David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【追悼】北杜夫~「あくびノオト」

2011-10-27-Thu
ああ、北杜夫が亡くなった……。北杜夫はわたしの青春の作家の一人である。

思い出すのは、ミステリーだと思って買った「怪盗ジバコ」が、ま、広義ならミステリーかもしれないが、所謂ユーモア小説だったということだ。期待した、江戸川乱歩の「怪人二十面相」や、ルブランの「怪盗ルパン」とはまったく違う、なんだろう、もちろんそれは実はミステリーの必要条件でもなんでもないのだが、不可解というか、ホラーな感じというか、そう、「怪奇」な味付けががまったくなかったのだ。

なんというか、うすらとぼけたようなというか、一種間の抜けたような感じがあった。正直なところ話の内容はほとんど思い出せないのだが、なんとなく、楽しくゆかいで、ほのぼのとしていて、暢気なイメージが残っている。若き日のわたしはそのムードがとっても気に入って、同じような系譜になるだろうと思う作品を漁ったものだ。

井上ひさしの「ブンとふん」も傑作だった。ジバコの上を行っていた。小林信彦の「怪人オヨヨ大統領」のシリーズも友だちと交換し合って読んだ。畑正憲の「ムツ・ゴーロの怪事件は、当時のわたしには難しかったのか、あんまり印象に残っていないけど……。



以来、わたしの読むものに幅ができた。ミステリーやSFだけでなく、エッセイが加わったのだ。

ユーモアあふれる“どくとるマンボウ”シリーズや、大河小説「楡家(にれけ)の人びと」で知られる作家、芸術院会員の北杜夫(きた・もりお、本名・斎藤宗吉=さいとう・そうきち)氏が、24日死去した。 84歳だった。告別式は親族で行う。 近代短歌を代表する斎藤茂吉の次男として東京に生まれた。旧制松本高を経て東北大医学部に進学。卒業後の1954年、初の長編「幽霊」を自費出版した。
→ 「どくとるマンボウ」北杜夫さん死去 : 文化 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) 「どくとるマンボウ」北杜夫さん死去 : 文化 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)



スポンサーサイト

市原が新入幕した番付の、ちょっとした疑問~平成20年度初場所

2007-12-23-Sun
先日番付発表がありました。
  → 初場所番付発表「市原新入幕」~平成20年度初場所
いよいよ、朝青龍が戻ってきて、そして地元からは市原がめでたく十両を一場所で通過して、初場所が楽しみなわけでありますけれど、Gacktohさんがブログでこんな疑問を示していらっしゃいます。

番付発表

わからない事があるわけですが…。
境澤の番付は間違っていないか?と思うのです。
どうして龍皇より下なんでしょうか?
細かく考えると、どうして千代白鵬よりも下なんでしょうか?

Gacktohさんは「謎です」とおっしゃっています。

その日、会社の休憩時間に同僚K()がスポーツ新聞を手に声をかけて来ました。
:「出人さん、あれ、あれ、あれ見たかん~。あれ変じゃないかん? あれ」(「~かん?」は三河弁です。疑問・反語です)
:(Gacktohさんの記事を読んでいたので)「境澤の番付が間違ってるってことだらぁ~」(「~だらぁ」は三河弁です。推量です)
:「お! 流石ッ、出人さん!」
:「ネットでなんかそんなこと書いている人がいたもんで~」(「~もんで」は「~もので」。原因・理由です)
:「おお、ほうだらぁ。わしも変だと思っておっただに」(「~だに」は念押し・確認です。時に「残念」って気分を表します)

同僚K()は、「市原が11枚目で13勝2敗で新入幕」なのに対して、「境澤が13枚目で13勝2敗しかも優勝決定戦で優勝で十両3枚目」これではバランスを欠くというのですね。同じく入幕とは言えないにしても、もう1枚~2枚上でもいいのではないかというのですね。

Gacktohさんの指摘も似ていなくもないのですが、市原と境澤の比較にばかり目が言っている同僚K()とわたしは他の力士たちの分析にまで及びませんでした。「境澤の部屋(尾上)には把瑠都がいるから財政がゆたかだけれど、木瀬には幕内はいないのでぜひ欲しかったんだ」というような、同僚K()なりの分析をしてくれました。

