FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

そういうあなた様は何タイプ?/究極性格診断

2007-07-19-Thu
「究極診断web人間研究所」ってところがあって、人は「エゴグラム」で22タイプに分類できる!ということで、webで無料診断をやっている。
 → 「エゴグラム性格診断」(無料)

ちなみに「エゴグラム」とは、アメリカの心理学者J.M.デュセイが開発した性格分析法の一つで人の心を「父親の心」「母親の心」「親」「自由な子どもの心」「順応な子どもの心」の5つの領域に分類してグラフにしたもの。で、ま、それをどの部分が高く(強く)、どの部分が低い(弱い)かに注目して22タイプにわけたということなのだと思います。

判定のための質問は50問。最初に性別を入れ、「他人がバカに見えたり、でしゃばったりすることが多い」「理想が高く、精一杯頑張る」「規則や道徳にしばられるほうだ」などの質問に「はい」「いいえ」「どちらともつかない」の三択をしていきます。50問の質問に回答を終わると、自分が22タイプのいずれかが教えてもらえます。

それによると22タイプのうちの日本人に多い性格タイプのトップ5位はこんなところです。

1位 F.ごくフツーのタイプ 19.5%
2位 Q.悩める優等生タイプ 14.3%
3位 A.スーパーヒーロータイプ 13.4%
4位 G.マイペースの自由人タイプ 11.4%
5位 K.陽気なお祭り人間タイプ 5.8%


この人たちで半数を超える。いや正確に数えると4位までで半数を超えるわけです。血液型占いって4パターンにしか分類できないのだけれど、案外それでもいいのかなと思ったりもします。ただ、果たしてトップ4位の上から「O型」「A型」「AB型」「B型」とあてはめてしまっていいものかどうかは疑問に残りますけれど。

実は、わたしはこのページの存在を数日前から知ってはいたのですが、ただ、このところちょっと精神的に消耗し、疲弊し、閉塞状態にあって、なんだろう、簡単に言うと自信喪失、心のエネルギーが出てこない状態にあって、50問というアンケートを数問答えて嫌になって放り出してしまっていました。こんなの面倒くさくて、どうだっていい状態だったのです。

ところが、囚人さんがやって、、「マイペースの自由人タイプ?」って書いていらっしゃったのを見て、ひじょうにうらやましく思いました。あ~うらやましい。自分もこんな結果が出たら素敵だろうなぁと思って、思わずやってしまったのです。朝一で、ま、ちょっとだけ気持ちが新鮮だったし~。

そうしたら出ましたよ~。(わたしの結果などは追記)

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



「エゴグラム」~交流分析

2006-02-05-Sun
Qumiさんち「エゴグラム」を紹介していました。エゴってのは、自我ですね。自我のありようを診断してくれるってもののようです。ヤブイシャドットコムってサイトの一部なんで、ここでいくつか紹介してきた、ええかげんなおもしろ占いやユーモア診断とはひと味違う、むしろ、幾分学術的な裏付けのあるまともな診断なのでありましょう。

解説のページを読むと「エゴグラム」はエリック・バーンという精神神経科医の理論を元にした「交流分析」という考えからできているようです。一人の人格は「大人(アダルト:A)」と「子ども(チャイルド:C)」と「親(ペアレント:P)}の3つの側面からとらえることができ、ある一瞬、その人は全面的にP(ペアレント)としてふるまったり、C(チャイルド)としてふるまったりするのだけれど、それが、場面や状況によって入れ替わったり、するわけですね。

学生時代の抗議を元に素人が解説するのはあれなんですが、友だちが悩み相談に来たときに、その友だちとの話し方や接し方、悩みへの対応の仕方が親や保護者のような見方であったり、同じ子どものようであったりとさまざまであることは経験的にわかると思うのですが、そういう心のあり方や、動きを分析していこうというのが、交流分析の考え方なんですね。

この「エゴグラム」ではPは「CP:批判的な親(Critical Parent)」と「NP:養育的な親(Nuturing Parent)」とにわけられています。「批判的な親」というのは、いわば父親的で厳格にしつけたり、信念をつらぬかせたりという、いわば、巨人の星の一徹タイプですね。行きすぎると、ひどく傲慢に見えたり、自己中心的にみえたりします。

「養育的な親」は、ま、母性的といえばいいでしょう。もちろん悪く出ることもあって、過保護とか、甘やかせが出てしまいます。

Aの「大人」は、沈着冷静で大人です。しかし、悪く出ると、打算的であったり、冷徹であったりします。

Cのチャイルドは「親」同様に二つに分けられます。ひとつは「Free Child (FC) 自由な子供」でもう一つは「Adapted Child (AC) 順応した子供」です。

FC(フリーチャイルド)は、一般的に言う無邪気で子どもっぽいイメージです。素直で天真爛漫です。でも悪い面もあって、わがままでいたずらです。これにたいしてAC(アダプティド・チャイルド)は、「適応した子ども」です。いわゆる「いい子」であり、「優等生」です。こういう言葉を使うとよさそうですが、同時に欲求不満やストレスが同居していることがあります。

どれにもいい面と悪い面があり、その5つが組み合わさって人の性格や、現時点での心のあり方が分析できるというわけなのでしょう。

この「エゴグラム」のページでは、この5つをこんなふうに呼び分けています。

CP きびしい私
NP やさしい私
 A 冷静な私
FC わがままな私
AC いいこちゃんの私

さて、エゴグラム、やってみましたよ~。50問くらいの簡単なアンケート(選択肢式)に答えるだけです。

結果は……、出ました(笑) 超危険な逆ギレタイプだそうです。当たっているかも(笑)。 今、実はとっても忙しいんです。これでも。

特徴
今最も危険な「キレやすいタイプ」です。自分にも他人にも厳しく、物事に対して批判的、攻撃的な面があります。ただ「いい子」でいたい気持ちが強いので、本当の自分をさらけ出すことを怖がりがち。いつも心の奥底では本当の自分と表向きの自分が戦っているようです。


長所
時間や規則をきちんと守り、感情をあまり表にあらわさないので仕事や公の場での協調性があります。また仕事をこなす能力もとても高い人です。きっと、会社など仕事先でも重要なポストに就いている人も多いのでは?


短所
全ての事に対して厳しいので、思いやりとか優しさを忘れがちです。許す」ということが出来ないので、物事や他人が思い通りにいかない時などは大変。たちまちブチギレ状態に!! いつも心の中で葛藤がおこっているので、ストレスや人間関係で苦労しがちです。


今後は
本当は相手に優しくしてあげたい、甘えてみたいって思っているんじゃないかな。自分自身の心の底にある気持ちを認めてしまうのはある意味とっても不安だし、怖いことです。裏腹な態度や言葉を発することで自分の安全を確認してしまうもの。でもここでちょっと勇気を出してみましょう。まずは相手の話に耳を傾けてみる。他人の主張にも目を向けてみる。そして自分の気持ちに正直になる。友人関係も恋愛でも相手あってのことです。きっと出来るはずです。


んだそうです。自分ではわかってますけどね~。昔からACなんですよ、この手のやつやると。

ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME