FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

Title List

GoogleAdSense問題(3)

2006-05-31-Wed
5月31日GoogleAdSenseの表示が回復しました。

どういう交渉が行われたのかわかりませんが、Googleがコンピューターに管理をさせている以上は、こういうことは起こりえるだろうと思いました。たあいのない、あくまで個人的推測でしかありませんが、回線増強ともたぶん関係があったんだろうと思います。

戻ったから言えるというと変なんですが、わたしはたあいもない推測をしていました。簡単にいうと、それまで、ギリギリのところでうまくやっていたスパマー(過去の試行錯誤の結果、ここまでなら停止を食らわずにうまくやれるというボーダーを把握していた)が、抜き打ちで(笑)回線増強などしたものだから、一気にボーダーを超え、機械的に処理を行っているGoogleAdSenseの管理に引っかかったなんてことが起きたのではないか~。もちろん、まだわかりませんけれど。

「管理ページへの表示」が問題になったのかどうかは、微妙な問題だと思います。

こちらで規約を読み込んでいる方(Adan Kadan Blog)がいらっしゃいましたが、わたしもさっと読んで、管理ページに表示していけないという理由がわかりませんでした。「そもそも理念的に間違っている」と言われればそれまでですが、FC2にとっては、ユーザーこそが「多数の顧客」なのですから、FC2が自分の多数の顧客に対して広告を出すことを禁止するというのは、どういう理念だろうと思いました。

ただしこれも、コンピューターに管理をまかせているので結果的に問題になるということならあるかもしれません。Field Isle - ITエンジニア時々個人投資家の日々:「FC2の全ブログでGoogle AdSenseが利用不能になった理由」のように、管理ページ広告をぱID取得ユーザーがクリックすると「身内でクリックする」と受け取られる危険性を指摘しています。

こういうこともあったかもしれませんね。これは、違反ではなくて、一種の誤認識というか、コンピューターに管理させてるがゆえの一種の行き違いですから、この場合も交渉によって、今後の条件なども加えて、回復する可能性はゼロではないですよね。お互い信用が大切な企業ですから、個人のためにはいちいち調べてくれなくても、社会問題になりそうな人数を抱えていたり、それなりの企業がきちんとした視点と根拠を元に話せば、少なくとも門前払いはありえないはずです。天下のGoogleですから。

ま、とりあえずは一段落ですが、原因究明と再発防止は必要ですから、今回を元に見えた問題点については、総点検というところでしょうか。ピンチはチャンスです。GoogleAdSenseの停止を復活させた実力ということで、また、FC2の人気がでるかもしれませんが、

それと、ユーザーが期待してる「独自ドメイン対応機能」という、一風変わった新機能も、その気になれば一週間で導入できるそうですし、むふふ、一気にライブドアを突破、新機能の発表といきましょう~>FC2

にほんブログ村 ブログブログへ
スポンサーサイト



HOME