FC2ブログ

David the smart ass

心のダイエット!~時には辛口メッセージを~

森進一は紅白で「おふくろさん」を歌えるか?

2008-11-04-Tue
著作権の問題として興味を持った「森進一のおふくろさん」問題ですが、「もう、森には歌わせない」と言っていた川内康範が亡くなってしまい(本年4月)、森進一にとっては直接の和解ということはないままということになってしまったわけです。

ところが、ここに来て、遺族が解禁したという報道と、まだダメという報道の二つがなされています。
まずスポーツ報知。

森進一、紅白で「おふくろさん」解禁へ!
 歌手の森進一(60)が作詞家の故・川内康範さんとのトラブルで封印していた代表曲「おふくろさん」の歌唱を解禁することが31日、スポーツ報知の取材で分かった。すでに川内さんと親しい関係者などへのあいさつを済ませ、出場確実な大みそかのNHK「紅白歌合戦」で歌うことが有力になった。騒動のきっかけとなった一昨年の紅白から丸2年。森の代表曲が復活する。

続いて、スポーツニッポン。

「おふくろさん」解禁!森 川内氏遺族と和解
11月2日7時5分配信 スポーツニッポン
 今年4月に死去した作詞家の故川内康範さん(享年88)からヒット曲「おふくろさん」の歌唱禁止を通告されていた歌手森進一(60)と川内さんの遺族らが1日までに話し合いを持ち、歌唱が許されることになった。

ところが、こうした報道を踏まえ、「川内さんに親しい関係者」が否定しているという記事が出た。芸能zakzakの記事から。

「おふくろさん」騒動再燃? 川内サイド「歌わせない」
一部スポーツ紙が和解、解禁報道も…

「おふくろさん」解禁が報じられた森だが、関係者は全面否定。道のりは果てしなく険しそうだ (クリックで拡大) 歌手、森進一(60)が作詞家の故・川内康範さんに歌うのを禁止されていた代表曲「おふくろさん」をめぐり、新たな動きが出てきた。一部スポーツ紙で、森、川内さんの両サイドが和解し、歌唱が解禁されると報道されたのだ。しかし、川内さんに親しい関係者は「川内先生の遺志のとおり森には歌わせない」としており、あの騒動が年末に向けて再燃しそうだ。
 ~中略~
川内さんと親しい関係者はこれを全面否定。「森が事務所の人間と接触したという話も、和解したという話もない。先生の遺志どおり、森には歌わせない」と呆れた様子。川内さんの生前、両者の和解に向けて尽力していた音楽関係者も「全く聞いていない」と驚いている。

これは森進一の所属するレコード会社も。

ビクターの担当者も「話は進めているが、和解したという話は聞いていない。どこからそんな話が出たのでしょう」と話した。

「おふくろさん」の歌詞の無断改変(?)がきっかけとなったこの問題は、金銭的なトラブルでなく、人間関係というか、相性というか、人柄に関するトラブルという見方があるんです。Wikipedia(「川内康範」)

騒動以前における森との確執の例
2002年、康範と親しい作曲家の曽根幸明(そねこうめい)が脳梗塞で倒れた際に、康範が見舞いに訪れ「曲を書け」と激励。その後、曽根は左半身不随の身で渾身の1曲を書き上げ、その曲に康範が作詞をし、曽根とは30年来の知り合いである森のところへ直接向かい「(曽根の)傘になってやってくれないか」とこの曲を歌ってくれるように頼んだ。しかし、森は曲も見ることなく冷たくあしらい、この曲は世に出ることが無かった。このことがきっかけで、森と康範の仲は急速に悪化し、生涯この溝が埋まることはなかった。

もしこのとおりだとすると、遺族もしばらくは「許可なんてとんでもない」でしょう。

予想して意味があるかどうかはわかりませんが、今年は森進一は「おふくろさん」を歌えないと思います。

以前記事にしたときには、騒動のきっかけとなったセリフ入りに「おふくろさん」がYoutubeにあったのですが、今はセリフのないものしかありません。


あと、参考までに、Wikipedia:「おふくろさん騒動」から「法律的観点」の部分を転載しておきます。

同一性保持権という法律的なことから見ると2007年3月8日放送分のニュース、ワイドショー番組「イブニング・ファイブ」などでは、著作者である川内の意に反した改変であるため、川内が提訴した場合、森が敗訴する可能性が高いと述べられている。一方で当時の森の立場などを考えると、森に対する訴えでは勝訴できない、本当に訴訟で解決するには改変部分の作詞者と作曲者および当時の所属事務所である渡辺プロダクションを訴訟相手としなければならないとする専門家の意見もある。2007年3月8日になって日本音楽著作権協会(JASRAC)は、「改変版の歌唱・利用許諾はできない」とし、森は改変された「おふくろさん」を歌うことは事実上できなくなった。

