FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

へぇ、「セパレートケータイ」って……。

2008-10-01-Wed
幕張メッセで「CEATEC JAPAN 2008」ってのが開催されているそうです(9/30~10/4)。

「CEATEC」ってのは「Combined Exhibition of Advanced Technologies」の略で読みは「シーテック」。「通信・情報・映像が融合したデジタルネットワーク時代を反映した、最新の技術・製品・システム・ソフトを一堂に集め、その成果を情報発信する」と「CEATEC JAPAN 2008」の開催趣旨にありまして、アジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展という位置づけです。
 → 公式ページ

要するに、最新の情報・通信・映像ツールの最先端が一堂に会するわけなのですが、NTTドコモのブースには、折りたたみ型の端末を2分割できる「セパレートケータイ」が出て話題になっているようです。

簡単に言えば、折りたたみ型のケータイを、表示パネル部分(ディスプレー部分)と本体部分(キーボード部分)との二つに分割するということのようなんです。そうすることで、分割しての利用はもちろん、縦長タイプの接合(従来の折りたたみ型のスタイル)と、長い辺同士をくっつけるて横長ワイド画面でディスプレーを見ることも可能ということです。

さらに、本体側のキー配列をボタンでなくイルミネーションキーとすることで、状況に応じてテンキー配列(従来のケータイの配列)やQWERTY配列のフルキーボード(PCキーボードの配列)に表示を切り替えることのできるモデルもあるようです。

この記事を書く参考にしていたBBWatchの「 【CEATEC JAPAN 2008】ドコモ、2つに分割できる「セパレートケータイ」 」 には、いくつかの具体的な写真が出ていてとてもわかりやすいのですが、短いながら、YouTubeに動画がありイメージがつかみやすいです。

これみると、iPhoneにハードキーボード部分をくっつけてみたらっ……て発想かなという気もするのですがどうなんでしょう。

上記事 によると、分割できることによるメリットとして、「通話時に画面側だけを手元に持って操作する」、「運動中に画面側だけを見える場所に身につける」などが紹介されていたそうですが、最も大きいメリットは、メールを読んでいたり、データを見ていたり、ワンセグみてたりと、ディスプレーを見てる最中に電話に出られるということだろうと思います(前者と同じでしょうけど)。

ちなみに、現在製品化の予定はなく、会場の反応をみながら検討を進めていくと記事にありますが、意外にイケるんじゃないかと思いますけどね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



EZ助手席ナビに限界を感じたので、PSP3000が出るんなら……。

2008-09-05-Fri
PSPの新型(PSP-3000)が、クリスマスを意識してということだと思うのですが、来月(10月)にも発売というニュースが、もう2週間くらい前に、ファミ通.comに出てました。

多くのニュースの中でも最大級の衝撃は、PSP(プレイステーションポータブル)の新型! 新たに”PSP-3000”の型番を冠して2008年10月15日にPAL地域(欧州、中近東、豪州など)にて発売されるこのマシンは、従来のPSPに比べて液晶部分を大幅に強化。輝度が数倍になることで発色がより鮮やかとなり見た目の美しさが向上。さらに画面の反射を抑制する仕様が導入され、これにより屋外でのプレイがより快適になるという。これまでPSPは屋外でプレイすると画面が非常に見づらいという欠点があったが、それが解消される模様だ。
 → ファミ通.com:「PSP、さらに新型に! ”PSP-3000”発表」(8/21)

これはPAL地域(欧州、中近東、豪州など)と書いてありますが、同記事の追記には「日本でも2008年10月に発売されることが、SCEより正式に発表された」とされています。

わたしはPSPは持ってませんが、ポータブルナビとして使えるのなら、一台欲しいなと思ったことがありました。あれは1年前、まだポータブルナビがあまり出てませんでした。わたしの気持ちとして、あまり使わないわたしには、据付けでなければ家族で共有できるし、ワンセグもみられるならいろいろ便利くらいの気持ちがありました。また、露地駐車なので(路地じゃありません)、高価な据え付け式をつけて車を荒されてもと思いました(過去記事:こんなのこんなの)。

