FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「転載機能」と「議論」の話~<週別集計>

2007-01-09-Tue
ヤフー!ブログの転載機能のその後の話をちょっと書いておきたいです。その前に、つくづく思うのは、ブログで「議論」するのってくたびれるというのがちょっとあります。みなさんそれをお感じにならないのかなって。

わたしもこの記事を2箇所くらいにトラバしようと思っているのですけど、そうして意見をトラバで書いていくと全部読んでいかないとならなくなってくるのですね。トラバってそういうものであるかもしれませんが、たとえば11月から続いている今回の「転載問題」についても、元はOYAJIさんの「善意の転載記事」なんですけれど、それに対する幾人かの意見やコメントを全部読むなんてとても大変なんです。トラバ先の記事にまたトラバがあって、次にまた、そこにトラバがあってなんて、ずっと読んでいくのは大変このうえないって思います。

そういう意味で、OYAJIさんはよくがんばってるなぁと感心するし、逆に、あれではOYAJIさんがつぶれてしまうのではなんていう配慮が出てきたりするのでしょう。かといって、該当記事にコメントで書くということになると、記事に文字数制限があったり、「成りすまし」の問題(ハンドルやHPアドレスを書くだけでは、果たして本人かどうかの証明が不十分)があったりしてなかなか問題が多いという指摘もあるわけです(→えっけん♂:「そもそも他人のブログのコメント欄では誰もが「匿名」かもしれない」)。

「ブログの議論はトラバで」ってことになってくると、どんどん分散していってしまうんで、対策が講じられます。「関連記事の分散」の回避については、たとえば「まとめサイト」ってのができたりするのはよくあることですが、これはこれで労力が必要です。また、ソーシャルブックマークがその役割を果たすこともあるでしょうし、それ以外にトラックバックセンターの活用が考えられます。それをにほんブログ村のトラコミュでしようとか、blogpeopleでしようとかいう動きもあるわけです。それにしても、じゃ、どこでどう意見を表明し、それに対する意見はどう書いたらよいかということは、やっぱり難しいというか、結果「ブログで議論をする」ってのは、かなりしんどいということは言えそうです(しかし、ブロガーたるもの避けて通ることはできないか)。
 → 転載問題:トラックバックピープル

以上が、ブログにおける議論の難しさと、その対応策みたいな話です。

次が「転載問題」です。この件に関して、上記のような理由から、申しわけないわけですが、継続的に読んでいるのはえっけん♂ところと、麻生さん(阿壇さん)ところくらいです。こんな流れだと思います。

OYAJIさんの「あなたの善意の転載で自殺予告の子供を救って下さい!!」記事について

1)「善意の転載(いいことだから転載して)」はチェーンだという指摘がありました。
 → たとえば、えっけん♂:「他人の善意を利用して悪意なきスパムをばら撒くこと」

2)これに対してさまざまな反論があり、なんでうちだけ言うんだ言うんだなんてのもありました。
 
3)転載機能はチェーン化するから危険だとうところに収束して、ヤフー!に停止を求めようというような動きも出てきました。
 → たとえば、てんさいよりももっといい:「チェーン日記…「転載してください」の呼びかけ記事」

とこんな感じです。チェーンという指摘とは関係なく、NAVERブログでの経験上「著作権侵害を助長する機能だ」と思っていたのですが、さらにやめた方がいいという気持ちが強くなりました。

参考までにOYAJIさんは「転載記事に下に転載機能の危険性を書いて転載すれば、啓蒙にもなるし、そのほうが有効なのではないか。反対だけ主張していても現状は変わらないのだ」という意見を展開していらっしゃいました。

たしかにOYAJIさんのような「啓蒙文つきの転載」は、そういう注意文のない転載記事よりは、配慮のいきとどいた転載だと言えるかもしれません。しかしながら、一個人の転載記事よりも、著作権法の方が認知度が高く、また、ヤフーのガイドラインの方が広く読まれてしかるべきなのです。すでにそこに書いてあることや、そこにない個人的な条件をこと細かく記事に付加したり、転載後ももう転載して欲しい期間がすぎたので削除してほしいという要請を出して回ったり、なんてのは、いかにも不合理であり、また、時に有害です。それほどまでして保持したい機能であるとはとても思えません。安易な複製が広がるなんて、あまりほめられた話とは思えません。

