FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Ameba(アメブロ)」の月間アクセス数50億PV突破~日別集計

2008-08-10-Sun
アメブロが著名人ブログの増加などの効果で月間PVが50億を突破し、会員数も350万名を超えた」と、BBWatchが書いています。

BBWatchの記事によると、Ameba(アメブロ)の7月の月間アクセス数が50億ページビュー(PV)を突破し、また、8月7日付で会員数が3500万人を超えたとサイバーエージェントが発表したそうです。50億PV突破はアメブロとしては初めてだそうです。
 → アメブロ:プレスリリース:「「Ameba(アメブロ)」の月間アクセス数50億PV突破、会員数は350万人に

で、7月の50.6億PVのうち、約3割が著名人ブログで、残り約7割が一般ユーザーのブログに対するアクセスということですので、この有名人ブログの効果は絶大であったということでしょうが、アメブロ側からの、増加要因として、アメブロの機能拡充やシステム改善に加え、アメブロが抱える著名人ブログの増加や広報施策が寄与したという説明があったと書かれていて、機能的な面と、広告的な面とがともにうまくいったということのようです。

その全日のBBWatchの記事には「アメブロ、CanCam専属モデルのブログを集約した「CanCamBLOG」」というようなものもあり、「今後は、CanCan誌面との連動を含めたクロスメディア展開も予定。CanCan読者に対するアメブロの認知拡大や利用促進を目指す」という言葉が紹介されています。

今後も、さまざまなジャンルでの「著名人ブログ」が開設され、各方面で一層クロスメディア的な展開が広がっていく、そして、まさにクチコミ的な効果によって、サービスが人と呼び、人が人を呼び、そこに市場的活況というような理想の展開がみられるということなのでしょう。

ところで、少し話がそれますが、冒頭のBBWatchの記事で350万人を突破したアメブロの会員数について、「2008年1月の250万人突破から、約半年で100万人増加した。なお、会員数値はアメブロ登録者数から退会者数を引いた、実利用者数になるという」と触れられていました。たしかに会員数というのは、退会者を含めていてはおかしいので理にかなっているのですが、してみると、退会者数もカウントする登録者はもっともっと多いということになるのだなと、少し驚きました。ただし、無料サービスの場合、一々退会届けを出すというのは多くなくて、むしろ放置してしまうと思われるので、そんなに大きな数値ではないのかもしれません。わかりませんけれど。

さて、いつものグラフを貼っておきましょう。日別集計です。

上に紹介した記事の中で、アメブロへのPVの3割が著名人ブログで、7割が一般ブログというのがありましたが、奇しくも、FC2ブログのアクティブユーザー数はアメブロのおおよそ7割程度と言えなくもないですね。

・学校だけでなく企業も夏休みというかお盆休みに入ったという影響もあるのでしょう、全体的に低調です。アメブロも9日、やっと他のサービス並みに減らしてきました。
・北京五輪で人気種目で金メダルが出ると、一気に数値があがるのかもしれませんが、今のところ、ブログに見るオリンピック効果なんてのは、今のところほとんど見られません。
・心配だったエキサイトが戻りました。

act080810.gif
※集計はブログファン(http://www.blogfan.org/)です。

にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ
スポンサーサイト



「メールは公開しない」が原則~週別集計

2008-02-19-Tue
先日、過去物語さんのブログの記事を参考に、「どうもアメーバブログでは、アメーバに対して批判的な記事を書くと警告メールがきて、記事を削除されてしまうようだ」というようなことを書きました。アメブロでは、少々の批判でも削除覚悟で書かないとならないようだと。
 → 関連過去記事:「どんなに人気があってもアメーバには行くまいと思った日~日別集計

すると、実際アメブロのユーザである麻生さんが、わたしの上記記事をリンクして紹介した上で、こんな記事を書いていらっしゃいました。

ちなみに利用規約^^

(2)他の会員又は弊社もしくは第三者に不利益、損害を与える行為
(6)サービスの運営を妨害する行為
(7)サービスの信用を失墜、毀損させる行為

うちは批判記事書いてスタッフブログにトラバうっても、何も言われなかったなあ。もっとも、こんな過疎ブログは何を書いても実際の不利益もで無いし、運営も妨害されないし、信用も失墜しないからかもしれませんw
 → 心に翼、黒くてカギ爪つき:「Amebaって警告出すんだ。。。

