FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「ミリオンダラー・ベイビー」~DVDで

2006-10-21-Sat
ボクシングの映画です。いい話というか、嫌な話というか。

31才でボクシングを始めるのは遅すぎるのか? いや、一般的に遅いかどうかなんて関係がない。やりたいときがはじめ時、人生に遅すぎるなんてことはないのだという、妙におっさんに優しい言葉で、マギー(ヒラリー・スワンク)はボクシングを始めます。実際、わたしが合気道を始めたのも、ま、おっさんになってからです。

当初、名トレーナーのフランキー(イーストウッド)に何度も断られるが、ねばり強くフランキーのジムに通い、正式に「弟子」とは認めてもらえなくても自分なりの練習を続けます。まず、元ボクサーのスクラップ(モーガン・フリーマン)がマギーの熱心さに打たれて隠れてコーチをし、さらに、マギーの上達ぶりはフランキー認めら、コーチをしてもらえるようになるのですね。

家庭的に不幸で寂しい状況を乗りこえ、また、すばらしいフランキーのコーチングのおかげで、マギーもほんとうによく練習し、みるみる実力をつけていくのです。そして、ついに世界戦を向かえ、チャンピオンをも打ち破ることができそうなのですが、さて、……。

「ミリオンダラー・ベイビー」ってタイトルは、「百万ドルの価値のある恋人」なんてふうにとれるけれど、「(うまく育ったら)百万ドルを手に入れることのできるような赤ん坊」くらいの意味にもなるだろうし、「百万ドルかかるかわい子ちゃん」なのかもしれません。

 事故とはこんなものなのかも知れませんけれど、なんか、こういうアクシデントが決定的な力を持つ映画って、なんかしみじみ哀しくなりますね。結末はさらに言葉がありません。

ミリオンダラー・ベイビー
ポニーキャニオン (2005/10/28)
売り上げランキング: 268
おすすめ度の平均: 4.06
5 生きることの厳しさ。重くて、深い作品
5 人生は長さではなくどう生きたかに価値がある
5 極上のコラボレーション!


にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング
スポンサーサイト



HOME