FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

映画:「コドモのコドモ」~DVDで

2009-11-07-Sat
映画「コドモのコドモ」を見ました。やっと。

映画化が決まったと当時、うちの記事に延々とネガティブなコメントが並んだことを覚えています。映画全体の感想ですが、バイアスなしで見たつもりですが、おもしろくない作品とは言えませんね。タイミング的に「沈まぬ太陽」とか、その前には「さまよう刃」とかを劇場で見た後でしたので、かったるく感じのかもしれません。また、当時から問題になっていた、「小五の妊娠」という点も、リアリティの面でやっぱりどうかと思いました。ただ、当時うちのブログで再三語られた「児童ボルノだ」という指摘は、的外れだと思います。

ただ、子どもたちの性への興味というのは、昔も今も、それは自分を振り返ってもそうですが、大人が想像するより早くから始まっていると思います。これは間違いないかと思います。

それに対して、大人がどこまで、どのように教えていくか、あるいは教えないでいくか、あるいは導いていくか、あるいは抑制していくかということは、非常に難しい問題です。それは、個人の考え方や、環境によって大きく違う問題でもあるからです。同時にこのままでいいのだろうか? という不安は誰しも持っています。「性」の問題は、誰にでも共通する重要な問題であり、また、リスクでもあるからです。

だから、きちんと教える必要を感じながらも、どういう方法でというところで、なかなかコンセンサスが得られない状態だったった思うのですが、1990年代半ばということになるでしょうけれど、AIDSが問題になったときに、避妊と言うようりも、AIDS予防という観点から、コンドームについてを教えなければならなくなったと思います。同性愛やオーラルセックス、アナルセックスというものについても、高校生の年代では、実際避けて通れないというのが現実だと思います。理想はどうあれ、それが現実でしょう。

では、中学生ではどうなのか? 小学生では早すぎるのか? そういう時期的な問題も出てきます。

主人公春菜(甘利はるな)の姉の高校生(谷村美月)の同級生は中絶をします。春菜はその話を、最初は赤ちゃんを産む話だと誤解して貯金箱からお金を取り出し、その同級生に渡したりします。子どもは純粋に命の大切さを感じ、考えています。それは、中絶する女子高生も同じだと思います。原作のマンガには無責任なその彼氏も出てきていましたが、外から見ている以上に、当事者たちは傷ついていると思います。

そういう流れから、「正しい性教育でそれは防げる」みたいな主張は生まれ、そして、それを実践する人たちも現れます。所謂「過激な性教育」とか、「異常な性教育」というような言い方で、一時期国会でも問題になりました。春菜の担任の八木先生も、そういう意味では「進歩的な性教育」をめざし、実践しようとしたわけです。映画の中では保護者や他の同僚から支持を得られず、むしろ学級がまとまらない一因にさえなっていってしまいます。

そういうこととはむしろ無関係に、というか、その授業以前に「くっつけっこ」は行われ、その授業で自分が妊娠してしまっていることに春菜は気づくわけですが、それ以後は言わば、大人に知られたら中絶させられるから、子どもたちだけで赤ちゃんを産みたいってな展開になっていきます。学校や大人がどんなにやろうとしてもうまくいかなかった、子どもたちの団結とか、子どもたちの生きる力みたいなものが、実際の同級生が赤ちゃんを産むという大事件で実現していくわけです。

ま、そういう映画ですけど、もしこれが、そういう教育的な映画というか、学校を舞台にした映画という視点であれば、「ブタのいた教室」に及びません。奇しくも、そっちにも甘利はるなは出ていたわけですが、何倍もまともで、何倍も感動的でした。

それに対して、なんというか、社会派が一点ファンタジーになっちゃったって感じです、問題作のつもりが、いろいろな声を聞きそれに配慮した結果なのかもしれませんが、問題作にしこそなったという印象さえあります……。原作も、知らない間に終わらされたような印象を持っていましたけれど。

というわけで、話題先行のわりに、ものたらない作品でした。

スポンサーサイト



「コドモのコドモ」が映画化

2007-07-20-Fri
局の独り言さんところで知ったのですが、「コドモのコドモ」が映画化されるんだそうです。能代市の廃校になった小学校でロケをやるんだそうです。

