FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

ユッケと原発とauで考える、「プロ」。

2011-05-10-Tue
焼肉チェーン店のユッケで4人が死亡し、約100人が食中毒に苦しんでいるという事件が起きています。病原性大腸菌O-111による食中毒で、お亡くなりになったのは子どもや老人などで、楽しいはずの団欒が一変したという意味でも、庶民にとっては身近な大事件ということになっているわけです。

さまざまな要素のなかで、ユッケは牛肉を生で食べるのですが、わが国の法律からみると、そこに問題あったことが騒動を大きくしています。食肉の流通にかかわる法律において、生肉としての流通を認められているのは「馬肉(つまり馬刺し)」だけということになっているようなのです。つまり、日本中の焼肉店の大半のユッケは、法的には加熱用の肉として流通していいるのです。これは、このチェーン店の社長がカメラの前で必死に訴えていたのです。

法的には加熱用のものを、業者任せ、店任せでユッケ(生肉)として出しているということに、ま、日本の消費者の大半が知らなかったわけなんですね。ちょっとニュアンスが違ったかもしれませんが、こういう事実を、某ワイドショーのコメンテーター(女性)が「こんないい加減な状態とは、もうびっくりしました。法的にきちんと整備してほしい」というような意見を言っているのを耳にしました。確かに、昨今の不景気の中で生き残っている大型店とういか、ファミレス店というか、チェーン展開の店では、マニュアル依存して調理しているという状態もあるので、法の整備化を求めるのも無理からぬことかもしれませんが、早い話が、わたしは基本的に反対です。

今までの状態でも出てない店はたくさんあるんです。牛生肉が法的な加熱用であっても、店の努力でおいしくて安全なユッケになるというのは、いいことではありませんか。大半をトリミング(菌が付着しやすい周りの肉をそぎ落とすこと)しても、その肉は加熱すれば食べられるわけですから、そこに、店の工夫があるんだと思います。「ユッケ本日10人前限り」なんていう売り方が成り立つわけなんですね。そこにプロが必要になるわけでしょう。

きちんとした知識やスキルを、時間や金をつかって身につけ、日々実践しているプロの職人を雇うのにそれなりのコストがかかるのは当たり前なんです。アルバイトや再就職か転職か知らないが、切り替え可能な数合わせみたいな調理人にはマニュアルがないとできないんです。もちろん努力して、より専門的な技能を身に着けようと自ら研修してる方もいるでしょう、それは。しかし、安い労働力でコストを下げて、それで安売りをするという経営方針では、どのくらい研修意欲がわくかは疑問です。

ちと、話がずれたかもしれません。記事で戻しましょう。

 焼き肉チェーン店「焼肉酒家えびす」でユッケなどを食べた客4人が死亡した集団食中毒事件で、チェーンの運営会社「フーズ・フォーラス」(金沢市)に対し、食肉卸業者「大和屋商店」(東京都板橋区)が、食中毒を防ぐために生肉の表面を削る「トリミング」は店舗で必要ないとする趣旨のメールを送っていたことが9日、フーズ社への取材で分かった。

 (中略)

一方で、大和屋商店は「加熱用として出荷していた」と板橋区保健所の調査に説明。言い分が食い違っており、神奈川、富山、福井の3県警と警視庁の合同捜査本部は押収したメールを分析、やりとりの詳しい経緯などを調べている。
 → iza:「卸業者「100%削る必要なし」メール送っていた」(5/9付け)

責任のなすり合いです。

いったい、プライドを持って、料理をお客に提供する責任者は誰なのか? プロは誰なのか? これは「経営責任者」とは違います。肉を売って金儲けしてる人とは違います。料理を提供しているのは誰なのか? 

わたしが言いたいのは、一部の意識の低いもののために、専門的な技術や経験のある者が迷惑をこうむるような形での法改正はやめてほしいということです。

今までの状態でも、一件の食中毒も出してない店はあるはずです。そこには、どういう経営理念がいて、どういう料理長がいたのか。なんらかの法整備するなら、ぜひ、きちんとした資格や知識のある者による調理が実現されるような形での法整備にしてほしいと思います。

【追悼】団鬼六の訃報に触れ、謹んで、むやみにソッチ系のページを検索する

2011-05-07-Sat
昨日仕事の帰りに、久々にマン喫によって、遅くに自宅に戻りました。最近連載を読み始めた「今日からヒットマン」の発端を知りたかったのです。30代半ばの普通の営業畑のサラリーマンが、行き当たりばったりにヒットマンの事件に遭遇し、あらがうこともできず、あっという間に、自分がヒットマンってことにされてしまう……、ってな展開でした。現在連載中(「漫画ゴラク」)のくだりがとても面白くて、どうも人物関係がよくわからなかったのですが、その点1巻を読むことでかなりすっきりしました。ちなみに今まで「ゴラク」を読むメインは「激マン」でしたが、最近はこの「今日からヒットマン」がお気に入りです。「激マン」というのは、永井豪のマンガ家生活の回顧録といった作品で、ま、「ハレンチ」「あばしり」「おもらい」「ダンテ」「デビルマン」「マジンガ」などをリアルで読んできた世代ですんで、虚虚実実なところがいっそう興味深くもあるわけです。
 → 「漫画ゴラク」のWebページ

