FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「パンズ・ラビリンス」~DVD

2008-08-26-Tue
「パンズ・ラビリンス」の「パンズ」が「Pan's」で、パーン(牧神)であることを知ったのは、公開されてしばらくたってのことだったと思います。「パンズ」というカタカナを見て、これがPanの所有格だなんて思ってもみませんでした。だったら、「パンのラビリンス」って訳せよ、普通そんなことすんか? と思ったのですが、次の瞬間、「チャーリーズ・エンジェルス」とか思い出していたので……。敗北というか、納得しました。でも、パーン=牧神なんて、ファンタジーがいろいろ読まれたり、映画で見られてるとは言え、まだそんなに浸透してるとは思えないので、この邦題はどうなんだろって依然として思うのですね。

パーン(牧神)のイメージはわたしの中では、ナルニア国物語の第1話で、次女(ルーシー。四人兄弟の四番目)がナルニアで最初に遭遇するタムナス(種族名は「フォーン」らしい。こことか)なんです。「パンズ・ラビリンス」のパンとは似ても似付かぬイメージなんです。その点は、いろいろ検索してみると、フォーンとはローマ神話に出てくる半獣半人身の神であり、パーンはギリシア神話に出てくるということで、両者はもともとは別物だったのですが時間とともに同一視されるようになってきたようです。--ちなみに、羊の群れなどが、何かの拍子に興奮して暴れ出すことを「パニック(panic)」というのは、このパーンにちなんでいるそうです(→Wikipedia:「パニック」)。


わたしがパーン(牧神)に興味を持つようになったのは、ピカソ展(→過去記事)で「パンの頭部」という作品を見てからです。ピカソはミノタウロスだけでなく、パン(=パーン)にも持っていて、人の持つ二面性というか、それも理性と野性というか、理性と本能というか、中でも性的なエネルギーをそこにみていたように思われたのです。だから、パーンの話ってどんな話なんだろうと思っていたのですね。

そんなわけで「パンズ・ラビリンス」に期待し、そして一般的でない点についていささか失望しました。もちろん同じパーンなのですから共通点はあります。山羊と人間のデザインがモチーフでできているということは共通しています。しかし、伝承しているパーンはこんなにモンスターっぽくなくて、もっとルックスが人間っぽい、とりあえず、造形的には別物とさえ思うに至りました。

しかし、造形が問題なのではありません。

Wikipedia(「パーン」)にはこうあります。

パーンは羊飼いと羊の群れを監視する神で、サテュロスと同じく四足獣のような臀部と脚部、山羊のような角をもつ

そして、この「山羊」のイメージに多産と同時に性的なイメージがあるわけで、

パーンも性豪として有名であり、しばしばファルスを屹立させた姿で描かれる。ギリシア人はパーンがその魅力により、処女やダフニスのような羊飼いを誘惑するものと信じていた。
 → 同じ

ま、わたしが興味を持っているのは、パーンの誘惑の話なんですね~w、「パンズ・ラビリンス」でも主人公の少女を「誘惑」はします。性的な誘惑ではなく、ま、冒険への誘惑なんですが。そして、少女がパーンの話を周囲の大人にすると、大人たちは「妖精に近づいてはいけません」と言ったりして、パーンの妖精=誘惑というイメージはあるようです。

さてここで映画の設定を書いておきましょう。1944年のスペインです。軍事独裁とレジスタンスたちが戦っています。主人公の少女オルフェウスの母は夫を亡くし、おそらくましに生きるためということもあって、軍の大尉と再婚します。映画は、その大尉の軍が、まさにレジスタンスと戦っている森林が舞台となります。母は大尉の子を身ごもっており、大尉の下で出産するために、臨月にも関わらず長女オルフェウスを伴って前線までやってくるのです。オルフェウスはその道行の車中で、ファンタジーを読んでいます(そしてその本のタイトルが「パンズ・ラビリンス」で、月の王女と妖精の話なのだと思うのですけれど……)。


▲予告です(英語)。

戦乱の中父を失い、母の再婚の相手が軍人とあって、少女は新たな現実を受け入れられません。それどころか、レジスタンスとの戦いは壮絶です。戦争、父の死、母の再婚、弟の誕生、軍人の父の性格、そして前線の戦い……少女は耐えがたい現実の中で、本から出たようなパンの妖精と出会い、ファンタジックな試練を与えられます。そして、ファンタジーの世界と現実世界との行き来が始まるのです……。マンドラコラとか、子どもを食べてしまう目玉のない怪物(本当はあるw)とか、お化け蛙とか出てきます。これがどれも、「ベルセルク」に出てくるくらいグロい。

