FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

観劇:「ミュージカル天切り松人情闇がたり」~イッツフォーリーズ公演

2011-09-21-Wed
たびたび書いていますが、演劇鑑賞の市民サークルに入っています。

今回は浅田次郎原作のミュージカル「天切り松人情闇がたり」でした。大正ロマンの時代の義賊です。ふと江戸川乱歩の怪人二十面相などを連想させるような、変装の達人で、百面相の常なんてキャラも登場します。戦前の日本は格差社会です。華族あり、財閥あり、大地主あり。個人の力量や才能の前に、氏育ちが問題でした。上級学校へ進学するのに金が必要なんですから。生まれがよければ最初から勝ち組で、貧しいものは成りあがるチャンスはほとんどなかった。そんな時代だからこそ、義賊が生まれ、また、語られるわけなんですね。金持ちから宝を奪って、弱き庶民に分け与える。人情味のある義賊の伝説が生まれるのです。今回はそんな義賊の話でした。

performance_img_2s.jpg
→ ミュージカルカンパニー「イッツフォーリース」のページ

タイトルの「天切り」とは泥棒の手口です。屋根瓦の一枚を剥ぎとり、その穴から忍び込み仕事をやり終えたあとまた天井から同じ穴を通り外に出る。こうして屋根瓦を元に戻して逃走する……これが天切りです。江戸時代から伝わるこの技を得意としていた松蔵だから、天切り松というわけです(芝居には出てきませんが、原作小説には村田松蔵が「天切り松」と呼ばれるに至ったエピソードがあるそうです)。

ただ、この物語は天切り松自身の冒険譚という要素はむしろ少なくて、松蔵自身は語り手です。ホームズ物語のワトソン役なんですが、少年時代の松蔵は伝説の技を持つ先輩たちの仕事っぷりの目撃者であり、あるときは有力なパートナーでもあったわけで、明智探偵に従う小林少年のようでもあります。

幼い松蔵は博打打ちだった父親にある一家にあずけられます。それは泥棒や掏りを束ねていた銀次親分の一家です。家庭でなくて、悪のシンジケートという意味の「一家」ですね。人情味に厚い銀次親分の一家には、親分の心を汲んだ、天才的な義賊たちがたくさんいました。義賊と言っても、厳密には犯罪者には違いないんですが、弱い者に同情し、強いものから巻き上げるという筋を通す姿は、松蔵少年にとってはヒーロー以外のなにものでもありません。大きくなったら立派な泥棒になると、松蔵は誓って育つのです。

すっかり老人になったなった松蔵は今は引退し、なんと警察に協力しています。捜査協力の傍ら、刑務所に泊り込んで若い受刑者たちの更生に役立てばと話をしています。そこに出てくるのは、松蔵少年からみたヒーローともいうべき、銀次一家のすご腕の泥棒たちです。タヌキの寅弥、振袖おこん、百面相の常、目細の安など、惚れ惚れするほど粋で、そのいっぽうで人情に厚い、そんな一癖ある連中の活躍した話を語って聞かせるのです。その話がおもしろく、また感動的でさえあるので、若い受刑者は胸を打たれ更生を誓うものもいます。受刑者だけでなく、刑務官たちまでも松蔵の話を楽しみにしているという具合です。

スポンサーサイト



観劇:「サウンド オブ ミュージック」~劇団スイセイミュージカル公演

2009-02-03-Tue
観劇の市民サークルに入っています。もう15年以上入っています。年に6回の「例会」(実質的には劇団による「公演」です。定期的な観劇がサークルの中心的目的ですのでこう呼んでます)があります。

今回は劇団スイセイミュージカルの「サウンド オブ ミュージック」でした。

0901.jpg
 → 劇団スイセイ・ミュージカルのHP
 → 劇団スイセイ・ミュージカル:「サウンド オブ ミュージック」の公式ページ

誰でも知っている「ドレミの歌」や「エーデルワイス」は、このミュージカルのために作られた曲なんですね。もともとはブロードウェイ・ミュージカルで後に映画化されて、世界中で人気になりました。映画は見たことはなくても題名は知っている。タイトルは知らなくても「ドレミの歌」は知っている……。そんな作品なんですね。昨年は映画化40周年でこんなDVDも出ています。
サウンド・オブ・ミュージック 製作40周年記念版 (ファミリー・バージョン) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2008-04-18)
売り上げランキング: 1187
おすすめ度の平均: 5.0
5 NO.23「さ」のつく元気になった洋画
5 背景を知るよい機械
5 今までの中では決定版!
5 絶対にこのファミリー・バージョンでの購入を!