そして、同時になんとも妙な問題が指摘されています。それは、ヤフー!ブログの転載記事は「記事に含まれる画像データについて、その参照先は転載後も直リンクである」という特徴から発生した問題です。

これはどういうことかというと、


昨日、友人とおいしく晩ご飯を食べた。おいしかったよ!
店の案内地図はここ。

 < 写 真 >

という記事があって、これを転載した場合、記事本文の部分はそのまま転載されるのですが、<写真>の部分はURIもそのまま転載される(転載後も書き変わらない)ということです。別の言い方をすれば、画像データが含まれていたときに、一旦ダウンロードしてアップロードしなおさなくていいようにしてあるとも言えます。

しかし、結果妙なことが生じます。というのは、転載元記事の側で写真を貼りかえれば(同じファイル名で、別の画像データをアップロードする)、同じ本文で別の写真という記事ができあがってしまうのです。上の例では、最初に「店Aへの案内図」を掲載しておいて、誰かに転載が行われた後で「別の店Bへの案内図」に貼りかえることができるということです。転載者がA店を紹介してると思っていたら、B店を紹介していたなんてことが起きてしまうのです。こんな転載機能って、変でしょう。

これは写真でなくて画像データなら全部できますので、記事(文字で書かれているもの)でも画像ファイルに直せば、いくらでも変更できるんです。つまり、転載者に知られずに、転載後に内容を書き換えることができるわけです。上の例で言えば、

昨日、友人とおいしく晩ご飯を食べた。おいしかったよ!

のところを、記事の本文のように打ち込むのでなくて、画像データで作っておいて、

昨日、友人と晩飯を食べた。こんなまずい店二度と行きたくない。

ってのと差しかえることも可能なんですね。転載者に気づかれないように。

これがヤフー!ブログの転載機能です。これって非常におかしな機能だと思います。ヤフー!の運営サイドはこういう使われ方を承知でこの機能をつけているのでしょうか? あくまで、場所や機能を提供しているだけで、使用はユーザーの問題だと言うのでしょうか。

そして、こういうおかしな機能の存在が、やはりまたOYAJIさんのある記事の転載のおかげで、わたしのようにヤフー!ブログなどあまり読まない人間にまで知られることになりました。

児島の仙人さんのところに転載されたこの記事です。
 →「4年間通い続けたショットバーが閉店(泣)」

この記事の上半分には転載当初あるスナップ写真があったと思われます。元記事を書いたOYAJIさんと、記事で「閉店」と書かれている店で知り合った近所の女の子のスナップです(わたしは見ていません)。

元々「転載可」の状態で投稿されていた元記事なのですが、転載条件があり(「ひとこと断ること」というような)、児島の仙人さんが転載したときに、そういう手続きがふまれていなかったのです。OYAJIさんは手続き無視の転載が不本意でした。また、児島の仙人さんとOYAJIさんとの間には、なにか「対立」するようになったいきさつがあると思われます。この写真入り記事はずいぶん前のものでして、「善意の転載記事」が問題になってるさなかに転載されるなんてOYAJIさんには「嫌がらせ行為」のように感じられたようです。

「手続き無視」と「嫌がらせ」という2点から、OYAJIさんは上記にような手法で、写真の部分を「ある文章の画像データ」で差しかえました。わたしは、前の記事にトラバされたときにそれを読んだのですが、記憶によると「わたしは無断で転載してしまいました。ごめんなさい」みたいな内容のことが書かれていたと思います。誰が誰に謝っているのかよくわからなかったのですが、写真の部分が別の画像に差しかえられているということは理解できました。

そしてそのことが、麻生さん(阿壇さん)のところで、「1枚の写真の話をしよう」という記事でとりあげられました。わたしは、この記事を元に今これを書いています。

そして、その中で写真の代わりに挿入された文面について問題になりました。「あの謝罪文的な文面はどういうことなのか?」「なりすまし行為ではないのか?」と質問されて、OYAJIさんはその文面を変更しました。

それが、現在のような「この文面が表示されているのは無断転載の証拠です……」みたいな、「手続き無視と嫌がらせ」を主眼にした抗議文の画像なのです。

こんなふうに、転載した時と違うものにいくらでも貼りかえられる転載機能。それがヤフー!ブログの転載機能なのです。ヤフー!ブログに申し上げます。転載後に転載元がいくらでも書き換えられるような転載機能は即刻廃止した方がいいと思います。よくない。

