FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「デジャヴ」~コロナで

2007-04-14-Sat
これはおもしろいです。とっても。デンゼル・ワシントンが相変わらずいい演技しています。

デジャヴ (出演 デンゼル・ワシントン)

おすすめ度の平均: 3.5
4 疑問を呼ぶラストシーン。複数で見たい作品です!
3 過去が見れたら…
4 前代未聞のカーチェイスに拍手!!


ジャンル的にはサスペンスなんですが、「白雪姫」というちょっと変わった一種のタイムマシン(?)が登場します。タイムマシンといっても過去を見るだけ。ある研究者グループが衛星カメラによる地上の監視システムを開発中に、ほんとうに偶然に、過去を見る機能を発見してしまうのです。「7つの衛星カメラ(7人の小人を暗示)の映像を組み合わせて利用して、その監視エリア内にあるものなら、4日と6時間後に忠実に画面上に再生することができるというシステム」を偶然発見してしまうのです。ただし、この映像は早送りも巻き戻しもできません(録画しておけばもちろん同じ場面を繰り返し見ることができます)。

これだけでは、実は何を言っているのかわからず、映画の中で説明されても「なんで?」って思ってしまうこともあります。なにか複雑な条件を理解するのにいささか時間がかかったのですが、ま、つまり逆に言えば、「その7つの衛星カメラで管理しているエリアの中にあるものについていえば、きっかり102時間前の様子を画面に映すことができる」ということです。

たとえば、その「白雪姫」の担当するエリア内の、とある交差点でひき逃げ事件が起きたとします。簡単にできるかどうかはともかく、そのシステムを起動すれば、その102時間後にそのひき逃げの場所をモニターで見ることができるのです。見たいと設定できればその事件を見ることができます。ただし、さらに逆に言えば、一時期にその場所しか見ることはできません。「白雪姫」を作動させてあるとき、ある場所を見ていると他の場所を見ることができないのです。

たとえば「ひき逃げ事件」の捜査に使おうと思えば、場所を特定し時間を特定せねばなりません。場所が特定できても、正確な時間があいまいならば、たとえばその場所を10時間とか5時間とか見続けて、そろそろ来るか、ぼちぼちかと見続けなければなりません。そんな装置です。そして、そのとき犯人の車がどちらから来るかがわからなければ、ベストな視点を見逃し、逆に、せっかくのチャンスがありながら、運転手の顔やナンバープレートを見るためのベストな視点さえわからずにその時を逃してしまうことになります。

さて、映画に戻ります。爆弾テロが起きます。なにかイベントデーで海兵隊のフェリーが爆発します。海兵隊員や家族や見物客の524人もが犠牲になります。爆発の時刻は特定されます。テレビなどで放映していますから。しかし誰が、どうやって犯行を行ったのかは非常にやっかいです。証拠の多くは大河の底ですから。

そこで、この「白雪姫」のシステムを捜査に生かそうということになります。フェリー爆破の時間が「白雪姫」で再生されるのは、今書いたとおりの4日と6時間後。犯人の逃亡には十分な時間です。では、それまでの時間、このせっかくの「白雪姫」を使えないのか? というような話になってきますよね(軍事のトップシークレット並みの極秘任務で)。少しでも手がかりになるものごと、場所、人がいたら、たとえばそれを監視することもできるわけです。どこを監視したらいいのか、あるいは何を監視してたらいいのか、誰をリサーチしてたらいいのか? それはそんな白雪姫の開発者たちにはわかりません。やはり、それは優れた捜査官の仕事なのです。

爆発や火災などの原因を調査する捜査官ダグ(デンゼル・ワシントン)はその経験と能力をかわれて、その捜査を担当することになります。そして、テロと前後して近くから遺体で発見されたクレア(ポーラ・パットン)について、「白雪姫」で調べることになっていきます。生前のクレアがスクリーンに映し出されるのですが、その女性はダグにとって初対面のはずなのに、記憶のどこかにあるのです……。それがひとつのデジャヴなんですね(ほかにもいろんなデジャヴが出てきます)。

こうして事件はどんどん展開していきます。ネタバレが嫌な人は次は読み飛ばしてください(背景と同色フォントにしておきます)。特に後半の展開については、あるいは評価がわかれるかもしれません。それは一つの趣味というか、好みによるものかもしれません。「こんなのなし」と思われる方もいるでしょうが、いろいろ伏線があって、こうなるだろうと予想する人も少なくないとはずだと思いました。着替えてない!着替えてないよ~って、心のなかで叫びながら見てました。

おもしろいです。

  公式ページ→http://www.movies.co.jp/dejavu/



にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング
スポンサーサイト



映画:「タイムリミット」~DVDで

2006-11-23-Thu
デンゼル・ワシントン主演のサスペンス「タイムリミット」です。

おもしろい。特典にスタッフや出演者のインタビューがあって、監督のカール・フランクリンが単なるサスペンスでなくて、ユーモアを込めたというようなことを言っているのですが、まさにそういう感じです。主人公のマックス(デンゼル・ワシントン)に我が身を置くと、その泣きたくなる気分がよくわかります。

タイムリミット
タイムリミット
posted with amazlet on 06.11.23
アミューズソフトエンタテインメント (2004/10/22)
売り上げランキング: 31709
おすすめ度の平均: 4.0
3 ザ・マヌケ
3 のうてんきな映画
5 ハラハラドキドキ!


主人公のマットは田舎の警察署長でのんびりと暮らしています。妻で優秀な刑事のアレックス(エヴァ・メンデス)とは別居中で、いささか寂しい思いもしながら、高校時代の後輩アン(サナ・レイサン)と浮気中です。アンの夫は、暴力的でアンは離婚を考えています。

ある日、アンは癌で高額の治療を受けなければ余命幾ばくもないということをマットは知ります。不正と知りつつ、麻薬取引の証拠として押さえた金を、裁判までに戻ればいいという考えからこっそりアンに融通してやることになります。ところが、その直後から妙なことが起こります。

金を渡すとアンから連絡が途絶え、なんと、アンとその夫は家が全焼し焼死してしまうのです。検死の結果、死んでから火をつけられたことが判明、失火ではなくて事件性が高いということになります。捜査に赴任してきたのは妻のアレックス。そして、調べてのみるとアンに病気という事実のないことが判明します……。証拠品でもある大金もどこかえ消えてしまいました。

あまりのことに立ちつくすマット。何者かにはめられたのです。そこから、彼の必死の捜査が始まります。証拠の金が急に必要になったと麻薬捜査官からは催促が来てますます事態を緊迫させます。アレックスは優秀でマットの目の前で次々と捜査を展開、マットは自分との関連が捕まれはしないかとヒヤヒヤです。もちろん、大金の横領、殺人事件の犯人とされるのも恐ろしいことだったのですが、同時に、まだ愛していアレックスに浮気がバレることも避けたかったのです……。アレックスの、ほんとに必死の、ギリギリの捜査が、ユーモアとサスペンスを持って描かれます。といっても、幾分ドタバタ気味ではありますが、決してコメディというわけではありません。そのなんとも言えない絶妙の味が、とてもおもしろいです。

にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング

映画:「クライシス・オブ・アメリカ」~DVDで

2006-10-26-Thu
「湾岸戦争後遺症」。ベトナムの時にもよく言われました。スタローンの「ランボー」シリーズもそれをベースに書いてますよね。また、戦争ともなるといろんな発明をするもので、意外な兵器とか、ロボットとか。「鉄人28号」もそうですよね。もちろん、数々の陰謀があるものでもあります。

ネタバレにならないように書くのは難しいのですが、湾岸戦争後遺症というか、戦争の悲惨な戦いのトラウマというか、それは、肉体的な障害や精神障害になって現れたりもするんでしょうけど。あるいは悪夢とか、不眠とか。場合によっては自殺とか。そういうのが社会問題化していると思います。それは、日本人が感じるよりもはるかに切実な問題だと思います。米国民にとっては。

作戦中、ほとんど絶望的な状況に追い込まれたのマルコ隊長(デンゼル・ワシントン)の部隊は、副長であるショー(リーヴ・シュレイヴァー)の活躍よってピンチを救われ、2名の死者と幾人もの負傷者を出しながらも帰還します。もともと大物上院議員の息子であるショーは、帰国後英雄になり、政治家に転身し、その栄光を生かして確実に実績をあげ今や副大統領候補にさえなっています。

ところが、同じ部隊の隊員たちは、不自然な死を遂げています。簡単に言うと、湾岸戦争後遺症の影響による死です。そして、ある元隊員がマルコの元に来て言うのです。「悪夢を見るんだ……」と。その夢にマルコは思い当たります。自分にも思い当たることがあったです……。そして元隊員たちの死を調べていくと、同じ悪夢や記憶に悩まされていたのではないかということに気づいていきます。夢とも記憶ともつかない共通の体験、それってどういうことなのか……。

戦争後遺症でかたづけられていた隊員たちの死に、マルコは恐ろしい事実が隠されていたのではないかということに気づき出します。それは陰謀です。洗脳を利用した陰謀。いつから、誰が、どうやって……。そして、どう戦い、どう解決したらいいのか、そういう社会派サスペンスですね。
クライシス・オブ・アメリカ スペシャル・コレクターズ・エディション
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン (2005/07/22)
売り上げランキング: 1,401
おすすめ度の平均: 3.56
2 クライシス・オブ・アメリカ
5 人間を非人間に変える『洗脳』の非人道
4 久々の傑作ポリティカルミステリー

