FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

スポンサーサイト

-----------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FC2リクエストした新ユーザフォーラムのRSSが対応された件~日別集計

2009-07-23-Thu
先日の記事で新ユーザフォーラムに関する2点を要望しておいたのですが、実装された模様です。

こういう要望は、FC2ブログはリクエストを利用して欲しいということですので、リクエストに2件あげておきました。
 → FC2リクエスト(ユーザーフォーラム):「RSSに対応して欲しいです。
 → FC2リクエスト(ユーザーフォーラム):「ケータイからも閲覧や投稿ができるようにしてください。

「ようです」というのは微妙な言い方ですが、まず、1件目の「RSSについて」は、FC2リクエストに「最終更新日時 2009年 07月 22日 18:05」として

実装致しました。

各トピックのタイトルにRSSフィードへのリンク付きアイコンが
表示される様になりましたのでご利用下さい。

」と出ています。実際わたしも、RSSリーダーに新着トピックスRSSを読み込ませています。こいつですね。

useforumrss.png

実際使ってみたのですが、トピックの新規投稿にはこの動作でいいと思うのですが、実際は、ベースノートにコメントがついていくという形式なので、新規のコメントのRSSが欲しいと思うのですが、それは難しいのでしょうか。

とういわけで、ま、一歩前進ではありますが、さらにFC2リクエスト! ということになるのですね。
 → FC2リクエスト:「RSSは「新規コメント」にしてほしいです。

2件目の「携帯への対応」は、「運営者のコメント」に何も書かれていず、また、一覧表示も「検討中」のままですが(--そういえば、「RSS」のリクエストの方は運営者のコメントには「実装しました」とあるが、一覧表示は「検討中」のままです>FC2)、どうも、かなり利用できる形になっていると思います。

FC2リクエストに要望をあげた頃は、ケータイで見るとPCの仕様をそのまんま表示するという感じだったのですが、現在はケータイからも利用できる形になっていると思います。ただ、使いやすいかというと、その点は大きな疑問で、それがFC2リクエストに「実装宣言」が出されない理由かもしれません。

そもそも、ケータイの管理画面に「フォーラム」がないので、「コミュニティ」から利用することになります。既に参加しているコミュニティについては、ユーザー側が承知していることもあって、利用に不便は感じません。

しかしながら、公式のユーザ・フォーラムであるはずなのに、一般ユーザーが起こしたコミュニティと差別化されていず、ユーザフォーラムがあったはずだぞと検索して探し出そうとしても、なかなか見つけづらいというのが実際です。アイコンなどを承知している人にはわかるのですが、初めて探す人にはかなり手こずりそうです。

公式のフォーラムなのですから、PCの管理画面同様、ケータイの管理メニューにも「フォーラム」という項目が当然あっていいと思うのですが、そうではないのでしょうか。ま、そのあたりの使いやすさを改善して、実装宣言して欲しいと思っています。

また、これは別のところで書いたのですが、FC2リクエストが使いにくいです。

先日、管理画面の「訪問者リスト」の機能強化がありました。従来は訪問日時について一切表示されなかったのですが、「訪問日の表示」の要望がありました。「訪問日時」なのか、「訪問日だけで、時刻までは不要なのか」というような細かな詰めができなかったように思います。

そもそも、この件に関してはいろんな意見があって、訪問者リスト自体が不要(というか利用しない)という人もいれば、管理画面であるのだから当然日時くらいがわかってもいいはずじゃないかという考え方の人もいます。訪問者側は、訪問日くらいは知られてもいいけど、訪問時刻までというのは、生活の一部を知られるよようでちょっと抵抗があるというは人もいます。一応オプションで訪問履歴を表示しないと選択もできるのですが、訪問日時(問題なのは特に「時刻」なんですけど)を知られるのは抵抗があるという人が増えて、訪問履歴をオフにしてしまう人が続出すると、訪問者リストの機能強化が裏目に出てしまうという結果になるのですね。

これは、旧ユーザーフォーラムからも続いている話なので、まさか、先日の機能強化で導入されるとは思わなかったのですが、ま、「訪問日のみ」の実装と思っていたのですが、実際「訪問時刻」までが表示されるようになり、ちょっと驚いています。

ま、よくわかっていらっしゃる麻生さんが、こんな皮肉な記事を書いてらっしゃいます。
 → ブログで小説:「◆警告◆初心者の方は「履歴設定→残さない」をお勧め

このことは、FC2リクエストの要望がどの程度きちんとFC2ブログの技術スタッフに通じているのかという疑問を抱かせると同時に、FC2リクエストの機能そのものに弱点があるのではないかという思いを抱かせます。

