FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」をやっと見た!~劇場で

2013-01-06-Sun
あけましておめでとうございます。

今年は、かれこれ13年ぶりに年賀状を出しました。祖母が亡くなってからずっと出してなかったのですが、父の三回忌を終えて、何か心境がかわったのかもしれません。母もグループホームに行ってしまいましたので、正月くらいは家に戻ってもらおうと、ま、ちょっと大変でした。

見出しからして、ま、映画の紹介あたりから書き始めねばならないわけですけど、わたしのブログですので、今年最初の記事ってことで、新年のあいさつをさせていただきました。と、ま、こういうことをボソボソ書かないと落ち着かないわけです。

さて、ヱヴァQを見に行った話を始めるのですが、公開前にテレビで放映されていた「:序」、「:破」の両作でしっかりおさらいをして見に行こうと思っていたところで、いろいろと多忙状況に陥り、加えて風邪などを引いて結局越年することになりましたが、今年の初鑑賞になりました。

どこから書こうかかなと思いますが、ズバリ、一言感想から。

スゴい! アニメの凄さを改めて知りました。わたしは「ベルセルク」贔屓なんですけど、全然。迫力というか、躍動感というか、あと、スクリーンで見るアニメっていう点で、全然違いました。色、構図、抽象というか、表現が全く違いますね。「ベルセルク」(原作)は漫画家があの世界観とあの点描画のような細密な描き込みが一致してよかったのですね。「ヱヴァQ」については、わたしには今作も、前作も原作もなにもかも、名前くらいしか知らないのアレですが、とてもうまく作られていて、素晴らしいと思いました。

まず、冒頭の漆黒の闇の中に浮かぶ赤い三角形は、もちろん、最初は何か、定かにはわからなかったので宇宙空間で行われている人工衛星の組立かなにかかと思ったのですけれど、空中戦、それもただの戦いというよりは、争奪戦というか奪還戦のようでした。宇宙だと思うのですが、地表の上空の宇宙に近い辺りだったの、元々大地があったところで今は空間になってしまった、未来の、壊れた地球なのか、あるいはもっと別のところなのか、ま、いろいろなところが言葉で説明できるほどわかってないのですけれども。ただ、そうした闇の空中戦の間に、アスカが自らを鼓舞していたり、逆に痛んでいたりするのが、音響や色彩などの効果、あるいは構図や背景の動きなどでよく表現されていると感じました。ああ、これがスクリーンでアニメを見るおもしろさなんだと、改めて認識をしました。

「ベルセルク」や「銭ゲバ」など、ちょっとアニメ映画を続けてみていて、それはどっちも、原作への思い入れがあって選んで見に行ったのですが、逆にヱヴァの方は、オリジナルシリーズが話題になったとき、触れることもなかったので、見届けてみたいという気持ちから、それこそ主人公の名前さえ知らない、エバンゲリオンがどういうロボットなのか(そうでないのか)さえ知らないで見に行ったわけです。

そうして、アニメ表現のおもしろさを改めて認識させられたのでした。


 → ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q 公式サイト

スポンサーサイト



映画:「あらしのよるに」~DVDで

2009-10-16-Fri
先日の台風18号の被害はいかがだったでしょうか?

わたしの住む愛知は伊勢湾台風以来の大きさが直撃したとあって、大きな爪あとを残されました。わたしの実家も、カーポート(簡易車庫)の屋根が飛んでなくなり、フェンスの波板が破損したりしましたが、同様に被害のお宅はたくさんあったようです。また、屋根瓦の一部が破損した家も少なくないようです。ただ、今回の台風で非常にインパクトがあったのは停電でした。

停電というと、これまで落雷による停電は度々体験してきたのですが、そうした場合はすぐに復旧しました。落雷による停電がどうして起こるか詳しくないのですが、たとえば、一瞬の異常な電圧などを機器が感知して安全装置が働くというようなことがあるとしたら(ブレーカーが落ちるとか、ヒューズが飛ぶとかいう感じのが、変電所や送電所のレベルで起きるような)、それは機械を操作してやれば復旧はたやすいでしょう。また、落雷が送電施設のどこかにあったとしても、代替コースや迂回などで一部の復旧は可能でしょうし、修理にしても、落雷自体の危険性が去れば、ピンポイントで修理すむわけですから、比較的容易でしょう。

しかし、今回の台風は違いました。これは想像ですが、おそらく、複数の箇所で送電線が切れたり、電柱やその上の装置自体が破損したりということがあったと思うのです。全然復旧しませんでした。電気というのはただ流せばいいのではなくて、安全に流さねばなりません。切れて垂れ下がった電線に人が触れたら危険でもあるのです。

愛知県は午前9時半ころには警報が解除され、午後から開始した学校などもあったのですが、そんな感じでしたが、停電の復旧には時間がかかったところが多かったようです。日暮れを迎えてもまだ復旧しないという家もありました(最新技術オール電化の家などは怒っていました)。大型冷蔵庫に買いだめしてあったものもゴミになってしまいます。コンビニに弁当やおにぎりを買いに行っても、品物がありませんでした……。それでも大半は当日中には復旧したのですが、山間部(もちろん人が住んでいますよ)や、海に近い一部の地域(こっちはむしろたくさん住んでいます)では、翌日になっても復旧を見ず、ひどいところでは翌々日になってやっと復旧したというところもあったようです。テレビやパソコンも使えないわけですからね~。インターネットもあてにならんですわ。

停電以外では、高潮の被害や、ビニールハウスの被害が多かったようです。

こんな状況だったにもかかわらず、わが家は被害らしい被害もなかったので、「ああ、台風が来るのかぁ~」と呑気に思って、借りてきた「あらしのよるに」を見ていました。


「ベルセルク」に再アニメ化の噂が!

2009-08-20-Thu
「ベルセルク」の再アニメ化の未確認情報が入ってきました~。

http://tenmasanblog.blog112.fc2.com/blog-entry-669.html
 → どっかの天魔BLOG:「漫画 『BERSERK -ベルセルク-』に再度アニメ化の噂が…?

記事によると、あくまで「“噂”の範疇です」としながらので、「ベルセルク」再アニメ化について、「情報ソースの画像とアニメ化を担当するアニメ制作会社の名前が挙がっています」とあります。

左上のキャスカについては、天魔さんの記事にも「廃人娘化」の言葉がありますし、右上のガッツの左手は「義手」になっていますので、「蝕」以後のストーリーということになっているようです。

で、このソースですが、引用します。

この『ベルセルク』のアニメ制作を担当する会社は『STUDIO4℃』であるという(汗 というのも、情報ソースの提供者が、『STUDIO4℃』で働く友人と共にお酒を飲みに行った際、その友人から見せて貰った物であるというからだ。しかしながら、これらが本当に本物であって、『ベルセルク』が再度アニメ化をする、という確証が無い(投稿ネタの為)のも事実なので、やはり現時点では“噂”であるという範疇に止めた方が良さそうです…かね?(汗 と、取り合えず、当記事に関しましては、閲覧者様のご判断にお任せ、という事で一つ。


ま、噂の伝聞レベルのなにものでもないわけですが、完成作のできばえはともかく、アニメ化されたものを見てみたいです(色調は濃い目でお願いしたいです)。

天魔さんが作られたアンケートも貼っておきます。



※個人的には、ハリウッドで映画化してほしいというのが前々からの希望なんですが、もちろん、「ロード・オブ・ザ・リング」くらいのレベルでしてほしいのであって、「ドラゴンボール」のレベルは避けてほしいです(って、まだ「ドラゴンボール」見てませんが)。

 → Berserk Official site(ベルセルク公式サイト)

 → Wikipedia:「ベルセルク

日本唯一の国立芸術大学にアニメ大学院が……。

2007-09-19-Wed
ついにアニメもここまで来ましたか~。

「「アニメは学問」国立大がお墨付き 東京芸大、院に専攻新設 」

 国際的に活躍できるアニメの監督や研究者を育成するため、東京芸術大学(宮田亮平学長)が大学院にアニメーション専攻を新設することが17日、分かった。芸大は文部科学省に設置を申請しており、11月に予定される大学設置審議会で正式決定される。大学院にアニメや漫画の専攻ができるのは全国で初めて。芸術系大学の最高峰に新設されることで、アニメの芸術性が学問的にも認められた格好だ。
       iza:同記事の全文を読む……

おお、すごいですね~。

東京芸術大学といえば、日本唯一の国立の芸術大学なんです。
 → 東京芸術大学の公式サイト
 → Wikipedia:「東京芸術大学

わたしは、やるなぁと思いました。

来年度から映像研究科の修士課程で16人を募集する。大学の学部段階で絵の描写や物語の構成方法を学んだ学生を対象に募集をかけ、アニメ専門家としての才能を発掘、作家や監督、研究者を養成する方針だ。

カリキュラムは実習を重視。制作技術や物語の構成だけでなく、3Dグラフィックなどの立体アニメも研究する。外部プロデューサーも招聘(しょうへい)することも検討している。
                同記事 

というわけで、アニメ作家、アニメ監督、アニメ研究者を税金をかけて要請して下さるんだそうです。すごいですね~。どんな人たちが入学し、卒業するんでしょうか~。

田中英道・国際教養大特任教授(文化史)は「アニメは歴史が浅い。芸術としての内容と質は足りずジャンルも確立していない。私大ならともかく、国費を投入した国立大で研究するには時期尚早ではないか」と話している。
                同記事


もう、「アニヲタ」なんて呼ばせない? そうかもしれません。「オレは東京芸大の大学院に行くんだ!」と言って、身を持ち崩す若者が増えるような気もするんですけど~。

ん、待てよ。大学院なら、今からでも行けないこともないぞ……。



ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME NEXT