FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

市長がブログで「辞めてほしい市議」をアンケート……って。

2009-01-16-Fri
う~む。ちょっとびっくりです。

まず、J-CASTニュースのこの記事です。

鹿児島県阿久根市の竹原信一市長が、自身のブログで市議の不人気投票を行っている。市長は「データの集まり方に興味があり、思いつきでやった」と説明している。
 → J-CASTニュース:「「辞めてもらいたい議員名」投票 阿久根市長自分のブログで募る」(2009/1/14)

ん? ちと意味がわかりませんが、簡単に言うと、現職市長が、現職の市会議員を実名でとりあげて、「辞めてもらいたい議員」を、ブログでアンケートしているということのようです……って、マヂで?

まず、市長のブログを紹介しておきます。さるさる日記です。
 → 阿久根時事報

問題となった市議の不人気アンケのある記事です。
 → 阿久根時寺報:「■2009/01/12 (月) 市議会不人気アンケート

アンケートは@nifty投票を使っていて、3つあります。

sigiank.png

「阿久根市議会で辞めてもらいたい議員は」というタイトルでその1からその3までの3つの投票が作られています。その1とその2にそれぞれ6人の市議の実名が、その3には3人の実名のほか「全議員が辞めてもらいたい」「全議員が残って欲しい」という選択肢が用意されています。

また、批判に対するアリバイと言うか、公平を期すつもりなんでしょう、「市長を支持しますか」というアンケートも作っています。

sigi_sityo.png
 → @nifty投票>トップ>経済・政治・国際>竹原信一阿久根市長を支持しますか。



ええと、おもしろい試みとは思います。市長が市民の意識をブログアンケートの形でとり、一つの参考にするのは、あるいはネットやブログの可能性の一つとしては有効な一手段になりえるかもしれません。そういう点について、この市長はJ-CASTの質問にこんなふうに答えています。

市長はブログで投票を行った理由について、

「私の(支持率についての)投票も行っているのだから(アンケートは)対等にやっている。(不人気投票なのは)深い意味はない。報道機関は自分たちの考え方で集計するが、私は計画も何もない状態でどういうデータが集まるのか探求心があった。どうなんだろう、という思いつき」

と説明。J-CASTニュースの記者には「眺めていると興味深い。面白いでしょ?」とも。

「思いつき」「面白い」という言葉に少し軽率さを感じます。自身の支持不支持ならともかく、特に市議の実名を上げ、「辞めさせたいのは?」などという設定の仕方も不適切ではと思います。こういう極端な質問をしてしまうと、せっかくの有意義な活用の模索が、「だからネットは使えない」などという批判に終わってしまうのではないかと、不満でもあります。

だって、見る限り、ここに出ている16人の誰一人存じ上げない愛知県民のわたしでも、市議の不人気投票や、市長の不支持だって投票できてしまいます。マスコミが電話などで調査する内閣支持率や世論調査と比べて、母集団の選び方が相当に杜撰でしょう。このアンケートに答えたのが阿久根市民であることはわからないと思うのですが、それはわたしの認識不足なんでしょうか。

@nifty投票の機能上はブログパーツの形で、うちのブログにもこのアンケートを貼ることもできますが、うちのブログから投票されるのは不本意ですので、資料としてイメージ画像を貼っておくに留めます。ただ、実際にこのアンケートをブログパーツとしてはってるブログも市長のところ以外にもあるのですよ。そこからの投票はどう考えるんつもりなんでしょう、市長は。ブログやネット投票という手法を、市民や有権者の声を聞く手がかりとしてまじめに政治に取り入れたいのであれば、もう少しきちんと考えて実行して欲しいと思います。

ちなみに、この市長は、自らの選挙期間中にブログを更新するというようなこともしていて(→J-CASTニュース:「「総務省の公選法解釈がおかしい」 選挙期間中ブログ更新の市長候補が当選」)、今回のブログでの投票の件でかなり反発を買い、失職の危機が出てきたようです。
 → J-CASTニュース:「「辞めさせたい議員投票」阿久根市長 不信任案提出で「失職」危機

にほんブログ村 ブログブログへ

韓国ではネットの大掃除

2006-12-20-Wed
「韓国でサイト・ブログの大掃除」だそうです。
 → ブログの更新に飽きたまま放置していると… - 韓国で休眠サイトの大掃除(Mycomジャーナル) - goo ニュース

記事によると、

韓国政府の情報通信部は19日、11月20日から12月8日まで行われていた「休眠ホームページ整理キャンペーン」の成果を発表した。

とありますんで、国が音頭をとってやったんですね。どうして国が? というと「Webサイトのほか、ポータルサイトおよびコミュニティサイト内の個人ブログ、同好会サイトなどの休眠サイトを閉鎖する」ことで、「これらを悪用したウイルス流布、および個人情報の無自覚な露出を防ごう」という目的があるんだそうです。

