FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

「食後の運動」に注意!=アレルギー反応……

2005-06-10-Fri
Yahoo!ニュースから。

こんなタイトルのニュースをみつけました。

「食後の運動」に注意!=アレルギー反応で死亡例も-子供中心、1万人に1人(時事通信 6月10日) 

気になります。「食後の運動」というのは危険なことのようですね。記事を読むと

特定の食物を摂取した後に運動してアレルギー反応が起きる症状が子供を中心に報告されている。小中高生では1万人に1人の割合で起こり、中には死に至った例もある。しかし、医師や養護教諭らの間でも知られておらず、専門医はこの症状の正確な認識と対策を呼び掛けている。

とあります。意味わかります? わたしは医学関係ではないのですが、この文章読んでよくわかりませんでした。

おそらく、「食物アレルギー(反応)は運動直後に症状が出やすいってことが、子どもを中心に報告されている」ってことなんですよね。違うのかな? 

で、「食後、運動、アレルギ」くらいでぐぐってみると、こんなページがヒットします。

「医学生向け皮膚科案内」
 あ、「アレルギー」て皮膚科の担当だったんだって改めて認識しつつ、関連のところを探すと、ページの真ん中あたりに「VIII.特に力を入れている領域」の中の「B.-3. 食物アレルギー」の項に、あります。

一方、成人では食物依存性運動誘発性アナフィラキシ-が増加していますので「食後には運動しない」「冷や汗をかきはじめたら休む」という原則的注意が必要です。


 また、

「角田先生の『アレルギーっ子』の生活」
 このページの「?食べることと運動が重なって起こす場合」というのが記事の内容に近いので、引用。

 いつもは食べても大丈夫な程度の軽いアレルギーがあるものを食べて、それに運動が加わるとアナフィラキシーを起こすことがあります。中学生や高校生以上の年令で食後数時間の間に、激しい運動を無理に行うようなことがあると発病します。この頃の年令になると腸管の未熟成がなくなるためでしょうか、(以下略)

とあります。

 これを読み比べると、記事の言いたいことは、
「食後の運動」によって食物アレルギーが起きやすいのは、従来は「中学生以後」と考えられていたが、実は小学生にもその例は決して珍しくなかったということが、最近わかった
 ってぐらいのことなんですね。

 そんなふうには読めないでしょう~時事通信。もう少しきちんと調べて書くか、もし調べたのなら、従来の理解と新たにわかったポイントとを、きちんとわかるように書く方が、読者には親切でしょう。

 ちなみに、この「食後の運動」によって食物アレルギーが起きやすいって、わたしが勝手にまとめちゃったのは、「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」というきちんとした名前があります。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



HOME