FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

【祝!世界一】王ジャパンWBC優勝

2006-03-21-Tue
WBCで優勝しました。WBCなどと聞くと、ボクシングの団体だと思ってしまうのですが、「ワールド・ベースベール・クラシック」というのだそうでして、直訳するとどういう意味? と思っていたら、ヤフー知恵袋に一応質問が出てました。

→ヤフー知恵袋:「WBCのクラシックとは何を意味するの?」

回答の中では、メジャーリーグで、夏のオールスターゲームを別名「ミッド・サマー・クラシック」と呼び、同様に秋のワールドシリーズを「フォール・クラシック」とも呼んでいるということを踏まえて、「重要な公式の試合」という位置づけだろうとしていますね。ワールドカップと並ぶ何かいいネーミングがほしかったのでしょうけれど。

ま、日本はこれだけ野球熱があるのだから、優勝してもおかしくはないのですが、やっぱりアメリカ人にとって、野球でアメリカが優勝しないことには納得がいかないのではないかなぁと思いますね。

そもそも、松井が出場しなかったんじゃないですか? 井口はともかく(笑) あれはなんなんでしたか? ヤンキースにどういう思惑があったのですか? 日本に松井が出るとアメリカにとって都合が悪いからだなんて、思ってもみませんでしたが、こういう結果が出ると、あれれ、そういうことだったのかなぁ~とかんぐってみたくなります。ゲスカンでしょうけれども。

それに、なんですか、あの審判。王監督が「野球発祥の国で、ああいうことがあってはいかんでしょう~」とおっしゃるとおりです。ほかに審判がいないんじゃなくて、もっともアメリカに有利に判定する審判を選びに選んだんだんじゃないんだろうかって疑いたくなりますね。これもゲスカンなんでしょうけれど。

ほんと、「日本の選手選考」、「日程(アメリカが1位でくると想定してのアメリカ有利の日程だったらしいですよ)」、「審判の選考」、どれをとってもアメリカが有利になるように設定してあったとしか思われません。なんだか、大国アメリカの薄汚さが本当に露見してしまうような、いやな大会でした。

そこへいくと、やや時期的には遅れて始まった、日本の国技でありますが、モンゴルの横綱に年間最多勝や連覇記録を書き換えられ、ブルガリアの大関を称え、大関とりを目指すモンゴルの若者にも冷たいことをsることもなく、かたやカド番の日本人大関にあたたかい声援を送る、これぞ大和魂、日本人の美学ってなもんであります。

それに比べて、あの審判。まさか、一人の審判がこんなに日本で有名になるとは誰が予想したでありましょうか~。ボブ・デービッドソン(それにしてもコヤツがデービッドだったとは~不覚です。お詫び申し上げます)。厚顔無恥とはコイツのためにある言葉だと思いました。

これがアメリカのやり方なんです。ほんと、今回のWBCを通じて、イラクや中東の国々の気持ちを理解した日本人は、少なくなかったに違いありません。しかも、それをスポーツでやるのですから。アメリカ人は何よりフェアープレイを賞賛し、フェアープレイを求めるそうです。フェアでないことは悪であるという価値があると。そかし、そういう価値感ができあがってきた根底には、このボブ・デービッドソンのような、薄汚い身びいきの思想が脈々と流れているからではないのでしょうか。移民たちが共同で社会を作っていくなかでは、そういう身内びいきというか、そういう薄汚さがどうしてもでてしまいがちで、結果フェアプレイをことさら尊ぶ文化ができたのではないかと、ま、WBCを通じて、ゲスカンしてしまったわけであります。

おりしもBSE絡みの牛肉輸入再再開問題をめぐる議論にもうかがえるのです。背骨の混入が一例か二例あったときに、「欠陥車1台ですべてのクルマの輸入をとめてもいいのか?」という論理を使ったアメリカの高官がいました。わたしはその理屈を、ちょいとすごいと思いました。確かに、人はミスをする。そのひとつをとりあげてすべてを否定するのはおろかな考えだというのもわかるのです。

しかしながら、2塁の塁審がセーフと宣告しているのを、わざわざアウトと口を出すデービッドソンのような人間をみたときに、やはり、ああしたアンフェアなことをフェアだとごり押しするアメリカ的な嫌なやり方を感じとらずにはおられませんでしたね。

アメリカの正義や公正さなど信じていたら、日本は騙されます。「日本の選手の選考」、「日程」、「審判の選考」すべてはアメリカが有利なようにしくまれていました。牛肉の輸入再再開だって、同じなんです。自分が有利なようにアンフェアでもやる、それがアメリカの基本的なやり方だと、今回のWBCは教えてくれたと思います。

そういう意味でも、WBCは本当に有意義な大会であったと思わないではいられません。

そういうしくまれた不利の中を、王ジャパンはよくやりました! すごいです! で、まったく失礼な話なんですけど、今回の監督、長嶋さんじゃなくて王さんだったからよかったんじゃないかと、巨人ファンであるわたしは思います。WBC自体の人気は、あるいは長嶋さんで行った方が盛り上がったかもしれません。野球もいろいろおもしろかったかもしれません。ただ、あそこまできちんとやりきれたかどうかというと、長島ジャイアンツのことを思うと、ちょっとあれなんですよね。歯を食いしばって苦境に耐え、きっちり成果を残すということは、ひょっとしたら、長嶋ジャパンではなくて、王ジャパンだったからこそできたのではないかと、ま、失礼な話ですが、勝手に考えています(え、長嶋が嫌いかって? とんでもない~。ミスターはミスターです、大好きですよ~)。

よくやった、王ジャパン~。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



HOME