FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「マダガスカル」~DVDで

2006-09-04-Mon
「ゼブラーマン」とシマウマつながりというわけでもないのですが、DreamWorksのアニメ「マダガスカル」です。

ニュヨークの動物園から、シマウマが脱走する話です。最初は、地下トンネルを掘って銀行の金庫を狙うギャングよろしく4羽のペンギンチームが、南極へ行こうと地下トンネルを掘っているわけです。で、彼らが最初にが出たところがシマウマのコーナー。そこで「白黒つながり~」などと挨拶し、極秘で脱走計画まで話します。

そして、ついに、ある晩脱走に成功します。ペンギンたちも、シマウマも~。ところが、そのシマウマ(マーティって名前)がいなくなっているのを、となりのコーナーに住む、大の仲好し、動物園の人気スターライオンのアレックスが見つけます。こりゃ大変、連れ戻さないとひどいことになると、もう、本当に心から友人としてマーティのことを思い、仲間のカバやキリンと探しに行こう!ってな話になるんですね。

もう、このあたりからすでにドタバタコメディははじまっています。というか、最初からそうなんですけどね。そして、ま、いろいろあって、野生の王国「マダガスカル」まで行ってしまう。「マダガスカル」は野生の王国なんですが、逆に野生しかない王国なんです。都会の動物園育ちの四人4匹が、どうやって大自然の中で生きていくのかってな話ですが、純粋にコメディです。そして、ちょっと友情の話でもあります。おもしろい! そして当たり前ですけど、子どもさんと見ても楽しめます。

マダガスカル プレミアム・エディション
角川エンタテインメント (2005/12/02)
おすすめ度の平均: 4.78
5 買って損なし! 
5 DVDの発売待ってました!
5 休日、親子で楽しみましょう


にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト



映画「THE有頂天ホテル」~ユナイテッドシネマで

2006-02-24-Fri
「THE有頂天ホテル」見ました。最初にくだらないことを書きますが「ザうちょうてんホテル」って読めばいいんでしょうか? わたしの周りの人はみんなそう読んでいます。たしか、テレビなんかでもそういって紹介してたような~。そうなんでしょうかね。わたしの中学時代の英語の知識からいうと「ジうちょうてんホテル」でないとおかしいんですけど~。英語に詳しい人、教えてください~。「ザ」か「ジ」かって。でも、これ、たぶん外国人に聞いたら、「the」っていうかも~デジャブでんなぁ(笑)~

さて、映画の方ですが、抜群におもしろい! たしか連続大ヒットって。ほんとうにおもしろいです。役者の個性が出ていて、いいと思いました。すばらしい。わたしはとてもいい映画だと思います。おもしろいなぁ、三谷幸喜って~って感じです。おすすめ度100パーセント。
公式サイト
公式ブログ……コメントもトラバもできないじゃん~。

内容的には、2時間後に年越しカウントダウンパーティーを控えて、その準備で大忙しの「ホテルアバンティ」を舞台に、副支配人の新堂(役所広司)の前に、さまざまな問題がふりかかってくるという話なんです。

たとえば、長年いっしょに働いてきた優秀なベルボーイがやめてしまうとか、従業員の恋愛のもつれとか、汚職問題に悩む政治家が隠れているのがばれて、玄関前にはマスコミが詰めかけているとか、コールガールが客を引きになんども忍び込んでくるとか、ある部屋で衣装の盗難事件がおきるとか、新年を祝う垂れ幕に使う大きな文字が間違っているとか~それ以外にも、ほんとうにいろんな客や、従業員や、スタッフが絡んできます。ささいなことから、おおきなことまで、いろんな複雑なできごとが起きてきて、役所はその対応に大わらわなんです。いや、役所自身にも……。

そのそれぞれにとって、平等に流れているのが時間なんです。つまり、それぞれが、大晦日であり、年越しなんです。今年のうちに何か区切りをつけておきたい、新しい年はすっきりして迎えたい、何か節目をって気分でいるんです。そんな訳ありの人たちの向かえる年越しと、それを演出しなければならないホテルのありさまを、非常にユーモラスに描いています。笑いと愛と勇気あふれた作品と言えるのではないでしょうか。

誰と見に行っても、いや、一人で行っても、とても楽しめる娯楽作品です。

話も役者もよかったけれど、音楽もよかったですよ~。

THE 有頂天ホテル オリジナル・サウンドトラック
本間勇輔
ユニバーサルJ (2006/01/11)