コドモのコドモ (1) (ACTION COMICS)
さそう あきら
双葉社
おすすめ度の平均: 4.5
5 コドモのコドモ
5 軽くて深い問題作
3 心に重くのしかかってくる作品である



一言で言うと「小学生が妊娠して出産する話」なんですが、「出産して育てようとする話」でもあるわけですね。どの程度原作に忠実に映画化するかわかりませんが、いわゆる不良少年の話ではありませんし、大人びた少女の話でもありません。むしろ逆と言ったらいいでしょうか。普通の女の子のというか、ひょっとしたらフツーよりも子どもっぽい女の子の話です。

「学級崩壊」「性教育」「家庭教育」……、そういう現代の子どもの環境に問題意識が向いていて、性的な非行とか援助交際とか、今どきの大人びた子どもが中心ではありません。むしろ、逆。フツーの子どもたちでしょうか。肉体はもう大人として成熟し受胎し出産ができるのに、社会的にも精神的にも子どもである、あるいはあらねばならないというアンバランスの問題もあるかもしれません。それを単に乱れているだとか、倫理観だとか、規範意識だとか、そうしたものでもはやコントロールができないようなところにきているような気がしてしかたがないのです。もちろん、コントロールできる人も少なからずいると思いますが、明らかにそうでない風潮もあるのです。

カコモノガタリさん

市長が率先して こういう内容の作品に
地元の子供たちをエキストラであれ使う事に なんだか違和感を感じる
コドモの妊娠っていうのは 流行ネタで実際に多くなってるらしいけど
・・・・・・・いいのかな

ニャンコ物語とかだったら なーんの問題も無いけれど
私 頭が固いですかね?

こりゃとりあえず 読んでみなきゃなんないかね

とお書きです。

そうです。「頭が固い」以前に、まず読んでからおっしゃっていただきたいものです。「流行ネタ」かもしれませんが、連載していたのは2年も前のことですので(学校における過激な性教育が問題になった少し後の時期だとわたしは思っています)。どういうことをご心配なさっているのかあれですが、いざ映画をとる段階になって穏やかな市民たちがちょっと困惑するのではないかというようなご心配なら、実際に作品を見ればそんなことはないだとうと思います。

主人公の少女が誰とどうやって妊娠し、どこでどうやって出産し、その子どもをどうしたか。--学校の便器で産み落としたり、赤ちゃんポストに入れたりなんかはしませんでした。ただ、現実的にはここまでできるのかってな話ではありますが、ま、そこはマンガ、フィクションですんで。話は話、現実は現実です。いざそういう事態になると、さてマンガのようにはいかないがどうしたものかというのは、別に妊娠に限ったことではありませんよね。

コドモのコドモ (2) (ACTION COMICS)
さそう あきら
双葉社
おすすめ度の平均: 3.0
3 子供。。


ま、マンガで読んだ印象では、「命の大切さ」「家族の大切さ」「友だちのすばらしさ」そうしたものも読みとることができる作品だと思います。そして、映画の狙いもあるので、ま、わたしがどうこう言えませんが、できたら、「妊娠するとは親になる(ならねばならない)ということだ」というメッセージを読みとってほしいと思います。親になるなんて、そんなの現実的には小学生には無理で難しいことなんだけど、そしたら、やっぱりコドモたちには「自分ではまだ無理」ってことを、よ~くわかってほしいと思います。

わたしは「アクション」に連載されてるときに読んでいました。ただ、結末がちょっと突然で、不本意だったような印象があるのですが、それが、なぜ、どういうものだったのか、ちょっと記事に書くほどきっちりと覚えていません。単行本でまとめて読んだら、また別の感想になるかもしれませんけれど。

コドモのコドモ (3) (ACTION COMICS)
さそう あきら
双葉社
おすすめ度の平均: 3.5
5 これを心温まるいい話にしないでくれよ
1 ひどい
2 え〜??
5 小学生に教えるべき性教育のバイブル!?
5 コドモにイノチを


にほんブログ村 映画ブログへ
HOME