FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「愛を読むひと」~録画で

2012-01-30-Mon
「ミッション:インポッシブル/ゴースト プロトコル」が好調のようだが、そう言えば、以前主演のトム・クルーズが自分は「ディスレクシア」だと 公表して話題になったことがあった。「ディスレクシア」とは識字障害、つまり、字が読めないという障害なのだ。学習の機会がなかったというのではなくて、学習しても文字の意味がうまく認識できないという病気、というか、ま、障害なのだ。Wikipediaの「ディスレクシア」の説明によると、アメリカでは珍しくなくて、2割くらいがなんらかの識字障害だという調査もあり、俳優では、オーランド・ブルームやキーラ・ナイトレイもそうだという。字が読めないなら、脚本が読めず、俳優になどなれないと思うのだけれど、努力や工夫、あるいは、スタッフなどの協力で、あんなに素晴らしい俳優になっているのだから、字が読めなくてもいいとは言わないけれど、一つや二つの障害など、努力次第でなんとでもなるということだろうと思う。もちろん、そこには、現代の進んだ科学技術も大いなる手助けになっているのだろう。

その進んだ科学技術のおかげで、家庭で非常に快適にテレビの録画をし見ることが可能になりましたね。録画してエンドレスで映画やドラマを見ているような状態でして、ブログを書く暇がありませんわ。

というわけで、公開した当時には、さほど興味もなかった(というか、当時はスクリーンではアクションやスペクタクルなものを選んで見て、じっくりしたドラマはDVDで落ち着いて見るのがいいという傾向があったので)見ていなかった、「愛を読むひと」を、録画で見ました。

最初に評価を書いておきますが、わたしは、これは5点満点で5点、星五つをつけます。★★★★★です。



二十世紀のドイツを舞台にしたこの映画は、大きく二つの時代に分けられます。

前半は、主人公の男が十代の後半で、成熟した年上の女性(ケイト・ウィンスレット)に憧れ、性の導きを受け、そして、突然女は一方的に関係を断ち、姿を消します。大きな喪失感を味わうということになります。別れはつらい。突然で、思い当たることがないだけに少年は混乱と失意のどん底に落ちますが、ま、十代の男性の初めての相手としては、あるいは一種の理想的な恋愛のあり方の一つだろうとわたしなどは思います。女への思いは、苦く、甘く残るとしても、その後の人生で出会いのチャンスはいくらでもあるからです。

後半は、この女性との再会にあります。少年は大学へ進み法律を勉強しています。女は被告席にいます。大学の講義の一環で、法廷での裁判の傍聴ということで、傍聴席から、かつての恋人が被告席に立つのを目撃するわけです。ストーリー的には たとえばここで、少年はあの突然の離別の理由がわかったり、あるいはその後の女の生活への少年の存在の大きさがわかる……というのが、ま、おもしろいのかもしれません。それはそれでおもしろいかもしれませんが、時にご都合主義になりがちです。

本編では、被告席と傍聴席の距離は離れており、女には少年の存在がわかりません。それどころか、女は自分が立つ法廷の深刻な意味がわかっていないようにさえ思われます。成長し、客観的に見ることができるようになった少年はあることに気づきます。それは、女が自分を捨てた理由などではなくて、女にとっておそらくもっと大事なことだったわけですが、これ以上書くと本当のネタバラシになってしまうので、ここではあえてボカしておきます。

その女の「秘密」に気づいたとき、また、なぜ女がそれを秘密にしているのかを理解したとき、少年は迷います。果たして、自分が気づいたことを公開して、女の裁判を有利に展開したものか、あるいは、あくまで秘密にしたいという女の気持ちを尊重し、結果裁判が不利な展開に終わっても受け入れるのかと……。

この選択には正解はありません。少年が学生でなく、すでに法律家として一人前になっていたら、女の気持ちなどよりも、その事実を公開して、真実を伝えより公平な裁判となることを選択しただろうと思うのですが、そこは、また、女にとっての秘密の重さを察知して、より深く悩むことになります。このあたりも非常にドラマチックです。