それに対してわたしは「新十両を一場所で通過」という話題作りの意図もあって、市原がちょっとラッキーだったんだというような、な、ま、相変わらず興行的な視点から指摘しておいたのですが--それにしても、今さらですが、九州場所の客入りのひどさにはびっくりしました。魁皇カド番という話題があってもあんな具合だったのです。そもそも、朝青龍のモンゴルサッカーが発覚したときに、北の湖が「四股踏めるならすぐ呼び戻して土俵入りだけでもさせたい」と言っているそばから、「巡業には来なくていい、来たいと言ってもお断り」などとマスコミにまくし立てて騒ぎを大きくした審判部たちの、協力性のなさに、わたしはつくづく呆れてしまいました。そりゃ朝青龍にも落ち度はありますが、本来消火活動をすべき中の人(審判部)が、理事長が火消しをしようとしているのに、火に油を注ぐというか、一種確信犯的に自分たちでキレて騒ぎを大きくしていたと思われてなりません。確かに、ファンや巡業の勧進元に対して失礼なことを朝青龍はしたわけなのでしょうが、審判部だって、消火活動をせず、自分たちで騒ぎを大きくしてるようなところがあって、「二場所連続出場停止」というような処分にも、審判部が巡行から朝青龍を追放したことも影響していると思っています。

閑話休題(というか、人気の維持にはこうした話題作りも必要だし、正しい火消しも必要ってことがいいたかったのですが)、同僚K()とわたしが、ただ、市原と境澤の成績と地位を見比べて、「なんか変じゃないかぁ、変じゃないか」言ってるだけだったのに対して、Gacktohさんは、境澤が間違ってるように思えて、それは、境澤が間違ってるというか、千代白鵬や龍皇と境澤を比べてどうして境澤の方が下なのかという疑問の形で結んでいらっしゃいます。正直、比較的好きな力士や、地元出身力士などはそれなりに見るわけですが(玉海山は三段目にあがりました!)、あんまり比べたりしてみません。

なので、Gacktohさんのおっしゃっていることが、そこまでしっくりしないので、ちょっとエクセルで遊んで、こんな表を作ってみました。平成19年度の九州場所地位と成績、年明けに始まる初場所の番付(幕内下位と十両上位)の地位をちょっと比較してみようというのです。
  → 参考ページ(「幕内下位&十両上位番付比較(19九州→20初)

これ見ると、確かにGacktohさんがおっしゃるように、千代白鵬と龍鵬の二人は、番付の東西も1段の差と認定すると、この二人は勝ち越し1(8勝7敗)で6段も上がっていて、Gackthさんが疑問を抱かれるのはもっともだと思いました。この二人上がり過ぎ。そんな力士はほかにいません。ちなみに次に効率よかったのが琴春日の勝ち越し1で5段です。ただ、ちょっと思うのは上位は幕内力士と対戦があってそれが考慮されているのかなということです(ここは未確認)。

周りとの関係もあるので詳しくはわからないのですが、大きく上がった方では、岩木山は11勝4敗で7つの勝ち越しなのに、8段しかながらないのに対して(ただし幕内にあがってます)、保志光は9勝6敗で3つの勝ち越しで8段あがっています。いろいろばらつきがあって、落ちてくる側の事情もあるので完璧ってことはむずかしいのでしょうけれど、千代白鵬、龍皇の二人の勝ち越し1で6段はやはり目立つと思いました。

ま、しかし、力以上に上にいって逆に苦しむこともありますので、そのときはともかく結果の是非はまた別です。損したなってくさらないで、肥やしにしてほしいですね。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

【追悼】「ゲッターロボ」石川賢

2006-11-17-Fri
ガン!ガン!ガン!ガン!

力を込めてこんなふうに歌い出す曲はこれしかありません。「ゲッターロボ」です。その「ゲッター・ロボ」の原作者、石川賢が亡くなりました。(※間違いでした「ゲッターロボ」は永井豪原作で石川賢は作画ということです)
ゲッターロボBOX
ゲッターロボBOX
posted with amazlet on 06.11.17
東映 (2003/08/08)
売り上げランキング: 65455
おすすめ度の平均: 4.5
3 合体ロボットの決定版
5 想像したよりきれいな画質
5 若い命が真っ赤に燃えて

戦国時代を舞台にしたおどろおろどしい作品も記憶にあるが、石川賢と聞いてズバリ作品名が思いつくのは「ゲッター・ロボ」シリーズでしょう。ゲッター・マシン1号、2号、3号という3体のロケット(飛行機)が合体することによって1台のロボットできるんですね。しかもその組み合わせは3とおり。おそらく技と総合力の1号とスピードとひらめきの2号、力と重さの3号という特性を備えた3種類ができあがるという、まさに子どもに夢といってもいいでしょう。