実際、一人の軍人が、巨大な陰謀に立ち向かうのは限界がありますんで、ま、こういう形でしか解決できないのかもしれませんが、果たして、この解決がどうかってことではありますが、全体的な流れ、切迫感というか。おもしろいです。

にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング

映画:「インサイドマン」~コロナで

2006-06-16-Fri
「インサイドマン」見てきました。主役はデンゼル・ワシントン、相手役ヒロインにジョディ・フォスター(「フライトプラン」、敵役にはクライブ・オーウェン(「キング・アーサー」「シンシティ」)です。
→ 公式ページ

最近ちょっとふっくらとしてきましたが、デンゼル・ワシントン好きです。何が代表作かな。ひょとしたら、「マルコムX」でしょうか。有名な黒人指導者の物語ですね。もちろん主役のマルコムXの役やってました。若い頃も、成長してからも演じ分けています。
マルコムX
マルコムX
posted with amazlet on 06.06.16
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン (2006/03/10)


「ペリカン文書」や「ボーン・コレクター」「マーシャル・ロー」では精悍な刑事役で、このイメージがわたしは好きです。
ペリカン文書
ペリカン文書
posted with amazlet on 06.06.16
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/11/18)


ボーン・コレクター
ボーン・コレクター
posted with amazlet on 06.06.16
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2006/07/14)
売り上げランキング: 9,675
おすすめ度の平均: 4
4 あんなに期待させといて・・・!


マーシャル・ロー
マーシャル・ロー
posted with amazlet on 06.06.16
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2006/01/13)


刑事じゃないけど「クリムゾン・タイド」の船長(代理だったかな?)役もよかったし、父親役の「ジョンQ~最後の決断」もいいんですけど、どっちかというと血が通った役というよりは、冷静で、正義感の強い男のイメージがありますね。そういう役のデンゼル・ワシントンがわたしは好きかな。
クリムゾン・タイド 特別版
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント (2006/01/25)
売り上げランキング: 1,088
おすすめ度の平均: 5
5 極限の世界
5 ヴィゴファン納得の映画!
5 音楽もまた意味深い?


ジョンQ-最後の決断-
ジョンQ-最後の決断-
posted with amazlet on 06.06.16
ジェネオン エンタテインメント (2004/06/25)
売り上げランキング: 2,802
おすすめ度の平均: 4.43
5 社会の矛盾の中で懸命に生きる人間の姿を克明に表現
5 もし自分が同じ立場に立ったのなら。
4 かなり泣く事を覚悟!!
この「ジョンQ」は「わが子の命を救うために病院に人質をとって立てこもる」という、ま、逆説的な話。一応父の日近いんで。

逆に失敗作というか、あんまりよくなかったのは、「悪魔を憐れむ唄」と「バーチュオシティ」ですかね。「悪魔を……」はムードはよかったんだけど、筋というか、本というか、結末がアレだし、「バーチュオ……」は、作品がどうというより、悪いけどデンゼル・ワシントンがやる役じゃない。シュワルツネッガーにでもさせておけばよさそうな役です。
悪魔を憐れむ歌
悪魔を憐れむ歌
posted with amazlet on 06.06.16
ワーナー・ホーム・ビデオ (2006/05/12)


バーチュオシティ
バーチュオシティ
posted with amazlet on 06.06.16
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン (2006/03/10)


AmazonのDVDの紹介ばかりになっちゃいました。デンゼル・ワシントンが好きで一時期この人をキーに借りてたときがありまして。で、ひさしぶりにデンゼル・ワシントンの刑事役(というか、ネゴシエーター?)を見ることができたなって感じでした。アメリカの闇というか、権力のうさんくささみたいな一面も見せてくれる作品です。どれがって、「インサイドマン」です(笑)。このあたりからは「インサイドマン」の感想ですんで~。

映画としては、サスペンスというよりは、クライムノベルズというか、ピカレスクものだと思うのですけどね。「オーシャンズ11」シリーズを、地味にやったというか、リアルにやったというか。相手はマフィアやカジノじゃなくて、銀行と刑事なんで、そうなるんでしょうどね。

あと、タイトルにやられますよね。「インサイドマン」って。いかにも、どこかに内通者がいるんじゃないかって感じで、どうしても最初から疑ってみていくんでね、以下ネタバレになるんでやめます。

最後にあの刑事どうするんでしょうね。やっぱり、あのままベッドに行くんでしょうか。

インサイド・マン
インサイド・マン
posted with amazlet on 06.06.20
Russell Gewirtz 番 由美子 ラッセル ジェウィルス
メディアファクトリー (2006/05)


にほんブログ村 映画ブログへ
HOME