わたしはこのミュージカルはおろか映画を見たことがありません。したがってほとんどストーリーらしいストーリーも知りません。観劇市民サークルでは事前に会報(リーフレット)を配られますので、予告的な導入部分は知っていました。わたしのスタイルとしては、予備知識など特になくていい。有名な作品であろうが、どのような評価が出ている作品だろうが、今のわたしがどう見ることができ、どう評価できるのか、それを楽しみたい、そういう気持ちで作品に向かいたいと思いました。

ただ、知っておいてよいこともあります。この話にはモデルがあります。主人公のマリアとトラップ大佐一家は実在しました。時は第二次世界大戦、舞台のオーストリー(確か2~3年前でしたか「オーストリア」から改名したはずですよね。→関連過去記事)はナチスドイツに併合されてしまいます。主人公のトラップ大佐はオーストーリーの海軍大佐(オーストリア=ハンガリー帝国海軍の大佐)で、ナチスによる併合を心よしとしない人でした。さて、トラップ大佐の決断は……。それまで。明るい日ざしに溢れたザルツブルグでのマリアとトラップ家の生活に、大きな影が忍び寄り、そしてエンディングへと向かっていくわけです。

ついでに、寄り道しますと、「ハイジ」や「フランダースの犬」の世界名作劇場では、アニメ「トラップ一家物語」になってるんですね。
トラップ一家物語(1) [DVD]
バンダイビジュアル (2002-03-25)
売り上げランキング: 70537
おすすめ度の平均: 4.5
4 最高の作品です。
5 マリアの成長は子供達の成長でもある
4 世界名作劇場復活の暁には…
5 本当に温かい…。これこそ名作劇場です。
5 いつでも明るく。


さて、ミュージカルの方に話を戻しますと、大変、楽しく元気になる舞台を見せていただきました。スイセイ・ミュージカルは「夢があるから」以来です(→過去記事:「観劇:「夢があるから」~スイセイミュージカル公演」)わたしは、あのときの大海原朱里江が今でも忘れられません。あるいは、ああしたオーバーな憎まれ役(来春公開の映画「ヤッターマン」で言ったらフカキョンのするドロンジョに相当します)は、演じやすいかもしれません。基本嫌われればいいんですから。また、三枚目みたいなところがあれば愛されたりします。わたしは、また、あの大海原朱里江を演じた相原奈保子が見られるかと思うととっても楽しみでした。

もちろん、大海原朱里江は出ていません。今回は、トラップ一家の長女で16歳のリーズル役でした。ええ、あの朱里江がただの少女役……。ちょっともったいないなと見る前は思っていたのですが、あらあらとってもかわいかったですね。ダンスもすらりとした手足が伸びてとっても素敵でした~。あのダンスは朱里江では見られない! あの化け物みたいな大物歌手(褒めているのです!)とは一転ほんとにかわいかったですね~。ほんと~。次にスイセイがくるときは、相原奈保子が何を演じるか、とっても楽しみですよ。

ま、主役の中村香織も力いっぱいの、まさにはちきれんばかりの演技は魅せました。ペギー葉山もまさにベテランとしての存在感を示しています。Wikipediaでは

ドレミの歌(Do-Re-Mi)
映画ではマリアが子供たちに歌を教えるときの歌。ミュージカルではマリアが子供達に紹介されたときに歌われる。日本ではペギー葉山による日本語詞が有名であるが、ミュージカルの日本公演ではペギーの詩が使用されることはない

と書かれている「ドレミの歌」ですが、今回は日本語訳をしたペギー葉山自身が出演しているので、ストーリー中はもちろんのこと、カーテンコールでは客席も一体となって会場をあげて大合唱でした。

まさに、楽しく元気になるミュージカル、「感動は劇場にいるすべての人と一緒につくる」という理念が実現化されたステージでした。

スイセイ・ミュージカル。次の公演が楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

映画:「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」~劇場で

2008-02-03-Sun
ジョニー・デップ主演の「スウィーニー・トッド」を見てきました。

たいした予備知識もなく見に行ったのですが、ミュージカルの映画化だったのですかぁ。最初セリフが歌だったときには、ちょっとなぁと感じましたが、ま、しだいに慣れ、気にならなくはなりました。

評価としては悪くありません。いや、いいです。おもしろい。有名なブロードウェイミュージカルの映画化なんだそうですが、独創的だと思いました。音楽、色調、陰影などもいいし、テンポもいい。これはなかなかいいムードです。きっとステージのよさを取り入れて、映画としてうまく変貌させたんだと思います。大成功だと思いました。

グロさというか、猟奇の味付けもよくできています。R-15指定です。ま、俗悪ってくらいの血みどろです。時代は19世紀のロンドンといういことだそうですが、シャーロック・ホームズや切り裂きジャックの時代ですから、こんな「悪魔の理髪師」が登場する余地は充分にあるわけですね。時代的に。

スウィーニー・トッド オフィシャルメイキングブック
ティム・バートン マーク・ソールズベリー 杉本詠美
小学館プロダクション (2008/01/12)
売り上げランキング: 989
おすすめ度の平均: 5.0
5 ジョニーファンも映画ファンも
5 貴重な写真や話がいっぱい!

