David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムファンの落語家兼漫画家の話

2007-10-20-Sat
名古屋に大須演芸場というところがあって、そういえば、今週末(今日、明日)あたりは、大須大道町人祭といって盛り上がってるんだろうけれど(行ってみたいなぁ)、その大須演芸場にレギュラーで出演している雷門獅籠(かみなりもんしかご)は、落語家兼漫画家ということになっている。

漫画の方は現在「本当にあった笑える話」(略称「ほんわら」)に、『雷とマンダラ』というのを連載中である。さて、その「ほんわら」11月は現在発売中だが(10月30日に来月号が出ます)、今回の『雷とマンダラ』は、なんとガンダム特集ということになっている。



獅籠はライブドアにブログを持ち、そのテンプレート(ブログスキン)から、もうガンダム好き(それもシャア系)ということは知れるのだけれど、そのシャア好きぶりがもろにあらわれたのが、今月号の『雷とマンダラ』である(ちなみに『雷とマンダラ』は四コマ形式の連作ものというスタイルです)。

以下、作品によると、獅籠は相当なシャアザクファンで、以前某者の「SPA!」という雑誌がの『大人がハマるガンダム特集』ってのをやったときに、そのトップを飾ったであるとか、某社の『ガンダムエース』が月刊化されたときに、ファン代表として意見を聞かれ、たまたまそのとき談志に破門されていて無職だったので、職業がどのように紹介されるか気にしていたら、なんと「シャアザクコレクター」書かれていただとか(→この記事)、もう、ほんと本物ぶりというか、そっち方面ではひょっとしたら本職よりも有名なのではないかという感じさえするのだ~(ちなみに本職は「落語家兼漫画家」です)。

今回のガンダム特集の中心は、彦根市の赤祭に行った話(→「赤祭」のページ)だが、ま、赤祭に赤つながりでガンダムのシャアの声優(池田)とアムロの声優(古谷)が来るというので、獅籠がノーギャラで司会に立候補したみたいな話や、その時に何か赤いものを持参ってんで、自分のシャアコレクションの中から、富野監督のサインイリのアカザク(厳密には)を持って行ってステージからファンに見せつけて唸らせる話とか、もう、ほんと、獅籠のガンダム好きというか、シャア好きが語られる(ちなみに清水醸造の赤作(アカザク)のきっかけを作ったなんて話もあっておもしろいです。→参考。※一番下の「作 米の炎 (米焼酎乙類)」ってのが赤ザクですね)(ブログ記事にありました!)。





もうほんと、濃密なガンダム特集である。

※この彦根市の赤祭については、獅籠のブログでは「赤い祭り」(8月24日)などの記事になっている。



↓これもシャア仕様?
ブログランキング・にほんブログ村へ

うひょ~ガンダムクライシス・ブログパーツ!

2007-07-14-Sat
ことしは山梨ですよ~。

だって、風林火山に竹中英太郎記念館に横溝正史館ときてますから~と思って、実際山梨にいっちゃうのはわたしくらいのものかもしれませんが、でも、「ガンダムクライシス」の登場は、やっぱ、ことしは山梨かもしれませんね~、マジで。

先日記事にした「登場実寸大1/1ガンダム・アトラクション」ガンダムクライシスのオープンはいよいよ来週ですが。それに先駆けて、ガンダムクライシスのブログパーツが登場です。



このブログパーツは、「VQディバイダー」という、実際のガンダム・クライシスで使われる携帯情報端末をモデルにしたものです。記事などによると、実際のアトラクションでは、これを持って18メートルのガンダムが横たわる収納庫に入り、ガンダムにまつわるいくつかのミッションをクリアするとめでたくガンダムのコックピットに入ることができるという趣向になっているようなのですね。逆にいうと、そのミッションに失敗すると、ガンダムを外から拝むだけってことで、コックピットに入れないんですね~!! そんなぁ~。残酷すぎる!

で、このガンダム・ブログパーツの機能ですが、

・GUNDAM CRISISへのリンク
・富士急ハイランドへのリンク
・インフォメーションティッカー
・時計
・Webring機能(任意)
・ボタン操作パネル
・モーショングラフィックス

となっていて、この情報をいただいてきたsasoriさんところによると「しかも、近日中にパワーアップする」んだそうです。

ブログパーツは富士急ハイランドのガンダム・クライシスのサイトにあるソースを貼りつければで導入できます。壁紙やスクリーンセーバーもダウンロードできるのは、ま、最近ではお約束なんでしょうが、さらに「Webring機能(任意)」ってのがありまして、ガンダムクライシスに興味をもっている人同士のブログ間でリンクが張られます。これも、ブログパーツをはるページのURLを貼りつけてくればいいんですが、ちょっと注意書きがありまして、

※サイト管理者が不適当と判断したサイト(例:アダルトサイトなど)の登録は、承諾なく削除させていただく場合がございます。

となっています。おっしゃりたいことはわかりますが、ここに「」は、特にいりません(笑)。少なくとも、削除する側には。

う~む。いちおう、この記事もWebRingにエントリーしとこう!

