FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

生誕100年記念 ダリ展~名古屋市美術館

2007-06-10-Sun
先日ダリ展に出かけました。
 → 生誕100年記念 ダリ展 創造する多面体の公式サイト

もちろんダリの名前も、ダリの作品もそれなりに知ってましたが、こんなに幅広く、そして現代的な活動をしたのかと再認識し、また、非常に天才的であったのだとども思いました。今後、それなりに注意していきたい人の中に加わったのものでもあるのですが、なんでしょう、どこかわかしと決定的に合わないものがあるのはなぜなのか、ちょっとわかりません。それは、おそらくダリの作品が難解ということなのでもあるのでしょうけれど。

入り口入ってすぐに、「ガラの足 <立体視絵画>」がありました。
 → 個人のページらしいのですが、こんなのです。

こういう手法が後々定着しなかったのはしかたのないことですが、ダリがこんなふうに立体視に興味を持ち、そして自らの実験を繰り返してここまでの作品にしたのは、もう、並みの人では出来ません。芸術家とはかくあるべし、表現者のとはつねに新鮮な手法、技法を求めていくものであるという姿勢を実践しているようで、非常に好感が持てます。この作品が好きとかそういうことではなくて--というか、作品自体はちっとも心には響きませんが、こういうことに挑む姿勢、そして協力するガラもすごいとは理解します。

ダリ
ダリ
posted with amazlet on 07.06.10
クリストファー マスターズ Christopher Masters 速水 豊
西村書店 (2002/02)
売り上げランキング: 114781
おすすめ度の平均: 5.0
5 このシリーズはいい

ダリと言えば「とろける時計」です。もちろん、こういうのを見て、いやダリがとろけてると感じてるのは時計ではなくて、時間というか、時間感覚だ。虚無というか、けだるさというのあ、そうしたものを示しているのだと読み解くことは、ま、普通にできるわけですが、「今回の生誕100年」展の意味するものは、いったいダリがどうしてそんな絵を好んで描くようになったのか? ということを一つのテーマにしているんだということですね。

その原因がなんだとズバリはもちろん言えないわけですが、「幼くして兄を亡くし、母を自分を見るときにとかく兄の代用というか、自分の中の兄を愛しているのではないかという不安から、必要以上に奇抜に自己主張をしていた」というようあ視点や、「その理解者である母をまた思春期に失った」とか、「人妻と不倫したことが父には全く理解さなかった」だとか、ま、そうしたいわば生い立ちとダブらせた切り口を与えてくれます。

また、ちょっと時間がなかったので、じっくり見極めることができなかったのが残念ですが、タイトルは忘れましたけれど(検索しておそらく『大きな指、浜辺、月、腐った鳥』というようなタイトルだったと知る)、「エロチックだ」という理由である展覧会への出展を拒否された作品(手法はコラージュ)があって、実は、必死にエロチックに見ようと思ったのだが、ちっともエロチックでなかった。音声ガイドでは、「大きな指」がペニスに見えるというようなこというのだが、だからって別にいいのではないかと思うのだけれど、その審査員はダメだと言ったようだ。なんだろう、「わざとそういうふうに作って出展してやる」という、いわば挑戦的な気持ちというか、一種の確信犯的な悪意のようなものが主催者側に伝わったのだろうか? 仮にエロチックであったとしても、少なくとも、名古屋市美術館がそういうことを音声ガイドで流して展示しても問題ないくらいに猥褻ではありません。いったい、どこあまずかったのか、もうちょっと時間があったら、もっとじっくりみて妄想をかき立ててみたかったです(笑)。
 これです。 → http://www.floridagovernorsmansion.com/images/Dali/dit_gros.jpg


ダリ―シュルレアリスムを超えて
ジャン=ルイ ガイユマン Jean‐Louis Gaillemin 遠藤 ゆかり 伊藤 俊治
創元社 (2006/10)
売り上げランキング: 153561
おすすめ度の平均: 5.0
5 狂に近く、人間内面の深奥を描く


そのほかにもダリのいろんな時代にスポットがあてられて、おもしろい企画になっています。ただ、その活動があまりに多岐にわたっていてなかなか全体を貫いて読み解くことができないのですね。



ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



HOME