いつもの、アクティブユーザー数の比較グラフは、追記します。(あとで。寝るから)

にほんブログ村 ブログブログへ
ブログランキング
スポンサーサイト



「転載機能」の話~<週別・日別集計>

2006-11-15-Wed
ヤフー!ブログに「転載機能」というのがあるようです。知りませんでした。ブログを活発にする一つの形なのですよね……。

ヤフー!ブログを持ってないのでよくわからないのですが、ここに使い方の記事がありました。この方よく研究されていて、書き方もわかりやすなぁと思って感心して読んでいたら、この記事自体が転載という念の入りようです(笑)。別に悪いことではないのでしょう。こういうことがヤフー!ブログでは認められているのですから。記事の末尾に


文責(記事作成元)
楽しむYahoo!ブログの作り方♪
作成者 http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/a3/73/uragoe_2ch/folder/789330/img_789330_13356986_1?20051014064926.gif
(トラックバック自由・転載は条件付■このリンク先必読■)

作成元記事 : 超簡単!!記事の転載方法♪
更新日 : 2006.10.13

とあって、oyaji(uragoe_2ch)さんの記事であることがわかります。oyajiさんはご自身のブログ(楽しむYahoo!ブログの作り方♪)で、「転載機能」に関する問題点や要望をヤフー!ブログ運営サイドに出して、注意点もまとめていらっしゃいます。かなりヤフー!ブログに精通なさっているブロガーです。参考までに注意点を抜粋させていただきます(便宜的に引用タグを使いますが抜粋です)。

転載機能の注意点
・自分の記事を(知らぬ間に)転載されたく無い場合は、記事作成時に「転載不可」に。(標準では常に「転載可」で作成される。
・転載可であってもトラブルを避ける為、なるべく転載の許可を取る(無断転載は揉め事になる)。
・転載する場合は、元記事作成者にコメント、トラックバックを奨励。
・転載元表示や文責表示の奨励。
・再転載(二重転載)は転載元(記事作成元)が判らなくなるのでダメ。転載は元記事からがマナー。
・二次転載は無限転載につながる
無限転載の起きる可能性を内包している。
・転載記事は転載先で修正できない。転載不可にもできない。
著作権侵害の疑いのある記事の被害拡大及び責任問題、賠償問題(二次転載者にも)
・サーバー負荷が高い場合の転載元の表示が消滅する問題。
・画像やフラッシュファイル等のURL先のファイル削除に関する問題。
・[[attached( )]]タグによる技術的問題。
・[[img(http://~)]]で表示上の問題。
・転載記事の属性に関する問題。


ああ、なるほど~。でも、これ、デジャブでんなぁ。ヤフー独特と言ってますが、「転載機能」ってたしかNaverブログの看板機能で、NaverがCURURUと看板のかけ替えをせざるを得なくなった要因の一つだと、経験的ですが思っています。当時あそこはYouTubeで問題になったような、著作権に触れるような動画や楽曲がガンガンに転載されてましたから。もちろん、それに対する手当て(強制削除)などを全くと言っていいほどせず(手が回らなかったと勝手に推測)、ユーザーも若いユーザーが多かったことから、よくもわからず違法転載が拡大していったのだと思っています。

ヤフー!ブログもそうなるということではありません。ブロガーの意識と適切な管理によって、非常に難しいですがいいものに育つかも知れません。ま、わたしは個人的には「やめなはれ」と思いますが、逆説的にですが、ブロガー個人の主体性を鍛える一つのアイテムになるかもしれません。

さて、このような機能をとりあげたのは、一つの「善意の転載記事」がちょっとした波紋を広げているからです。

発端はこれです。
 → 楽しむYahoo!ブログの作り方♪「あなたの善意の転載で自殺予告の子供を救って下さい!!」

これも、たまたまですが、oyajiさんのブログ「楽しむYahoo!ブログの作り方♪」の記事なんですね。記事の趣旨はこんな感じです(引用タグを使っていますが、わたしの要約です)。

いじめが理由で11月11日に自殺するという予告の手紙が文科相によせられた。文科相や東京都教育委員会などからも、手紙の差し出し人や子どもたち、保護者、教師、大人たちを対象に緊急アピールなどが出された。それを踏まえて、ブロガーの連携を訴える。こういう緊急性が高いときにブロガーは何ができるだろうか? ヤフーブログには転載機能がある。転載機能を役立てられないだろうか? ぜひ、このメッセージ転載してほしい。あるいは自分の言葉で記事にしてほしい。

