FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

朝青龍は二場所出場停止で「謹慎」

2007-08-02-Thu
「横綱として極めて軽率だった」ということで、朝青龍に「二場所出場停止、九州場所の千秋楽まで謹慎」という処分が下りました。

日本相撲協会は1日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、「腰の疲労骨折」などとする診断書を提出して夏巡業の休場を申し出ながらモンゴルでサッカーに興じていた横綱朝青龍(26)=本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ、モンゴル出身、高砂部屋=に対し、9月の秋場所、11月の九州場所の出場停止処分を下した。また監督不行届として師匠の高砂親方(元大関朝潮)にも、4カ月、30%の減俸処分を科すことを決めた。
  iza:「朝青龍は2場所出場停止 “仮病疑惑”に厳罰」の全文を読む……



正直、長いか短いか、重いか軽いかはわかりません。「厳しい処分」と報じられているので、ま、厳しいのでありましょう。スポニチ(「朝青龍 2場所出場停止&減俸処分」)によると北の湖は「妥当な罰則だ。横綱は常に自分の行動が多くの人に見られているということを自覚してもらいたい。朝青龍本人はがっかりしたかもしれないが、気を取り直して(もう一度)雄姿を見せてほしい」と語ったそうで、わたしはいいコメントだと思います。さすが横綱経験者! 平易な表現ながら含蓄のある言葉です。横綱経験者は横綱の辛さをよく理解していると思いました。朝青龍にはこの言葉をよくかみしめて、まさにもう一度雄姿を見せて欲しいです。

ただ、ちょっとおもしろくないのは、次のお二方の言葉です。素直に耳を傾ける気にならないのは、わたしの不徳の致すところなのでしょうね。

巡業部長の大島理事(元旭国、旭天鵬の親方)は「厳しい判断がなされた。これで全体が引き締まればいい。朝青龍には横綱として模範になるよう、これから気を付けてほしい」(スポニチ同記事)なんてコメントです。さすが、先日旭天鵬を謹慎によって立ち直らせた親方らしい言い回しです。横綱が処分される前に、自分の弟子の不祥事の時に、全体が引き締まるように振る舞ったらよかったのになどと、嫌みなことを書きたくなってしまいますです。これも、ま、わたし自身が先日の「朝青龍処分めぐり内部抗争ぼっ発か…緊急理事会(iza) 」というような報道に影響されているからかもしれません。

巡業部長ですから、そんな私怨なんてことはないと信じていますが、巡業部がいち早く「来なくていい」などというまずい対応するから騒ぎが大きくなったということを、ぜひ自覚してほしい。勧進元やファンに迷惑をかけているのは、ろくすっぽ事実確認もせぬまま、マスコミの報道を鵜呑み西、感情的に紋切り型の対応をした巡業部にもあることを自覚していただきたいです。

また、海老沢勝二・横綱審議委員会委員長(あ、委員長でしたっけ? げげッ!)のコメントも載ってます。海老沢委員長は「朝青龍関の今回の行動は軽率で遺憾。委員長の立場から日本相撲協会に対して厳正な処分を要望しました。朝青龍関は謙虚に反省するとともに、全力士の模範となるよう、伝統ある相撲道に一層精進し、再起を期待しています」(スポニチ同記事)と……。あのですね、あなた様に言われたくありませんことよ(笑)

「厳正な処分」なんて言葉いつ覚えたの? 「エビジョンイル」と呼ばれるのは理由のないことだったのでしょうか? 自分がどんなに見苦しい辞め方をしたのか、お忘れか? 横綱に謙虚だの、反省だの、精進だの言えるの?って聞きたくなりますね。もう、自分のことは棚にあげて。あ~、もう、この人のコメント読んでると、自分が嫌いになりそうです。悪態ばかりついて……。とほほです。

いろんな記事読んでも「二場所出場停止」という言葉があって、「謹慎」という言葉があまりありませんが、わたしがテレビニュースで見たら、伊勢ノ海親方(だったと思う)が「二場所出場停止。11月場所の千秋楽まで謹慎です」とはっきりと言ってました。高砂親方は「謹慎」というのをきちんと朝青龍に教えることができるのでしょうか? 「二場所出場停止」と「11月場所の千秋楽まで謹慎」とはニュアンスが全然違いますから。またそんなところで足元をすくわれないようにしてほしいです。

そうして、朝青龍には初場所に全勝優勝してほしいです! ガンバレ、朝青龍!