実際、放置されたブログなどから個人を特定される画像などのデータが転載悪用されたり、アカウントをクラッキングされ、ウイルスの置き場にされたり、他のサイトをクラッキングする際の踏み台にされたりするといった問題が生じていたんだそうです。

だから、行政が音頭をとってサイバーの安全対策をしたということなのでしょう。放置自転車や不法投棄産業廃棄物と同じにしていいかどうかわかりませんが、イザってときに行政が出てくるのは、バーチャルもリアルも同じなのかもしれません。だからといって、現在の日本で、同じことができるかというと、知的財産権、表現の自由、個人情報などの問題が複雑で、なんにもできないような気がしますね。

記事によると、ポータルサイトなどの運営事業者側が整理する場合は、まず管理者にメールで知らせ、同意が得られれば閉鎖。連絡がない場合は、とりあえずサイトを書き込み禁止にしておいたり、後で復旧可能な閉鎖状態にするなどの処置をとったんだそうです。

その一方で、閉鎖すると抽選でPSPやiPodが当たるという不思議なお楽しみ企画もあったんだそうです。そんなことしたら、次こそと思って、たくさん作ってたくさん放置したくなるんじゃないかと思うんですけどね~(笑)。実際、整理されたサイト数は、今年6月の初回キャンペーンの時は約5万3千件、今回は8倍にもあたる約44万3千件で、次をやったとしても、PSPやiPod目当てで、やたら作ってやたら放置してやたら閉鎖に協力するブロガーが増えるでしょうから、100万件くらいいくかもしれませんよ~(笑)。これ、おかしい(笑)。

ま、わたしも長い間更新していない「休眠サイト」をいくつかもっていますんで、自分の休眠サイトが悪用されて、結果自分が被害者になるなんてことも考えられるわけなんで、ま、おっくうがらずに、一度整理しなければならないなぁと、ま、ちょっぴり反省しました。

PSP当たるかもって言うなら、すぐに考えるんだけどなぁ。

にほんブログ村 ブログブログへ
ブログランキング

タグ機能への対応その後<月別集計>

2006-10-01-Sun
9月場所が終わってから、少しずつ過去記事にユーザー・タグをつけています。とりあえずユーザー・タグをつけた直後はタグのある記事一覧でも上の方に位置するので、一時的にせよ、アクセス増が期待できます。

タグにはいろんな考え方がありますが、わたしはサブカテゴリのようには考えていません。そういう考え方も確かにあります。他の記事とのさらなるグループ化ではなくて、直接その記事の内容をよくあわらすキーワードをつけたいと思っています。ただ、サブカテゴリにしたい言葉はたとえば「【ブログ比較】」のように大括弧(【 】)でくくってやることによって、「【ブログ比較】」で検索したときにはサブカテゴリとして【ブログ比較】に登録してあるものが一覧されます。全文検索で「【 】」のない「ブログ比較」を検索すれば、これを含めてのヒットが期待できます。ただ、タグ検索で「ブログ比較」をした場合にはヒットしません。すると、「【ブログ比較】」と「ブログ比較」の二つをタグとして登録しなければならなくなるんでしょうか。ま、そんなことを考えます。
※この点について、わたしの考えとは違う状態になっているようです。【ブログ比較】で登録しておくと、「ログ比較」でもタグ検索でヒットするというようなこと指摘も過去にありましたが、現在は改善しているようです。
 → それは仕様?:「ユーザータグをサブカテゴリとして利用する」

また、同じくブログ「それは仕様?」の名鏡さんは、こんなタグを利用した検索を実現しています。本文下にあるタグリストをオンマウスすると、

このblogをGoogleで検索
FC2blog全体を検索
FC2blog全体をタグ検索
このblogを全文検索
このblogをタグ検索

のような5つの検索メニューが出るしくみです。「かなり複雑な javascript になってしまってますが」と感想を書いていますが、ここまで出来たら、タグつけをする労も惜しくないのではないでしょうか?
 参考→それは仕様?:「タグ対応 2」

さて、ブログファンで9月の主要ブログのアクティブユーザー数の集計が発表されていますので、うちもいつものようにグラフにしておきましょう。
actg060930a.gif

ライブドアブログの急降下は新着記事データの発信遅れによるものです(参照→「ブログファンから返事がくる~<週別・日別集計>」)。その長期低落傾向のものは別として、他の軌跡を見ると、横ばいのものと右上がりのものがあるのに気づきます。

右上がりのものは、FC2ブログ、ヤフーブログ、アメーバ・ブログ、seesaaブログ、jugemブログの5社くらいのものですね。半年後、また大きな変化を迎えているかもしれません。

にほんブログ村 ブログブログへ
ブログランキング

「ライブドアブログの警告」~<日別集計>

2006-08-22-Tue
livedoor Blog 開発日誌こんな記事(8/21付)が載りました。

livedoor Blogと酷似したURLへのアクセスにつきまして

平素はlivedoor Blogをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

最近、弊社のドメイン「livedoor.net」に酷似したドメインを使用し、いわゆるワンクリック詐欺の恐れがある行為を行っている者あるいは業者が存在しております。
  …… 全文を読む