つまり、批判記事を書いてスタッフブログにトラバしても、特に何も言われたことがない……とおっしゃるのです。

そうだと思います。実際、どんな記事か実際読んでみないとわからないのですが、少なくとも、「「どんなに人気があっても……」で紹介した過去物語さんの記事のレベルで、スタッフの削除を心配するなんて状況はちょっとひど過ぎると思ったのです。だって、「改編されたサービスが使いにくい」という感想だから、そもそも麻生さんが引用しているアメブロの利用規約のどれにも該当しそうにない……のですね。ほんと、このレベルで記事削除を心配しなければならないなんて、続けていられませんって感じです。

で、実際、過去物語さんの当該記事のコメントで聞いてみると、過去物語さんの以前の「記事削除」には別の事情があったようです。わたしが、「先回の削除対象であった記事はどんなのだったのでしょうね」(02/11)と聞いたところ、

ちょっと残ってる受信メールを調べたら、1年半も前のことで

何かのトラブルがあり 改善して欲しいむねのメールを事務局あてにメールして
そのやり取りを記事にした
ようなんです

その記事に対して 著作権違反で利用規約違反と言われてるみたいな

事務局からの返信メールしか残ってないので
でもって 私の記憶も・・・・なんか言われたなぁ程度でしか残ってないんです^^;

もう、あまり確かではないけれど、「改善して欲しいむねのメールを事務局あてにメールしてそのやり取りを記事にした」「著作権違反」などの記述を見ると、メールで問い合わせたことがらに対する返信を、そのまま転載してしまったようです。

実際メールであろうとも、適切な引用ということは認められてしかるべきだと思うし、企業などが広くユーザ一般に「お知らせ」的に出す告知メールにはプライバシーという点も特に問題なかろうと思うわけですが、しかし、そうではあっても一般的なルールとして「メールの内容をみだりに公開しない(プライバシー保護などの観点から)」「メールの文章を勝手に転載しない(著作権保護の観点から)」というような共通認識ができつつあるとは思います(わたしもその原則に大きな異存はありません)。

もし、過去物語さんが削除された記事においてそのようなことをしていたのであれば(「著作権違反」の指摘があるので可能性は大きい)、とがめられたのはあくまでその点であって、アメブロに対して批判的なことを書いたというようなことではないと思います。

個人のブログでは、管理人に批判的な質問をしたり、そのブログ主のひいきにしている人や物事に対して批判的なことを書いたりすると、そのまんま削除したり、出入り禁止にしたりする人がいるのですが、少なくとも、ブログサービスというか、企業のレベルでユーザーの批判的な感想というレベルでの削除はないと思っています。もしあるとすれば、営業妨害、運営妨害に近いような、一方的で、根拠のない、そして相当に執拗な記事に対してだろうと思うのですね。

だから、わたしの「「どんなに人気があっても……」という感想になってくるのであって、ま、してみるとそのわたしの記事そのものが、多少の誤解に基づいたものである可能性が大きいことを、改めて述べさせていただきます。

では、いつものグラフはあとで追記。

にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ

「Japan Blog Award 2008」の案内メールが来る~<月別集計>

2008-02-01-Fri
一般ユーザーのブログを表彰するブログイベント「Japan Blog Award 2008」ってのを開催するということを、BroadBandWatchが伝えています。

一般ブログを表彰するブログイベント「Japan Blog Award 2008」

 Japan Blog Award 実行委員会は、日本のブログ活性化を目的としたイベント「Japan Blog Award 2008」を1月31日に開始する。一般のブログが対象で、受賞結果は3月5日に発表する。
 → 全文を読む

記事によると

実行委員会にはアメーバブログ、goo ブログ、Seesaa、livedoor Blog、楽天ブログ、Yahoo!ブログの6ブログサービスが協力するほか、メディアとしてRBB TODAY、マイコミジャーナル、毎日.jpの3媒体が、ブログランキングサービスとしてにほんブログ村、人気ブログランキングの2サービスが協力する。今後も協力企業は増える予定だが、公平を期すために協力各社からは協賛金および金銭的サポートは受けないという。

ということで、実行委員会には主要ブログが名を連ねていまして、FC2ブログはありません~。ま、いつものことといえばいつものことですが。協力企業の方には、わたしも記事ごとにバナー貼っているにほんブログ村の名前もあがっています。
※ちょっと余談ですが、「記事ごとにバナーを貼る」というのは、「ランキングオンライン」というランキングサイトの時からわたしは始めたのですが、昨年末ランキングオンラインが終了してしまいました。しかたがないので、1800くらいある記事にバナーを張り直す作業をしています。これがけっこうおもしろい。単純作業でなくて、なんというか、過去の自分を振り返ることができて。ああ、あんなこともしたい。こんなこともする。これもやりたい!とずいぶんホラばかり吹いてきたものだなぁと。ま、気まぐれだってたびたび書いていますけど。