一方で森のセリフはイントロにすらかかっておらず、前ふりでしかないと森を擁護する意見も一部ではある。また川内側に偏った判断をしたJASRACやマスコミを非難する声もある。

問題の部分が前ぶり的セリフなのか、歌詞になってしまっているのかという点では、水掛け論的にもなっていて、裁判が決めるしかないと思うのですけど、川内広範がなくなった今、森進一が「あれは演出の一部で、改変でない」と裁判を起こし、仮にその主張が認められたとしても、それでも、川内サイドには依然「森には許諾しない」というカードが残るのでしょうから、やっぱり、そこまで行っても歌えない……ということになるのでしょうかしらん。

ま、「襟裳岬」でも「冬のリヴィエラ」でもいいと思うんですけどね……。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト



今日の森さん~「三文芝居」

2007-03-01-Thu

“みちのくおわび旅”の森進一に川内氏「三文芝居」

「おふくろさん」をめぐる“改作騒動”で、歌手の森進一(59)が2月28日、作詞家、川内康範氏(87)に謝罪するため青森県八戸市の自宅を再訪したが、川内氏は、すれ違いで上京していたことが1日分かった。川内氏はマスコミを通じ、森の謝罪旅を「三文芝居」と切り捨て、無断で自宅敷地内に入ったことに怒りを倍増させている。

  iza:全文を読む……

「おふくろさん問題」で、森進一が青森県八戸市内の川内康範の自宅を2日にわたって訪問したが、実際、川内氏は病気治療のため上京中で会おうにも会えない状況だったようだ。

ただ、実際は不在でなくても合う意思はないようだったのだけれど。実際、きじによると、手土産を置くためとは言え、無断で敷地内に立ち入ったことに関して怒ってもいる様子で、実際のところそうとうこじれているという感じである。

また、さらに、川内を東京で直撃したテレビ朝日の情報番組「ワイド! スクランブル」に対して、森への怒りをしたためた直筆の手紙を託したという。その記事によると、

 手紙の冒頭では、≪告ぐ! 我が真実、無償の愛は何があっても変わりなし≫と心血を注いで作詞した「おふくろさん」への変わらぬ思いを主張。マスコミが囲む中での八戸来訪を≪森進一の三文芝居≫と切り捨て、≪拙宅は無断侵入禁止の札が掲げおるにもかかわらず侵入した≫と激高している。手土産などは、家政婦が宅配便で森の事務所に返送したとし、≪これが私の返事です≫と修復不可能であることをうかがわせた。

ということで、なにをどう取り繕おうとしても、かえって逆効果という感じになってしまっている。

お気の毒という感じだ。こうして、毎日ボロボロになっている森進一を見て、視聴者は「バカめ、こいつ」とは思わないで(当初はそういう目で見ていたかもしれないが)、むしろ、同情が集まり、川内康範もいい加減許してやれ、森が気の毒だという風潮になる可能性もある。

人気低迷の森に対して、そこまで読んだちょっとした演出かもと思わなくもないが、それにしても、森もそのうちつぶれてしまうかもしれないなって、ちょっと思う。

ガンバレ! 森進一!! あきらめたらダメだと思う。



ブログランキング・にほんブログ村へ

今日の森さん~青森で門前払い

2007-02-28-Wed
まさか、これがシリーズ化するとは思わなかったな~(笑)

「森進一、青森まで行って門前払い」

歌手森進一(59)が27日、青森県内の作詞家川内康範氏(86)の自宅を訪れたが、面会できなかった。

   ライブドアニュース:全文を読む……


かなり深刻です。森進一サイド。たしか、川内康範は「おふくろさん」だけでなくて、自分の歌は一切歌わせないという主張だったのですからね。

川内さんは、この問題については10年ほど前から森さんに伝えていたとして、「やっていることは作家同士なら盗作と同じなんだ。人間として失格」と森さんを激しく非難。「僕の志と違ったことをやる者にはオレの作品は一切歌わせない」と森さんに言うと、居直って「結構だ」と言ったという。
   ライブドアニュース:全文を読む……。

