FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

墨俣一夜城址と関ケ原合戦場跡を巡る旅

2008-08-21-Thu
「あなたは今うごいてますか?」

養老孟司が出てきて、ひと言そういうサイトがあります。うごく!生たびというサイトです。

このページの存在をCyberBuzzの企画で知ったんです。それは、実際に「うごく!岐阜<生>キャンペーンに」に参加して記事にすることでした。

生たびには、お勧め36ルートってのがあります。それをいくつか眺めてました。古都もいいし、肉もいいし、温泉もいいけれど……、近くにいながら一度も行っていない関ケ原に、この機会にぜひ行きたいと思いました。なにせ、戦国無双シリーズ(PS2のゲームです。「戦国無双2とか……)なんて、やればやるほど、愛知県に住んでいながら、どうして近隣の戦国時代の拠点を訪れていないのだ!と後悔ばかりがわき起こるのですから(笑)

そこでわたしはまず、このルート08「戦国タイムスリップ」に決めました。サイトのページには予習していくと楽しめるとありますが、ゲームの影響ってのはものすごくて、名前はいくらでも覚えているし、どんな鎧や旗印だったとか自然に思い出されるのですね。今のゲームは音声が出ます(声優のですけど)ので、セリフなんかも記憶に残りやすいのですね。そういう状態で、歴史資料館の解説などを聞くと、実際のゲームのキャラやその動作が頭に浮かぶのですが、それが理解を助けるのですね。だから、ビデオや解説ジオラマのおもしろいこと、おもしろいこと。新発見でした~(笑)。

じゃ、いくつか写真をアップしますね。
suno_01.jpg
▲墨俣一夜城址の石碑と大垣市墨俣歴史資料館の「墨俣一夜城」です。

墨俣一夜城は織田信長が稲葉山城(後の岐阜城)を攻めるときに、その拠点にしたいと秀吉に築かせた、一夜城です。実際は城といっても、こんな写真にあるような城郭ではなくて、砦的な城だったんですね。それだって、一夜で作るのは大変なことなんですから、こんな立派な天守を持つ城郭はできません。

後ろの城郭は、城のデザインを模した100パーセント近代建築の歴史資料館です。中は所謂鉄筋コンクリートで、普通のビルと同じで、エレベータもついてます。「墨俣一夜城」という言葉のイメージから、こういう形の資料館を平成3年に建てたということです。
suno_02.jpg
▲豊臣秀吉の出世橋という碑もあります。展示室の中には、秀吉がいかにして一夜で城(砦)を築いたのかいう解説のビデオが流れたり、ジオラマがあったり、地元ゆかりの文学者豊田穣の愛用品などが展示してあったりします。
 → 墨俣一夜城の案内ページ

もう一つの目的地の関ケ原合戦場です。

どうでもいいことですが、今回の記事を書くにあたり、いろいろ検索したりしてわかったのですが、どうやら関ケ原の公式(「公式」というか、「地元での」というか)の書き方は、「関ケ原」です。わたしの辞書では「関ヶ原」と変換してしまうのですが、これだこ検索などで今一つヒットが悪かったりします。そこで、わたしも「関ヶ原」でも「関ガ原」でもなく、「関ケ原」(カタカナの「ケ」)の方で統一していきます。
seki_01.jpg
▲関ヶ原合戦場の碑です。次の「関ケ原町歴史民俗資料館」の展示の中で読んだのですが、たとえば、桶狭間の地に比べてもいいのですが、この関ケ原の合戦あとは、あまり都市化していない。むしろ合戦当時の地形がそのまんまの形で残されていて、豊かな想像力を駆り立てられるみたいな一文があって、まさにそんな感じです。

seki_02.jpg
▲関ケ原町歴史民俗資料館

石田三成と徳川家康が争った天下分け目の関ケ原の戦いに関する資料の展示です。石田三成の兜の複製があったのですが、そいつが、「戦国無双2」に出てくる三成の兜にそっくりでした(下に参考動画)。当たり前といえば当たり前、KOEIだって史実をそれなりに踏まえて作ってるのですが、実は、わたしは正直これおが兜だと思わなかったのですね。長髪にハチマキしてるだけだと思いました。でも、これ乱髪天衝兜という兜だったんです。年甲斐もなく、展示を見て、おぉっと声を出してしまいました(笑);。

▲三成が茶髪だとばかり思っていましたが、これが兜のデザインだったのです!




