FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

観劇:「夢があるから」~スイセイミュージカル公演

2006-02-03-Fri
観劇の市民サークルに入って、もう10年以上になります。本当は15年近くなるかもしれません。どういうものかというと、月々会費を納めることによって、年6本のお芝居を観る(例会いいます)というしくみです。その演目はいろんな都合で、みんなで決めるということになっているのですが、いろんな都合がありますけどね。

今例会は劇団スイセイ・ミュージカル「夢があるから」でした。
yume01.jpg
▲ロビーに飾られたパネルです。

演劇のおもしろさは、映画とは全く違います。「ストーリーがあって、観客席があって、俳優が演じているのを見る」という点では似ていますけれど、どうでしょう、今どき映画館で拍手をしている人を見たことがありますか? 映画を見ながら全員が合わせて笑うなんてことさえ、なかなかないんじゃないでしょうか? 演劇は違いますよ。拍手をするんです。歌舞伎じゃないですが、思わず、役者に声をかけたい時もあるくらいですけど、さすがに芝居中は遠慮されます。でも、そんな気持ちになるんです。

ストーリーに引き込まれたり、登場人物の気持ちになって、怒ったり、涙を流したりするってのはどちらにもありそうな気がするのですが、わたしの場合、それはどっちかというと、映画の見方なのかもしれません。観劇では、そうではなくて、「まさに目の前にその人がいる、その人の告白を聞いているというような気持ちになるのですね。だから、登場人物への共感するという点では同じでも、共感のしかたがちょっとちがうかなって、わたしの場合はそんな感じです。

さて、今回の「夢があるから」ですが、「ドキュメンタリ」ということになるようです。あらすじサイトにあるのですが、簡単に言うと、「ブロードウェイでミュージカルを見た14歳の日本人女性(父の仕事関係でアメリカ生まれ)が、ミュージカルに強いあこがれを感じ、自ら音楽系の大学に入り、ミュージカルのオーディションを受け、紆余曲折ありながら、ミュージカルと関わっていく……というような話ですね。当時日本はテレビの黎明期で、テレビ界の仕事の話題もいくつか登場し、そういう意味では、懐かしかったり、へぇ~と思ったりするような場面もあって、楽しい作品です。テーマ的には、「夢があるから、苦しくてもやっていける、いろんな困難を乗りこえていける。夢があるから、がんばれる」みたいな話でして、今、夢を持っている人はもちろん、夢を見失いかけている人、ある程度夢を達成して燃え尽き気味の人、夢なんて、どうしたらいいのか見つけられないでいる人、もう、ありとあらゆる人に勇気を与えてくれるようなすばらしい作品ですね。ぜひ、もう一度チャンスがあったら見たいものです。

主人公の中川久美を演じた福島桂子はすばらしい歌唱力と、ダンスの力があると思いました。途中でみせたレオタード姿は、均整がとれ鍛え上げられていて、すばらしいと思いました。声もよく通るし、演技力も抜群でした。

もう一人、後半、久美の敵役となる大海原朱里江を演じた相原奈保子もすばらしかった。もちろん、女優の演技力があってこそだとは思うのですが、それにしても、インパクトの強い朱里江というキャラゆえにずいぶん得しちゃってることもあるかもしれません。そういう役をゲットできること、また、演じきることも女優の実力であることは言うまでもありませんけれど。

みなさんすばらしかったんで、この二人だけ誉めるのもあれですが、わたしは、この大海原朱里江のファンになりたい気分でした。あのどぎつい化粧もとてもいいし、とてもかわいらしくさえ思われました。カーテンコールの時に、客席から「ジュリエ~」という声がとんでいましたが、わたしも花束があったら駆け寄って手渡したいくらい、朱里江はよかったです。

▲ジュリエさんです萌え~

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



HOME