FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

こんなに簡単に¥が入ったら~/週別集計

2007-08-13-Mon
あいかわらず、芸能関係のスパムが続いてきます。ダルビッシュがどうしたとか、リア・ディゾンがどうしたとか、長澤まさみがどうしただとか~。あと、アフィリエイト関連も。「アフィリエイトで夫の収入を超えました」とかを夢見てやっていらっしゃるんでしょうか~。

夢に向かって努力するのは大切なことです。わたしはお止めいたしません。ただ、嫌がる人がいることもあります。他人様に迷惑をかけてまでそれをするのはやめましょうよ。せいぜい、自分のブログのナビにアフィリエイトバナーを貼るとか、アドセンスとか、あとは「提灯記事」書くとか、ま、自分のブログの中でなさってくださいと思っています。そんなことやったって、ちっとも儲からないと思ったら、そういうものなんだと思って下さいよ。そんなにうまい話があるわけないじゃないですかって~(笑)。そんなに簡単にお金が入ったら~世の中間違ってます。

さて、そういうことが書きたいわけじゃありません。

わたしのブログ記事に時々「¥」マークが混入します。これが発生するときのパターンはこんな感じです。

管理ページ開いて、記事編集枠にベタ打ちで記事書いています。わたしの場合比較的に長文系が多いので、時々セッション切れを起こします(※あくまで経験的にですが、記事保存時のセッション切れは、「公開保存」より「下書き保存」の方が発生しにくいです)。

しかし最近のFC2では、たとえセッション切れが起きても記事が喪失しにくくなりました。いつからそうなったのかはわかりませんが、セッション切れ表示の画面から再ログインすると、ちゃんと公開なり、下書きなりの動作が継続して完結するようになっています(状態によりうまくいかないこともあるかもしれませんけれど、たいていうまくいきます)。

ただ、このようにして、セッション切れにより再ログインしての保存動作の完了をしたときに、リンクタグ(<a href>タグ)やフォントタグ(色の指定)、画像表示タグなどのダブルコーテーション(”)の位置に「¥」マークが混入することがあります。

「¥」マークが混入すると、リンクは当然無効なリンクになりますし、画像は「×」となります。色は、指定の色でなくて黄緑色になったと思います。

あるいはセッション切れからの復活の時に必要なことなんだろうと思います。それが仕様なんでしょう。特殊の動作なのでしかたがないのかもしれません。しかし、もし改善可能なら改善要望です。だって、ひどいときには10近く「¥」マークをとらないとなりませんから~。


では、いつものグラフ。週はじめなので<週別集計>です。アクティブユーザー数が先週より増えてるブログサービスは、「アメーバ」「JUGEM」「seesaa」の3社です。あとは横ばい的なところも含めて減少でした。8月中にはYahoo!ブログにおいつくだろと思っていたアメーバ・ブログですが、ほとんど並びました(<日別集計>ではとっくに逆転してますけど)。わたしのブログは、もう、いろいろな重めもスクリプトをぶら下げていて重重ですんで基準にするのはなんですが、アメーバ・ブログはかなり軽く感じます。今後、ますます増加しそうですね。

acts070812a.gif

※集計はブログファン(http://www.blogfan.org/)です。

にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ
スポンサーサイト



主要ブログのアクティブユーザー数の比較グラフについて~<月別集計>

2007-01-01-Mon
あけましておめでとうございます。おかげさまで、ここ何年では、最も落ち着いた気分の正月となっております。なぜかはわかりませんが(笑)。ま、大げさに言えば、全人類が平和で幸福な一年になりますようお祈りします。

さて、当ブログの一つの目玉といいますか、惰性といいますか、途中で止められなくなったといいますか、「主要ブログアクティブユーザー数の比較グラフ」というのを掲載しています。こういうやつです。
actg0612a.gif

最初の頃は月1回くらいは説明していたのですが、最近は「アクティブユーザー数」という言葉にもなじみが出てきたと思ってあまり書かなくなりましたが、年頭なのでちょっと説明しておきましょう。

言葉の意味からすると「アクティブユーザ」というのは、「活用している利用者」ということになるのでしょうね。「登録者」とは全く違います。単に「利用者」としてもいいのですが、「アクティブユーザー」と言った方がわかりやすいと思います。

この集計をしているのはブログファン(http://www.blogfan.org/)というです。そちらでは現在21のブログサービスについて、「1日のアクティブユーザー数」、「1週のアクティブユーザー数」、「1月のアクティブユーザー数」を集計しています。わたしは、その数値を参照して、当初は主要な8つのブログについて、しだいに数を増やして現在では12のブログについて、その推移を折れ線グラフ化しています(わたしのブログ内ではそれぞれを<日別><週別><月別>と呼ぶことにしています)。

「1日のアクティブユーザー数」とは、「その日のうちに更新されたブログの数」ということです。したがって、1日のうちに1度更新しても、3度更新しても、あるいは10度更新しても同じブログであれば「1」と数えられます。1週間でも、1月でも同じことになります。だから、上のグラフは<月別集計>のグラフですから、「1か月に1度以上更新のあったブログの実数」の集計ということですね。

