FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「20世紀少年」~劇場

2008-08-31-Sun
見てきました。

原作は「YAWARA!」「MASTERキートン」「MONSTER」の浦沢直樹の人気マンガです。
Yawara! (18) (小学館文庫)MASTERキートン (18) (ビッグコミックス)Monster (18) (ビッグコミックス)PLUTO 6―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (6) (ビッグコミックス)


原作にほぼ忠実に作ったということをどこかで読んだのですが、ま、3部構成の第1部ということもあって、次への展開もあったので止むを得ない部分もあったろうと想像するのですが、期待して出かけたわりに、今ひとつ感がありました。



結局といってはなんですが、普通の人が悪の組織を倒すってのは、いたし方のない限界みたいのがあるのですよね。だって、正義の味方のケンヂくん(唐沢寿明)は、しがないコンビニ店長なんですから……。ま、それは、一つの感想です。悪の組織ってのはプロで、それに対して、そういうことにはアマチュアな人が、ただ戦って勝てるわけはないという、そこがなかなかうまく実写では超えられないのですかね。マンガならともかく。そこを痛切に感じました。ハリウッド映画なら、あそこからガンガンにカーチェースや銃撃戦、大爆発なんかがあって、なんだかしらないうちに勝っちゃったなんて展開もわりとあるんでしょうが、日本でそこまでやってもリアリティがあれだし、かといって、あんな展開もちょっともの足りない感があります。

そのかわり、12月31日を迎えるまでは充分に楽しめました。上に書いたのは、12月31日に起きた決戦のことなんですけど、それに至る過程、特に、ケンヂくんたちが、今起きていることに気づき、巻き込まれ、謎を徐々に解明していくなかで、回想のシーンが次々あって、懐かしいやら、わくわくするやら、楽しいやらで、声を出して笑ってました。鉄人28号を操縦していたのは金田正太郎くんで、作っていたのは敷島博士。お茶の水博士は鉄腕アトムの博士です。ゆびぱっちん、とびますとびます、芸術は爆発です。いろんな昭和のアイテムが散りばめられていますね。忍者月光をやってたのには感動しました。そして、正義のヒーローは、警察でも、自衛隊でもなくて、市民の間から出てくる正義の見方でなければならないのが、まさに、20世紀に少年時代を送った人たちの永遠の真実なんでしょう。9人の戦士とういのは、サイボーグ009を踏まえているのだと信じていますが、そのことは、映画の中では明かされず、いや、あるいは今後の謎なのかもしれませんけれど。

時間は140分くらいで、少々長めです。わたしには、12月31日前が80点、12月31日が60点のどうでしょう、70点くらいの作品でしょうか。ま、来年1月末公開の第2作は、もちろん見たいと思いますけれど。どうなるのなぁ。飯干景子によく似た子が出るようなんだけど……。

ナビゲートDVD「20世紀少年」秘密大図鑑 上巻
VAP,INC(VAP)(D) (2008-08-06)
売り上げランキング: 1475
おすすめ度の平均: 4.0
4 第2章にも


※もう募集が終わってるかもしれませんが、千葉方面でエキストラ募集があるようです。
 → 20世紀少年「千葉みなとロケ」 エキストラ大募集!

にほんブログ村 映画ブログへ
スポンサーサイト



映画:「劔岳 点の記」エキストラ募集中~愛知

2008-03-19-Wed
先日、うちのブログに「デスノート」のスピンオフがエキストラ募集って記事を書いたら、それみて、応募して、まんまとエキストラ出演に至った方がいらしたので、それを見て、わたしも、いっぺんぐらい出てみたいもんじゃと思って、こちらのブログのRSSをときどき読んでいるのですが、愛知県でも見つけました。

【愛知県】映画『劔岳 点の記』エキストラ募集中
 愛知・岐阜の「日本ラインフィルムコミッション連絡協議会」のサイトで、2009年東映公開の劇場映画『劔岳』のエキストラを募集中です。
  → 全文を読む

※すでに募集終了のようです。
新田次郎といえば、「聖職の碑」や「八甲田山死の彷徨」あたりが思いつきます。(→Wikipedia:「新田次郎」) 今回の「劔岳 点の記」は、険しさから「針の山」といわれ、また、宗教上の理由からも登山が禁止されていた「劔岳」(剣岳)。それは、当時の日本地図の最後の空白地点だったそうです。その空白を克服すべく、明治40年、陸軍参謀本部の陸地測量部のメンバーが調査に挑む……「陸軍の威信を賭けた地図作り」という、ま、おもしろいテーマです。

剣岳―点の記 (1981年) (文春文庫)
新田 次郎
文芸春秋 (1981/01)
売り上げランキング: 629596



出演は、こないだアカデミー賞に外国語映画だったかでノミネートされてた浅野忠信をはじめ、香川照之、松田龍平、仲村トオル、宮崎あおい、役所広司など、なかなか豪華で、タイムリーな感じです。そして、 監督には、「八甲田山」や「駅-STATION」「鉄道員(ぽっぽや)」などのカメラマンの木村大作が、初めてメガホンをとるということです。けっこうな、話題作になるかもしれませんね。

→映画:オフィシャルサイト

ちなみにエキストラの募集概要はこんな感じです。

<エキストラ募集概要>
収録場所:愛知県犬山市内
撮影シーン内容:未定
撮影日時:3月28日(金)、3月29日(土)、4月2日(水)、4月3日(木)
拘束時間:いずれも早朝から開始、大半は午前中に終了する予定のようです。
募集対象:
 3月28日(金)……15歳~55歳男性、55歳以上女性
 3月29日(土)……15歳~29歳男性<坊主頭歩兵役>、30~55歳男性
 4月2日(水)……15歳~55歳男性
 4月3日(木)……30歳~40歳男性
髪型等:明治時代の設定のため、金髪や茶髪は不可。男性は短髪で。女性はノーメイクで。
報酬、交通費補助等:なし
  → 東京<エキストラ>NOTES:【愛知県】映画『劔岳 点の記』エキストラ募集中





にほんブログ村 映画ブログへ
HOME