あとですね、ちょっと気になる記事があったので、書いてみたいです。

北の湖理事長「ピンポン!」に激怒!!

日本相撲協会がTBSの昼の情報番組「ピンポン!」に抗議した。朝青龍を診断した三重県の病院が30日に広報部を通じてリリースした補足説明書を紹介した際、同番組は説明書を「日本相撲協会が修正した」と伝えたため北の湖理事長(元横綱)が激怒。TBSサイドは「修正したとの言葉が誤解を招いたかもしれません。対応は協議中」とコメント。同番組はハニカミ王子・石川が出場した関東アマでもトラブルを起こしている。

8月1日つけのスポニチです。30日の補足説明とはこの「所見」ってやつに該当するのだと思うのですが、これを「修正」と受け取った「ピンポン!」は、それならそれまでどういう報道をしていたのかってことなんですよ。

「肘と腰」と報道していたのなら、「修正」とは受け取らず、「補足」がすんなり入ってくるはずなんですね。まさか、スポニチみたいに「ヒザ」と報道していたなんてことはあるとは思いませんけど、でも、多くのメディアがそうであったように、あたかも「腰の疲労骨折」と腰だけであるかのように報道していたんじゃなかろうかと思います。そういう報道をたれ流して、なんというのかな、市民感情に働きかけていたわけですよ。

今回の処分は「ファンの納得」、「ファンの怒り」が大きく関係したたと思うのですが、そもそも、そのファンが納得いかなかったり、ファンが怒ったりしている状態は、繰り返し述べてますが、マスコミの恣意的な報道と、相撲協会(主として巡業部)の対応によって増幅していったのです。

たとえば「朝青龍、やはり症状軽い? 入院せず通院治療に」(iza)なんていう言葉が出てくるのですが、「手術の可能性」を言ったのは病院ですが、「入院させます」と言ったのは病院ではなくて、高砂親方でしたよね。それも、批判逃れの苦し紛れで~。その言葉が逆に「入院するほど悪くはない→仮病」という論調に、再び結びついていったりするのですね。

朝青龍にも非はあったし、親方のにも、もっとしっかりして欲しい点が少なからずあったと思います。それはもちろん認めています。同時に、相撲協会にもおかしな対応があったし、マスコミの報道にいたっては、果たして公正に報道したのだろうかと疑問に感じるふしさえあって、とっても後味が悪いです。

ですが、ま、いつまでも不満を口にしていたのでは、前に進めません。朝青龍自身にも考え直し、見つめ直して欲しい点はあるのですから、どうぞ、この機会にしっかりと振り返り、反省し、また、身体も治して、初場所を好成績で乗り切ってほしいと思います。ガンバレ! 朝青龍。

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ
ブログランキング

スポンサーサイト



朝青龍は巡業中にサッカーしてたのですか?

2007-07-31-Tue
どうやら、明日(8月1日)に相撲協会が朝青龍を処分するのだそうです。

朝青龍あす処分 甘い裁定は協会の首を絞める
巡業は日本相撲協会から興行権を買った勧進元が主催する。横綱の晴れ姿を見込んで協会と勧進元との間で契約が交わされる。朝青龍の行動は勧進元に興行権を売った協会、ファンにチケットを売った勧進元双方の顔に泥を塗った。
 だからといって、巡業に朝青龍を参加させないのが妥当な処分なのか。骨折した体でも巡業に参加し、塗った泥を拭うのが筋だろう。