転載などでこの記事がブログに増えることによって、自殺予告をしている子どもの関係者の目にとまる可能性が増えるわけで、このような緊急性が高いときには、転載機能が役に立つのではないだろうかという試みです。賛同者はけっこう現れまして、この転載記事の元番号(YTK000004)で検索するとこんな感じになるんですね。
 → ヤフー!ブログ検索で「転載先検索番号YTK000004」を検索

その数700余り。こういう現象を見て、疑問を抱く人がいくにんかいらっしゃいまして、えっけんさんやsugarさんは、これでは結果的にスパムと一緒ではないかという指摘をなさっています。
 → ekken♂:「他人の善意を利用して悪意なきスパムをばら撒くこと」(11/12)
 → ekken♂:「転載機能によるログの増殖はスパムか否か」(11/14)
 → sugar pot:「とりあえず何か行動をしたという錯覚は、とりあえずしないほうが良いという話」(11/13)
 → sugar pot:「「善意」が利用されないために。」(11/13)

いろいろな指摘や言葉が使われていますが、非常におおざっぱにまとめると、「善意で救って」という言葉で転載者を勧誘し、いかにも各自が自由意志で判断して転載したという形を取っていながら、複製記事(転載記事)をいたずらにネットに増殖させただけだという主張です。

そりゃそうでしょう。たくさんの人の目に触れることが目的なのだから。oyajiさんは、少しでも多くの人の目に触れさせたいと思ったのですから。「記事など書いてるよりも転載の方が早い」と考えて、転載を選んだと思います。ここに一つの争点が生じています。果たして「転載」という方法は適切だったのかということです。ただ、記事書くより転載ボタンの方が手っ取り早いとうことは確かです。

oyajiさんは、それぞれの記事のコメントや、自らのブログでも「子どもの自殺を防ぐという緊急性」(善意と緊急性)のためにとった行為ということが理解されていいないといういことで、「曲解だ」と反論なさっています。

こういう時に安易に比喩を持ち出すのはどうかと思いますが、実社会でいえばなんでしょうか? この現象に似ているかと思うのは、広告用の幟(のぼり)でしょうか。歩道とか駐車場に立てられている。「ケータイが安い」とか「焼き肉が半額」だとかいう広告用の幟があるじゃないですか。同じようなものが、交通安全週間とかになると並ぶことがありますよね。「飲んだら乗るな」「死亡事故急増中」などの交通安全を訴えて。

法律的なことはともかく、前者は営利目的であり、後者は公共性が高いと言えるでしょう。ただし、どちらも運転者には目障りであり、歩行者には邪魔で、自転車には危険でさえあることは変わりありません。

この広告のたとえを使えば、sugarさんやえっけんさんは、「交通安全を訴えようがどうだろうが邪魔なモノは邪魔」ということを指摘していらっしゃるのだろうと思います。そして、その問題点を「交通安全の幟立てを善意で手伝って」と働きかけた、最初の一本を立てた人(oyajiさん)と、その甘言に誘われた人(700人余りのブロガー)によく考えろと言っているわけなのです。

前述のように、oyajiさんは、転載機能についての問題点や要望をヤフーブログの運営サイドに上げていると自ら語っていらっしゃいます。そして、転載機能が「無限転載」の危険性を持つこともご自分で指摘されていいらっしゃいます。そのような経験と行動力、分析力を持つ oyaji さんだからこそ、sugarさんやえっけんさんの優れた指摘の意味を、もっと的確に受け止められるはずたと思うのですが、そうでないのか、いささか疑問です。

わたしには、そもそもこの「転載運動」が転載機能の可能性を模索する一つの実験的な行動として始められたように読めます。

Yahooブログの転載機能については、様々な賛否両論があったり
人によっては無駄に思える転載記事の氾濫などの現状もありますが

もしかしたら、こういった緊急性を要する問題に関しては
非常に有効にこの「転載機能」が役に立つ可能性はあると思います。

一人の大切な子供さんの命を、救う可能性がゼロだとは言い切れないと思います。
 楽しむYahoo!ブログの作り方♪「あなたの善意の転載で自殺予告の子供を救って下さい!!」より