音楽は古畑任三郎も担当した本間勇輔で、もちろん、香取慎吾と西田敏行の「♪~ドンキホーテ~サンチョパンサ~ロシナンテ~♪~」も入ってますし、桜チェリー(YOU)の歌うすばらしいジャズ・スタンダードも収録されています。

にほんブログ村 映画ブログへ

映画「HINOKIO」~DVD

2006-02-12-Sun
「HINOKIO」見ました。かなり、いいです。大人から子どもまで、安心して楽しく、また、感情移入させて見ることができます。
HINOKIO INTER GALACTICA LOVE~ロボット越しのラブストーリー~
ビデオメーカー (2005/07/08)
売り上げランキング: 1,671
おすすめ度の平均: 4.5
5 ジュブナイル映画と、侮ってはいけません
4 日本映画もやればできる!  ・・・けど。
特にミステリーやサスペンスものでもないんで、ネタバレってことも特にないと思うのですが、ラストのシーンだけはそれでも言わない方がいいのでしょうね。それ以外は、けっこう書いちゃっても大丈夫っぽいです。といっても、ストーリーをまるまる書くつもりはそもそもありませんが。

ある小学校に一人のロボットが転校してくるんです。名前は岩本サトル。サトルは事故の後遺症で、1年たった今も車いす生活、また、事故のショックから「ひきこもり」状態にあります。そんなサトルを心配する父がサトルに与えたのは、遠隔操作で動く等身大のロボットでした。ほとんどが強化プラスチックでできているのですが、軽量化のために、脚の一部にヒノキが使われていたので、友だちからはヒノキオと呼ばれるようになりました。

ヒノキオは自宅にいるサトルと通信で繋がっていて、ヒノキオに見えることはサトルに見え、ヒノキオに聞こえることはサトルに聞こえます。また、サトルがキーボードを操作すれば、それをヒノキオは音声で話し、あたかもサトルの分身がそこにいるかのような状態になるわけですね。

そういう設定なんです。では、どうしてサトルがそんな妙なことをしているのか。それは自分が同情していたクルマの交通事故で母を失ったショックからなんですね。途中で父親役である中村雅俊の口から語られるのですが、機能的にはもう回復していて、リハビリさえすれば歩けるようになるはずが、サトルの場合はむしろ心の傷が大きすぎて、歩く訓練を受けてなく、車いすの状態なわけですね。

つまり、この映画の一つのテーマに閉ざされたサトル少年の心を開くということがあります。さらに、ヒノキオとクラスの少年少女たちとの交流が非常におもしろく描けています。楽しい役の子も、意地悪な役の子もけっこう上手です。

ほぼ全編が小学校に通っているヒノキオとその操作しているサトル、その仲間であるジュンたちのストーリーなので、もちろん子どもも楽しめる内容です。子どもといっても、ほのかな恋の話になっていますんで、もう少し上の世代にも楽しめます。

また、傷ついた子どもを抱えた父親のなんとも自信の持てない、ふがいない心境も伝わってきます。見ながらなんとなくお父さん(中村雅俊)、しっかりせいやって声をかけたくなるような気分にもなります。それだけ、中村雅俊のダメ親父っぷりが上手く演ぜられているということなのでもありましょうが。

ちょっと、今どきのパソコンゲームとリンクしてるような、なんとなく現実離れした設定もないわけではないのですが、それが、テレビゲーム世代というあるいは現代的な子どもを姿をよく描けているってことになるのかもしれません。

いずれにしても、子どもの心にある大きな傷を感じながら、そして、そういう子どもを抱えてどうしようもできないでいる、ふがいない父親をみながら、孤独と苦悩と恋の話に、時間が短く感じられる、けっこうおもしろい作品です。

子どもさんと一緒にみても、わかりやすくていい作品だと思います。男女を問わず大喜びで見るんではないでしょうか。

ブログランキング

映画:「ALWAYS 三丁目の夕日」~コロナで

2005-12-02-Fri
懐かしいです! そしてすばらしい! 
alwaysパネル

△映画館のパネル

たぶんDVDの普及やBSCS放送やインターネットコンテンツなど、劇場公開以外の供給が多様化したことが、結果映画制作にとってはプラスに働いた面があるのではないかと推測します。こういう配信の多様化によって、わたしもそうですが、劇場で見てみようかという気持ちを持ちやすくなってくる。そして、制作サイドとしても、おそらく意欲の面はもちろん、予算的な面でも作りやすい環境になっているのではないでしょうか。喜ばしいことです。