ブログランキング・にほんブログ村へ

シャア専用DVDがリコール

2007-07-13-Fri
先日「竹中英太郎記念館→横溝正史館ツアー」(→関連過去記事)に、クルマでいったのだけれど、ETCもカーナビもついていないんで、けっこう苦労しました。クルマで出かけるとなると、カーナビがほしいなぁと思って、実はカーナビ買おうかという気持ちになっているのではあります。

ところがカーナビの知識がまるでない(笑)。

普段あまり遠出はしないので、「ポータブルカーナビ」と言って装着が簡単で、家族間で共有でき、おまけに、取り外してもワンセグ放送が見られるようなのがある~ということで、今のところ非常に興味をそそられています。

ちょっと、休憩時間にネットでカーナビのクチコミあたりをのぞいていたら、微妙にこっち方面に詳しい同僚Fがめざとく見つけて近づいてきました。以後Fは。ちなみにわたしは

:「出人さん、カーナビ買う?」
:「うん。ポータブルあたりどうかなと思って?」
:「いいじゃないですか。安くなってますよ」
:「こっち方面は詳しくなくて……」
:「PSPにナビ機能はつけられないんですか?」
:「え?(……PSP? 持ってないけどな……)」
:「つけられそうじゃないですか。GPSができればいいんだから」
:「へぇ。そうかぁ。じゃ、PSP買わないとな……」
:「PSPなかったったんですか? てっきりやりまくってると思いましたよ~(笑)」
:「……。いや、ゲームはまだPS2で……」
:「ポータブルもいいですが、気をつけないと発火するから(笑)」
:「発火……?」
:「ポータブルDVDに発火の恐れって、出てましたよ」
:「それはポータブルに限ることじゃあないでしょう」
:「ま、そうですが、やっぱコンパクトにしようとか、多電源にしようとするとどうしても無理がくるので……」

ということで、そのまま、発火の話になってしまったのだけれど、その発火するDVDって、どうやら「シャア専用」も含まれるらしいのです。
 → ITMedia:「長瀬産業のポータブルDVDに発火のおそれ 「シャア専用」含む46万台回収」

ITMediaの記事によると、リコールといっても修理ではなくて、「回収・返金」だそうで、

「フレーム部分が高温になって変形・発煙したケースが発生し、発火に至る可能性があるという。回収にかかる費用は140億円程度を見込んでいる

んだそうです。

140億円って、すごいじゃないですか~。それに、他のデザインのものならともかくシャア専用となるとどう? 回収されてしまうとなると、これはレアものだし「回収に応じたくない」という心理もはたらくかもしれません~。そういう場合はどうなるんでしょう。回収に応じたくない!と拒否した場合は、もちろん、その意思を優先させてくれるのでしょうが、「発火のおそれ」のある製品ですからね、万一、今後「回収に応じない→知らない人が使う→発火→火災」などという最悪の展開になった場合、メーカーとしても嫌だろうと思いますよ。
バンダイビジュアル シャア専用ポータブルDVDプレーヤー
バンダイビジュアル (2004/03/26)
売り上げランキング: 19671
おすすめ度の平均: 5.0
5 シャア知らないケド・・・・
5 私を導いてくれ!
5 まだだ、まだ終わらんよ!


Amazonのユーザーの評価、どうせ、ファンがしたものだとはいえ、5つ星連発の人気商品ですよね~。これが回収かぁ。痛いだろうなぁ。バンダイも~。

ということで、ポータブルカーナビかPSP+カーナビかは思案のしどころです。PSPも欲しいし(笑)。



ブログランキング・にほんブログ村へ

「ガンプラの夏」だそうで~ガンダム入門

2007-06-20-Wed
ガンプラ」--言わずと知れた「機動戦士ガンダム」はの、主にモビルスーツ(ロボット)を精密に再現したプラモデルですね。発売当初半年間に100万個を売る大ヒットだったそうです。記事によると、ガンプラは接着剤を使わなくても組み立てられる点が特徴で、しかも、あらかじめ彩色してあるパーツなので、組み立て後色を塗らなくても、アニメと同じ配色のものが出来上がるというのも、これまた好評の理由のようで、ま、それもよくわかります。

今秋は新シリーズの「OO(ダブルオー)」がテレビ放映されるのに加えて、3年後のガンプラ30周年に向けて、バンダイも力を入れているということなのですね。
 → ITmediaNEWS:「ガンプラの夏 新作が続々出撃」

こういうときこそ、今まで気になりながらも見られなかった、ちょっとしたかつてのSF好きや、かつてのアニメ好きは一度見てみようではありませんか~--と偉そうに書いたところで、ま、ほとんど、囚人さんが教えてくださった通り、わたしが4本ばかり見たに過ぎないのですけど。