一つの要望について、大筋は賛成だけれど、こういうところは注意してすすめてほしいとか、逆にそれならこういうことろまで踏み込んで検討して欲しいというような細やかな提案についてしづらいし、その付加的提案についての他のユーザーの意見も見えにくいです。もちろん、「○○さんに賛成」とか言えなくはないが、それにしても文字数が限られているので、賛成の時はまだいいのだけれど、特に反対の時は難しいと感じたこともあります。また、そもそも、1回しか発言はできないという形式が基本なので、一端賛否を表明した提案について、その後のやりとりまで丁寧に読まないという傾向も生まれているのかもしれません(ここは推測です)。

今回のユーザーフォーラムのRSSに関しても、一端実装された件について、上記のようにさらに改善要望をするときには、もう、別のリクエストにしなければなりません。ま、それはそれで合理的かもしれませんが、FC2リクエストのあり方というか、使いやすさを見直してはどうかなと思っています。



ここまで書いて気づいたのですが、いつの間にか訪問者リストが、「日時表示」から、「日付けのみの表示」に変わっています。

FC2リクエスト以前から要望があったのですが、主なリクエストは次の2件。
 → 訪問者List(2月1日)
 → 訪問者リストに訪問日を入れてくれませんか?(6月6日)

実際は、上のは「訪問日時」ということもあって、「賛成が12、反対が25」、下は「日付けのみで時刻はなし」というニュアンスで「賛成が81、反対が3」。ところが、6月30日に実装されたのは、「日付けのみでなくて、時刻まで」。すると、すぐにリクエストが出て、
 → 訪問者リスト時間まではやめて欲しい(7月1日)
現在「賛成が32、反対が5」です。

そして、進捗状況は「要望中」で、管理者からのコメントも特にありませんが、少なくともうちのブログ(#10鯖)では、「訪問日」が表示されてるだけで、時刻は表示されていません。

いつものグラフはあとで追記。
スポンサーサイト

自FC2ブログの別imgs鯖の画像を表示させるテスト~日別集計

2009-07-09-Thu
7月7日より、FC2ブログのユーザフォーラムが、FC2ブログのコミュニティーの1コーナー内に移転しました。
 → 旧ユーザフォーラム(http://blog.fc2.com/forum/)
 → 新ユーザフォーラム(http://blog.fc2.com/forum_community/)

旧ユーザフォーラムには、わたしはあまり関わりませんでしたが、時々は回答を書かせていただきました。もちろん、わたしが回答したかったから書いたわけですけれど。

新ユーザフォーラムは、不慣れということもあってなかなか使いにくいし、その前に読みにくく、書き込もうという気もおきないのですが、現在大きな疑問が二つあります。「どうしてこのご時勢に、RSSに対応していないのか」、「どうしてこのご時勢に、モバイル利用に対応していないのか」ということです。実はできているのかもしれませんが、わたしのRSSリーダーは反応しませんし、わたしの携帯(au)の管理画面から入れません。

こういう要望は、FC2ブログはリクエストを利用して欲しいということですので、リクエストに2件あげておきました。
 → FC2リクエスト(ユーザーフォーラム):「RSSに対応して欲しいです。
 → FC2リクエスト(ユーザーフォーラム):「ケータイからも閲覧や投稿ができるようにしてください。

このご時勢にユーザフォーラムを新規移転するにあたって、RSSもモバイルも考慮に入れていないなんてことは、あるはずはないと思っているので、きっとすでに準備中で調整段階にあって、まもなく実装されることと期待しております。>FC2ブログ

さて、旧ユーザフォーラムでの質問の中で、ちょっと興味深いものがありました。
 → FC2ブログユーザフォーラム:「画像URLの場所の相違により画像をアップロードできない。

回答コメントにも書いたのですが、この人の「アップできない」という言葉が、ちょっと大雑把で、わたしというか、一般的な理解と違うと思うと思うのですが、その点はここでは問題にしないとして、わたしが興味を持ったのは、複数のデータサーバ(imgs鯖)間の相互の読み取りの件です。

FC2ブログは外部サイトからはファイルを直リンク表示できない仕様になっています。別の言い方をすると、自分のブログでしか自分のimgsサーバのデータが表示できないようにしてあるのです。すると、わたしはそんなことをしたことがないので気づかなかったのですが、たとえばHTMLで自ブログ内の画像を表示させたりしたいような場合にも、問題なく表示できるのかという疑問がおきてきます。自ブログ内の同一imgs鯖のデータは従来どおり普通に表示できても、自ブログの他方のimgs鯖のデータを呼び出して表示できないのではないか? ということです。

