FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「キャットウーマン」~DVDで

2006-10-21-Sat
先日、「デアデビル」のスピンオフ「エレクトラ」をみたのですが、今回は「バットマン」のスピンオフ「キャットウーマン」です。バットマンは全く出てこない、「キャットウーマン・ビギンズ」になっています。

ま、それなりにおもしろいとは思ったんですが、どうも、世の中では不評でして、2004年のラジー賞に7部門でノミネートされ、「ワースト作品賞」「ワースト主演女優賞」「ワースト監督賞」「ワースト脚本賞」の4部門でみごとに受賞してしまったのですね。この年は「華氏911」が公開された年で、「ワースト主演男優賞」には、現職のジョージ・W・ブッシュ大統領が輝いたという記念すべき年だったのですが。
 → 映画データベースallcinema.ONLINE「ラジー賞発表」

ご存じない片もいらっしゃるかもしれませんが、「ラジー賞」とは正式には「ゴールデンラズベリー賞」と言って、最低な映画や俳優に贈られるものなんですね。ハル・ベリーはこれに懲りて「もうスーパーヒーローものには出ない」と言って、X-MENのストーム役が心配されたほどだったんですね。ま、実際は問題なかったんですけど。
キャットウーマン 特別版
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/04/08)
売り上げランキング: 3,500
おすすめ度の平均: 3.07
5 突然得た『力』の使い方。
3 女も闘う時が来た!!
3 続編に出たいらしいけど

本編は、ま、凡作なんですが、DVD特典の「キャットウーマン魅惑の変遷」(約30分)のインタビュービデオは、懐かしくおもしろかった。テレビ版のバットマンに出ていたキャットウーマンが、とってもかわいくてよかった。

ハル・ベリーのキャットウーマンは野性的で、黒豹のようなんだけど、テレビのはシャム猫というか、エジプト猫というか、しなかやで、優雅な感じだったと思う。やっぱり、そっちの方がいいかな。

にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト



映画:「エレクトラ」~DVDで

2006-09-29-Fri
「デアデビル」からのスピンオフ作品です。エレクトラというのはヒロインの名前です。演じるのはジェニファー・ガーナーです。わたしは、あまり魅力感じない~。エレクトラは「デアデビル」の作品中、デアデビルサイドで戦うんですが、敵のブルズアイとの戦いで命を落としてしまいます。デアデビルは悲しみに暮れるわけですが、どっこい、蘇生しちゃうんですね~(笑)。

蘇生させたのは、スティックという東洋武術系の達人でして、彼はなんだか知りませんが正義の軍団みたいのを組織しています。「スティック」という名前もそこからだと思うけれど、杖術(じょうじゅつ。水戸黄門が達人だったようです)に似た武道を身につけていて、それを世の役に立てようということのようです。ようですというのは、よくわからんから、何のためのグループか。NPO法人のボランティア団体にして、善の組織だと思います(笑)。もちろん、超人的な力があるわけですが(※エレクトラ復活の謎は大きなアレではないと思いますが、一応背景同色字にして消しておきますので、ドラッグなどして読んでください)。

さて、物語は、そのエレクトラが、ゴルゴ13よろしく、ある人物から依頼をうけある人物の命を奪うミッションからスタートします。エレクトラはそういう殺しのプロなんですね。ところが、そのターゲットと深く知り合うようになっていき、人間的な交流が生まれてしまい悩みます。これがメイン・ストーリーです。スナイパーはプロとして徹底するか、それとも自分の感覚感性感情を大切にするか……。そして、そこにお「ターゲットの正体」やターゲットやエレクトラをめぐる利害関係の対立から、ちょっとした軍団抗争みたいな展開にもなっていきます。ま、あくまで、エレクトラ対敵の軍団ですけど。

その敵の軍団が、ちょうど、まX-MENみたいな連中です。全身にタカやヘビやオオカミが入れ墨として彫られている超人は、その入れ墨の動物をあたかも実体のように操って人を襲うことができます。また、肉体に触れることに、まるでヴァンパイアが相手から血液を吸い取るように、その精気(生命エネルギー?)を吸い取ることができます。また、あるものは怪力です(これボブ・サップがやってます。知らずに見たので、驚くやら、楽しいやら。)。ま、そんな調子で、X-MENでこそないけれど、超人対超人の話には違いありません。
 → 公式ページ
エレクトラ
エレクトラ
posted with amazlet on 06.09.29
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2006/03/03)


おもしろいかどうかってのは、好みでしょう。同じヒロインのスピンオフには「キャットウーマン」がありますね。ハル・ベリーが出て、酷評されたらしいけれど。まだ、見てないんで見てみよう。「エレクトラ」よりひどいことはなさそう。だって、ハル・ベリーの方がきれいだから。

キャットウーマン 特別版
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/04/08)
売り上げランキング: 3,500
おすすめ度の平均: 3.07
5 突然得た『力』の使い方。
3 女も闘う時が来た!!
3 続編に出たいらしいけど

 → キャット・ウーマンの公式ページ

にほんブログ村 映画ブログへ

映画:「オーシャンズ12」~コロナで

2005-01-31-Mon
見てきました。「オーシャンズ12」
オーシャンズ 12 特別版 (初回限定 BOX仕様)
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/07/01)
売り上げランキング: 47
おすすめ度の平均: 3.2
3 期待が大きすぎたのかな~
4 楽しかったです
4 ゆるくて楽しかったです!!

正直、前半、なんか落ち着かなくて、「やられたかな」と思いました。ま、あとで考えると、前作後の11人のその後をこぎみよく描くのに、こういう手法を使ったんですね。それでも、なんというかな、二作目のジンクスというか、2作目はオリジナルを越えられないっていう、そんな予感がしてきました。いや、越えられないどころか、むしろ、破綻してるんじゃないかとさえ……。

それは後半になると絶望に変わります! それも、「そっくりさん」が出たときは、なんじゃこりゃ……、席を立って帰ろうか……と思いました。いくらなんでもそりゃお粗末すぎだ!って。もちろん、今まで一度だってそんなことをしたことはありませんが。ねちゃったことは、幾度かありましたが。

……結局は、ま、しかし、さすがにそれだけってことはありませんでした。途中で、そんな……って思っても、最後まで席を立たないできちんと見る方がいいです。結末まで見れば、きっと裏切られません。オリジナルを越えられたかどうかは評価がわかれるかもしれないと思います。少し、懲りすぎというか、限界というか……。そんな気もしないでもない。そうなってくると、ひょっとしたら三作目はスピンオフかも知れません。そんな気がする結末でした。そういう点はおもしろいです。

え、スピンオフって、知らない? そんな方は知プラへどうぞ。

→ 知プラ「本シリーズでの脇役や適役をとりあげたパロディの名称は?」

わたしの質問です。

洋画全般 - 映画
HOME