どうしてファンタジーがこんなにもグロく、恐ろしいのか。それは戦争の現実が隣接しているからにほかなりません。いくつかのファンタジーは過酷な現実からの逃避もしくは寓話として描かれたということを意味してるのでしょう。過酷な現実、困難の連続を乗り越えるのに必要なものは、まず勇気であり、強い意志であり、戦う気持ちであり、あきらめない心であり、知恵であり、そしてなにより愛であることを、「パンズ・ラビリンス」は、他のファンタジー同様に描いています。

グロいシーンが多くて、だからPG-12で中学生以上ならOKということなんでしょうけけれど、ファンタジーの世界のモンスターも残虐ですが、戦争してる人間も負けぬくらい残虐です。グロなシーンを展開するのは、モンスターが多いか人間が多いか比べてみろとでもいいたいのでしょう。

明るく伸びやかな冒険のあるファンタジーを期待してみると失望する人もいるかもしれませんが、こっちの方が上等とも言えると思います。

パンズ・ラビリンス 通常版
アミューズソフトエンタテインメント (2008-03-26)
売り上げランキング: 2734
おすすめ度の平均: 4.0
2 期待はずれ
5 残酷なハッピーエンド
4 一応注意
5 『叫び』が心に残る
3 思いのほかえぐかった。



にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト



映画:「ライラの冒険 黄金の羅針盤」~劇場で

2008-03-21-Fri
ファンタジーの映画が連続して作られてるんですが、けっこう気に入ってみています。「ライラの冒険 黄金の羅針盤」を見にいくと、もう、ナルニアの第2作のポスターやら、予告やらで、盛り上げてくれますが、なんとなく、よく似た匂いだなぁと思いますね。ライラの冒険とナルニア~。

『ライラの冒険 黄金の羅針盤 パーフェクトガイド』 (TOKYO NEWS MOOK) (TOKYO NEWS MOOK)
TOKYONEWS MOOK(テレビタロウ特別編集)
東京ニュース通信社 (2008/02/14)
売り上げランキング: 189804
おすすめ度の平均: 5.0
5 映画のファンにオススメの充実したムックです。


「ライラの冒険」は、どうも三部作らしく、「黄金の羅針盤」はその第1作めにあたります。もう、冒頭からパラレルワールドの説明が入り、第1作は「わたしたちの世界とよく似たどこか(ライラたちの世界です)」、第2作は「わたしたちの世界」が舞台となって展開し、そして、第3作は「その双方が入り混じって展開する」のだそうです。たしか、映画の冒頭で説明が入ります。今のわたしたちの世界では、どうなんでしょう、霊魂というか、魂(たましい)がいちおうあると信じられているのでしょうか? 科学的に証明されているか、宗教的に認められているのか、ま、さまざまな考えがあるようですが、いずれにしても、もし魂があるとすれば、外には見えず脳の中か、心の中か、ま、要するに肉体の内部にあるという理解でありましょう。わたしたちの世界では。

ところが、ライラたちの世界では、その魂が、あたかも人につき従うペットのように、鳥獣(あるいは虫)のように顕在化しても外に見えるのです。それは、サルであり、鳥であり、狼であり、蛇である場合もあります。すべての人が、一匹なにかを必ずペットとして引き連れている。それは、ペットではなくて、その人の魂です。魂は「ダイモン」と呼ばれ、人格化していて、名前もつけられています。

ま、こうして、ライラたちの世界では、人はダイモンとともにあるということが当然であり、また、その前提で秩序が構築され、ま、権威も権力も生まれているわけですね。ところが、そうしたダイモンが当然の世界観に、まさにコペルニクス的転回を主張する人が現れるわけです。つまり、ダイモンを切り離したり、あるいは、体内に取り込んだりすることができるのではないかという考えです。これは、一種の進化であり、革命であり、そして、危険思想でもあります。ま、早い話がこうして、ダイモンの扱い方を巡って、世の中が混乱し、陰謀や暗躍が生まれ、抗争が生まれる中、ま、黄金の羅針盤を持つ一人の少女ライラが、友達のため、仲間のために立ち上がる……ってな話です。

かなりはしょりすぎですが、大雑把な理解はこれでいいでしょう。あんまり難しいことを考えず、冒険を楽しむもよし、また、現代社会の風刺を読み解くのいいのではないでしょうか。



映画の展開は、ちょっと軽すぎない? って心配になるくらい早いです。だから、おもしろいです。恐ろしい場面や、大変な場面、戦いの場面、危機が迫る場面など次々と出てくるわけですけど、展開が早いってことは、ま、解決も早いわけでして、そうですね、重苦しさというか、圧迫感が少なくてすみます。そのあたりでもの足りなさを感じる人もいるかもしれませんが、わたしはプラスに考えたいです。家族で、安心して見られるファンタジーという感じ。たとえば、「ロード・オブ・ザ・リング」は、中学生だって重苦しくてイヤだって思わないでしょうか。逸れに対して、ライラの方が、たぶん小学生でも楽しんで見られそう。ハリーポッタも最初はそんな感じだったけど、シリーズが進むにしたがって、しだいにちょっと重かったり、ブラックだったりしてきましたよね。あるいは、ライラも3部作が進むにしたがって、様相を転じるかもしれませんが、少なくとも、黄金の羅針盤は、明るく楽しい感じがあるとおもいます。

DSやPS3のタイトルにもなってるんですね。
ライラの冒険~黄金の羅針盤~
セガ (2008/03/27)
売り上げランキング: 1754
おすすめ度の平均: 4.0
4 原作おもしろかったので


にほんブログ村 映画ブログへ

映画:「アーサーとミニモイの不思議な国」~劇場で

2007-09-24-Mon
リック・ベッソン監督の実写とCGとの融合映画、「アーサーとミニモイの不思議な国」を見てきました。対象年齢は10歳前後から、ま、こういう作品の鑑賞に堪えられる大人までという感じでしょうか(笑)
アーサーとミニモイたち
リュック・ベッソン
角川書店 (2003/05/31)
売り上げランキング: 154208
おすすめ度の平均: 4.0
3 これはおすすめできません
5 どきどきハラハラ


ええと、ファンタジーですね。CGがとてもかわいくておもしろいです。日常的なスケールの世界から、ミニモイサイズの世界に小さくなるというところも、ま、楽しめます。ファミリー向け、お子様向けでしょう。「ハリー・ポッター」シリーズが、もう暗く、重くなって楽しめないじゃん~って感じてきた人たちにはいいと思います。たいした毒もなく、エログロもない、ま、あたりさわりのないファンタジーです。

CGもとてもきれいで、こんな妖精たち(ミニモイ)の世界にいってみたいなぁという気になりますし、帰りがけには、シネコンの売店で、セレニア(ミニモイの王女)のストラップでもないかなぁって探したくなるくらいには魅力的な作品です。

休日の昼下がり、のんびりと楽しむという作品ですかね。
 → 映画:「アーサーとミニモイの不思議な国」公式ページ

孫の日特別企画もやってます。
 → 映画「アーサーとミニモイの不思議な国」コラボアレンジメント発売キャンペーン(日比谷花壇)


にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング

映画:「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」~劇場

2007-07-24-Tue
先日「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX)」を見てきました。
 → 公式ページ



今回は教育問題を風刺した作品でした。学力低下だの、風紀の乱れだのはいずこも同じ事情かと思うのですが、先日の教育改革で日本でも教育における文科省の権限が強化されたばかりなので、ちと薄ら寒さを感じながら見ていました。市原悦子(家政婦は見た!シリーズの)を思わせる教育省から派遣された新教師(監察官?)が学園内の悪役として登場します。態度は、背景頼みの高慢で手口が憎々しいので、たぶん心底の悪人ではないにしてもかなり嫌われます。魔法学校の先生をやるほどの魔法力を持っているのでいいようなもんなんでしょうが、あれでは死んでしまいませんか~(笑)。フツーなら。あれを英国の子どもたちは楽しん見られるのか、日本の子どもたちは楽しんでみるのか、そこがちょっとちょっと疑問でした。国柄の違いというか。

ネットの感想はおおむね好評です。それに水をさすつもりはもちろんありません。が、どうも、全体に暗くて意地悪というか、陰湿とうか、陰険というか、そんなトーンです。これで楽しめたのでしょうか? ハリーの成長とともに、観客の年齢層もあげてきたということなんでしょうかね。そのあたりも、なんだろ、違和感を感じました。といっても、「ファンタジー=児童文学」というわけではないということは承知しているので、子ども向けでなければならないと主張したいわけではありません。

なんというか、わたしだけの感覚ではないと思うのですが、初期のハリー・ポッターシリーズと前後してロードショー公開されていた「ロード・オブ・ザ・リング」のシリーズに比べて、このハリー・ポッター・シリーズは、比較的年齢の低い子どもでも楽しめる点が長所である、ちょっと恐いところあるが、明るく楽しいのびのびとした話とおもっていましたので、こういう展開になってきたことが、ちょっと意外というか、ま、わたしに限らずとまどう人がいるのではないだろうかと思ったのです。

原作を読んだわけではないので本当はこの批評は当たらないのかもしれませんが、今後は当然ながら、ヴォルデモート軍団とハリーポッター軍団の魔法戦争が勃発するのでしょうから、ますます話全体が暗く重々しいムードになるのは、ある意味当然の流れということもあるのでしょう。魔法とは言え、少年が戦士が、凶悪で強い敵と戦う話は辛いです。

また、今までのような幻想的なムードが薄らぎ、現代的というか、特に「秘密の予言のありか(必要の部屋?)」などはSFチックというか、未来的な感じさえしました。このあたりも好意的に受け入れられているのでしょうか? ま、こっちは好みの問題もあるのでしょうけれど。



にほんブログ村 映画ブログへ
HOME NEXT