父の看病のために通勤経路を変えていた時期に、ときどき息抜きに入った店に、この「ゴラク」がおいてあって、そのころは「SとM」なんてのも楽しみに読んでたわけなんですが、その「SとM」なんて言葉を日本に定着させた、日本人のリビドーの恩人とも言うべき団鬼六が亡くなったってことを、ま、マン喫で道草したおかげで、不覚にも深夜知ることになったのです。

花と蛇」などの官能小説の第一人者として知られる作家の団鬼六(だん・おにろく、本名・黒岩幸彦=くろいわ・ゆきひこ)さんが6日、胸部食道がんのため死去した。79歳。葬儀は未定。喪主は長男秀行(ひでゆき)さん。
 → 訃報:団鬼六さん79歳=作家 - 毎日jp(毎日新聞)(5月6日付け)


ショックでした。

twitterで団鬼六をフォローして、以前自分の書いた「「花と蛇」もしくは団鬼六の楽しみ方」って記事のURLをツイートして読んでもらってうれしかったことが忘れられません。

昨年の大河ドラマが竜馬で、同じく幕末維新期の境事件を扱った「最後の浅右衛門」の感想記事をアップして読んでもらおうと思っていたのですが、そう思うと、どんどん肩に力が入ってしまって、いつもの自分らしい軽い文章が書けなくて、ついつい延ばし延ばししていたところでした。ああ、なんだかまた先延ばししていて乗り遅れちゃったなぁと痛感しました。

もう少し早く知って、戻ってきていたら、その記事を完成させることができたのですが、ちとくたびれていて、それでも、団鬼六の記事や、ちとエロだったり、グロだったりする、あるいはノスタルジーだったりする記事やサイトを検索し、わたしなりの通夜が続いたのでありました。こういうことやるときりなくなるし、果てるまでやるから……。

謹んで、団鬼六先生のご冥福お祈りいたします。          合掌

最後に、twitteで公開されているサインをコピペしときます(左のラインはわたしがつけたもの)。

oniroku_signs.png



「朝右衛門」の記事、公開できるようにがんばろ。


ゴールドメンバーがちゃんちゃらおかしい、auショップの不快な対応w

2011-04-25-Mon
先日わたしの携帯電話が故障することがあり修理に出しました。

キャリアはauです。家族で使うこと6~7年。ロイヤルメンバーステージでは、ゴールドメンバーです。
 → auのロイヤルメンバーステージのページ

そいつが故障しちゃいました。今の機種にして2回目の故障です。あれは確か、2年前の夏に買い替えたと思います。
 → そのころの過去記事:「おい、もう少しユーザーの言うことを信用しろよ。
 → ついでに、わたしのauへの愛情(?)がうかがえる過去記事:「わたしもSOFTBANKに変えたいと思う話

ああ、こんな過去記事を読むと、なんかハマってる、ハマりつづけている、という感じさえしますね。2年足らずで2回目の故障をしてしまったんですから。ただ、幸いなことに保証というか、保険なのかな、今回もまた、無償で修理してもらえました。ま、その点はいいんですけどね、でも、2年しないのに2回故障って、それってどうよと思います。KDDIやauショップの方々は、どうお考えなんでしょうか? それは聞いてないですけどね、たぶん、わたしはこう言われるだろうと推定します。

そいつは、メーカーの責任でauとは関係ないことですので」って。

これがauの立ち位置です。

ま、確かに、機器の故障はメーカーの責任(または使用者側の問題)で、ショップには本来責任がない。契約上窓口になっているから顧客から預かって、メーカーに送り、修理が終わればそれを顧客に届けるのが仕事ってわけですからね。わたしは、今回の故障と修理で、そういうauショップの立場が身にしみてよくわかりました。

合理的にはそうなのだけど、なんでしょう、ネット上では、ロイヤルステージだのゴールドメンバーだのとちやほやされる一方で、リアルでは、「メーカーのことはメーカー、アプリのことはアプリ、それはショップに聞かれてもわからない」という考え方を、2年足らずの間に2回めの修理に行った店で、強烈な不快感とともに思い知らされる、これっていったいなんなのだろうと思ったのです。