記事によると「livedoor.net」というドメインをライブドアは持っているようなのですが、「bloglivedoor.net」という、類似しているものの、全くライブドアとは無関係のドメインを使って料金を請求してくるというのです。これも架空請求の一つなんですね。ライブドアとしては、身に覚えのない請求には支払わないように注意を喚起するとともに、ライブドア側から個人情報が伝わるおそれは全くないとした上で、

お客様が何らかの情報を先方に通知してしまい、料金請求の催促を受けられている、あるいは、利用した覚えのない料金請求に応じてお金を振り込んでしまった場合には最寄りの警察にご相談されることをおすすめいたします。

と告知しています。

どんな被害があったのかは、なかかなみつけられませんでした。これのことかな? ちなみにその記事の中に、「ワンクリック詐欺かも?」と紹介されているURLは今も生きていて、アダルトサイトにリンクしているようです。ご注意を。

では、いつものブログファンの集計による主要ブログアクティブユーザー数の比較グラフです。今回は毎日のアクティブユーザー数である、<日別集計>ですね。久しぶりに下に、タイマッチのやつをのせましょう。
act060821a.gif

act060821b.gif

もう、完全に逆転しています。

さて、こうして逆転して次にFC2ブログがめざすものはなんでしょうか? いっそ、大々的にアンケートでもしてみますか。アクティブユーザー数No.1の宣伝がてら。早ければ今月末にも登録90万人にも達するのではないかと予測されていますので、100万人(最速10月10日と勝手に推定)達成記念イベントの先駆けとして、今後のFC2ブログのあり方をアンケートして(たぶん、「独自ドメイン機能はまだ~?」みたいな意見が出るんでしょうけど)、積極的に広くニーズを知るのも必要かと思います。

わたしは機能強化の追究だけでなくて、サポート技術というかサービスのあり方について、まだまだ考えたらいいなじゃないかと思いますね。ま、無料ユーザーのためにどうしてそこまでやるのかって思わなくもないですが(笑)。でも、ま、こんな「お知らせ」が出るようになったんだなって、ちょっと感動してます。



あと、すでにそうなんですが、「わかってない人」がブログを始めています。いろんな意味でわかっていない。だから、規約にあるようなこと、あるいは、常識的なことも機会をみてお知らせに流してもいいのかもしれません。「パスワードの管理をしっかりしましょう」「著作権を侵害しないようにしましょう」「個人情報の取り扱いは慎重に」みたいなことを、ときどきに流してもいいと思います。そういう中に、「ライブドアでおこったような、ワンクリック詐欺のこと」とか、「共有テンプレートをめぐって起きているトラブル」とか。

なんというか、たぶん今まで、こうしたことは「個人の責任」としてで、システム側があまり積極的に関与してこなかったと思います。特にFC2は。それが大人のやり方だとも思います。しかし、残念ながらそういう点で日本人はお子さまなんですね。「お客さま」というか。勤勉で、誠実に理解しようとする反面、教わらないとなかなかできないんです。そういう過剰サービスに慣れているというか。「ユーザーフォーラムの存在とその使い方」とか、なんというか、同じ文章を何度も流すのも芸がないようなんですけれど、そういう初心者への情報も、どこかで扱ってもいいかと思うようになっています。ま、これも、パソ通時代のデジャブなんですけどね。

「お知らせ」でなくて、メルマガでもいけるかもと思います。たとえば、登録1週間後、登録2週間後、登録1か月後、登録3か月後、登録半年後などの時期に。ちょうど、初心者から次第に中級者へと、活動が広がり、理解が進む。その段階に応じた内容のメルマガを送るんです。

おめでとうございます。今日で登録後1週間です。ブログを更新していただけていますか? FC2ブログから、登録後1週間のユーザーにお送りする情報です。
 ・ ユーザーフォーラム活用してますか?
 ・ テンプレートでこまっていませんか?
 ・ 著作権ご存じですか?
 ・ ブログにコメント書いてますか? 


なんてぐあいです。

現在でも「FC2からのお知らせ」みたいなメルマガが、機能強化などの時に来ていますよね。ああ、今日も来た。「FC2ホスティングサービスをリニューアル!」みたな内容のやつが。そうしたものですね、1年以上たった人にはいいんで、開設後半年間くらいに数通送ってみたらどうかと思います。

「初心者教育」というとおこがましいですから、「初心者ユーザーへのサービス」として送るんです。定着率もよくなるかもしれませんし、ユーザー・フォーラムの軋轢が減ったり、共有テンプレなどのトラブルが減るかもしれません。「スパム行為の防止策としてこういうメルマガを送って注意を喚起している」という言い訳にも使えるし。

ま、思いつきですが、何かの参考になればと思いまして。>FC2

ブログランキング
RREVHOME NEXT