デザインもまた、もとのロケットの形を生かすとうい必然性もあって一応人型なんですが、顔に相当する操縦席に不必要な鼻があったりすることなくて、機械的なデザインでそのあたりも斬新な感じでした。カラフルなボディーになるのも、これまた3体の組み合わせということで素直に受け入れられたり。そして、トマホークとか、ドリルとか、大雪山下ろしとかいうそれぞれの特性を生かした戦い方をするのも、操縦席に座る若者の個性にもシンクロしていて、物語を膨らませおもしろくさせていました。

敵である侵略者百鬼帝国も、魔獣戦線その他一連の石川賢の作品の中に出てくるグロテスクで、おどろおどろしいムードを持っています。こうして思いつくと懐かしいです。
真説魔獣戦線 1 (1)
真説魔獣戦線 1 (1)
posted with amazlet on 06.11.17
石川 賢
秋田書店
売り上げランキング: 3145
おすすめ度の平均: 4.0
4 バイオレンス獣変身アクション


懐かしさついでに、ゲッターマシンといえば、中学の頃わたしたちはケッター・マシンに乗ってました。「ゲッターマシン」じゃなくて、「ッターマシン」です。わたしの育った地域(愛知県三河地方)では自転車のことを「けったぁ」と呼んでました。というか、今の子たちもそう呼びます。これは、いわゆる新方言だと思っています。なんというか、昔からある日本語の伝搬や変化という歴史の中で残ってきたものではなくて、近代の事象に対して、なんらかの事情かでその地域でだけ使われるようになった。

「けったぁ」を、少年たちは「ゲッターロボ」のゲッターマシンとひっかけて、ッター・マシンと呼び、時折、百鬼帝国と戦いながら疾走していたわけです。さすがにゲッターチェンジ(合体)はできませんでしたけれど。「ゲッターロボ」はそんな夢も与えてくれていたのですね。


享年58歳。まだ若過ぎます。師匠(といっていいかわ微妙ですけど)である永井豪が、「キューティーハニー」や「デビルマン」を実写化して悠々自適にやってるのと比べると、寂しい気持ちもあります。石川賢の容貌とか体形とか知らないけれど、マンガ家というのは不健康な仕事でもあるのだろうなと思ったりします。

石川賢さんのご冥福お祈りします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

パチスロ台プレゼント企画

2006-03-07-Tue
トラックバックしてくれた人の中から抽選でスロット台をプレゼントします。機種は「アラジンA」と「北斗の拳ユリアバージョン」で、それぞれコイン(約5000枚)もつけます。抽選で2名に(上記のいずれか1台を2名の方に)。
誰が? って、もちろんわたしがじゃありませんよ。FC2がです

へんなブログサービスがあったものです(笑)。前は、第1回は「バラの花束」のクリスマスプレゼント企画でした。今回はパチスロ台なんですね。クリスマスプレゼントはわかります。花束なんておしゃれです。こんどは何の日? 

わたしはパチンコもスロットもしません。パチンコも成人式の翌日に友だちに無理矢理誘われて行って以来、2度としていません。それも、彼がしたいから、つきあってくれ、金を出すからつき合ってくれと、そこまで言うんでしたのですが、わたしはあんなことできません。ギャンブルが嫌いなんですね。愛知県といえば、中京競馬、蒲郡競艇、豊橋競輪と一応身近にそういう施設もあるのですが、行きません。行きたいとも思わない(笑) パチンコも同感です。

だから、体験記なんて書けませんって。しないんですから。

ここで家族との会話。
「お~い、FC2がやってくれたぞん~」
「どうしただん?」
「こんどのトラバテーマ、パチスロ体験記だに……」
「パチスロかん……」
「なんか、書くと機械もらえるらしいぢゃんね」
「わたしの知り合い、半年くらいそれで食っとった人おるもんで、聞いてみーか?」
「人のじゃ……」
「それとも、これを機会にはじめるだかん?」
そんなんやらぁへんよぉ……」

……とは言ったものの、なんだか、やってみようか迷っている(笑) 
トラバの企画の皆勤のためにパチスロはじはしないかと心配する家族も家族だが……。

ええと、FC2トラバテーマ企画は、FC2ブログに限ったわけではないと思ったので、パチスロ台がほしいひとは、トラバしてみましょう。仮に200人からトラバがあったとして、賞品は2台ですから、100分の1ですよね。懸賞として考ええると、率的には決して低くないと思います。締め切りは3月13日です。

パチスロ全般 - パチンコ
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。