ストーリーですが、ま、よくも悪くも、ま、こういう結末なんですね。救いがないというか、途中、ミセスラベットは、少年を巻き込みたくないという発言をするわけですが、けっきょくああいう形で巻き込んでしまうことになります。それは、バーカーへの愛情と言うよりは、自分(たち)の幸福ということだったんだろうと思います。ま、そういう選択が結局彼女自身の破滅へもつながっていくわけでもあるのですけどね。

復讐と愛がテーマということではあるのですけれど、なかなか救いの見いだせない結末でした。

 → 公式ページ



にほんブログ村 映画ブログへ

観劇:「アイーダ」~劇団四季

2007-08-29-Wed
先日、劇団四季のミュージカル「アイーダ」を鑑賞してきました。

 → 公式サイト

四季のミュージカルを見たのは、「レ・ミゼラブル」「ライオンキング」に続いて3本目です。「レ・ミゼラブル」を見たのは、もうほんとうにずいぶん前で、その時はずいぶん後ろの席でした。よく覚えていませんが、とっても感動して、高いパンフレット買ったのを覚えています。

「ライオンキング」は、それに比べたらまだ最近ではあります。もう数年前の話ですけど(笑)。象や鳥なんて印象的でした。ただ、ストーリーは、ま、少年向けと言ってはあれですんで、ファミリー向けと言っておきましょう、ま、悪い話ではありませんでしたが、そういうところがあったのに対して、今回の「アイーダ」は完璧に大人向けでしょう。

エルトン・ジョン・アンド・ティム・ライス・アイーダ・ブロードウェイ・ミュージカル版(CCCD)
アムネリス ティム・ライス ラダメス アイーダ ゾーザー メレブ
エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ (2003/12/17)
売り上げランキング: 52440
おすすめ度の平均: 5.0
5  すべての人に・・
5 かっこええ!!
5 ディズニー・イメージをハイセンスなオトナの愛の世界に変えた


舞台はファラオの時代のエジプトです。海外遠征を繰り返し、領土を拡大していきました。領土拡大の象徴でもある英雄ラダメス将軍は、父親の策略で、ファラオの娘アムネリス王女とは許婚(いいなずけ)でありました。

ヌビア(現代のエチオピアです。でも、なにか、名前だけ聞くとリビアっぽい)遠征の折り、川べりでヌビアの女たちを捕獲、奴隷として連れ戻りました。その女たちの中にアイーダはいたのです。アイーダはヌビア王の娘です。しかし、そればれると危険だったり、戦争への影響ということも配慮したのでしょう、アイーダは囚われても正体を明かしませんでした。

アイーダはラダメス将軍によって、婚約者アムネリス王女の元に奴隷として送られます。これはプレゼントです。人間をプレゼントするというのは、現代人のわれわれにはわからない感覚ですが、奴隷といえば、家畜などと同じ扱いですので、モノとして扱ったわけです。

ラダメス将軍がとらえた奴隷ですので、どうしようとラダメスに決定権があったのですが、実は捕らえるときにすこしドラマチックな展開があります。女だてらに剣をふるい、捕らえられた他の娘たち(アイーダ姫のお供ということになります)を救おうとします。そしてそれがけっこう腕が立つわけで、そうしたことがあって、ラダメスは心のどこかにアイーダに興味を持つところがあったのですね。他の奴隷たちと同じように鉱山に送ったのではすぐに死んでしまうので、身近なアムネリス王女のところにおいてみたいというおもわくもあったのです。

一方で、アイーダを送られたアムネリス王女ですが、まるで、現代の日本の娘を連想させるほど驕慢で、おしゃれを気にする、いかにも馬鹿女であります。王の娘という立場と容姿で手に入れられないものはないと思って、美に磨きをかけています(アムネリスの驕慢ぶりをいかんなく発揮するファッションショー仕立ての場面が、わたしはとっても気に入りました。現代日本人に対する痛切な風刺だと思いました)。しかし、本心はそうではなかったのですね。王女もある意味被害者で、彼女の立場からすれば、そのように驕慢に振舞うことがもっとも王女のふるまいとしては賢明であり、安全であったのではないかと思えてきます。そのように、アムネリス王女なりの悩みがあることを、もとよじ自身も王の娘であるアイーダもよく理解するわけです。ここに、王女と奴隷という立場ではありながら、一種のソウルメイト的な結びつきを二人は持つわけです。

さて、将軍ラダメスからみると、そんな親の極めた婚約者である王女の悩みなどはちっとも見えてきません。むしろ、ヌビアの女剣士とも思われる正体不明の女アイーダのことが忘れられなくなっているのですね。一方で、ちっと婚約者が姿をみせてくれないことに悩む王女アムネリスは寂しい気持ちをアイーダに打ち明けるわけです。アイーダは自分の祖国の敵国に捕らえられ、多くの国民が奴隷として使われている現実を目の当たりにしているわけで、いくら言い寄られたところで、その侵略の英雄ラダメスと恋に落ちるわけにはいかない……。愛と、友情と、宿命とが絡み合う、何を捨て、何を選び、どう生きたらいいのか……。


ま、そんな話です。スタートとエンディングは、芝居にはわりとあるパターンですが、とってもいいです。とってもよかったです。感動しました。

ちょっと気になったのは、補助動詞をそこまではっきりと本動詞のように発声しなくてもいいのでは?ってぐらいかな。いや、ちょっと耳障りだったけれど、ま、それはそれでよかったのかも。



ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME NEXT