は古くから「はなあやめ」と呼ばれていたようなんです。そして「はなしょうぶ」というのもあってもちろんアヤメ科です。

ところが、サトイモ科に「ショウブ」という名の植物があって、どうやらその「しょうぶ(サトイモ科)」の葉が、「はなしょうぶ(アヤメ科)」にそっくりでして、混乱が起きて現在にいたっているようなんです。こちらに「しょうぶ(サトイモ科)」の葉の写真も、花の写真ものってるページがありますが、葉は似ているのですが、花は全然違いますね。

端午の節句に菖蒲湯につかう「しょうぶ」というのは、ま、どっちだってよかったのかもしれませんが、どうもこのサトイモの方だったらしくて、葉がよく似ているアヤメ科の「はなしょうぶ」も使われるようになったとうことかも知れません。ちなみに、子どもの日にどうして「しょうぶ」かというと、「尚武(=武道を重んじる)」という言葉と同音であることによるらしいんですけど。

少し話が横にそれましたが、つまり「菖蒲」というのは、学術的にはサトイモ科の方のことをいうので、「菖蒲まつり」なんて言ったらちとまぎらわしいので、せめて「はなしょうぶまつり」と言ってほしいところなんですね。
syoubu2.jpg

あ、まだ、「菖蒲まつり」の「菖蒲」が、「あやめ」なのか「はなしょうぶ」なのかは、はっきりとしていません。しかしこれ、調べてみると別の特徴を持つ花なのではっきりしそうです。

さきほど紹介したがらんどうには、花びらの付け根の部分が 黄色なのが「花菖蒲」、白なのが「かきつばた」、編み目のような模様なのが「あやめ」と書かれています。上の写真を見てもわかりますが、「白」でも、「編み目」でもなく黄色ですね。
syoubu6.jpg

だから、「あやめまつり」じゃなくて、「(はな)しょうぶまつり」と読むのが正解のようです。念のために、「岡崎 東公園 しょうぶまつり」「岡崎 東公園 あやめまつり」と検索してみると、はっきりします。

ちなみに、伊勢物語の業平の歌で有名な、知立のかきつばたまつりというのもあります。(→ マピオン

ブログランキング・にほんブログ村へ

八丁味噌シュークリーム

2006-06-03-Sat
先日といってももうだいぶ前ですが、味噌ロールパン味噌デニッシュの記事を書きましたが、今度は「八丁味噌シュークリーム」です。スーパーに売ってました。八丁味噌風シュークリームです。

栄屋乳業が作ってるんですけれど、どうもパッケージがいろいろあるみたいでして、ここに紹介されているようなモノがあるんですが、それは「八丁味噌シュークリーム」なんですね。わたしが食べたのは「風」の字はなくて、ズバリ「八丁味噌シュークリーム」で、パッケージ的には栄屋乳業に新製品ページに掲載されているようなモノもあるようなんです。
misossyu.jpg

味噌クリームと生クリームのダブルシューになっていて、それなりにおいしいです。味噌ってやっぱり塩が入っているんで、ちょっと甘辛です。なんとなくキャラメルっぽい感じもします。

そうですね、また出されたら食べてもいいです。悪いってことはない。ただ、おいしいから買って二度食べるかっていうとそんなことはなくて、やっぱり、珍しいというか、ネタ的な話題として買ってきて、みんなで、「へぇ~珍しいね~」「意外にうまいじゃん」などと言って食べる感じですね。どこかやっぱり変化球みたいなところがありますね。

ま、今年はNHKで「純情きらり」やってまして、岡崎の味噌業界にとっては、千載一遇のチャンスなんですよね。ぜひ、いちど、お~、これかぁ~と食してみていただきたいものであります。
純情きらり―連続テレビ小説
津島 佑子 浅野 妙子
日本放送出版協会 (2006/03)


楽天で探してみると、八丁味噌を味噌以外に工夫して使おうという試みはほかにもあるようでして、たとえば、デザートでは八丁味噌プリン


(大きな写真はセットの抹茶プリンで左下の中にあるおそらく中央右手の黄色いやつだと思います)

また、お菓子ではよくある味噌まんじゅうや味噌せんべい以外では八丁味噌キャラメル


でもって、デザートじゃないけど、八丁味噌ラガービール


さらにその八丁味噌ビールのつまみには、この八丁味噌ピーがおいしい!です。これは食べたことがあります。


ブログランキング・にほんブログ村へ

「あこがれ」~蒲郡竹島港へ

2006-05-26-Fri
ako02.jpg

竹島」と言っても、日韓の間で領土問題になっている、最近とても有名になった島のことではありません。愛知県蒲郡の観光スポットの竹島です。(→ マピオン

その竹島埠頭(ふとう)が、開港40周年ということで、大阪市が所有する帆船「あこがれ」を招いたというんで、先日、いい天気だし、出かけてみました。(→ 「東日新聞」の関連記事へ)
ako03.jpg

記事によると

同船は25日、26日、29日に市内小学生による乗船体験を、27日に一般応募者を乗せて三河湾を航行。28日には船内を一般公開し、30日に出港する予定。

記念事業の一環として同船が寄港している夜間に電球6000球によるイルミネーションで飾り、市民グループがJR・名鉄蒲郡駅前から同ふ頭にかけてキャンドル5600個を設置する。

とあります。イルミネーションがついてるのを見るには、夜出かけないとなりませんね~。チャンスがあれば。

ところで、こういう帆船などには、こんな金色の像がついてたりしますよね。これなんていうかご存じですか? これは船首像(フィギュアヘッド,figure head)と呼ばれるのだそうです。
ako01.jpg

ここでちょっとクイズです。このモデルは誰でしょうか?

なにもなしではわかるわけはないと思うので、選択肢。
 海の神ポセイドン
 ジャンヌダルク
 人魚姫
 ヤマトタケル

これでどうですか? じゃ、男か女かだけでも~。見て考えてみて~。

ブログランキング・にほんブログ村へ
RREVHOME NEXT