判決が下り、女と少年のその後はから結末にかけての展開は感動的です。少年の側からすれば、恋愛のドラマと法定のドラマについて、まさに、人生上で決着させる場面ということになります。自分を重ねる部分もないわけでなく、感情移入をして見ることができました。まさに、愛の純粋さと、女への理解、そして、間近にいながら二度とも女を救いきれなかった一種の罪滅ぼしであるかのようです。悲しくもあり、また、温かくもあり、そしてまた、寂しくもあるシーンです。

ラストシーンはいくぶん蛇足っぽくもありましたが、ま、悲しいだけでなく、一種の清涼感がほしかったのでしょう。見ていない人は、お勧めです。

また、女の秘密に関わるネタバラシをどこかで読んだとしても、ま、それなりに味わえるいい映画だと思いますが、ま、できれば知らずに見る方がおもしろいと思います。


スポンサーサイト



映画:「エターナル・サンシャイン」~DVDで

2006-11-05-Sun
「今ちょっとしたジム・キャリー萌えなの」
「エターナル・サンシャイン」を見ろと言った彼女(匿名A)はわたしにそう言った。わたしは、どんな映画化もしらなかったので、「永久の輝き」もしくは「あなたは太陽のようにまぶしい永遠の光のような存在です」ってな意味だよねおそらくなどと言い返した。

で、見た。一種の失恋映画であり、本当の愛に気づく映画でもある。それも「任意記憶除去治療」という一風変わった医療(?)が関わっている。

出会いをし、うまくいかないので別れて、忘れたいと思う。なかなか引きずるのもつらいので、最先端の科学の活用ってことで記憶除去治療の世話になる(厳密に「医療」かどうかはちと疑問だが、そこは、まあいい)。クライアントはちょっとした催眠状態におかれ、夢を見る。相手のことを思い出し、その記憶に関わる脳の部分に刺激を与えて記憶を消していくというようなそんなしくみなのだ。

その治療を受けるには2つのポイントがある。1つめは自分の記憶の中からし相手を完全に消し去るためには、一端徹底的に相手を思い出すことが必要ということだ。そうして脳のさまざまな部分に埋められている相手の記憶を探し出して、ちょっとしたショックを与えて消していくのだから。

2つめは、記憶消失後に相手を思い出さないために、また、違和感不安感を感じないために、相手に関係する写真とか、手紙とか、プレゼントとかそうしたものを一切事前にきれいさっぱり片づける。したがって、それらのアイテムを治療所に持ち込み、相手を徹底的に思い出すために活用し、そして、治療後にはそれらのアイテムの処分をしてもらうというような流れになるわけだ。

エターナル・サンシャイン DTSスペシャル・エディション
ハピネット・ピクチャーズ (2005/10/28)
売り上げランキング: 318
おすすめ度の平均: 4.42
5 泣いたラブコメ。
5 愛は記憶を超えて・・・
4 さすが、チャーリー・カウフマン!!


ある日、ジョエル(ジム:キャリー)は、恋人のクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)が全く自分のことを覚えていなくなり、それどころか別の男がいることに気づく。自分に黙って記憶除去治療を受けたのだ。失意の底にあり、また、失恋をひきずって苦しむジョエルは、自分も同じ治療を受けようと思う。そして、数々の思い出の品をかき集めて、治療所に行き、治療を受けるのだが、夢でクレメンタインとの思い出をたどっていくと、どうしても忘れられないことに気づく。もう治療は始まっていて、装置は自動消去モードで運転中。途中で止めるすべはないのか……。そして……、あとはネタバレなんでここまで。

とてもおもしろいです。

それも、ただ時系列に描いているのでなくて、現在と回想とそして記憶除去のために夢の中と3つの次元を交錯させていくので、ある意味わかりにくいと言えばわかりにくいのですが、おもしろくできています。

しみじみ哀しいラブストーリーでなくて、コメディタッチで描きながら、それでいて、本当の心みたいのを見せてくれる。映画としては素敵な作品です。同時に、「任意に記憶が消去できるとしたら、あなたはそれを希望するか?」というような、一つの原点的な質問を突きつけてもくるのです。

忘れられたら楽なことって確かにあるのですけどね。

にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング

映画:「ライフ・オブ・デビッド・ゲイル」~DVDで

2006-10-22-Sun
死刑制度の是非をテーマにとりあげた社会派サスペンスです。

死刑制度で思い出すのですが、安倍内閣の前の小泉内閣で法務大臣をやっていた杉浦正健法務大臣のことです(愛知県から出てる代議士です)。こういうときは元法務大臣と書くべきなんでしょうか。第3次小泉改造内閣の2005年10月末から2006年の9月末までの約1年間法務大臣をつとめました。wikipediaの杉浦正健の項には次のような記述があります。

死刑廃止
*弁護士出身で、また真宗大谷派の信者であることから死刑廃止論者であり、2005年の法務大臣就任時には「死刑執行のサインをしない」などと発言したところ各所から批判を浴び、わずか1時間で撤回するという騒動が起きた。
* だが実際に法務大臣在任中、2006年9月に法務省側から提示された死刑執行命令書への署名を拒み、小泉純一郎総裁任期満了に伴う内閣総辞職の2006年9月26日まで死刑は執行されなかった。短期間で退任したために署名をするか否かの判断の機会がなかったと思われる者を除けば、1993年に後藤田正晴法相(当時)が死刑執行を再開して以来、死刑執行命令書に署名しないまま退任した、初めての法相である。


仮にわたしが、どうしても必要な場面で「死刑制度に反対かどうか」を問われた場合は、普段からあまりそんなことを考えないのわからないのですが、廃止して終身刑でもいいと思います。別に終身刑にしたら冤罪がなくなるわけではないんでしょうけどね。

同時に、昨今のマスコミの報道を見る限り、国民感情は厳罰化の方向で進んでいるようです。日本において死刑制度廃止論が過半数に達するというのは、ほど遠い感じです。

ただ、この杉浦元法相が、個人的な考えはどうあれ、その立場にいながら死刑執行の命令書にサインをしなかったのは、一種の職務怠慢というか、一種の公私混同ではないかと思いました。公職にあるものが、自分の心の自由をそこまで優先させていいものかという疑問でした。それは、司法が下した判断に対して、行政の担当者の個人の内的な問題を優先させているようで、こんなことが認められていいのかとさえ感じました。死刑賛成反対ということ観点ではなくて、法相とは、持論に関わらず、粛々とその責務を果たさねばならないのではないかという疑問です。一人の人間の心の自由というのはこんなに認められるのかという疑問です。いやなら法相の就任をことわればいい。それで生きていけなくなるとか、そういうことではないのですから。そういうことを感じた時があります。

これはこの映画を見るまでの感想です。いや、見たからと言って、この疑問は解決しませんし、考えは変わらないとは思うのですが、死刑制度反対論というか、死刑の執行に関して慎重な態度をとる理由はこの映画を見ればいくらか理解はすすむと思います。主張に納得するしないはともかく。
ライフ・オブ・デビッド・ゲイル
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2004/09/29)
売り上げランキング: 14,006
おすすめ度の平均: 4.29
4 賛否ある「衝撃的」なラスト
5 面白かった!
4 天才教授の無実の証明

死刑制度にかかわらず、社会の制度をテーマとしてとりあげた作品を、そのテーマを生かしつつ娯楽性を高めての描くのは難しいと思います。それをうまくやったなと思います。サスペンスであり、ミステリーであり、どんでん返しもうまくできています。あの結末はわたし的にはOKでして、さらに、もう少し、ゲイル夫人や息子がどう感じたかも見てみたかったような気がします。

にほんブログ村 映画ブログへ
ブログランキング
HOME