▲楽天で見つけた、三成の乱髪兜です。ゲーム内では茶髪、博物館の展示も茶髪でした。こちらの丸武産業で売ってるのは黒色です。

seki_03.jpg
▲三成が布陣した笹尾山から関ケ原を眺望する。

この関ケ原合戦場には家康の陣の跡とか、島津義弘の陣の跡だとかの碑が建ててあって、徒歩や自転車で散策できるようになっています。暑いのやめましたが(笑)、三成が陣を布いた笹尾山は徒歩で登ってみました。麓には馬防柵があり、山の中腹の陣の跡からは関ケ原が展望でき、鳥瞰図と音声ガイドがあるので、勉強になります。
 → 関ケ原町 観光ホームページ

oga_01.jpg
▲墨俣から関ケ原に行く途中、大垣によりました。大垣市ひまわりランドというのがありました。平成2年から毎年、休耕田を利用して場所を変えてやっているそうです。
 → ひまわり畑ネット

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



CyberBuzz読者アンケート

2008-07-31-Thu
先日、「サイバーバズでBlendyをもらう」という記事や、「Kzokuに「ブレンディ香るブラックを飲む」と追加する」という記事を書いたのですが、そのCyberBuzz(サイバーバズ)が読者アンケートをしています。


 → CyberBuzz読者アンケート

わたし自身は、BlogScouterなら早くからつけていたのですが、サイバーバズに参加したのは比較的最近でして、会員となった今、この読者向けアンケートに答える資格があるのかどうか、ちと悩んでいます。もちろん、会員も読者の一人なのでかまわないわけなのでしょうけれど、自分のブログの読者ってことになるとどうなのでしょう。もちろん、自分のブログ記事だって読まないことはないわけで、書き手自身は第一の読者であるなんてことも言えるわけなんでしょうが、アンケートとなると、ちと、微妙ですね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

サイバーバズでBlendyをもらう

2008-07-22-Tue
BlogScouterCyberBuzzの会員になってしばらくたちます。インターネットのクチコミマーケティングを支援するサービスということで、ブロガーはモニターとして評価記事や紹介記事を書くというしくみになっています。イベントによっては交通費その他が支給されるもののあるようですが、なかなか地方に住んでいて、また、自分のブログにマッチしたものがめぐってくることが少ないというこあります。

で、今回は「Blendy香るブラック(http://www.kaoru-black.com/)」の企画で、モニターとして「ブレンディ 香るブラック1リットル」を12本がもらえるというので、これはいいぞと応募したら当選して、先週ドド~ンと12本届けられました。

blendy03.jpg


これは<トクホ>ということになっています。トクホというのは、食品の持つ栄養的側面、味覚的側面以外の、体調のリズム調節や生体防御、疾病予防、疾病回復、老化防止などの健康を維持するという、体調調節的側面を重視した食品ということなんです。
 →  トクホ(特定保健用食品)って何?

で、このBlendy 香るブラックは、「脂肪吸収抑制効果が解明されたコーヒー豆マンノオリゴ糖を配合。コーヒーとしては初めての体脂肪が気になる方に適した特定保健用食品」ということになっておるようです。脂肪の吸収を抑える……。はいはい、ありがたいです。

コーヒーはもともと大好きで、ガブガブ飲みます。だのに、メタボ状態のわたしは、すでにこのコーヒー豆マンノオリゴ糖ってのを充分とってるはずなのに……って思うと、そうではなくて、このBlendyにはコーヒー豆マンノオリゴ糖がたくさん入っていて、そこがトクホで、そこが効果があるというのです。ガブガブ飲む必要はなくて、毎日280mlを飲めばいいらしい……。

ふむ。それならできそうですね。それに、ほれBlendyじゃないですか。Blendyといえば原田知世……、うちのブログではVIP級の女優です。
 → tag:原田知世

メタボに苦しむわたしに、原田知世の繋がりのBlendyの企画が……。わたしは、こういうときに「運命的」という言葉を使うようにしているのです。おまけに、掲載条件のブログのカロリー測定ブログパーツも、なんとなく使えるような気がしてきました。
 → ブログパーツのページ

なんとか、この夏、ブレンディ 香るブラックをガンガン飲んで、いい報告ができるといいなぁと思うのですが、さて、そんなに甘く考えていてうまくいくのでしょうか。なに? ブラックだけに甘くないだろうって。う~ん……お後がよろしいようで。


ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME