FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

県名の由来(愛知県)

2005-02-13-Sun
「愛知県」の「あいち」は、万葉集の
  桜田へ鶴鳴きわたる年魚市潟潮干にけらし鶴鳴きわたる
   (さくらだへ たづなきわたる
    あゆちがた しほひにけらし たづなきわたる)

という短歌にも詠まれている「年魚市(あゆち)」に由来するとされています。「あゆち潟」は「名古屋市の熱田付近から北西に湾入していた潟」です。

この「桜田へ……」の歌は、万葉集の巻三に収められている、高市黒人の作です。黒人は漂泊の歌人と言われ、万葉集に旅の歌が多く採用されていますね。歌意は、
 
  桜田へ鶴が鳴きながら飛んでいく。
  あゆち潟の潮はひいたようだ。
  鶴が鳴きながら渡っていく。

くらいです。桜田方面に鶴が飛んでいくのは、あゆち潟の潮が引き、餌となる魚や貝たちがとりやすくなったからです。恐らく、何羽もの鶴が鳴きながら飛び渡っていったのでしょう。青空をわたっていく鶴の姿と、それを見上げる黒人が目に浮かぶようですね。

さて、この「あゆち」が県名に採用されるまでですが、ご存じでしょうが、江戸時代までは尾張国と三河国の二国でした。明治4年の廃藩置県で、いったん尾張国は名古屋県に、三河国は額田県になります。それが翌年愛知県として統一され、このとき、名古屋県の県庁が当時「愛智郡」であった名古屋城内にあって、それが県名に採用され「愛知」になったのです

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



HOME