「ガンダム」シリーズは日本はもとより世界に人気を博していますが、信者とも言えるようなこだわりを強く持ったファンもいまして、ま、安易に、よくもわからないで飛びつけない。飛びついても語れないというところがあります。それは、まぁ、安倍晴明だって、九郎義経だって、沖田総司だってそうなのでありまして、信者級のファンというのはいて、下手に語ると大やけどをするというものは、あるのです。

ですが、魅力があるからいいものはいいのでありまして、そういうマニアックなファンにおそれをなして語れないほど、ま、狭い世界でもないのです。だから、見なきゃいけない。この際見なきゃ損と思って、まず、4本見ましょう。

まず、「ファースト」と呼ばれるシリーズです(→関連過去記事)。アムロが出てくる、一番最初のガンダムですね。本当はTVシリーズのをみるのが、ファンの間ではいいようなのですよ。DVD-BOXなり、レンタルなりで。
機動戦士ガンダムDVD-BOX 1 特典フィギュア付(完全初回限定生産)機動戦士ガンダムDVD-BOX 2
▲こっちが本当はいいらしい~。

でも、これはほんとうに大変っぽい。もちろん、好きなら見るのがいいのでしょうけど、いきなりこれってのは~。やっぱり、総集編みたいのがないかなぁと思うのですが、いいのがあるのですね。特別版【劇場版】です。「4本見ましょう」って言ったのは、こっちです。TVシリーズのダイジェスト版といったところのようなんです。また、想像ですが、いろいろ権利の関係その他の理由などで楽曲や音声その他の部分で再編集してあるところがあって、そのへんは全く詳しくないのですが、それでいろいろ言われているようです。
機動戦士ガンダム I 特別版 【劇場版】機動戦士ガンダム II 哀・戦士編 / 特別版 【劇場版】機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編 / 特別版 【劇場版】

ま、この3本がいいんですが、正直3本続けてみると、後半くたびれます(笑)。エピソードなどの省略も後半の方が多いんじゃないかなという気もします。テーマ的にもちょっとあれかも。ま、それは見てください。個人的には、TV放映の時CMとのつなぎで使っていた、重低音のダンダンってのが聞けなかったのは残念でした。

で、すごくいいのが、おすすめの4本め。その感動は、ここで書くよりこれを読んでと言いたいですが(関連過去記事→「Zガンダムで泣く/「星を継ぐ者」」)、泣きます。いい大人が、ロボットアニメで……。
機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-
バンダイビジュアル (2005/10/28)
売り上げランキング: 9234
おすすめ度の平均: 3.0
1 初見者には厳しい・・・
4 今は動けな〜い♪…
4 戦いを終わらせる為に飛べマークII

これもTVシリーズ(「Zガンダム」)のダイジェスト版なんでしょう。それを承知で見ると、はっしょってるなって感じるところがありますが、感動のエンディングです。もう、ただただ、感動です。あまりにすばらしくて、この続編がまだ見られないんですわ。このイメージをぶちこわしたくなくて。

これをTVシリーズで見ていて、同じようにおぉって感じた、若いファンがいたとしたら、おそらく何度も頭の中で回想して、自分なりにいろんな伏線やエピソードを結びつけて楽しんでるわけで、ダイジェスト版や特別編集版ってのが、「ちょっと違う」「期待はずれ」「別物」などというふうに感じられてしまうのも、無理からぬところがあると思うのですね。

しかし、かといって、全く見たことのないひとに、いきなりTVシリーズを全部見ろというのもちょっとあれですから、やっぱり、「まず、4本見てよ。それからだよ」っていうスタンスがいいかなとわたしは思います。

さて、書きたいことは書いたんですが、冒頭紹介した記事のおさらいを少し。

この夏の新商品は、「スーパーハイコンプロ RX-78-2 ガンダム」ってやつらしいです。
SUPER HCM-Pro RX-78-2 ガンダム
バンダイ (2007/06/17)
売り上げランキング: 134
おすすめ度の平均: 4.0
4 色々なRX-78-2を見てきましたが
3 よく見て買おう。
3 店頭で手にしてみた感想!!

なんとプラモデルなのに、「ハイコンプロ」ってシリーズがあって、これは、完成塗装済みのガンプラなんですね。作る過程を楽しみとかいうのはなしで、いきなり出来ているのが売ってるんです。はぁ~?。ま、飾るなら、自分が作った下手くそなものよりも、上手な人が作って仕上げてくれたもののほうがいいですからね。また、本当は作りたいけど時間がとれないからってのもあるし。

で、今回のは「ハイコンプロ」の上位グレード第1弾でして、「スーパーハイコンプロ」ってことになっていて、「ハイコンプロ」よりも動かせる部分が増えていて、複雑なポーズをとらせたり、上半身と下半身を分離させて、間に戦闘機を変形させたコックピットを挟み込む、アニメと同じ“合体”を再現できるんだそうです(記事)。

で、8月11日から8月16日まで「ガンダムエキスポ東京」ってのを池袋サンシャイン文化センターで開催するようなんですよ。今のところ、行こうという気にはなってないけど。行くならこっちか(→関連過去記事)。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキング
RREVHOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。