FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

モンゴルは「日本年」だったんですね

2007-08-19-Sun
もう一月近くに及ぶこの騒動は、「朝青龍問題」くらいの名前が最近定着しつつあるとも思います。

わたしとしては、現在はそっと見守る立場以外にありません。早くきちんとした謹慎生活に入って、その後に向けてスタートするのがいいと思っています。治療が必要ならばきちんと治療してほしいです。せねばなりません。長期療養なら、悔しいくらい残念ですが、このまんま引退ということになってしまう可能性もあると思います。

マスコミの対応については、高砂親方がちゃんと考えてほしいです。高砂親方がダメっぽければ、協会も助けて欲しいです。文科相のご意見もあったのでこのまんま見殺しということもないとは思いますが、謹慎の短縮というような形式的な譲歩ではなくて、陰で具体的な支援をしてほしいと思います。

マスコミ的には21日の元横綱琴櫻の葬儀に朝青龍が姿を見せるのではないかと注目しているようですが、わたしは、モンゴルの日本大使館前で抗議デモみたいのが起きたことが、朝青龍にはいい機会になると思います。「釈明会見」「反省会見」「謝罪会見」のどれもが朝青龍には、ちょっと似合わないのですが、「モンゴルのファンを安心させる」という要素が加わると、ちょっと動きやすいと思うのですね。

ま、「病気」との兼ね合いもありますが。

ただ、こちらの記事のコメントに「今年はモンゴルでは日本年」というがあって、え、そうだったのかと思ったのですが、そういえば、映画「蒼き狼」が不振だったけれど、その後、菊川怜が日本年親善大使になったというような話題があったことを思い出しました。ただし、今回の問題のきっかけとなった、ヒデや朝青龍の参加したチャリティ・サッカーの試合は、特に関連公式イベントの中にはありませんでした。

 → 在モンゴル日本大使館:「モンゴルにおける日本年」・「親善大使に菊川怜さん」・「「モンゴルにおける日本年」公式事業カレンダー」 

今回の朝青龍の件は、結果的に「モンゴルにおける日本年」という記念の年にもミソをつけてしまうことになって、結果、両国の国民、とりわけモンゴルの国民には不快な思いをさせていると思います。それが、デモという形になって現れているのです。それは日本の事情がよくあちらに伝わっていないということもありますので、ここに朝青龍が会見する大きな意味が生まれてきているのですね。

「日本の相撲ファンの皆さんにも、モンゴルのファンの皆さんにもとても心配をいただいているので、会見します。ぜひ、モンゴルにもわたしの声を届けてください。今回、相撲協会の公式行事を怪我で休みながら、帰国してサッカーをしていたという点は、横綱として軽率なところがありました。その点は反省しています。今、体調を崩していますが、きっと立ち直りますので安心してください。」というような趣旨で会見したらいいと思うのですね。

「仮病疑惑」の件や、サッカーをすることになった経緯、現在の生活その他いろいろ質問されることもあるでしょうし、今回の処分(出場停止と謹慎)についての意見を聞かれることもあるでしょう。

ま、今後も横綱として相撲を続けたいなら、感情的にはいろいろあっても、ぐっと我慢して大人になるしかないですんで、「相撲協会の処分は適切であり、わたしは試練だと思って乗り越え、真の横綱になれるよう努力したい」というスタンスでいいと思います。

とにかく、早く明日に向かって再スタートをきることを祈っています。

高砂親方はそういう指導をお願いしたいです。また、相撲協会も、高砂親方を支援してやってほしいです。ほんと。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング
スポンサーサイト



安馬が出身地変更「ゴビアルタイ」~大相撲

2007-03-17-Sat
大相撲小結安馬が出身地を、今までウランバートルとしていたのが、「ゴビアルタイ」へと変更したとGacktohさんが書いてました。元ネタは読売新聞の記事だそうです。

今場所から出身地の登録を変えた。生まれ育ったウランバートルから、昨年末の交通事故で失った父、ダワーニャムさんの出生地ゴビアルタイ県に変更。モンゴルの西の端に当たる辺境の地だ。取組前に館内にその名が響くたび、闘争心が駆り立てられて、「気合が入る」。
   読売新聞:「安馬、緩急自在の攻めで春日王のパワーを封じ込め」の全文を読む……


別に意識して聞いているわけではないので気づかなかったのですが、一時期、モンゴル出身者ってみんな「ウランバートル出身」って言うけどほかにないんだろうか? って思っていたくらいで、それほどこのゴビアルタイってのは新鮮だった。

「ゴビアルタイ」と続けれられるとわからないが、「ゴビ」と「アルタイ」ならいくらかイメージがないでもない。「ゴビ」といえば「ゴビ砂漠」が思いつくし、「アルタイ」といえば「アルタイ語」という言語があって、そういえば日本語には「アルタイ起源説」みたいのがあったのだ。(参考:Wikipedia:「日本語アルタイ起源説」

んじゃま、ついでにちょっと検索してみようということになって検索してみました。まず。地図。いろいろ見ましたが、この地図が位置的にはわかりやすいです。「GOVI-ALTAY」と書いてありますね。でもって、こんな感じのところのようです。Human and Gioscience+:「モンゴルを行く~ゴビ・アルタイ地域」(http://www.human-g.com/MN2-1.html)

写真でも砂漠っぽいのがわかりますが、そもそも「gobi」の意味はがモンゴル語で「砂漠」ってことになっておるそうです(wikipedia「ゴビ砂漠」)ので、「ゴビ・アルタイ」の「ゴビ」はゴビ砂漠を踏まえているものと推測されます。

こちらのおもしろい記事(てんきやコラム「#25: 黄砂に吹かれて 」)がありまして、モンゴルと中国にわたるようにある「ゴビ砂漠」やそのさらに西方に位置する「タクラマカン砂漠」から、黄砂はやってくるのだそうです(この記事付属の写真で「ゴビ砂漠」の一般的な位置はわかりますが、境界とかわからないので「ゴビ・アルタイ」が、上で推測したようにゴビ砂漠と関連が深いか、それとも単に「砂漠」ってだけで、本当はタクラマカン砂漠と近いのかというは、ちょっと見極めかねますね)。

先日見た映画「蒼き狼 地果て海尽きるとも」(→関連記事)は現地ロケと現地の市民エキストラ、そしてモンゴル軍のエキストラなどの協力のもと壮大なスケールの作品にできあがっていました。「モンゴルでロケ」というだけで、モンゴルのどこでということを言ってないので(検索してもさっと見つからない)、ついでに調べようと思ったけれど、ちと残念です。



にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
HOME