で、川内康範作詞の森の歌ってどんなのがあるかと、森進一のホームページを探してみると、いくつかあります。

おふくろさん

昭43 「花と蝶」
昭44 「花と涙」「恋にもたれて」
昭46 「おふくろさん」「小鳥と少年」
昭46 「火の女」「二人のいのち」
昭56 「命あたえて」「愛と憎しみと」
 参考:森進一ホームページ EP・LPライブラリー

「おふくろさん」だけでなくて「花と蝶」もだめなわけです。「花と蝶」などは「森進一の三大名曲」に数える人もいますんで、とても残念ですね。

これらを「全部歌わせない」と川内が言っているんで、JASRACも当然その意を汲んで使用許諾を与えないものだとばかり思っていましたら、どうやらそうではないという意見がありました。

川内康範氏はおふくろさんその他の歌詞をJASRACに権利委託していると思われる(そうでないと現実的にレコード出せないし)ので、作詞家本人が歌わせないとがんばってもJASRACに金さえ払えば誰でも自由におふくろさんを歌えます。逆に金を払わなければ川内康範氏本人ですら公けの場で歌うことはできません。これが悪名高いJASRACの権利委託です。

   たけくまメモ:「森進一はどうするべきか」のコメント欄より。発言者はでかいのさん

つまり、強行すれば、森も歌えないわけではないようなのです。しかしながら、もちろん、そんなことをしてもなんの解決にもならないどころか、事態は悪化する一方なのです。

というわけで、ますますドロ沼っぽい展開なんですが、ま、おかげで、こんなふうにいろいろと勉強になります。がんばれ! 森進一!

ええと、こんなのもあるのですね。ちょっと欲しくなったかも~(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ

ホトトギスは夏の季語~「おふくろさん問題」

2007-02-27-Tue
「おふくろさん問題」で、森進一が青森に訪ねていって謝罪したいという意向を、事務所の関係者が川内康範に伝えたら、あちらの関係者は、

『川内先生も高齢なので“鳴くまでまとうホトトギス”ということで』
  iza:「怒り収まらず川内氏“鳴くまでまとうホトトギス”」


という返事だったそうです。

これは有名な愛知を代表する戦国三英傑のなかの徳川家康の性格を表す言葉ですよね。信長の攻撃性(殺してしまえ)、秀吉の実行力(鳴かせてみせよう)、家康の忍耐力という特徴をうまくいいわけた言葉でした。「こちらからは折れないよ、長期戦だ」って主張しているようですが、実のところ、もう森側は鳴きまくってるって感じがするんですけどね。まだご不満なのでしょうか~。

ま、うがった見方をすれば、高齢となった川内康範が、森進一がかわいく、最近ちょっとあれなんで、森がもう一度泥沼から這い上がる姿を報道させることで、新たな「森進一のおふくろさん伝説」を演出してるといえなくもありません。それならまだいいのですけど(ちょっとしたヤラセってことになっちゃいますけどね)。

あるいは、森側に「イントロ部分のセリフですが、今までのはやめます。川内先生が作ってくださいませんか。そしてわたしに歌わせてください。もう一度川内先生とわたしの、『おふくろさん・第2章』を作りたいんです。お願いします」って言わせたいのかもしれません。

いや、そんな浅ましいもくろみは川内康範にはないだろうけれども、森さんが充分謝ってそうやって頼むってのはどうだろうって思いました。「馬鹿にするな」って怒られるかもしれませんし、「おもしろい」ってとびついてくれるかも。

ただ、この言い回しだと解決は長期化するのでしょう。なんせ、ホトトギスは俳句で言ったら、夏の季語ですから。鳴くまで待ってたら、夏になっちゃいますね。どうする?>森進一

季語集
季語集
posted with amazlet on 07.02.27
坪内 稔典
岩波書店 (2006/04)
売り上げランキング: 58363
おすすめ度の平均: 4.5
5 いろんな意味で楽しい一冊
4 言葉が自然をつくる


ブログランキング・にほんブログ村へ
HOME NEXT