FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「H[エイチ]」~DVDで

2006-10-06-Fri
ちょっと変わったタイトルです。日本でこのタイトルだと、なんというか、「エロ」って感じがしますね。そうとばかりは限らないんでしょうけど。そもそも読み方は「エイチ」でして、「エッチ」ではありません~。そして、「エロ」というより、どっちかというと「グロ」です。

女性ばかりの連続殺人が起きます。妊婦だったり、女子高生だったり。猟奇殺人です。血まみれの嬰児が出てきたりして、グロかったり、ちょっとショッキングだったり。その一連の事件は模倣犯です。だって、同様の事件の犯人は、すでに自首して投獄されているわけですから。

いったい誰が、なんのために、こんな猟奇殺人を模倣するのか? 愉快犯なのか? 犯人の真の目的は? そういく興味深い設定です。その意味ではおもしろいと思うのですけれど、どうもB級の匂いがしてしまうのは、なぜなんでしょうか? 事件があまりに異様でスプラッタだからなんでしょうか? それとも、犯人を解明し真犯人を追いつめていく過程で出逢う、いかにも気味悪い、オタクっぽい男のせいなんでしょうか? それとも、トリックというか、真犯人の手口が、なんとなくちょっと卑怯臭い匂いがするからなのでしょうか? わたしは、どれかっていうと、この中では最後のやつですね。

真犯人のトリックというか手口が、ちょっとそんなのなしだよって、わたしならいいたい部類のものだったから。それはたしかに衝撃的な展開ではありましたけれどもね。ま、これ以上書くとネタバレになりますのでこのへんで。

タイトルの「H[エイチ]」の意味も最後までみれば、ま、わかります。

H[エイチ] 特別版
H[エイチ] 特別版
posted with amazlet on 06.10.06
ワーナー・ホーム・ビデオ (2005/11/18)


にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング
スポンサーサイト



映画:「模倣犯」~コロナで

2002-07-02-Tue
少し暴論を書くと森田監督はなにかの理由で仲居正広が嫌いなんじゃないかと思った。なんというか、仲居クンは客寄せパンダで、主役はあくまで山崎努。

模倣犯
模倣犯
posted with amazlet on 05.12.27
東宝 (2002/12/21)
おすすめ度の平均: 2.27
2 まあ2時間じゃ無理か・・・
1 映画と小説(原作)は別物
1 森田監督のしたたかさ


全体のイメージから、どうにも浮いてしまうようなシーンがいくつかあって、仲居クンと津田で二人パインを食べる、顔が大写しになるシーンと、仲居クンの最後のシーン……。この意味を考えていると、なんとなく森田監督は仲居クンを否定的に扱っているような、そんな気さえしてきた。

ま、それはちとうがった見方かもしれないけれど。いずれにしても、テーマを支えている側の主役は、山崎努でありましょう。演技力でも。

評価:B+

邦画全般 - 映画

HOME