FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「ドミノ」~コロナで

2005-10-28-Fri
「ドミノ」見てきました。

一言で言えば、乾いて、ざらついた感じの映像です。ダメだってことではありません。ぴったりです。

 → 公式サイト

話は賞金稼ぎになった女の話で、いきなり逮捕されて、女FBI捜査官(ルーシー・リュー)に尋問されているところから始まります。尋問を受けながら、今回の事件の顛末に交えて、自分の半生を語り、どうして自分が賞金稼ぎを始めることになったのかを語るってことになるわけですね。いわば、「ドミノ・ビギンズ」ですね。

今後第2作、第3作とシリーズ化していっても(もちろんエンディングは続編の存在を充分に漂わせていました)、やはり、今回のテーマに勝るエピソードはないと思います。

「スター・ウォーズ」なんてのは、それで3作作ってしまったわけだし、ちょっと違うかもしれないけど、「ハリーポッター」はそれをずっとやってるって言えなくもないわけです。

これが一番ストーリー的におもしろいと思いますよ。深みがあるというか、なんといってもシリーズ主人公の内奥まで切り込むことができるのですからね。

ただ、これらの作品とちょっと違うのは、このドミノにはモデルがあるということです。作品のためにかなり脚色されたようですが、ドミノ・ハーベイは実在したのです。そして、なんと映画完成を目前にした、今年の6月27日自宅で変死したというのです。36歳でした。いったい何が起こったのだろうという感じですね。

「ドミノ」はR-15指定です。おそらく、ドンパチやっちゃうことと、生きてる人間の腕を切り離してしまう残酷なシーンがあるからだと思われます。あと、こういう生き方がカッコイイなんて思わない方がいいってことも言えるかも(笑)。カッコイイんですけどね。

今回はデジカメでポスターなど撮ってこなかったんで画像がありません。寂しいんで、ノベライズなのか原作なのか今ひとつわかりませんけれど、Amazonから、文庫本の画像を一つ。



ちょっと、人によって好みが別れる作品だと思うのですが、わたしは意外によかったと思います。いいとも悪いとも前評判を聞かずにいったのですけど、好きな映画です。ただ、続編ができたとして、強烈に見たいかというとそれほどでもないんですけど、なんというか、こういうムードの映画もいいなって感じですかね。

ドミノ
ドミノ
posted with amazlet on 06.05.20
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2006/04/01)


ドミノ - 映画
RREVHOME