「転載機能」について、「もしかしたら非常に有効に……役立つ可能性はある」「……可能性がゼロだとは言い切れない」とありますよね。

果たして、この転載機能がどの程度自殺防止に有効に役立ったのでしょうか。そして、sugarさんや、えっけんさんが、「曲解的にとりあげている」というoyajiさんの主張を、仮りに認めるとしても、果たして、その主張の根幹である「スパムと類似する行為」という指摘について、oyajiさんは、どう分析されるのだろうと思います。今後さまざまな「善意」や「緊急性」を謳っての「転載だけの記事」があふれることが喜ばしいとお考えなのか。それもすばらしいことだと手放しで喜ばれるのか。「無限転載」という言葉を注意点の中にとりあげられている方が、そんな結論にたどりつくとはわたしにはちょっと思われないのです。

きれいごとを書くようですが、ブログどころかネットも、まだまだ歴史の浅い分野です。トラックバックに関してもルールやマナー、「文化圏」なるものがあるくらいです。「転載」については、oyajiさんご自身が「賛否両論ある」と書いていらっしゃいます。感情的におなりにならずに、冷静にブログの未来を語っていただきたくと思います。

にほんブログ村 ブログブログへ

楽天に続いてヤフーも超える~<週別集計>

2005-12-07-Wed
事情で少し遅くなりましたが、先週の主要ブログアクティブユーザー数の比較です。例によってFC2は順調に伸びて、ついにヤフー!ブログを抜き去り、僅差ながら3位です。
act051205.gif

もうほとんどこの四者、差がありません。いつものように抽出拡大版に直すと、わずかにヤプログ!、FC2、ヤフー!、楽天の順にであることがわかります。
acts051205b.gif

不定期ならが毎週のように、毎日のアクティブユーザー数のグラフも載せているのですが、そちらの「毎日バージョン」では楽天が強く、こちらの「毎週バージョン」ではヤプログが強いです。よく、「女子高生のヤプログ」のようなことを聞くこともあるのですが、毎日ではないにしろ、コンスタントに毎週記事を書いているユーザーが、比較的ヤプログに多いということは言えそうです。

この週の動きとしては、FC2の5億PV(ページビュー)突破というのがあげられますが、同時に、ヤプログやFC2でもサーバ不調の声が聞こえてきました。もちろん他のブログにもあることでしょうが、今週は特に気になりました。

規模が大きくなると、同じ確率で障害が起きたとしても、絶対数は増えるわけですから、いっそうの人的な強化が必要だと思います。

そうそう、遅くなりましたが統計のもとはいつものようにブログファンです。

インターネット全般 - インターネット・プログラミング

再びヤフー突破~<日別集計>

2005-10-31-Mon
FC2ブログがYAHOO!ブログを再び抜きました。いろんな指標があるようなんですが、ブログファンの日別のアクティブユーザー数の比較です。この日別のアクティブユーザー数というのは、その日の0:00~24:00までの間に、更新のあった(1本以上記事の書かれた)ブログの数ということで、1ユーザーが1本だけ書いた場合でも複数記事を書いた場合でも、同じように1人とカウントします。では、データです。

10月30日のアクティブユーザー数
1.livedoor Blog 68792 人
2.楽天広場 39367 人
3.ヤプログ! 38345 人
4.FC2ブログ 34713 人
5.Yahoo!ブログ 34245 人
6.goo ブログ 24465 人
7.はてなダイアリー 21317 人

500人足らずの差なので、いつひっくり返ってもおかしくありません。もう今日の統計では変わっているかもしれません。

逆に言えば、今日を逃せば記事にしにくいことになります。今日は月曜ですので、いつもですと週別の統計をアップする予定です。それから、明日は月初めですので、月別(前月)の統計をアップするのを恒例としていますのでグラフが並んで、ちと画面がおもしろくないのですが、喜ばしいことだと思いまして。

では、グラフです。

act051030.gif

システム上の不具合があったライブドアはおくとして、このグラフを作り始めた8月下旬から楽天とヤプログは二者併走だったのですが、そこから一回り離れていたヤフーとFC2が、まずがヤフーが絡み、ここにきてFC2も絡んできたという感じです。ただ、傾きからみるとヤフー、FC2に勢いがありますので、今後しばらく団子状態のあと、新年にはグループの入れ替わりという展開になっていくのかもしれません。

グラフ的絵柄としても、また、FC2でブログやってるものとしてもおもしろいですね。
インターネット全般 - インターネット・プログラミング

HOME NEXT