FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

【追悼】伊福部昭

2006-02-09-Thu
伊福部昭って名前ご存じでしょうか。いふくべあきらと読みます。知る人ぞ知る、映画「ゴジラ」のテーマ曲の作曲者にして、元東京音楽大学の学長です。わたしはほとんどそんなことしか存じ上げません。でも、わたしにはそれで十分過ぎるほど、この訃報はショックです。

ゴジラの音楽を通じて知った、わたしにはそれだけです。今はどこかの民族楽器の奏者として、あいかわらず奇才を発揮している巻上公一が、ヒカシューというテクノポップのグループを組んでおりました。当時はテクノポップミュージックの全盛期で、YMOが大売れ、ちまたではテクノカット(「ドクタースランプ」のサラダきのこの髪型です。ま、「サザエさん」のワカメちゃんの髪型と考えてもいい)と、大きな黒縁眼鏡(アラレちゃんがかけてました。斉藤ゆう子っておねーさんもかけてました)が流行していましたが、これも、もちろんYMOらの隆盛と無関係ではありません。
イエロー・マジック・オーケストラ
YMO
Sony Music Direct (2003/01/22)
売り上げランキング: 5,349
おすすめ度の平均: 4.4
4 YMOの原点です。
5 コンピューターサウンドの始まり!
5 一時代のモニュメント

そんなYMOの後をつぐ、当時テクノポップ御三家というような感じで言われたのが、プラスティックス、Pモデル、ヒカシューというグループですが、わたしはヒカシューが好き~。知性と狂気とエネルギーが交錯する感じで(笑)。
ツイン・ベスト
ツイン・ベスト
posted with amazlet on 06.02.09
ヒカシュー
東芝EMI (1999/02/24)
売り上げランキング: 8,327
おすすめ度の平均: 5
5 プヨプヨ
5 カッコ悪い人間たちのためのポップ
5 ヒカシューは

そのヒカシューのメンバーに井上誠ってシンセサイザー奏者がいて(メロトロンを駆使してヒカシューの表現には欠かせない存在になっていたそうです)、「ゴジラ」のテーマ曲ベスト版とも言える「ゴジラ伝説」を出しました。シンセサイザーなどを利用して、サウンドトラックやテーマ曲集とはひと味違う、「映画館でみた感じで再現する」というコンセプトで作られたそうです。3部まであります。この「ゴジラ伝説」と前後して、後の平成ゴジラシリーズへと繋がる映画「ゴジラ」が制作公開されているのですね。

伊福部昭の名を知ったのは、この「ゴジラ伝説」であり、平成ゴジラシリーズなんですが、もちろん、ゴジラのテーマや。キングコング(ゴジラ版の)のテーマや、キングギドラのテーマ、轟天号のテーマなどはその前から知っていました。それは誰だって聞き知っていたと思います。ヒカシューを通してそれを再認識したという感じですね。

その伊福部昭氏が8日夜お亡くなりになられました。心より冥福をお祈りいたします。

宙-伊福部昭 SF交響ファンタジー
日本フィルハーモニー交響楽団 伊福部昭 広上淳一
キングレコード (1995/11/22)
売り上げランキング: 2,085
おすすめ度の平均: 5
5 興奮間違いなしの1枚
5 宇宙大戦争のフルオーケストラはとにかく必聴!!!
5 だまされたと思って聴いてみて。


伊福部昭の世界
伊福部昭の世界
posted with amazlet on 06.02.09
伊福部昭 サントラ
ポリスター (2000/01/08)
売り上げランキング: 32,471


スポンサーサイト



映画:「ゴジラファイナルウォーズ」~コロナで

2004-12-08-Wed
本日、「ゴジラ ファイナル ウォーズ」を見てきた。
 → GFWの公式サイト
ゴジラ FINAL WARS スペシャル・エディション
東宝 (2005/07/29)
売り上げランキング: 547
おすすめ度の平均: 3.51
5 これは最高のゴジラ映画
3 問題点
5 遅すぎた平成“ゴジラ”シリーズの傑作


ふむ。どう評してよいものか。50周年記念作品ということで、過去の作品をいろいろ取り入れてあって、確かにサービス精神溢れる作品ということは言えそうである。

最初に現れるマンタといい、中盤であらわれるX星人といい、ガイガンといい、水野久美といい、最後にあらわれる例の怪獣といい、非常にサービス心旺盛であるし、それがツボでもある。その点は評価できるし、また、楽しめる。娯楽作品、それも、ゴジラで育った親が子どもとともに見るってことを想定しているようであり、その狙いも、たぶん成功していると思われる。

でも、なんだろう……、いま一つ魅力がないぞ。一つは、ゴジラのいない人間同士のドラマのつまらなさにあるのかもしれない。言いたくはないのだが、主演格の、あの、ジャニーズ事務所のタレントが、なんとも無表情で迫力がない。身体も、共演のケインに比べたら見劣りがする。 やる気がないのか……というか、同じ顔しかできんのかって感じだ。だから、感情移入がうまくできない。客を呼びたいのか、事務所の力かしらんが、こういうメインにジャニーズ事務所を使うのは勘弁してほしい。もちろん力があればべつだが……。作品がだいなしだ。

そういえばこんな質問に回答しました。
 → 知プラ「どんな怪獣が出るのか?」

さて、わたしがこの作品をみて疑問に感じたのは、「ゴジラ ファイナル ウォーズ」の複数形っておかしくないか? ってこと。確かに、たくさんの怪獣が出てきて、また、轟天号なども出てきて闘った。バトルならたくさんあった。しかし、そんなことはなんら「ウォーズ」ではない。もちろん「バトルズ」ではあるが、すべて、最初から最後まで一連の戦いなのである。

そこで、知プラで質問してみました。回答が得られるか?
 → ベスト回答なし→削除になりました。残念。

そうそう、今回、こんなおまけのフィギュアをもらった。地球の上にゴジラがのっかていて、地球に「50th」のゴジラのロゴが入ってます。
20050614102056.jpg


邦画全般 - 映画
HOME