全文を読む  

あ~、もう、朝青龍だけを悪者にして解決をしようとするのはやめて欲しいものですね。

まず、仮病ではありません。全治6週間は腰でなくて肘。サッカーはできるが相撲はとれない症状なのです。
 → ライブドアニュース:「朝青龍の仮病疑惑に物言い…病院側が異例の説明」

それを、「サッカーをしていた仮病ではないか?」というマスコミの報道がことの始まりで、それを受けて、本人への事情聴取もなく、勝手に「来なくてけっこう」などと言い出したのが、相撲協会なのです。北の湖理事長が当初(休場届が出て、サッカー報道がある前の時点)「相撲がダメなら土俵入りだけでも」と言っていたのを無にして、非常に感情的な話になっていったのです。

この相撲協会の、あまりにも幼稚で、感情的な対応ぶりを批判したのですが(→過去記事:「朝青龍は仮病なんですか?」)、なんというか、メンツだとか、泥を塗っただとか、そんな感情論ばかりなんですね。

サッカーにしても、どういう性質のものなのか、きちんとした説明がありませんでした。マスコミのいい加減な報道を根拠にした決めつけで、もう、朝青龍が悪いに決まってるという感じの対応でした。

朝青龍は巡業を休んでサッカーしていたのではありませんよ。本場所と巡業の間にサッカーをしていたのです。サッカーがやれるなら巡業に出ろ。巡業を休場なのに祖国のサッカーならやれるというのはおかしいだろうって。その気持ちはわかります。しかし、サッカーならできたのです。モンゴル政府から頼まれたサッカーだったと説明してますよね(→iza:「サッカーしていた朝青龍が謝罪「反省している」」 )。政府からたのまれたら、そっちも泥は塗れないでしょう。無理してでも出たんです。誉めてやって下さいよ。これもファンサービスだと思って。肘や腰が痛いのに、よく頑張ってサッカーをした。最高の笑顔だった。これで、相撲人気もいっそう高まるだろうって。

休場と心配したが、相撲はだめでも予想以上に元気なので安心した。巡業先では、横綱と子どもたちとのふれあいイベントを組んでみたい。相撲をご覧いただけないのは残念だが、ふれあいイベントで、楽しんでいただけるよう配慮する」というような言い方だってできそうなんです。本当に朝青龍に参加して欲しいのなら。

それが、なんだってそう、けんか腰で、処罰だの、どろを塗ったのだのになるのって思います。

横綱朝青龍がやんちゃで手に負えないワガママ息子なら、親方は甘甘の過保護ママだし、相撲協会は度量もないのに、威張りちらして空回りしているだけのダメOYAJIなんじゃないかと思いますね。

うちの記事(コメント欄含む)でも書いたし、滑稽本さんところでも書いたのですが、もしわたしが朝青龍で、公式日程に差し支えるような手術をするとしたら、本場所に影響のないスケジュールを選びます。巡業を軽視するのかと批判されたら、それもしかたがありません。どんなに、勧進元がどうだとか、ファンがどうだとか言われても、本場所と巡業を比べたら、本場所をとり巡業を休みます。おそらく、そういう力士が多かろうと思いますよ。

で、ここで今回の問題なんですね。非常に微妙なんですが、名古屋場所が終わって、悪くなった肘を夏の巡業の間に診てもらい、手術も考えなければならないということで、そのために休場することにしたのですが、その本場所と巡業の間に「モンゴル政府依頼のサッカーが祖国である」のです。サッカーしてもしなくても巡業を休むことには変わりがないというときに、さて、どうするのがいいのか、どうしなきゃならなかったってことだったのですね。

(1)モンゴル政府の依頼のサッカーだから、やや身体が悪いものの、そう無理でないから出る。
(2)スケジュール的にもコンディション的にも出られるが、巡業関係者の手前サッカーには出ない。

で、まぁ、角界の常識は「2」だったということなんですね。そして、どうやら、ブログのいくつかを見る限り「2」が常識のようなんです。それも一つの見識でしょう。しかしながら、同時に、「1」が、そんな引退勧告だとか、(旭天鵬のような)謹慎休場だとかせねばならないほど悪いことだとは、わたしには思えないのです。

もちろん、「巡業の真っ最中に、休場し治療に専念してるはずがサッカー」だったら言語道断ですよ。でもそれとは違うのです。場所中でも、巡業中でもない。わたしには、親方を含め横綱側の説明不足ということもあると思います(事前に説明してたら許可されなかった可能性もあるかもしれません)が、それ以上に、日本相撲協会が極めて下手くそな対応をしてるように思えるのですね。

ファンを大切にしてると言うのなら、相撲協会の立場は、まず、マスコミにおもしろおかしく報道されている現状についての冷静な事実関係の分析と、誤報もしくは誤解を招く報道に対する訂正、そして、勧進元とファンに対する善後策でありましょう。

ところが、なにせ、「夏巡業には、来てもらわなくてもいい」とまですでに方針を出してしまっているのですね。

巡業部では27日に緊急会議を開き、大島巡業部長(60)=元大関旭国=は、「(朝青龍は)巡業に参加しなくても結構」と、夏巡業を全休させることを決めた
  → iza:「朝青龍に最後通告 “不要論”高まる きょう帰国予定 」

これがもっともお粗末なんですよね。

なるほど朝青龍が火種だったかもしれませんが、ろくな事実確認もしないうちからこんなふうに相撲協会が油を注いだわけで、勝手に火事を大きくしておきながら、火種に処分が必要と言われたのでは、朝青龍がお気の毒です。

朝青龍を処分するのなら、返す刀で、火を消すべき立場にありながら火を大きくした巡業部の処分もお願いしたいです

にほんブログ村 格闘技ブログ 相撲・大相撲へ

マテラッツィのジダン頭突き誘発発言が明らかに

2006-09-06-Wed
すでにオシム・ジャパンが活動を開始し、先日は初の黒星を喫したところです。こないだW杯ドイツ大会があって、日本も出たんだよ~と言っても、なんだか随分と過去のことのように思えてしまいます。時の経つのははやいものです。

さて、そのドイツ大会で決勝での、フランスの闘将ジダンの退場劇は非常に驚きであり、また、物議を醸し出しました。しかもジダンは現役引退宣言をしており、事実上の引退試合というか、最後にして最大の試合だったはずです。そんな大ベテランにあんな行為をさせるた発言はなんだったのか? ワイドショーなどでは、イタリア人に読唇術をさせるなどして追究していましたね。

そのマテラッツィがガゼッタ・デロ・スポルト紙のインタビューに答えて、その発言内容を明らかにしました。記事によると、マテラッティはた

「僕がシャツを引っ張ったら『シャツが欲しいならくれてやる』と言われた。怒らないはずがないだろう? だから『姉のほうが欲しい』と言ったんだ」

と説明しているそうです。
 (参考→ニッカンスポーツ:「ジダン頭突き誘発発言マテラッツィ明かす」) 

W杯の退場劇を直後に報じられていたような「売春婦」という言葉には言及しなかったそうで、記事を読んでも、ジダンのお姉さんにたいして、美人だとか、グラマーだとか、やりマンだとか、素敵なだとか、ブスなだとか、どういう形容詞をつけて言ったのかは記事を見る限りわかりません。

というか、記事によると、そもそもマテラッツィはジダンに姉がいることを知らなかったと言っているようです。そして、

「僕が謝らなければならないとしたら、姉に対してだ」

と話し、ジダンに対しての謝罪はなかったそうです。

ジダンほどのベテランです。そして、コートではよくある一種の心理戦というか、かけひきです。「姉のほうが欲しい」が果たして頭突きをするほどの言葉だとは、わたしには思えないのですけれど、そのあたりに個人差というか、ジダンになにか特別な事情があったのかもしれません。あるいは国民性みたいのもあるんでしょうか。ひょっとしたら、W杯の決勝戦であるとともに、これが最後の試合というような特別の思い入れがあったのかもしれません。

いずれにしても、こういう言葉の駆け引きを、「ルールでは禁しされていない当然のゆさぶり」ととるか、「スポーツマンとしては見苦しい行為」としてとるかは微妙なところだと思います。そして、アマチュア、特に、学生や若い人たちが、そういうゆさぶりもプレーのうちと学んでいくのは、アンフェアな行為もしくはマナー違反と学んでいくのか微妙なところだと思います。

プロならそのくらいのことあっても当然と、一応は思いますし、実際、世界中のサッカー選手はもっとひどい言葉をピッチ上で使っているらしいのですけれどもね。

ブログランキング

川淵キャプテン、オフサイド~次は「オシム」

2006-06-25-Sun
FIFAW杯から日本代表も帰国、W杯総括会見で、川淵チェアマンがジーコの後任監督について、うっかり口を滑らせてしまったんだそうです。

ジーコ監督の後任が08年北京五輪を目指す21歳以下日本代表も指揮を執るのか、との質問に「五輪チームのスーパーバイザー的な役割。総監督ということかな、オシムが」と口を滑らし、一瞬の間の後、「オシムと言ってしまったね」と続けた。

オシム氏本人や同氏が現在指揮を執る千葉と、交渉中であることを明らかにする了承を得ていなかったため、川淵会長は「弱ったね。頭が整理されていなくて、つい出てしまった。ここで聞かなかった話に、ということにはならないだろうね」と困り顔。
      ニッカンスポーツ:「ポロリ川淵キャプテン「オシム」」(6/24)

え~。こんなのあり~。受けてもらえるとまだ決まったわけじゃないのに。これ、万一オシムに断られたら、ちょっとアレですよね。

この失言に、辛口で知られるセルジオ越後氏はこう指摘。その通りと思います。

W杯で1勝もできなかった検証と反省を協会あげてきちんとしたとは思えない。またぞろ独断専行の悪いくせなのか? W杯惨敗の責任逃れで、追及の目をそらせようとしたと受け取られても仕方ないだろう。ポロリと言ったとしても、とんでもないミスだ。イエローカード2枚だな。
     セルジオ越後のコラム:「なぜ帰国の日に発言?惨敗の追及かわしか!!」



名前の出たオシム氏は現在J1の千葉の監督で65歳。ジーコは53歳だから一回りちがいますね。4年後65歳なんじゃなくて、今65歳で4年後は69歳ですよね。ちょっと代表監督としては高齢なんじゃないでしょうか。4年後は南アフリカ大会なんですけどね、こんかいのドイツ大会みたいに暑い会場だったりしたらと、そういう心配もあります。ま、もちろんがんばって欲しいですけど。

わたしはよく知らないんであれですが、サッカー解説者、信藤健仁さんは「大歓迎だ」といっています。

大歓迎だ。日本サッカーがまた次のW杯に向かっていける気がする。オシム監督はゲームを読む力があり、弱点を補いながら、長所を伸ばしていくのがスタイル。千葉で若手が伸びてきたのはその副産物と言える。指導者としては戦術的な規律と創造的な世界の両方を兼ね備え、トルシエ前監督とジーコ監督の中間的な位置にいる。(65歳と高齢だが)コーチ陣など周りのスタッフがしっかりしていれば心配はない。
   毎日新聞:「サッカー日本代表:残った課題多く…オシム氏の手腕に注目」

これ聞くと、よさそうですね。「トルシエとジーコの中間的位置」というのがよさそうです。

ちなみに川淵キャプテンがオシム千葉監督に決めたひとつのきっかけとも言える書物はこれです。
オシムの言葉―フィールドの向こうに人生が見える
木村 元彦
集英社インターナショナル (2005/12)


ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME NEXT