もっとも、今回のやりとりには、2回めの修理ってことが微妙に影響しています。それは、あるアプリをめぐってです。

わたしはじぶん銀行のアプリと電子マネーEdyのアプリをよく使っています。この組み合わせの便利なことは、ケータイの操作だけでEdyにチャージができるということです。いちいち店舗や機械でチャージしなくて、それこそ布団の中でできるんです。じぶん銀行とEdyはないととても不便なんでした。携帯故障というのは、この不便さを味わうことになるのですね。

さて、先回の修理したときは(たぶん半年くらい前だったと記憶)、Edyのアプリについて、代替器では扱わないようにして、今までEdyにチャージしている残高金額を、言わばいったん凍結(この言い方が正しいかどうかはわかりませんがイメージです)という形にして、修理が完了したときに再スタートして継続利用できるようにするということだったのです。で、そのときはショップの側(店員の側)でその操作を全部やってくれたということがありました。

ところが、今回の修理では、その操作を自分でやれというのです。修理の依頼に行ったときのことです。

:「なんで前にはしてくれたのに、今回はしてくれないの?
:「すみません、そういうことになったので」
:「え? そんなら仕方がないですね。教えてくれたらやりますので、教えてください」
:「はい。Edyに入って、登録して……」

これは後になってからの推測ですが、時期的にスマートフォンが普及してきて、たぶん、そのあたりのアプリの関係や電子マネーの引継ぎの手順が整理されて、機種変更や修理の際にスムーズに行くようになったんということでしょう。あるいは、先回の修理の際はカーソルを移動させるためのジョグボタン(?)の故障だったので、操作しづらいということもあって、特例的にショップ側がしてくれたのかもしれません。とりあえず、1回めの修理の際には店がやってくれたことを、今回は、客側がやることになっていました。知らない操作を人前ですることは、ストレスですが、ま、直してもらえないのは困りますし、電子マネーも大切ですんで、きちんとやり、わたしは修理を出しました。

そして、10日も経たずに修理完了の電話があり、受け取りに出向きました。思ったより早くできて、わたしは喜んでいました。

:「修理品の受け取りにきましたが、(修理申請の)紙を忘れました」
:「では、本人確認のため身分証明書を見せてください」

移動するデータがあるかとか聞かれて、わたしはお願いをしました。今回の店員はアルバイトっぽかったけど、はきはきと進んでいい感じでした。わたしは修理完了書を見て、「(落下防止のため)電池格納部分にシールを貼ったので、剥がさずに使ってくれ」というような文言があるのを見つけました。1回めの修理の際にも書かれていました。わたしはシールを剥いだ記憶はなかったけれど、どのシールか確認してなかったので誤って剥がしてしまったことがあったのかもしれないと思いました。

:「これって、どのシールですか?」

とたずねました。店員はわかりませんでした。文面を読み、電池格納部分という言葉が理解できないようで、電池自体を取り上げて、この周りにシールを貼ったのだろうと説明しました。

:「いや、それは違います。それは格納部分じゃない。この蓋のところのシールでしょうか?」
:「いや、それは電池蓋ですから」

なんだか、競争みたいな感じになって、嫌な感じでしたが、その挙句に店員が言った言葉は驚きでした。

:「店員でも修理のことでわからないことはあるのですね

そんなことはわかっています(笑)。説明されなくても。わたしが知りたいのは、あんたが知ってるかどうかではなくて、修理完了書に「そのシールを剥がすな」と書いてあるだが、そのシールがどこかということなのです。だってそうでしょ、そう書いてあるのですから、それがわからないといけませんよね。困るのはこっちですから。

修理の詳細を聞いているんじゃないわけですし、わたしは思わず、「じゃ、問い合せてください」と声を荒らげてしまいました。若い店員は「はい」と言って電話してしてくれました。やや、イライラしましたが、それは、「最近の若い店員」が、ま、ちと経験不足なだけだと思って、ま、それ以上言いませんでした。

実際、彼女はけろりとして、そのことを気にするふうでもなく、普通に対応して携帯の受け渡しが終わったので、ま、わたしも気分を直して、「ありがとうね」と一旦店を出たのです。

おい、もう少しユーザーの言うことを信用しろよ。

2009-08-21-Fri
先日、わたしはケータイを変えた。

ここ2年間、去年と同じ夏だったので、ぼちぼち変えたいなと思っていたのだ。ちなみに、別に誰のファンってわけでもないですが、auユーザである。買ったのはbiblioって言う、読書ケータイ。別に読書はしないが、横モードでネットを見てみたいと思ったので。

画面が大きいせいか、電池の消耗が激しいと感じる。知り合いに言うと、電池パックを追加購入をすすめられた。乾電池による補助充電よりも、軽くて持ちもよく、確実だというのだ。おっしゃるとおりだと思って、チャンスがあればほしいと思った。