閑話休題。で、わたしだけじゃないと思いますが、BlogScouter(ブログスカウター)の事務局から案内メールが来ました。サイバーバズが実行委員をしている関係ですね。通常、私信はブログなどで公開するのはマナー違反なんでしょうが、この手の「ご利用のみなさまへ」という、多数に配信しているものはかまわないと思うので、一部引用します。

閲覧数等だけでは評価せず、身の回りの出来事や自分の意見などを日々発信し、純粋な気持ちでブログを楽しんでいるブロガーを応援し、表彰したいという思いから本アワードを開催することとなりました!!

日々、ブログを通して情報を発信されているブログスカウターユーザーの皆様のような方々に
エントリーしていただき、より皆さんで日本のブログ文化を盛り上げていければと思っています。

身の回りの出来事や自分の意見などを日々発信し、純粋な気持ちでブログを楽しんでいるブロガーを応援し、表彰したい」という思いなのだそうです。そう言われれば、個人ブロガーとしてはなるほどと思うわけですね。わたしがさっと思い出すと、お気に入りの写真ブログや、アニメおたくのブログ(ご本人は否定。それは謙遜では?)、映画ブログ、自作イラスト書いてるブログ、たくさんの相撲ブログ、ネットウォッチングやFC2ブログのコバンザメみたいなブログ(うちもそうだと思いますが)、そして雑多な日常の話題……。おもしろい人も、すごい人たちもいますからね~。これ評価難しいでしょう。「閲覧数だけでなく」という言い方には、「閲覧数+アルファ」ということであって、閲覧数を問題にしないということではないのですね。

で、この点が先の記事では

応募カテゴリは「エンターティンメント」「趣味・暮らし」「ジャーナリズム」「スポーツ」「ペット」「ビジネス」「IT」の7部門。読者数や被リンク数、PV、ユニークユーザー数といった評価に加え、表現力などコンテンツの評価、エントリーシート記入内容によるブログへの想いの3点を審査基準とする。

となっていまして、ブロガーの思い入れみたいなものまで評価してくれるんですね。ああ、わたしの「アクティブユーザー数グラフに寄せる2年半の思い」なんてアピールするかもねw。

で、応募カテゴリには「身の回りの出来事や自分の意見などを日々発信し、純粋な気持ちでブログを楽しんでいるブロガーを応援し、表彰したい」というのが当てはまりそうなものもあれば、「ジャーナリズム」「ビジネス」といった、ちょっとレベルが違うかなと思わないでもないものが一応あります。こうしたカテゴリにも、あくまで「身の回り」や「純粋な気持ち」を求めていくのかなぁって。ちょっとアゲアシトリーな言い方かもしれませんけれど、選考の最終段階ギリギリのところになってくると、そもそもの賞の設立理念とか思いが重要になってくると思いますのでね、ちょっと嫌らしいけど触れておきます。

一応、公式ページ、エントリーはこちらです。
 公式ページ:http://www.japanblogaward.com/ 
 エントリーページ:http://www.japanblogaward.com/entry.html 

そうそう、FC2ブログはこの企画にノってないようですけど、「協賛金などはいらない」といっていることだし、どうでしょう、協力させてもらいたいと申し出てみては。

グラフはあとで追記。

にほんブログ村 ブログブログへ

ついにアメーバブログが首位~アクティブユーザー数の日別集計

2008-01-17-Thu
ついにアメーバブログがアクティブユーザー数でFC2ブログを突破、昨日首位になりましたので、グラフをあげておきます。「この春にも」とおもっておりましたが、予想外に早く驚いています。

最近のFC2の数値から見れば比較的更新の少ない日ではあるのですが、アメーバから見ると普通の数値です。ということは、今後ときどきこういうことが起きるということで、もう併走状態ということですよね。

ちなみに、昨日(1月16日)のアクティブユーザー数は、FC2ブログが「84,093名」に対して、アメーバブログは「85,046」名で、約1000人差でした。

act080117a.gif


週別集計はこんな感じです。FC2ブログは横ばいでして、ま、一見するとアメーバの一人勝ちという印象ですね。他は昨秋からよくて微増、ほとんど横並びという印象ですから。

acts080115.gif


※集計はブログファン(http://www.blogfan.org/)です。

にほんブログ村 ブログブログ ブログサービスへ
HOME NEXT