David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「すべての道はローマに通ず」~ベルニーニまとめ作りました!

2014-06-06-Fri
先日、こんなTLが……。


この質感、この肉感、この重量感……。

これ見たい、これ触りたい、この手になりたい、こうやって抱きたい……とさえ思ったのです。こういう気持ちにさせるのは、それは、当方の事情や体調もあるのでしょうが、作品もまた素晴らしいのです!

これが大理石……とはとても思われない。石のような素材を削って、滑らかに、そして柔らかで、生きているようにさえ感じさせる、まさに、芸術とはこういうことです。

もう、すっかり気に入って、NAVER【まとめ】作っちゃいました。



このまとめを作るまで、ベルニーニの名前をほとんど知りませんでした。まとめの中に引用しましたが、たぶんCMやカレンダー、ポスターなどで何度も見て知っているはずなのに、作者の名前を覚えていなかったのです。

ローマに行った観光客で、ベルニーニの名を知っている人は全くいなかった。 ヴァチカン、サンピエトロ広場の巨大な柱廊、サンピエトロ聖堂の巨大な天蓋、そして聖ペテロの司教座。 これらを見ない観光客はいない。 全て説明を聞かされている。 CMでよく見るサンタンジェロ橋の聖人巨像、ナボーナ広場の2つの噴水、スペイン広場の噴水、トリトーネの噴水。 みんな見たはずだ。 名前の説明を聞かされたはずだ。 でも彼の名を観光客は誰も知らない。
 → ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ 彫刻



それどころか、「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズの「天使と悪魔」の中ではいくつもいくつものベルニーニが登場しながらも、訳もわからないし、ベルニーニの作品に興味も持てずにいました。それは私自身の無知でもあったのです。ベルニーニを巡っては、こんな言葉もあるくらいなのですから。

「ベルニーニはローマのために生まれ、ローマはベルニーニのためにつくられた」

「ミスター・ローマ」という感じです。でも、なぜだかそんなに有名って感じはありませんよね。すくなくとも、日本では。映画「天使と悪魔」の原作はダン・ブラウンの小説ですが、彼にとってはダ・ビンチとベルニーニは同格だったのかもしれません。しかし、日本での知名度は全然違います。わたしの同僚が「なんで日本人はあんなにモナリザが好きなのか?」と言っていましたが、ベルニーニは、その作品をみんな見たことがあるだろうに、なぜだか知らていないと思うのです。

自分の無知を弁解するなと叱られそうですが、言い訳もないわけではないけど、実態じゃないかと思いますよ。

そんなわけで、ベルニーニやバロックについて、簡単にまとめてありますんで、よかったら見てみてください。



スポンサーサイト

映画:「天使と悪魔」~劇場で

2009-05-31-Sun
「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ第2弾というので、「ダ・ヴィンチ・コード」をレンタルで見た上で見にいってきました。まず、その点について。特に、「ダ・ヴィンチ・コード」を見てからでないとダメということはありません。ま、主人公のラングドン教授の紹介くらいにはなるのでしょうけれど、閉所恐怖症(狭所?)というラングドン教授の性格設定などは、今回は全く忘れ去られているという感じで、もうちょっと、あの「火の教会」でのシーンにはそうしたキャラ設定を生かせたのではないの? なんて突っ込みたくなるくらいが関の山です。むしろ、「ダ・ヴィンチ……」よりもとっつきやすいという感じもしますが、ま、そう感ぜられるのは、あるいは「ダ・ヴィンチ……」を見て行った恩恵なのかもしれませんけれど。

先回(ダ・ヴィンチ)はパリでしたけれど、今回は、バチカンやローマを楽しませてくれます。バチカンやローマにある教会やその中の彫刻です。今回の「主役」ベルニーニ(→Wikipedia:「ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ」)ですね。浅学なわたしは、ベルニーニについて知りませんでしたけれど、イタリアの彫刻家・建築家。17世紀、彫刻や建築では天才的な才能を発揮したようです。映画の中にも出てくる「聖テレジアの法悦」が彫刻の代表作のようですが、ローマのサン・ピエトロ広場の建築やフランスのルーブル宮殿の改築などにも携わっているそうなんですね。
聖テレジアの法悦
▲Wikipedia:「聖テレジアの法悦

ベルニーニとダ・ヴィンチでは、たぶん日本での認知度は全然違いますよね。そもそも、絵画と彫刻とでは、それだけで絵画の方が人気だと思います。少なくとも日本では。ローマにいけば、もちろんベルニーニを知らない人はいないんでしょうけれど、日本では、それなりに海外旅行や西洋史、西洋建築、美術などに興味がないとなかなか知られていないのではないでしょうか。
 → このページなんか、なかなかいい感じで、ベルニーニの魅力を紹介しているのかもしれません。(こっちも)

さて、映画では、このベルニーニの彫刻が、ある謎を解き明かす手掛かりになっています。

壮大な二つのストーリーが重なるのですが、一つ目は、カソリックの教皇の死です。教皇の死後、バチカンではルールに則って次の教皇を決めねばなりません。そのための会議をコンクラーベといいます(そういえば、これ、学生時代世界史で習いました。「根競べ」みたいだなって思った記憶があります)。もう、このコンクラーベ事態が大事件なんですね。このコンクラーベの様子を描いているということも、この映画の一つの興味深いところであると思います。カソリックどころか、クリスチャンでさえないわたしでさえ、それなりに興味深く見たのですから、キリスト教に関わる人にはそれは、いろんな意味で関心を持って見たのではないでしょうか。

もう一つは「反物質」の発見というか、発明というか、新技術の完成です。「天動説」、「進化論」、「宇宙開発」や「遺伝子操作」や「クローン技術」など、科学は神の領域を、まさに暴力的に破壊しているといってもいいのかもしれません。宗教界から見たら。今回の「反物質」生成技術の完成は、あらなたエネルギー革命を起こすと同時に、宇宙誕生を再現できるような発見でした(もう少しこの物質の凄さを説明してもらってるとありがたいと思いました)。それこそ、創造の神秘を破壊するような事件なんですね。ま、わたしなどは、今さらという気もしないのでもないのですが、そのあたりは、信仰心の違いかもしれません。

そして、なぜだか、4人の次の教皇有力候補が誘拐され、時を同じくして、発明されたばかりの「反物質第1号」も奪い取られてしまいます。そして、その犯人は同一人物で、コンクラーベ開催が迫る中、バチカン教会に脅迫状というか、挑戦状が届くわけです……。その謎めいた犯行声明を解くために、前の事件(ダ・ヴィンチ)で教会から反感を買うことになった、ラングドン教授がバチカンに招かれるのです。そして、ベルニーニの彫刻に事件解明の鍵が……、というのが、ま、設定ですね。

ある意味、非常にオーソドックスで、いわば、こういう大掛かりなミステリーの王道とも言える展開でした。サスペンスあふれる展開に、夢中になって見入り、そして、結末の意外さには感心させられ、そして、そういえばそうだわな、ミステリーなんだからと納得させられました。おもしろいです

特にバチカンの書庫のシーンはユーモアたっぷりです。


 → 公式ページ

・見終わった後でも、タイトルの意味が今一つわかりません。



にほんブログ村 映画ブログへ
HOME

★楽天トラベル☆彡

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。