FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「雨の駐車場。それも、大雨の」

2009-10-04-Sun
おはようございます。

今日はいい天気ですね。先週は秋雨前線のおかげで、豪雨とまではいきませんでしたが、大雨が降りました。来週はまた雨で週末には台風18号が接近とか。秋雨前線が活発だっただけに、水害への警戒も必要ですね。しかし、思えば、昨夜は中秋の名月でして、お月さんを隠さない程度の曇り~。なかなか、うまくできてるねと思っておりました。

さて、話は先週のことです。大雨のなか、わたしはある会合へ出かけました。いや、厳密に言うと、出かけたときはさほどの降りでもないが、散会してクルマで帰ろうといういう頃には土砂降りになっていたというのが、ま、正しいのかもしれません。

駐車スペースがないに等しい会場でしたので、わたしはやむなく近くの有料駐車場を利用することになりました。出入り口にバーがあって、入場時に機会によって発券され、出るときに利用時間によって清算するというしくみの、ま、よくある駐車場です。時に係員がいるところもありますが、民間のはたいてい無人でしょう。そこも無人でした。露地ではなくて一応屋根つきですが、クルクルと螺旋状の通路を上るタイプで3階建て、屋上は露天になっています。特に珍しいタイプのものではありません。雨だったので露天は避けたく、うまく2階に駐められたのはラッキーでした。

都市の規模や、立地条件によって違うのでしょうけれど、わたしが出かけた辺りは、相場は30分100円です。駅の近くでは20分100円だったり、30分150円だったりします。また、ちょっと不便だったり、手狭感があると40分100円というところもあります。3時間くらいの会合ですと、500~1000円で止められます。安いか高いかは、会合によるのでありましょう~。

先ほど書きましたが、出かけるときは小降りとはいえないけれど、ま、普通の降り方だったのでもちろん傘は持って降りました。会合自体は和やかに進み、別に大きなストレスになることはありません。もちろん、わたしの担当が決まり、締め切りのある仕事なので相応のストレスというか、プレッシャーというか、責任は感じますが、そういうものですので、嫌だとかなんだとかそういうことではありません。会合を終えて会場を出るころには、雨はかなりの強さで降っていました。傘を差していても、手にした鞄や腰のあたりにはかなり雨がかかるというくらいの降りでした。駐車場までのざっと200メートル、わたしは急ぎました。次の予定も決まっていたので。

こんな振りでは傘があっても出かけたくないなぁと思いながら、なんとかクルマに乗り込み、鞄のポケットに入れておいた駐車券がやや雨で濡れているのを気にしながら、出口へとクルマを走らせました。雨で柔らかになっていたって、こういうものは磁気だから大丈夫だろうと。

そうして1階まで折、出口のところで駐車券を入れようとして、わたしはある事実に気づきました。小銭がない……。清算機には「新1000円札使えます」と、大き目の字で書いてあり、その下に小さく「2000円札、5000円札、10000円札は使えません」と書かれています。財布の中には、1万円札と5戦円札、それから、50円玉1枚と、あとは10円玉と1円玉くらいしか入っていませんでした。

迂闊でした。というか、最近老人力がついて来て、こういう迂闊なことが多くなったのです。

しかし、そこでパニックになっているゆとりはありません。まず、わたしはハザードを点け、辺りに両替機はないか探してみました。目に付いたところにはありません。クルマを降りて数歩戻って見回しましたが見つかりません。両替はあきらめなければなりませんでした。となると、とりあえず、この出口バーの前から、どこかにクルマを退避させないことには、後続車が来てしまうと事態はいっそう深刻になります。わたしは一端近くの障害者用のスペースに移動することにしました。そのスペースが空いていたのは本当にラッキーでした。なんで両替機がないんだ、みんなどうしてるんだ、困るだろうにとブツブツと文句をいいながら(同乗者はいませんので独り言です)、障害者用スペースに緊急避難することにしました。

ちょうどそのころには、やはり次のクルマが快適に通路を走り下り、料金をきちんと支払って出て行くところでした。若いおネエさんでした。あの人に借りられたら助かるのだけれど、今、自分がいくら貸してもらえたらいいのかわからないし、こういうご時勢で、変なおっさんと思われ、変質者呼ばわりされたら困るしなと思い、甘い考えは捨てました。いや、バーの前で小銭がなくて立ち往生し、「クソジジい、早くシロ」と罵声を浴びせられるという最悪の事態にならなくてよかったと考えるようにしました。

さて、ちょっと違反だろうけど、そこしか空いてなかったので障害者用スペースに駐め、緊急事態とアピールするためにハザードを点けたまま、わたしは傘を持ち、鞄を持ち、両替をしてもらえそうな店か、飲み物かガムでも買うコンビニを探して、信号を2つ分歩きました。大雨の中を……。

急いで歩いたので当然、ズボンや腕はびしょぬれでしたが、ま、なんとかコンビニを見つけ、ペットボトルを購入し小銭をゲットしてクルマに戻ることができました。不安だった駐車券はさらに濡れヘナヘナになっていましたが、破れてしまうこともなく、無事機械を通過、600円を支払って、わたしは車を出すことができたのです。その10分足らずの間に、もしそのスペースを使いたい障害者がいたら、わたしはその方に大きな迷惑をかけたことになりますが、幸い、そんな感じもありませんでした。

……いったい、みんな困らないのだろうか?
スポンサーサイト



HOME