左下からきれいに一直線に対角に伸びている軌跡がFC2ブログです。茶色で不安定に上下しているのがライブドアブログです。FC2ブログよりも緩やかながら着実に伸び、3位につけている水色の軌跡はヤフー!ブログですね。

このグラフからぱっと印象的にとらえると、2006年はFC2ブログの一人勝ちということが言えそうなんですが、今回は数値で表を作ってみました。
actg0612_0512.gif

2005年の12月の集計と、2006年の12月の集計について、その差と伸び率を比較した表です。

数的に増やしているのは、FC2ブログ、ヤフー!ブログ、jugem、アメーバブログ、seesaaブログといったところです。FC2ブログはまさに桁違いに増えています。減少しているところは、昨年の12月というのは、まさに「ライブドア事件」が起きたときでありまして、ピークでもあり、またおそらくブログでも相当話題になったでしょうから、それと比べるとアレなのですが、ライブドアブログはやはり桁違いに減っています。あとは、ヤプログ(3月の有料化の導入とそれにともなう混乱が大きな原因と思います)、はてなダイアリーが、緩やかに減らしていますね。

率で見ると、FC2ブログは分母(2005年12月の値)が大きいのに2倍というのは立派なので格別と言っていいと思いますが、jugem(2.2)や、seesaa、アメブロ、ココログなどが1.5を上回っています。1年後どうなっているかなんとことを考えると、グラフを作っている側としては、なんかとってもおもしろいものがあります。

アメブロはWOY2006(ウェブ・オブ・ザ・イヤー)のブログ部門賞だったのですが(2位FC2ブログ、3位ヤフー!ブログ)、jugemも見逃せない存在だったということがわかりますね。2007年はアメブロがいっそう伸びるか、それともjugemが追いついてくるかという感じさえします。

それから、最後に「8ブログ平均」について触れておきましょう。これはわたしが勝手に作った値です。このグラフを作りはじめたころの8つのブログについてずっと平均をとっているのですね。上のグラフでは赤太線でしめされていて、下の表では右端にピンクの背景色と「*」をつけて示している8者がそれです。

増加数、増加率などで勢いのある他の4社が加わっていないにもかかわらず、平均値も伸びてきていますので、まだまだブログ界は成長していくんだと思いますね。

新年ですのであたりさわりのないところで。

では、みなさま、本年もよろしくお願いします。

にほんブログ村 ブログブログへ

TBスパム対策その後~<日別集計>

2006-12-23-Sat
まず、「FC2ブログの変更点、管理者用お知らせ」ブログから。

「コメント投稿の際の確認画面について」というお知らせ記事(12/22)によると、

最近スパムコメント(大量の迷惑コメント)の投稿が頻繁に発生しており、その対策の一環としてコメントの際に確認画面を挟む仕様に変更しました。この確認画面が発生する条件はコメント内にURLが含まれる場合になります。

ということです。

実際は、コメント内にURLがなくても、URL枠やメール枠にアドレスが書かれていれば作動するようです。いずれにしても、これは、コメントの書き手が確認するためという理由よりは、スパムコメントへの対策を講じたということです。

こういう機能について「不要である」というユーザーの声に応じて、例によって選択制になっています。手順は、「管理画面>環境設定の変更>ブログの設定」のページで、真ん中あたりの「コメント・トラックバック制限の設定」の枠の中の一番下「コメントの確認の設定」でコメント確認画面で「確認する」「確認しない」を設定できます(わたしには「しない」という選択肢などはあり得ないと思っているのですけど~)。

また、合わせて将来的に「画像認証機能等」の設置も検討されているようです。こうしたものも確かにスパム対策としては有効ですが、たとえば視覚障碍者がブログを読み書きするような場合には、大きな障害となることも危惧されますので、導入に関しては慎重に検討していただけたらと思います。>FC2ブログ

さて、次に先日対策しました、TBスパム対策の導入の成果をちょっとまとめておきましょう。それは「最新トラバURIを非公開ダミー記事へのものに置き換えておく」といういささかトリッキーな方法です(関連記事:「こんなTBスパム対策」

この方法は17日の夜導入したのですが、非公開記事にもかかわらずこんなにTBが来ます(多いのは「ゴルフ関連」「DVD関連」「ハンゲーム関連」でした)。
tbsp1.jpg

これだけ効果があれば、この方法を捨て去るのはもったいないのですが、ちょっと異論もこちらで出ていますので、わたしは、少し変更して、RDFの最新TBのコードについて「<%topentry_tb_no>」でなくて、あえておかしい「<%topentry_no>」に変更してみたいと思います。これによって、今回表にまとめたような、いくつTBスパムがついたかということを確認することもできなくなりますが、そのぶん削除もしなくてよくなるはずです。

アクティブユーザーの集計については追記します。

にほんブログ村 ブログブログへ
ブログランキング
HOME