わたしは、この質問が、自分がいまだかつて検証してなく、また、誰かが検証したということも読んでいなかったので、なんとか、質問スレ主(ハルママさん)にアドバイスし、質問者の状況を解決しながら自分の回答を得よう思ったのですが、どうも、うまく意思疎通ができませんでした。そして、ついに、自分でテストすることになりました~。(最初からそうしてさしあげればよかったですね>ハルママさん。ごめんなさい)

では、以下テストです。

まず、最新の「毎日のアクティブユーザ数の比較グラフ」を使います。これは、今アップして、imgs#18鯖に保存されました。
act090709a.gif
▲http://blog-imgs-18.fc2.com/s/m/a/smartass/act090709a.gif

次に、1年前の7月11日の「日別集計」のグラフを使うことにします。これは、imgs#23鯖に保存されていて、今回のテストにはちょうどいいです。
act080711.gif
▲http://blog-imgs-23.fc2.com/s/m/a/smartass/act080711.gif

二つのグラフは1年間の差がありますから、二つ比べるとそれなりにおもしろいかもしれあません。FC2ブログはほとんど横ばいだけど、アメーバはあれからだいぶ上がっただとか、ライブドアが落ちただとか……、いろいろ見ることはできますね。

しかし、ここではそれを置いておいて、その両者を一つのHTMLで表示させることにします。HTMLを書いてアップしました。これはimgs#18鯖に保存されました。これは最新グラフと同じimgs鯖です。

では、表示テストです。ポチッと~。
 → g_test2.html

結果は上をクリックしてもらえば一目瞭然、imgs#18鯖においたHTMLに、自ブログ他imgs#23鯖の画像を表示させることができました。

uzura氏のコメントにある

 そうだとすると外部呼び出しと判断されFC2のほうで遮断しているのかもしれません。
 → 同質問スレのコメント

というのは該当しません。

以上。

ちなみに、アクティブユーザー数の集計はブログファンによるものです。

「ブログ」雑感(2)~月別集計

2009-06-01-Mon
朝刊を開いたら「ブログ市長」再選という記事があった。

 鹿児島県阿久根市の出直し市長選は31日、投開票され、2度の不信任決議を受けて失職した前市長・竹原信一さん(50)が僅差(きんさ)で再選を果たした。

 ブログ(日記形式のホームページ)による議員批判や全職員の給与公開などで物議を醸してきた竹原さん。対立を繰り返してきた市議会側と、改めてどう向き合うかが注目される。

 → YOMIURIONLINE:「再選「ブログ市長」…市議会との「向き合い方」がカギ

この人が「ブログ市長」と呼ばれるのは、ブログ上で「辞めてもらいたい市議」のアンケートをしたり、市長自身の支持不支持のアンケートをしたりと、市職員の給与一覧をブログに公開したりとブログを市政に独特の方法で持ち込んで、物議を醸したからですね。
 → 過去記事:「市長がブログで「辞めてほしい市議」をアンケート……って。

その後を追っていたわけではないのですが、

 市議会の市長不信任案可決(2月6日)
  ↓
 市長による市議会の解散(2月10日)
  ↓
 (選挙後の市議会で)市長不信任案の可決(4月17日)
  ↓
 市長の失職

という流れを受けての、再選なんです。つまり、市議の選挙をすると反市長の市議が当選するが、市長の選挙をすると市長が当選するということなんですね、これは。(参考:wikipedia

市民はどう思っておられるのでしょう? お気の毒な気もしますが、この市長は市職員の給与やサービスなどにもかなりの辣腕を振るっているようで、市民は支持しているということでもあるようですので、ややエキセントリックではありますが、いいのかもしれません。

「ブログ市長」は過去記事にしてるので取り上げたということもあるのですが、上に引用した読売の記事のブログの説明にお気づきでしょうか?

 「ブログ(日記形式のホームページ)

そうです。やっと世間様が「ブログ」がどういうものなのか(ついでにいうと「日記」がどういうものなのかも)、言葉の意味がわかってきたようです。
 → 過去記事:「「ブログ」雑感

て、なんで「日記を公開するのか?」と思ったりもしたものですが、「日記形式」もしくは「日誌形式」という言葉を使ったほうがいいかもしれませんが、形式が日記なのであって、内容は日記である必要は必ずしもないわけです。 

こう書くと、ブログは「日記形式ホームページ」なので、その形式を利用すればどういう利用も自由だと考えがちです。確かにそうです。しかし、普通のホームページや掲示板があるなかから、こういう形式が生まれてきたことは、その必然性があるのです。つまり、当然ながらこの日記形式を生かされるべき(生かすほうがよい)だと思うのです。威力を発揮するものの一つは、「テーマ性を持った公開日誌(日記)」でしょう。たとえば、何かのイベントスタッフになったときのブログだとか、観察日記だとかだと思います。あるいは、今日の一枚とか、今日のケーキなどでもいい。作品発表や発見でもいいのです。つまり、テーマ性と進行性の絡みみたいなものがそこに出てくるいいと思うのですね。