正直に書くと、わたしは映画はハリウッドが好きでして、映画を劇場で見る必然性として「大スクリーンで見たいような、スペクタクルが展開されている」ことだったわけです。でなければ、時間に拘束されず、また、トイレや空腹という生活的なリズムにも煩わせされない、カウチポテト(死語?)の方が気楽なのはわかっています。

今回の「ALWAYS 三丁目の夕日」も、実際「ハリポッター(炎のゴブレット)」見に行くつもりが、時間が合わなくて、え、邦画か……って思って、しかたなく入りました。わたしを邦画嫌いにさせたのは、「愉快犯」の責任です(笑) あれはひどかった。監督は仲居くんが嫌いなんだってことがよくわかりました(笑)。宮部みゆき好きだっただけに、なんだか腹も立った。それでも、時々見てて「半落ち」では泣いたりしてましてす(「半落ち」はおすすめです)。
半落ち
半落ち
posted with amazlet on 05.12.02
東映 (2004/07/21)
売り上げランキング: 27,991
おすすめ度の平均: 3.4
5 いい。
2 脚本のまずさを暴露した吉岡秀隆判事のまじめすぎる演技
5 一行で観た気になれるレビュー:


さて、前置きが長くなりましたが、この作品(「三丁目の夕日」のこと)は、とてもいいです! 昭和生まれ(といってもかなり幅がありますが)には絶対に懐かしいでしょう。若い人は自分の父や母が子どもの頃、祖父祖母が働いていた時代だと思えばいい。昭和のアイテムがたくさん出てきます。「集団就職」「三種の神器」「力道山」「ホーロー看板」「駄菓子屋とクジ」「ぱっちをあてたセーター」「ベスパ」「置き薬」「しんせい(タバコ)」「瓶コーラ」「ナショナル坊や」「ちんちん電車」「はなたれ小僧」「行商のおばちゃん」「オート三輪」「万年筆」「野球番」「アドバルーン」そして「大量消費と大量廃棄」……。ちゃんと風刺も忘れていません。

そういう昭和三十年代の東京の下町を舞台に、自動車(修理)工場の夫婦と一人息子の一平、そこに住み込みで働くため地方から上京してきた少女、向いに住む売れない小説家と、近くの飲み屋のおかみヒロミから押しつけられた、母に捨てられた少年淳之介……。そして近所の人々、そういう人たちが描く、にぎやかで、エネルギッシュで、ほのぼのとした、優しく、寂しく、センチメンタルで、愛情にあふれる物語です。いいです。とてもいい作品です。

それにしてもランキングオンラインの解説完璧に間違ってるな。「芥川竜之介」になっちゃってる。これじゃまるで文豪芥川龍之介じゃありませんか~。「茶川」ですよ。もちろんパロってるんですよ。これはちとお粗末です。知らせてあげようと思ったけど、やめとこ(笑)。もう少し重要なバグなら、もちろんお知らせするのですが、これはネタにさせてもらっちゃいましょう。芥川龍之介が「少年冒険団」なんか書くかよ(笑)。

もっとも、わたしも「淳之介」の姓を「吉行」だと思っていました。映画の中で「吉行淳之介」って言っていたと思うんだけど、どうもそれは見間違いで、映画ではそれをパロって「古行淳之介」としているようで、「ALWAYS三丁目の夕日」のサイトでは「古行淳之介」と出ています。母「古行和子」とも。あれ「吉行和子」ってお姉さんだと思ったけど……、変だなって必死に考えてました。また、この淳之介役の子どもが吉行淳之介を思わせる風貌で、すっかりスタッフのトリックにはまったって感じです。

懐かしい昭和のアイテムを見つけて喜ぶのもよし、全体からあふれ出すあたたかさから勇気をもらうのもよし、え、これ芥川龍之介なの?ってどこかのスタッフみたいにはまるのもよし、あ、吉行淳之介ってこんなんだったっけ?ってトリックにはまるのもまたよし、楽しみ方はいろいろであります。

そうそう原作は西岸良平です。どれを読んでもほのぼのしますよね。この人は。
三丁目の夕日 特別編
三丁目の夕日 特別編
posted with amazlet on 05.12.02
西岸 良平
小学館 (2005/10/28)
売り上げランキング: 183,603
おすすめ度の平均: 4.67
5 人の心を満たす、とはこういうこと、ですよね
4 30年代の日常の断片
5 映画で知った人の入門書にはピッタリです


にほんブログ村 映画ブログへ
HOME