ちょっとその日は別の用件で出かけ、たまたま時間があったので、本体を購入した某支店へ回ることにした。男の店員()が出てきた時はちょっとショックだった。

あ、わたしは本体を購入したときの担当の人()がよかったなぁ。深キョンに似てると言ったらちょっとと言うより、かなりホメ過ぎだけど、笑顔と気持ちは深キョンに負けない。とってもいい感じだったのだ。

:「これの、電池が欲しいのです」
:「電池パックですね。ポイントで購入できるか確認しますね」
:「ないと思います」
:「そうですか。見てみますね」
:「見てもないと思いますけどね」
:「お電話番号をお願いします」
:「まだ慣れてないから……ボソボソ」

ちょっと手間取って操作して番号を見つけた。わたしは結構大柄で指が太く、このbiblioのキーボードが正直やや操作しづらい。特に、目的の横広モード(勝手に命名)でQWERTYキーボードで打とうと思うと、二つくらい同時に反応してしまうことになる。使い込んで慣れていけばわからないけれど。

わたしが番号を告げると、は続いて、氏名と生年月日を尋ねてポイントが1000ポイントちょいしかないことが確認された。当然である。本体を買うときに使ってしまったのだから。

:「ありませんね。1000ポイントちょっとですね」
:「そうだと思ってました」
:「電池パックは在庫がありませんのでお取り寄せになります」
:「ああそうですか。代金は1500円くらいですよね」
:「いいえ、そんなことはありません。2000ポイントは最低でもするはずですので」
:「2000円はするはずなんですか?」
:「はいそうです。今調べますね」

わたしはオンラインで購入できないか調べたことがあるので、正確ではないが1400円余りで買えそうなことを知っていた。しかし、こちらの言うことを信用する気もなく、「するはずだ」というこの店員と話す気は既に失せていた。

店員に自社製品に対する正確な知識もしくは調べる能力があれば、まさに自ずと知れるはずであった。そして、このにはそんなことを期待しても無駄だということは対応でわかった。ああ、笑顔が深キョンなだったら、たとえおっさんのわたしにでも、誠実に対応してくれたに違いない……。

:「いや、いいです。それより、電池パックを充電する機械はないのですか?」
:「ありません。あくまで、携帯の電池なので」

auよ。掛け声だけで、ちっとも去年と違う夏にならないのは、店員教育がなってないからじゃあないのか? ないのならないでしかたがない。せめて、「すみません、残念ながらそういったものはございません」くらい言わせろよ(笑)。きっと、笑顔が深キョンななら、「ああ、あると便利ですよね。残念ながらまだそこまでは商品化してございません。申しわけありません」くらいは言ってくれるに違いない……。キホンだろ。

:「なきゃしょうがない。じゃ、電池パックを下さい」
:「在庫がないので取り寄せになります。よろしいでしょうか?」
:「ないならしょうがない……。」
:「今、金額調べますね?」
:「いや、いい。今日払わなくてもいいんでしょ。(品物が)来た時で」
:「はい」

「はい」と言いつつ、まだ調べている。調べている手元を見ていると、カタログの卓上ホルダーが目に入った。充電が弱点なんで、いつも定位置で充電する習慣にしてはどうかと思ったのだ。わたしはカタログを指差した。

:「そうだ、ホルダーというのかな。それもほしいです」
:「卓上ホルダーでよろしかったでしょうか?」

今度はカタログにあるのだから、代金もすぐに確認できて、800いくらだと告げられた。が、すぐに持って来ようとしない。

:「それも取り寄せ? そのくらいはあるんじゃないの?」
:「あ、それはあったかな?」

は品物を持ってきて、箱のまま包みもせずにわたしに手渡した。……別に構わないけれど、一言くらい「このままでよろしいですか?」とか、言えよ。きっと、笑顔が深キョンななら、「ただいま環境保護のため、簡易包装させていたいています。ご協力お願いします。申しわけありません」くらいは言ってくれるに違いない……。

:「では、付属品はすべて現金になります」
:「……」

ポイントは? ポイントでも買えるんじゃないの? でなきゃ、なんで最初にポイント調べたの? と思ったが、とはこれ以上口をきくと、怒鳴りそうだと思ったので、とっとと代金を払って店を出ることにした。……笑顔が深キョンなだったならなぁ。

とどめはしばらくして午後のティータイムを楽しんでいるときに気づいた、携帯の伝言だった。

 「auのです。電池パックの代金は1400……。申しわけござません

だぁかぁらぁ~。最初からそう言ってるのぉ。客の言うこと信用すればこんな電話しなくて済んだはずなのだ。あぁ、それにしても、笑顔が深キョンなだったならなぁ~。

かなりの人脈」なんてものはないけれど、わたしだってブログで記事にするくらいのことはできるんだよ……。

RREVHOME NEXT