テーマを設定しないで、自分自身がテーマみたいな感じでいくと、無名の一個人が読者を得続けていくのは難しいだろうと思います。こんな記事をAmebaNewsで見ました。元ネタが「独女通信」という、独身女性に関するサイトのものなので、多少偏っているかもしれませんけれど、そうした悩みというか、限界を語っていると思います。
 → 「ブログを書く意義について皆で考える」(5月31日)

いつものグラフはあとで追記。 

にほんブログ村 ブログブログへ

「ネット記事をブログに無断転載」が逮捕って~日別集計

2009-05-29-Fri
昨日あちこちのネットニュースをみていたら、載ってたので、ちょっとうちのブログでも記事にしておきたいです。

記事によると、「gooヘルスケア」に、健康関連書籍を出版している「法研」が提供していた記事を、この男は自分のブログに無断転載して、合わせて、男自身が副業で運営していた健康食品販売サイトのURLを掲載し、誘導していたということのようです。

今回の逮捕に関わった件での記事の無断転載は、昨年7月23日ごろから今年1月13日ごろまでで、163回にわたり文章をブログに無断転載していた疑いがあるということです。

法研側は昨年12月、ブログの運営業者を通じて男に記事の削除を要請し。運営業者が一部の記事を削除したということもあったようですが、その後男からの回答はなく、掲載は続けられたということのようです。

ブログに記事の無断転載で逮捕というのは、前にもあったでしょうか? 最近記憶力というか、思い出す力が衰え、ちょっと思い出せませんけど。

盗用や無断転載というのはネットにはけっこうあって、わたし自身だって「おもしろい画像の紹介」とかしたことはあります。だから、ついつい、少しくらいならいいという気持ちは、おそらくほとんどのブロガーに持っていると思います。ただ、記事の一部をコピペして作った場合でも、その出所(出典とか引用元)を明らかにしておくことは大切なポイントじゃないでしょうか。

先日も、わたしのブログのあるグラフが、無断転載されたということがありました。ブログを見る限り歯医者さんで、わたしが「新型インフルエンザの予防には歯磨きも有効だそうですと書いたら、いい記事ですね。うちでも紹介させてくださいと一方的にコメントして、わたしの作ったグラフを、まさに無断転載して、その後に、ご自分のご専門の歯磨きや口内衛生とインフルエンザについてに文章を書いているというものです。
 → 過去記事:「これはびっくり! ビックリ日記にうちのグラフをこんな形で「紹介」される~日別集計

わたしの場合、その記事のどこかに、うちのブログのURLなり、サイト名なり、わたしのハンドルなりが書かれていれば、むしろ、「お、さすが、ご専門家、詳しいですね~」と、友好的なコメントを残して終わっていたとさえ思うのです。よく、WinWinの関係などと言われますが、別に「Win」とまではいかなくて、単なるよいしょのし合いであっても、お互いに気持ちがよくなること、それが、ブログの交流の大切なところだと思うのですよね。そのためには、マナーなり、ルールなりは守る必要があると思います(ま、しかし、このマナーやルールが確定していなかったり、ひどくローカルだったりして、そこでの軋轢もあるわけですけど)。

この逮捕されたケースでは、無断転載の被害にあった法研が、ブログサービスの運営者に通報し、運営者が記事を削除するということがあり、さらにそれでも平然と同じことが繰り返されたということがあって、逮捕になったわけなんですね。

逮捕まで行くのは珍しいと思いますが、コピー記事で成り立つブログってけっこうありますよね。最もよく目にするのが、ニュース記事の全文転載。わたしが目にするところでは、一応、URLやサイト名なども書いてあります。記事よりも多く意見などが書いてある場合は稀なケースで、10~20行記事の全文転載があって、わずかに2~3行、せいぜい数行の意見が述べてあるというのがほとんです。これは適切な引用とはいえないと思うのですが、現状、野放し状態というか、大きな問題にはなっていないと思います。

ただ、逮捕された男のケースも、「gooヘルスケア」いう、大手ポータルの美容と健康関連コーナの記事の一つです。この男にとっては、ブログにあふれる新聞記事のコピーと、「gooヘルスケア」の記事の本質的な区別がつかなかったのかもしれませんね。なんであいつらはよくて、俺はいけないのか……と。

ま、ほんでも、運営者から削除され、その旨連絡を受けながら、平然と続けるというのは、基本的にまずいです(たぶん、メールなど見てなかったのでしょうけど)。

いつものグラフはあとで追記。

にほんブログ村 ブログブログへ
HOME NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。