FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「版」の誘惑展の帰りに大須演芸場に寄ったら……。~名古屋市立美術館

2008-08-24-Sun
名古屋市美術館開館20周年記念特別展は「版」の誘惑展でした。先日行ってきました。
han_02.jpg
 → 名古屋市美術館特別展「版」の誘惑展のページ

「版」というのは、一応、版画ということになっています。赤瀬川原平の千円札の模写(復讐の形態学(殺す前に相手をよく見る))や、零円札、零円札による梱包などは今までたびたび展示されてまして、ま、わたしとしてはそれも一応満足なんですが、たが、果たして今回あんだけのスペースをとって展示する必要があったかと思いますよ。ま、迫力はありましたけど(笑)。


「全面自供」~千円札裁判や路学会のことなど全面自供!


今回の展示の特徴は、展覧会の入り口でもらえるCDケースの1.5倍くらいの大きさの小冊子にあります。26ページからなるこの小冊子は、各ページに一つずつ質問が書かれています。たとえば、赤瀬川原平の展示は5番に相当するのですが「作者は、この大きな千円札を、どんな方法で作ったのでしょうか。」「作者は、この大きな千円札を、どんな理由で作ったのでしょうか。」というような質問が書かれています。その質問を展示を見ながら考えてみましょうということですね。
han_01.jpg

印象に残っているのはラインハルト・ザビエの「収容所で」という作品。「ユダヤ人としての自画像」もおもしろかったのですが、「収容所で」の色使いと鏡(ガラス?)と暗さの効果、抑圧感というか抑鬱感というか、忘れられませんでした。現代美術が、常識の隙を付くというか、意表をつくような作品が多いの対して、このザビエは手法としては新しく実験的なものもあるのでしょうが、テーマというか、問題意識が伝統的というか、わかりやすく、この展示の中ではそこがよかったのかもしれません。

一人の作家や一グループ、もしくは一つの潮流(思潮というか)を扱った展覧会はよくあるのですが、今回は、「版(=プリント)」という手法を切り口に、浮世絵や版画(浮世絵も版画ですがw)、写真を使った作品など、多彩な作品に出会うことができておもしろいと思います。

帰りに大須演芸場に寄ったのですが、その時の話しは、追記に……。
スポンサーサイト



HOME