ところが結局、その時の結論は、ケータイのEZ助手席ナビが結構使えるのではないか……ということで(→過去記事)、とりあえずそれでいくことにしました。それから約1年間使って、自分なりの結論が出たので書いておきます。

EZ助手席ナビは単なるケータイのおまけ機能ではなくて、予想外に実用に耐える。市街地の走行にはそこそこ使える。ただし、決定的な弱点は「圏外だと使えない」ということです。GPSが届かないというのなら、どのナビでもダメなんでしょうが、ケータイが圏外になってしまうと使えません。トンネルの中とか、山間部とか、これが結構ありました。そして、わたしは実際に道に迷いました……。圏外エリアがもっとなくなれば使えるようになるのかもしれませんが、夏のドライブとかにはちょっと限界がありますね。

で、ま、ポータブル・ナビでもいいのですが、そこで再び考えるのは、新型PSPと1年前にはまだなかった、PSP用ナビゲーションソフトです。GPSレシーバを追加で買わなければなりませんが、検討してみたいと思います。
MAPLUSポータブルナビ2
MAPLUSポータブルナビ2
posted with amazlet at 08.09.05
エディア (2007-12-20)
売り上げランキング: 224
おすすめ度の平均: 4.0
4 十分実用的では?
4 縦画面はお勧めです。
4 道を間違えたら・・・・・
5 価格に見合うソフト
5 買った後もいろいろと


GPSレシーバー
GPSレシーバー
posted with amazlet at 08.09.05
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2006-12-07)
売り上げランキング: 145
おすすめ度の平均: 3.5
5 これはいいモノだ
5 新型PSPで実用的な感度に
3 アンテナの受信をもっと強く
4 対応ソフトを持っていれば
5 感度良好!


ま、秋の旅行は、まだまだEZ助手席ナビで行くことになりそうですけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ケータイ「EZ助手席ナビ」使用感

2007-07-27-Fri
先日、山梨に出かけた。出不精のわたしが運命かもと思って(大袈裟)、竹中英太郎記念館横溝正史館を訪問して、なんだか、ナビが欲しくなって、PSPをナビにできないかなぞと考え出したくらいである。

先日ケータイ(au)にナビウォークという、歩行者向け町案内のようなナビでは、クルマではどうも使えないと思って、いろいろとメニューを見ていたら、「EZ助手席ナビ」というのがあることを発見した(紹介記事を紹介しておく)
 → ケータイWatch:au、カーナビサービス「EZ助手席ナビ」

本来は月額315円の有料サービスのようだが、別に24時間157円というコースもああって、今回はちょっと試しにと思ってそれを設定して、数十キロ離れた某所まで使ってみた。そこは以前も毎年のように出かけて知っているところであったのだが、「伊勢湾岸自動車道」の開通によって最寄りインターが変更になった。わたしにとっては便利になったのだが、新しい道路とインターを使ってそこに訪れるのは初めてである。それなりに土地勘はあるが、その道路は使ったことがないというのは、この手のチェックに手頃な場所だと思った。

住所を入れてルート検索をすると、ルートと到着時間の目安が表示される。「あと2キロさき、○○交差点を左方向です。そのあとすぐ測道を右方向です」などと音声案内をしてくれる。意外に適切だ。最大の弱点はケータイなので運転中は信号待ちの時など停車中しか操作できないという点である。もちろん、誰かが助手席にいればもってもらえばそれで問題がない。

また、音声案内は声が小さいということはないので、目的地を設定し、ナビ画面にして助手席の鞄のポッケにでもさしておけばいいだろう。道路交通法で禁じられているのは「手に持っての携帯操作」だから音声案内が聞こえるというだけで、心強い。また、コースをはずれたら「コースをはずれました」とこれも声で教えてくれる。そうしたら、安全なところで停車して、コースを取り直せばよいのだ(場合によって停車せずそのまま走った場合では、コースへの戻り方も案内してくれる)。

ま、普段から多用しないならば、これで十分だと思う。そもそもクルマで旅行するならだいたい助手席に誰かいるし、月額315円というのは知れている。ケータイWatchにはさらに詳しい使用リポートがあった。
 → ケータイWatch:「ケータイカーナビ「EZ助手席ナビ」はどこまで使える? 」

このリポートでも、それなりに使えるという評価のようで、PSPとGPSレシーバとナビソフトという選択肢は、とりあえず今のところわたしの中から消えた。

とりあえず、ポータブルナビをあれこれ見た中では、あんまりナビなど使わないというわたしの中では、「ワンセグ内臓で、バッテリー内臓」の「mini GORILLA」(NV-SB250DT)がいいかなと思っていますが、これだと、ほとんど「EZ助手席ナビ」と変わらないのかもしれませんね。

SANYO ワンセグTVチューナー・バッテリー内蔵 メモリーポータブルナビゲーションシステム 「mini GORILLA」 NV-SB250DT
三洋電機 (2007/04/30)
売り上げランキング: 383
おすすめ度の平均: 4.0
4 ポータブルナビの一つの形
4 仕事用に買いました


※それにしても、ケータイWatchの記事、こんなに古い(2005年)のに、わたしはこの機能知らないで使わなかったなんて~。ちとそこがショックだったり。

ブログランキング・にほんブログ村へ

悪天候時は携帯をやめた方が無難~危険!

2006-07-22-Sat
ポケベルがケータイに変わってどのくらいたつだろうか? 10年くらい? わたしが持ち始めてほんでも、もう、8年にはなる。

ケータイを使う上でのマナーやエチケットにもいろいろある。ルールもある。たとえば自動車の運転で言えば、最初はなんの規制もなく、やがて、もし事故を起こしたときにケータイを操作していたら不利になるというようなことが言われ、今では運転中のケータイは交通違反で罰金6000円ということになっている。

また、電車や地下鉄内での操作についても、「車内では電源を切る」とか、「混雑時には電源を切る」とか、「車内では使用禁止」だとか、「マナーモードで、通話は禁止」だとかいろいろある。映画館や劇場などでは基本的に禁止だろうし、レストランや喫茶店では「マナーモードで通話は禁止」くらいがだとうだと思う。メールや、web、モブログなら構わないだろう。

では、天候は関係ないのだろうか? ところが、どうやら「悪天候時は携帯電話は止めて方がいい」という情報がある。これが、マナーというか、常識になるかどうかは、残念ながら日本の「結果待ち」なのだろうかが。

その理由は落雷である。すでにイギリスのBBCニュースでは「英国の10代の女性が携帯電話で通話中に雷に打たれて重傷を負った」というニュースを報道した。場所は広い公園だった。悪天候の中を少女が携帯電話で通話していると、今さら言うまでもないが、その金属製の携帯電話に落雷し、重傷を負ったというわけである。同様の危険な落雷事故は、中国、韓国、およびマレーシアですでに報告があり、また、実際に、オーストラリアでは「嵐の間に外で携帯電話を持たないこと」というガイドラインができているという。

確かにそうですね。広い野原のようなところで雷にあったら、金属は身につけるなとは言われていますからね。別にケータイでなくても、眼鏡のフレームやベルトのバックルでも危険なんです。そういうことは、以前から知ってますんで、ま、あえてケータイと限定することもないわけなんですが、でも、言われないと気づきませんよね。

日本で「屋外で雷が聞こえたらケータイは使うな」という常識が確立されるのは、何人の不幸な事故が報道された後ということになるでしょうか~。ま、お気を付けを~。


ブログランキング
HOME